2017年03月13日

愚行録

もうずいぶん前のことになってしまいますが、2月25日の朝、イオンシネマで『愚行録』を観ました。

公式サイト
http://gukoroku.jp/


この予告編、とっても面白そうなんだけど、なんだかエグそうな予感に満ちてます。
もうひとつ。この映画の原作を書いたのは貫井徳郎という人で、1冊だけ読んだことがあります。「慟哭」というミステリー。これが後味の悪〜い作品で、それ以来、この人の本は買ったことがありません。

映画を語る会の課題作でなければきっと観なかったでしょう。

ストーリーは書きません。ただひたすらろくでもない人物がいっぱい出てくる映画です。
だから「愚行録」なわけです。

それに耐えられない人も多いんじゃないでしょうか。だけど、映画を語る会で教えてもらいましたが、学校によってはこの映画の登場人物みたいな人がいっぱいいるんだそうです。ひゃあ、そういう世界とはかかわりたくないです。お金を出すんならもう少し気持ちの良くなる映画がいいですね〜。

と書きながら、実は、このあとエグイ映画をいっぱい見ることになります。そのせいもあってなかなか記事が書けてません。そういう映画って、予告編がけっこうおもしろそうなんですよね。実はけっこう怖いもの見たさで、この手の映画を観てしまうんです。だから自分の趣味が悪いのかもしれません。

主人公の週刊誌記者もけっこう裏のある男だっていうことは、冒頭のバスのシーンではっきり示されていました。なかなか見事なイントロです。どういうことかというと……満員のバスの中、おっさんが、座席に座っている若い男に、「高齢の女性がそばに立ってるんだから席をゆずれよ!」とどなるんです。若い男は黙って、立ち上がり席をゆずって通路を移動しようとするんですが、足をひきずっているんです。そして転倒してしまいます。なんとか立ち上がりますが、間の悪い空気がバス内にたち込めます。そして男は次のバス停で下車し、走り去るバスを見送ります。すると……それまで足を引きずっていたのに、しっかりとした足取りで歩き始めるんです。やられたらやり返す! しかも意表を突いた方法で……。

けっこう面白そうですよね。これで後味さえ悪くなければいい映画なのに……。
posted by dunno at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

ガラス作品を観てきました

昨日の日曜日、久しぶりにギャラリー巡りをしました。

最初に目指したのは倉敷の「ぎゃらりぃ しをり」。
http://ameblo.jp/shiwori114/

3月2日から昨日まで、丹正茉子(たんじょうまこ)さん(ガラス)と八木泉さん(絵画)の二人展が開催されていたのです。丹正さんは元は田邊茉子さんというお名前でした。今回はなんとご本人がこのブログに書き込みをして、二人展のことを教えてくださったのです。美人に声をかけられたらそりゃあ行かざるをえないじゃないですか……って、お目にかかったことはないんですけど(笑)。

20170312art_01.jpg
(上が丹正さんの作品、下が八木泉さんの作品)

午前中シネマジャーナルの特別記事の準備をしてからでかけました。
昨日はとてもよく晴れてぽかぽか陽気。薄手のセーターを着ただけで十分でした。

倉敷に着いたのは12時半。おなかもすいてきたので、駅前でぶっかけうどん(温)の大盛を食べました。倉敷に来るとぶっかけうどんが食べたくなってしまいます。パブロフの犬状態です。

さて、駅前からしをりまでは歩いてもすぐ。大通りから一本入った路地にあるのですが、ちょうど細い道がギャラリーの前にあるので、大通りからでもよく見えるので迷子になることはないですね。

