2017年04月23日

福岡・天神中央公園付近

福岡の旅のおまけです。宿は中洲に取りました。バスで天神まで帰って、そこからぶらぶら歩いてホテルに帰りました。ちょうど天神中央公園を通ったので、何枚か写真を撮りました。それらも載せておきます。

河岸から船を撮ってみました。

20170316174526.jpg

河岸には桜の木がありました。もちろん、まだつぼみの状態でした。

20170317181503.jpg

花見の場所が作ってありました。自由に使っていいわけじゃなくて、区画の番号で申し込みをするようになっています。

20170317181533.jpg 20170317181557.jpg

公園内には福岡県庁舎の玄関に使われていた柱も残されています。

20170317181655.jpg 20170317181734.jpg

この大きなビルはアクロス福岡といいます。

20170317181820.jpg 20170317182135.jpg

このビルの地階の定食屋さんはおいしかったです。次回も一度くらい行ってみようかと思います。

posted by dunno at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・百道浜(2)

続きです。前の記事で書き残したことを書いておきます。

西南学院大学のキャンパスの西に倭寇の時の「防塁」の遺跡があるというので行ってみました。

20170317090211.jpg 20170317090258.jpg

20170317090123.jpg 20170317090143.jpg

実際にはもっと深かった、というか高かったようです。写真の解説板では「高さ2.5〜3メートル」と書いてあります。

集会の会場近くの福岡市博物館には二度行きました(展示を見たのは1度だけ)。下の写真が正面の入り口です。
20170318133144.jpg 20170318133235.jpg

20170318133049.jpg 20170318133207.jpg

20170318133304.jpg
入り口の向かいには池がありました。

20170318133041.jpg

館内に福岡のパノラマ図がありました:

20170318132456.jpg 20170318132524.jpg

20170318132532.jpg

福岡に来てびっくりしたのですが、普通の路線バスが高速道路(?)を走ること。高速じゃないのかな。立っている客がいても平気で走っていますので。ともかく自動車の専用道路です。会場から天神に行くのに2回ほど乗りました。タワーの前から天神に行くのには便利です。ただ下に降りてしまうと天神あたりから道が混むといやなので、最後の日は確実な地下鉄を利用しました。

また大きな道(たぶんよかトピア通り)に面白い建物がありました。

20170316163833.jpg

この建物の前から出ているバスも高速(じゃないかもしれませんが)を経由で天神に行きました。

今回は、初めての場所だったので、なかなか面白かったです。集会も、初めて参加したので、内容が新鮮でした。
posted by dunno at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・百道浜(1)

3月15日から18日まで福岡の百道浜にある施設で勉強してきました。「ももちはま」と読みます。朝から5時半ぐらいまでここで過ごしましたのでほとんど観光は出来ませんでした。宿との往復時や、昼休みに撮った写真を載せておこうと思います。

最寄りの地下鉄駅は「西新」です。「にしじん」と読みます。神戸の地下鉄駅にも「西神中央」というのがありますがそちらは「せいしん」でした。いつもどっちがどっちだか分からなくなります。
福岡の西新駅は以前も使ったことがあります。近くに別の九大の施設があり、K先生の退官記念研究集会が開催されたときに使いました。そのとき貰った近隣の地図に福岡市博物館というのが載っていて、有名な金印があると教えて貰いました。こんどの会場はその博物館の近くなのでした。

西神駅から出口へ向かっていたときに壁に「サザエさん通り」の大きなポスターが貼ってありました。

20170315085054.jpg

ああ、そうでした。長谷川町子さんは福岡の出身だったのでした。サザエさんのマンガが初めて掲載されたのも福岡の新聞だったんです。

「出口1」を出たところの交差点にも大きな看板がありました。

20170315085305.jpg

地図を見ると、目的地はちょうどサザエさん通りの終点近くのようでしたので、ともかく一日目は、このサザエさん通りに沿って歩きました。「東大一直線」の優秀館高校のオリジナルの修猷館高校(上の看板の裏がそれです。実物を見てちょっと感激☆)や、西南学院大の美しいキャンパスの前を北へ歩きます。

サザエさんと長谷川町子さんが並んで立っていました(^^)。

20170315085525.jpg

大きな道(よかトピア通り)を横切る横断歩道の手前にも「サザエさん発案の地」という案内板がありました。ここはもと海岸で、町子さんは海岸を歩きながらキャラクターを考えたのだそうです。

