2020年01月31日

観たい・聴きたい…覚書(2020.1)

1月中はこの記事がブログの先頭に表示されます。一般の記事はもっと下に出てきます。

禁酒会館 2F
2/7(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE Vol.228
「みんなで自由に表現を〜!」  
演奏:OZAKI UNIT、『ご常連』の方々
500円
-------------------------------
3/6(金) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE vol.229
「3・11」を想う…
「フォーク者・イサジ式」さんをゲストにお迎えして
2,000円
-------------------------------

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定など
1/1(水) 9:30〜12:00 日本テレビ「笑神様は突然に…初笑い2時間30分SP!」
1/3(金) 15:00〜17:50 NHK BS1「第73回ライスボウル アメリカンフットボール日本選手権」プレゲームショーで島津亜矢さんが国歌独唱、ハーフタイムのイベントにも参加とのこと。
1/5(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」圧巻!島津・市川・山内がせりふ入り長編歌謡を披露
1/10(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜旅立ち編」4週連続
1/17(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜絆編」
1/13(月) 18:50〜21:50 BSテレビ東京「第52回年忘れにっぽんの歌 プレイバックPart1」
1/19(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS 日本のうた」(小山)
1/20(月) 9:50〜11:25 フジテレビ系列「ノンストップ!」歌怪獣・島津亜矢生歌
1/21(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン感謝祭2020」
1/24(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜ふるさと編」
1/26(日) 12:15〜13:00 MHK総合「NHKのど自慢」
1/31(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜挑戦編」
2/5(水) 新アルバム「島津亜矢 船村徹を唄う」発売
2/12(水) 18:30〜19:29 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜特別編」

ガレリアヴェンタリオ(神戸市中央区北長狭通3-9-2 マコマンション2F) 火曜日定休日
4/11〜4/19 岡田多恵ガラス展

ギャラリー福田(東京町田市)
7/12〜7/24 岡田多恵ガラス展

サボア・ヴィーブル(東京・六本木)
11月下旬 岡田多恵ガラス展

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
1月 浪速クラブ
2月 佐賀・川上峡温泉 ホテル龍登園
3月 ヤング劇場(大分県)

何様!?俺様!!春之丞様!!!!
春之丞さんのtwitter
春之丞さんのinstagram
桜京之介のブログ
桜彩夜華さんのinstagram
続きを読む
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2020年1月)

2020年1月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。1/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。


1/1(水) 9:30〜12:00 日本テレビ「笑神様は突然に…初笑い2時間30分SP!」

1/3(金) 15:00〜17:50 NHK BS1「第73回ライスボウル アメリカンフットボール日本選手権」
国歌独唱
ハーフタイム:『時代』『リンダリンダ』

1/5(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」
『夜汽車』『凛』『好色五人女より お七』

1/10(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜旅立ち編」
『愛染かつらをもう一度』『海鳴りの詩』

1/13(月) 18:50〜21:50 BSテレビ東京「第52回年忘れにっぽんの歌 プレイバックPart1」
『川の流れのように』

1/17(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜絆編」

1/19(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS 日本のうた」(小山)
『帰らんちゃよか』『ホール・ニューワールド』(w/ 海蔵亮太)『別れの一本杉』『大利根月夜』
※新アルバムに入れてほしかった『別れの一本杉』を歌ってくださったのがうれしいです。この歌を聴くと「なんで貧乏でも二人で一緒に暮らさないのかな……」と思ってしまいますが、それでも鼻の奥がツーンとしてきます。名曲です。

1/20(月) 9:50〜11:25 フジテレビ系列「ノンストップ!」
『糸』『I WILL ALWAYS LOVE YOU』

1/21(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン感謝祭2020」

1/24(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜ふるさと編」

1/26(日) 12:15〜13:00 MHK総合「NHKのど自慢」

1/31(金) 20:45〜21:00 NHK BSプレミアム「歌のあとさき 島津亜矢〜挑戦編」
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年01月08日

スーパーティーチャー 熱血格闘

1月2日(木)、今年最初の映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』をシネマクレール丸の内で観ました。