絵のほうはなにかが空を飛んでいたりするファンタジーの世界のような作品がいっぱい展示されていました。かなり大きい作品もあって迫力がありました。

丹正さんはずっしり重い塊っぽいもの作られる人というイメージだったので、今回のハガキのような作品(針金にガラスをつけたのかな……)はちょっとびっくり。壊れちゃいそう。従来のタイプの作品もいっぱいありました(昔見たことがあるような作品もありました)。特に、奥の部屋(靴を脱いで上がり、座って見れる作品たちが置いてありました)のものは重そうで迫力十分。ほかの客さんが入ってこられなかったので、のんびり奥の作品を鑑賞しました。ガラス越しに中庭から光が入ってくるところに二つでセットの作品が置かれていて、とてもきれい。やはりガラスは光の当たりぐらいでいろいろ見え方が変わるので、よい天気の日に観に来れてラッキーでした。

玄関から入ってすぐ右手の部屋にもたくさん作品がありました。ああ、確かに人だな、とかイヌだな、という作品もあれば丸い玉になにかよいくわからないものが当たっているようなものもあってそれはなかなか面白かったですが、へぇ……と思ったのはまるでガラス窓のような作品。木の枠にはまっています。と言っても茉子さんの作品ですからなにやらうねうねしていて面白いんです。近づいてじ〜っと眺めていたら、丹正さんご本人が近づいてこられて見どころを教えてくださいました。空気の泡がたくさんできているんですが、やや大きめな泡は破裂してちょうどクレーターのようなくぼみを作っているんです。それが凹レンズのような働きをするのでその奥の模様が縮まって見えるんだというかなりマニアックな話でした。普通、気づきません(笑)。

この作品は壁に掛けられていました。ステンドグラスのように外からの光が後ろからあたるような形でも観たかったです。こんな窓が自宅にあると楽しいことでしょう。ずっと眺めていても飽きません。防犯上あぶないかな……。

さて、その次に(最近話題の)加計美術館(美術館が話題っていうわけじゃないんですが(--; ……)にも行ってみました。堀口華江さんの桃尻グラスはいつも置いてあったりするんです。袋に入ったキャンデーの作品はもうありませんでした。どなたかが購入されたのでしょう。ここにきてあれを見るのも楽しみだったのですが……。前は気づきませんでしたが、中野由紀子さんの作品(ネックレス)もありました。

そのあと、蟲文庫に行きました。おかやま街歩きノオトを三冊購入(14, 15, 20)。これを持って散歩すると楽しそう。
http://machinooto.exblog.jp/
今朝も水源地近くの橋を観てきました。

家で仕事が待っているので、このくらいで切り上げて、岡山に戻りアンクル岩根さんのギャラリーに行ってきました。「幸せの輪郭 高木俊宏・版画+大江さやか・ガラス」展が前日から始まっていたのです。

http://uncle-iwane.com/

20170312art_03.jpg

大江さんの作品はいくつか持っています(小さいものばかり)。今回も素晴らしい作品が並んでいました。あ、いいなと思った手ごろそうなペーパーウェイトは残念ながら売約済み。やはり初日に来なきゃあね。前日は山口に行ったりしたのでガラスを観に来れなかったのでした。ただ大江さんのfacebook記事で見ていたかわいい鳥たちはいっぱいあって、その中からピンク色のものを一羽購入。今、携帯電話につけています。
おまけにもらったのは青い鳥の写真です:

20170312art_05.jpg

もう一人の高木さんは絵画と版画(エッチング)を展示しておられました。絵のほうはアクリルと岩絵の具を使っておられるそうです。きれいな色でした。プラチナ(だったかな?)の箔を使った作品もありました。ほしいな……と思ったのは版画のほうでした。皆、イチョウを描いた作品ばかり、葉の茂ったイチョウもあれば、葉がみな落ちてしまったイチョウもありました。葉がなくて、後ろに森?か雲?が見えるような作品が特によかったです。空間とか遠近感なんかが感じられるせいだと思います。26日までやっているのでお近くの方、ぜひどうぞおでかけください。

このあと柳川いちばで食料(ヤキソバの材料)を購入。6時ごろまでシネじゃの作業をしてからヤキソバを作って夕食にしました。早めにしたのは7時からBS日テレで亜矢ちゃんが出る番組があるように書いてあったからです。食べて片付けたらちょうど7時。だけどこれ再放送でした。ちょっとがっかり。まあ、いいや、亜矢ちゃんのコンサートがだんだん近づいてきています。楽しみです。