20170318091451.jpg

その手前には、石もいくつか並べてあって、上には蟹もいました。

20170318091358.jpg

道を渡って、左折し、さらに右折するとまた道は北上します。ここにもサザエさんがいます。遠くにはタワーが見えます。

20170317091308.jpg

右手に見えてくるのが福岡市博物館です。

20170317091332.jpg 20170317091434.jpg

こんなオブジェもありました。なんでしょう。

20170317091453.jpg

図書館もありました。

20170317091515.jpg 20170317091546.jpg

サザエさんとカツオ君です。

20170317091528.jpg

これが研究集会の会場です。

20170317091731.jpg 20170317091819.jpg

一日目の昼ご飯はこちらの建物で担々麺を食べました。

20170317132039.jpg

二日目も同じところで食べましたが、3日目は博物館のレストランで、そして最後の日はこんなオブジェの前のテレビ局の建物に喫茶店でランチを食べました。

20170317131821.jpg 20170317131735.jpg

(作品名は「向波容」、作家名は清水九兵衛だそうです)

食事の後は目の前にある福岡タワーを眺めて、百道浜の海岸を散歩しました。

20170315115114.jpg 20170315121043.jpg

20170315123239.jpg 20170315122958.jpg

20170315122232.jpg 20170315122014.jpg

20170315122010.jpg 20170315121724.jpg

長くなったので別記事に続けます。
posted by dunno at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

わたしは、ダニエル・ブレイク

4月16日(日)、シネマクレール丸の内で『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観ました。もう一週間前のことになってしまいますね。

公式サイト
http://danielblake.jp/


主人公は大工のダニエル・ブレイク。心臓の発作を起こし、医師から仕事をしてはいけないと言われます。仕事ができないので失業保険(みたいなもの?)の手続きをしようとしても、病気のことは認められず、求職活動をしろといわれてしまいます。そもそもそこに行くまでの手続きがとっても大変。職員の中には親切にしようとするひともあるのですが、意地悪な上司はそれを許しません。そんな中で、ロンドンから引っ越してきた二児のシングルマザー・ケイティが予約の時間に遅刻したということでけんもほろろに事務所から追い出されようとしているのをみて義憤を感じ、彼女を助けようとしますが、一緒に追い出されてしまいます。彼は一生懸命彼女と二人の子どもたちを助けようとしますが……。

なんとも理不尽な話です。昔のイギリスの福祉はもっと充実していたはずなのですが、もうそういう時代ではないのですね。

隣人やケイティの家族との関係など、ほっとさせる部分もあるのですが、カンヌでパルムドールを獲るほどすごい作品という感じではない気がしました。いい作品ではあると思いますが……。

posted by dunno at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

島津亜矢デビュー30周年記念コンサート@岡山市民会館

『島津亜矢デビュー30周年記念コンサート ありがとう〜30年の想いを込めて〜』に行ってきました。

デビューして31年目ということで、気持ちを新たにし、「初志」というキーワードで構成されたコンサートでした。

第一部は『感謝状〜母へのメッセ−ジ〜』でしっとりと始まりました。そのあと、歌手デビューの前に聴いていた歌として3曲『なみだ船』『おさらば故郷さん』『漁歌』を歌われ、そのあとご自分の持ち歌を9曲歌われました:順に『流れて津軽』(次からは観客席で握手しながら……)『愛染かつらをもう一度』『道南夫婦船』『女にゃ年はいらないよ』『人生二勝一敗』『一本釣り』(☆☆☆)(この後はまたステージへ……)『相生』『独楽』『阿吽の花』。ぼくの好きな『一本釣り』でとても盛り上がりました。最後は熊本の応援ということでご自分の歌『おもいで宝箱』『帰らんちゃよか』を歌われ休憩になりました。

第二部は真っ白いドレスで登場され、『命の別名』を歌われました。続いて『蘇州夜曲』『今さらジロー』『春なのに』(これもみゆきさんの曲☆)『I will always love you』を歌われました。着物に着替えられたあと、星野哲郎さんのコーナーがあって『海鳴りの詞』『出世坂』を歌われました。『出世坂』は30年前の曲ですが、その後の亜矢さんの歌への精進を表しているようで、ちょっと泣きました。星野さんの心がこもった歌ですね。次が新曲の『いのちのバトン』。最後は『お梶』でした。偶然ですが、この間の日曜日に後楽座でのたつみ演劇BOXの公演で特別ゲストの三河屋諒さんがラストの前に『お梶』で踊られました。

最近のアルバム
を見てください)


握手するには通路から離れすぎていて残念でした。次回はぜひ通路際の席を取りたいものです。

いくつかYouTubeの映像をリンクしておきます。

島津亜矢 ★漁歌(2002年9月NHK)

※ 亜矢さんは13歳の時、この曲で第8回長崎歌謡祭に出場されたそうです。そのとき、テイチクから声がかかってプロの歌手になられたんです。

島津亜矢/一本釣り


命の別名 島津亜矢


島津亜矢 ★出世坂(16歳)