公式サイト
https://www.vap.co.jp/superteacher/


昨年、『守護教師』というパワフルな先生の映画がありましたが、これも同様にめちゃくちゃ強い先生の話です。
ドニ―・イェン演ずる教師が情熱を込めた普通じゃない授業をしたり、色んな生徒が直面している問題を解決していく爽快な話。当然、悪役が出てきます。
タックチー学園はここ数年、大学進学者を出しておらず、香港で学力最低の学校として、教育局から補助金を打ち切られる寸前になっていた。そんな中、アメリカ帰りのチャン・ハップ(ドニー・イェン)が教師として雇われ、問題児が集まる6Bの担任となる。
クラスの中でも特に、レイ・ワイチョン(ジャック・ロク)、双子の兄弟のクワン・カイチン(ブルース・トン)とクワン・カイイン(クリス・トン)、男勝りの少女のウォン・ダッナン(グラディス・リー)、そして移民のホン・ジョウファ(ゴードン・ラウ)の5人は誰にも手が追えないほどで、今日もバスケット部の連中といざこざを起こして喧嘩騒ぎとなる。業を煮やしたラム校長(ドミニク・ラム)はレイを退学させようとするが、チャンの説得で思いとどまる。 チャンはこの5人の個人記録を調べ、何が問題あるのか家庭訪問していく。そしてチャン自身の経験とテクニックで彼らと向き合うことで、次第に彼らから信頼を得ていく。
そんな中、レイがボクシングジムの経営者ロー・ギンイン(ユー・カン)の八百長に巻き込まれてしまう。彼を助けるために格闘家たちと闘ったチャンがテレビで紹介されたことをきっかけに、生徒や同僚の先生たちの意識が変わっていく。生徒や同僚の先生たちは、チャンに親近感を覚え、成績を上げることを目標に一致団結していく。
だが、あることがきっかけとなり、チャンは学校を去らなければならなくなってしまう…。

移民のホンは歌手になりたいのですが、少し引っ込み思案。その彼が人前で歌えるように、チャンは路上ライブをしていたミュージシャンたちのところに飛び込み、歌わせてもらい、ホンにも声をかけて一緒に歌わせるというシーンがあります。そのとき唄ったたのがなんと台湾のリッチー・レンが歌って大ヒットした『對面的女孩看過來』でした。懐かしい……。
任賢齊 Richie Jen【對面的女孩看過來 Look over here, girl】Official Music Video
https://youtu.be/6aosRlnxg9I
この映画の舞台は香港ですが、普通話で歌っていました。昔、何かの中国映画でもこの曲が使われていました。
香港での(?)コンサートでも、おしゃべりは広東語で歌は普通話でした。
任贤齐-对面的女孩看过来(任贤齐Love&Beloved 08年演唱会 )
https://youtu.be/48czzGi1hh8

5人の生徒はみなそれぞれ魅力的でしたが、やはり何といってもカーレーサーになりたい女の子がチャーミングでした。可愛い☆☆☆

さて、チャンがなぜこの学校の教師になろうとしたのか……というのは最初は明かされません。校長には面接時に断られてしまうのですが、ある人からの推薦状を見せると急に校長の態度がかわり採用になるんです。その秘密はずっと後になってわかります。

アクションシーンはそれほど多くはありません。むしろ色んな人との関わりが丁寧に描かれます。いい映画でした。
posted by dunno at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年12月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年12月)

2019年12月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。12/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。

12/2(月) 20:00〜20:54 BS日テレ 歌謡プレミアム「紅白名曲合戦」
『感謝状〜母へのメッセージ〜』

12/8(日) 17:30〜19:00 NHK BS-P「新・BS日本のうた」
『なみだ雨』w/ Mizumo
『竜馬残影』(過去映像)
『北の蛍』
『ヨイトマケの唄』w/ 城南海 (過去映像)

12/14(土) 18:30〜20:55 Sテレ東「第52回 日本作詩大賞」
『凛』

12/21(土) 20:00〜21:00 BS-TBS「私の愛した昭和歌謡」(再放送)
『大阪で生まれた女』

12/30(月) 17:30〜 TBS「第61回 輝く!日本レコード大賞」
『酒と涙と男と女』

12/31(火) 16:00〜22:00 テレビ東京「第52回年忘れにっぽんの歌」
『川の流れのように』

12/31(火) 19:15〜23:45 NHK総合他「第70回NHK紅白歌合戦」
『糸』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ディリリとパリの時間旅行

