2018年02月12日

バーフバリ 王の凱旋

2月12日の夕方、シネマクレール丸の内で『バーフバリ 王の凱旋』を観ました。

公式サイト
http://baahubali-movie.com


お休みの日だし。メンズデーということで半分以上席が埋まりました! 前作『バーフバリ 伝説誕生』は見ていないのですが、本編の前に前作のダイジェストが上映されるので問題なしでした。

ダイジェストはこちら:


登場人物の名前はなかなか覚えにくいかもしれませんね。バーフバリというのも父親のアマレンドラとその息子のマヘンドラの二人でややこしいですが、マヘンドラってマヒンドラと同じ名前でしょうか、マヒンドラなら新聞で時々見る、インドの会社の名前ですね。松江にあった会社の名前「三菱マヒンドラ農機株式会社」にもマヒンドラが入っていました。インドの資本が入っていたようです。
http://flim-flam.sblo.jp/article/180966402.html

前作はマヘンドラが中心のようですが、今回の作品は父親のアマレンドラが中心です。奴隷のカッタッパが語るという設定。アマレンドラがカッタッパと旅をしてのちに妻となるクンタラ国の王女デーヴァセーナと出会ってからの部分がとても楽しくていいですね。純粋に楽しめます。この王女がなかなか武道に強く、二人が競い合うシーン、一緒に戦うシーンなど見せ場がいっぱい。このあたりはけっこうユーモラスでした。

全体的に音楽も派手で盛り上げてくれますし、もちろん踊りのシーンもけっこうあって楽しめました。

マヘンドラの話に戻って、最後の決戦が描かれますが、さすがにちょっとこの辺で疲れてしまいました。

※公式サイトによると「ラーマーヤナ」と並んで有名なインドの叙事詩「マハーバーラタ」をもとにしてるんだそうですね。世界史ででてきて名前だけしっていますが、こんな話なんですね。子どもの時に児童用向けの「ラーマーヤナ」は読みました。詩で読む気はちょっと起きないですね(^^;

posted by dunno at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画