『春なのに』は見つからないです。残念。すごくよかったんだけどな。
posted by dunno at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月16日

元町から新神戸駅まで散歩

多恵さんの個展を観た後、軽くお昼ご飯を食べてから、新神戸駅まで歩きました。

最初にムスリム・モスクに行きました。といっても外から眺めただけです。いつか中にも入ってみたいです。

201703kobe_01.jpg 201703kobe_03.jpg

201703kobe_02.jpg 201703kobe_04.jpg

201703kobe_05.jpg

次に通りがかったのは「関西ユダヤ教団」の建物。

201703kobe_06.jpg 201703kobe_07.jpg

これも通り過ぎただけ。こちらはモスクと違って部外者は入れない雰囲気を醸し出していました。

塀に木が食い込んでいるところもありました。

201703kobe_08.jpg

ちょっとだけ異人館を外から眺めていたら、地図に、新神戸駅にいく遊歩道があると書いてありましたので、それを歩いてみることにしました。

道しるべがありました。

201703kobe_09.jpg

201703kobe_10.jpg 201703kobe_11.jpg

見晴台がありました。

201703kobe_12.jpg 201703kobe_13.jpg

その先には金網の扉がありました。イノシシが民家に近づかないように設置してあるんです。

201703kobe_14.jpg

気持ちのいい散歩をしているうちに、じきに新神戸駅の近くまでやってきました。ロープウェイの下もくぐりました。

201703kobe_15.jpg 201703kobe_16.jpg

新神戸駅前がよく見えます。手前が新神戸駅です。

201703kobe_17.jpg

この階段を降りてきました。案内板の地図でだいたいの様子が分かると思います。

201703kobe_18.jpg 201703kobe_19.jpg

新神戸駅の建物です。

201703kobe_20.jpg 201703kobe_21.jpg

近くにはこんな名所もあります。布引の滝には、次回、行ってみたいと思います。

201703kobe_22.jpg

新幹線ホームの下を川がくぐっています。バーベキューをしている人たちがいました。

201703kobe_23.jpg

実は布引の滝にも行こうかなと思ったのですが、迷子になって新幹線に間に合わなくなるといけないので、やめておくことにし、新幹線改札内の売店で生ビールを買い、まったりと過ごしてから、岡山に戻りました。

次は、5月3日に神戸に行く予定です。第一目的は新開地劇場(花吹雪が来ます)。でも、芝居を観るのは夜だけにして、色々歩き回りたいと思っています。なお、新開地には月末に、もう一度行く予定。楽しみです。
posted by dunno at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

岡田多恵ガラス展@ガレリアヴェンタリオ

3月27日、東京からの帰りに神戸のガレリアヴェンタリオで岡田多恵さんの個展を観てきました。この日はあいにく多恵さんは在廊しておられませんでしたが、また、どこかでお会いできるでしょう。

ガレリアヴェンタリオのサイト
http://galleriadventaglio.wixsite.com/galleriadventaglio

前回(2年前)と同じく、二部屋を使って展示されていました。手前が新作、奧が以前の作品。手前の部屋の窓の前に、公園の桜の木が見えているのですが、まだ少ししか開花していなかったのがちょっと残念です。きっと会期の終わる頃にはもっと咲いていたことでしょう。作品は時期に合わせて桜の作品がたくさんありました。

この個展に関する多恵さんのブログ記事:
個展 ガレリアヴェンタリオ
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12253854651.html
ガレリアヴェンタリオでの個展
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12258544523.html
個展が始まりました
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12260267874.html
先週の在廊で
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12261529585.html
神戸の個展が終わりました
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12262385479.html
桜 満開
http://ameblo.jp/oro-rinchachacha/entry-12264806911.html

新作の中にも好きなものがいくつかあったのですが、色々迷って旧作の、色を全く使っていない作品を購入しました。その作品が昨日届きました。

今、時間が無いので、あとで写真を載せることにします。また、このページを覗きに来てください。これから食事をして後楽座にでかけるのです。

[4/16 21:45] 続きです。

購入したのは無色の蓋物です。タイトルは「野ばら」。野ばらって見たことがありませんが、検索すると確かにこういう感じの花なのですね(検索で出てくる野ばらはノイバラともいって色は白です、歌の野ばらは紅色ですので違うものらしいです)。多恵さんが描いてくださった野ばらも白です:

DSC09663.JPG

普通の薔薇とはちがって清楚な感じ。この作品も余計な色がなくてとても清楚です。紅じゃないけれど「飽かず眺」めてしまいそうでしょ?