12月29日(日)、シネマクレール丸の内で『ディリリとパリの時間旅行』を観ました。たぶんこれが今年最後の映画になりそうです。

公式サイト
https://child-film.com/dilili/


ニューカレドニアからパリにやってきたディリリという少女が配達人の青年オレルと、「男性支配団」という秘密組織をやっつける冒険アニメです。「冒険」と書きましたが、安心して観られる楽しい映画です。そして絵というか映像がとてもきれいです。一年の終わりに、こんな映画を観るのもいいものです。楽しめました。
posted by dunno at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

エセルとアーネスト ふたりの物語

12月21日(土)、シネマクレール丸の内で『エセルとアーネスト ふたりの物語』を観ました。

公式サイト
https://child-film.com/ethelandernest/


イギリスのアニメーション映画です。あとで知ったのですが原作はあの『スノーマン』の方なんですね。
The Snowman with Original Raymond Briggs Intro Part 1
https://youtu.be/EpUe0pJlkWM
The Snowman with Original Raymond Briggs Intro Part 2 (2分28秒より……有名なシーンです)


今回の作品は、作家の方の両親の人生を描いた作品です。アニメのテクニックも進んでいるので、同じような絵柄ですが、立体感がすごいと感じました。すばらしいです。

観ようかなと思ったのはシネマクレールのNさんが「ありふれた家族の日常を描くアニメーション。今年の最後の1本にぜひ。」と書いておられたから。本当にありふれた家族の話です。ただ、お母さんにやや問題があって、息子(つまり作家)とはうまくいかなくなっていきます。よくあるタイプの母親なんですけど、それが見ていて少しいやあな気持ちになってしまいます。作家はそんな母をそのまま(かどうかはわかりませんが)描いています。もともと父と母は少し階級が違い、家庭の雰囲気も違っていました。支持政党も違います。息子の希望する進路、連れてきた結婚相手のことをとても不満に思い、反対する母親の姿には、本当に愚かな人だな……と思ってしまいました。

母親、そして父親と、ふたりが相次いで亡くなるところはさすがに込み上げてくるものがありました。

オススメのような、オススメでないような、微妙な映画です。
posted by dunno at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

残された者〜北の極地〜

12月17日(火)、シネマクレール丸の内で『残された者〜北の極地〜』を観ました。

公式サイト
http://www.arctic-movie.jp


原題は"Arctic"。アイスランドの映画です。それだけで寒そうでしょ? 予告編を観て、これは絶対逃せないと思いました。で実際に観ると、予告の通りで、本当にドキドキして観ました。もう絶対だめだと思うところがいっぱい。シロクマは出てくるし、急斜面が行く手を阻むし、穴にまで落ちてしまいます。

チャンスがあればぜひご覧ください。見ごたえがありました。
posted by dunno at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

カツベン

映画を語る会の課題作だったので、12月14日(土)、岡山メルパで『カツベン』を観てきました。

公式サイト
https://www.katsuben.jp


残念ながら、イマイチな映画でした。ゆる〜い話で、ギャグもダサかったです。面白かったのは、映画撮影に2人の子どもが入り込んでしまって撮影が台無しになるかと思ったら、しっかりそれが映画の一部として使われていたところと、部屋を仕切る箪笥の引き出しが両方に引き出されるところぐらいかな……。

映画館のフィルムが商売敵の手により全部だめになったときに、短いフィルムの切れ端を寄せ集めて、主人公が面白く語る……というシーンがあるのですが、これが全然面白くなかったんです。熱演でしたけどね。

まあ、ぼうっと観ていたのが悪いのかもしれません。映画を語る会でパンフレットを見せていただいたら、なんと上映されていた色んな映画はけっこう有名な方たちが演じておられたとのこと! びっくりしました。全然気づきませんでした。

まあ、暇つぶしに見るにはいいんじゃないでしょうか。
posted by dunno at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画