他にも、いろいろ楽しみなことはあって、今週、福岡では『お嬢さん』という韓国映画を観る予定ですし、ほかにも毎晩、映画を観るつもり。その次の週の東京では高松明日香さんの絵を見に行きます。また帰りには神戸で降りて、大好きな岡田多恵さんの個展を観ます。

また少し先になりますが、4月末には大阪で唐組の芝居を観るし、5月は神戸の新開地劇場で劇団花吹雪を観に行きます。でも昔みたいに一泊して、連日、昼夜2回ずつ観たりする元気はもうないです。

そうそう、仕事もしなきゃね(笑)。
タグ:ガラス
posted by dunno at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2017年03月01日

観たい・聴きたい…覚書(2017.3)

禁酒会館 2F
3/3 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ VOL.192
『希求』…「現在(いま)」を唄う!
長野たかし(元・五つの赤い風船)&森川あやこ さんをゲストにお迎えして
演奏:長野たかし、森川あやこ、OZAKI UNIT ほか
2000円(中高生1000円)

岡山シンフォニーホール
3/31 18:30〜 岡山市ジュニアオーケストラ第19回スプリングコンサート
※アンサンブルコンサート17:50〜

岡山シティミュージアム
2/26〜3/8 第10回岡山県新進美術家育成 I氏賞選考作品展
I10a.jpg I10b.jpg
※吉行鮎子さんの作品も展示されます。→奨励賞を受賞されました。おめでとうございます。

ぎゃらりぃ しをり
3/2〜3/12 丹正茉子(ガラス)八木泉(絵画)展
※ 丹正茉子さん=田邊茉子さん。

上野の森美術館
3/11〜3/30 VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち
※ 高松明日香さんが参加されます。

東京国際フォーラム
3/16〜3/19 アートフェア東京
N85ブース GALLERYエクリュの森
https://artfairtokyo.com/2017/galleries/81
※ 高松明日香さんが参加されます。

ガレリアヴェンタリオ(神戸市中央区北長狭通3-9-2 マコマンション2F) 火曜日定休日
3/25〜4/2 12:00〜19:00 岡田多恵ガラス展(最終日は17時まで)
20170325taekobe.jpg

劇団花吹雪[ameblo]
3月 大阪・浪速クラブ

シネマ・クレール
2/18〜3/3 ヒトラーの忘れもの
2/18〜3/3 キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち
2/18〜3/3 エゴン・シーレ 死と乙女
2/18〜3/3 ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ
2/25〜3/3 風に濡れた女
2/25, 2/27〜3/3 ジギー・スターダスト
2/25〜3/10 未来を花束にして
2/25〜3/10 アラビアの女王 愛と宿命の日々
3/4〜3/31 NEON DEMON ネオン・デーモン
3/4〜3/17 天使にショパンの歌声を
3/4〜3/17 ドント・ブリーズ
3/4〜3/17 人生フルーツ
3/11〜3/15 若者のすべて  デジタル完全修復版
3/11〜3/24 マギーズ・プラン  幸せのあとしまつ
3/16, 17 郵便配達は二度ペルを鳴らす  デジタル修復版
3/18〜3/24 揺れる大地  デジタル修復版
3/18〜3/31 ショコラ 君がいて、僕がいる
3/18〜3/31 ノーマ東京  世界一のレストランが日本にやって来た
3/18〜 3/24 TOMORROW パーマネントライフを探して
3/18〜3/24 牝猫たち
3/18〜3/24 太陽の下で  真実の北朝鮮
3/25〜4/7 こころに剣士を
3/25〜4/7 メルー
3/25〜4/7 パリ、恋人たちの影
3/25〜3/31 うさぎ追いし 山極勝三郎物語
3/25〜3/31 アンチポルノ
3/31〜 ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

続きを読む
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定