201703tae_01.jpg 201703tae_02.jpg

201703tae_03.jpg 201703tae_04.jpg

201703tae_05.jpg 201703tae_06.jpg

201703tae_07.jpg

いいのが選べたなと思います。さて、何を入れるかなぁ。
posted by dunno at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

たつみ演劇BOX@後楽座(2017.4.13)

4月13日(木)のたつみ演劇BOX後楽座公演・夜の部を観てきました。

11日の月曜日に数学・情報分野の4年生の懇親会PART1があって(2千円でお腹いっぱい食べて、いやっていうほどアルコールも飲めるのですが、残念ながら会場が狭いので2グループに分かれて実施するんです)、ちょうど近くにいた4年生に木曜日の芝居は長谷川伸の『刺青奇偶』(いれずみちょうはん)はすごくいい芝居だから誰か一緒に見にいく人いない?と声をかけたら、最初2人が行きたいと言ってくれました。なら、チケットはぼくのをあげるからと言ったのですが、あとになって一人が「やっぱりやめます」というので、結局、ぼくのゼミ生A君と行くことになりました。全く強制はしていませんよ。

席は二人分、前から2列目の席を予約しておきました。

劇場には5時10分頃ついたのですが、ぼくをみて「あ、山崎さん?」と声をかけてくれる人が!!! なんと昨年初めてたつみ演劇BOXを観るきっかけとなった、長男の大学の時のサークルの先輩さんではないですか。びっくり! いやびっくりしてはいけません。昨年も遠征に来てかなり岡山に滞在されたのですから、今年だって見に来ておられて、なにも不思議はありません。先輩さんも「今日の芝居はいいですよ〜」とおっしゃいました。夜行バスで来られて、昼夜観て、また夜行で東京まで帰るのだそうです。若いってすごいですね。もう、そんなことは無理です。とりあえずご挨拶をすませたあと、A君がやってきました。

昨年の記事はこちら
http://flim-flam.sblo.jp/article/175114102.html

若い男の子は珍しいので、近くの席のおばさまに「劇団に入るの?」「イケメンだから役者になれるわよ」などと声をかけられていました(笑)。

この日も芝居が長いので二部構成:芝居+舞踊ショーでした。

以前、花吹雪の舞台でゲストの三河屋諒さんがお仲さんの役をやられたので、この日もそれを期待していたんですが、残念ながらお仲さんを演じたのは辰巳満月さんでした。可愛らしい女優さんです。よかったです。三河屋諒さんは主人公・半太郎(小泉ダイヤさん)の母親を演じられました。まあ、年齢からいうと順当かもしれません。でも諒さんのお仲さんを観たかったです。

あらすじはこちらでどうぞ:
http://www.eonet.ne.jp/~jawa/kabuki/enmoku/irezumityouhan.html

戯曲を読みたい方はこちらでどうぞ:
http://surgery.matrix.jp/ent/books/irezumi_chohan.pdf
(ぼくが手入力したものを青空文庫のツールでxhtml化し、それをpdfに変換しました。一カ所外字の部分が表示されていませんが、勘弁してください)

いちばんの見せ場はお仲が半太郎の右腕に○○の刺青を彫るところ。でもここはなにしろ台詞がないので、戯曲を読むと一瞬で終わります。実際にはこの無言の場面、かなり続くんです。ぜひ多くの人に舞台で観て欲しいです。彫り終えたあと、絵柄をみた半太郎が驚いて言う「こ、こいつあ俺への――意見だなあ。」からあとの二人のやりとりは涙なしには観れません。

何が悲しいって、連れ合いが重い病気でもう助からないっていうことほど悲しいことはないんじゃないでしょうか。まあ、同時に死ぬようなことでも無い限り、どっちがが先に死んでしまうわけなんですけどね。

それにしても主人公を含め、愚かな男がごろごろ出てくる芝居です。半太郎もその中では飛び抜けてまともで、いい男なのですが……第一幕から、いわずもがなのことを熊介に言ってしまい、結局、熊助を斬り殺さざるをえないはめになってしまいますし、せっかくお仲と似合いの夫婦になったのに、またばくちに戻ってしまい、お仲の病気がひどくなっていくのを見逃してしまいます。とどめは、お仲が自分の命を削ってばくちをやめよといさめたにも関わらず、最後にはまたばくちに手を出してしまうんです。お仲を救おうとする気持ちはわかるんだけど……。悲しい話ですが、長谷川伸の傑作だと思います。

さて、舞踊ショーの写真を撮りましたので、何枚か載せておきます。

三河屋諒さん

20170413_01.jpg 20170413_02.jpg

小泉たつみ座長

20170413_03.jpg 20170413_04.jpg

20170413_05.jpg

小泉ダイヤ座長

20170413_06.jpg 20170413_07.jpg

小泉ライトさん(ラストの 『NOROSHI』)

20170413_08.jpg

A君も満足してくれたようでほっとしました。
posted by dunno at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