2019年06月29日

2019年6月劇団花吹雪@後楽座

2019年6月劇団花吹雪岡山後楽座公演の観劇予定/記録です。(6/29の日付で登録。随時更新中)

6/1(土) 昼の部 C15
「華の舞」(芝居から)/「嗚呼、夢神輿」
https://www.instagram.com/p/ByKu3ffpiFd/?igshid=1mwjp0hva2rd9
2年前にも新開地で観た芝居。「幸助餅」なんかと似た話。ジェフリー・アーチャーの小説「ケインとアベル」と通じるところもあります。

6/2(日) 昼の部 G11
「馬の足玉三郎」/「夏祭り」
https://www.instagram.com/p/Byd-qoLpoaM/?igshid=pv5pcrunupd7

6/5(水) 夜の部 C10
「兄弟鴉」/「Te quiera (テ・キエロ) 」
https://www.instagram.com/p/ByeBTK1pa4J/?igshid=d9aj9n2txhgk

6/6(木) 夜の部 C5
「名月浪人節」/「道行華」
20190606hrunojo01.jpg

6/9(日) 夜の部 C10
「喧嘩屋五郎兵衛」(芝居から)/「Sexy.Honey.Bunny!(セクシーハニーバニー)」
https://www.facebook.com/masayuki.yamasaki.9/media_set?set=a.2770036293012345&type=3
(ブラウザで開いてください)

6/14(金) 夜の部:舞台装置故障のため休演! 残念無念……。
「やくざ馬鹿」/「ジパングの風」

6/15(土) 夜の部 E11、ゲスト(舞踊ショーのみ):劇団心・碧月心哉座長
「仲乗り新三」(芝居から)/「千本桜」
前半の悲惨な話と、後半のコメディ(新三と父親のやりとり)の落差(笑)がいつもすごいです。どんなふうに延ばすのかが見どころかも。

6/16(日) 夜の部 C5
「浜の兄弟」/「あ・ぜ・ちょ!」
何度見ても納得のいかない筋書き。人を試すようなことはしてはいけないと思います。兄の気持ちを思うと泣けてきます。

6/18(火) 夜の部 E11
「槍供養」/「青春」
春之丞さんが「イヤな事ばかりの世の中で」を踊ってくださいました。ゆっくりした動きですがとても色っぽい! DSC09306.JPG DSC09308.JPG
DSC09309.JPG
YouTubeではオリジナルがないのでカラオケにリンクしておきます。この方、かなりお上手。
https://youtu.be/PiMSs0vOVtY
オマケも(^^)
https://www.instagram.com/p/BhqR1voli1C/?utm_source=ig_web_copy_link
https://www.instagram.com/p/BhqR9fzlGq_/?utm_source=ig_web_copy_link

6/20(木) 夜の部 E11、ゲスト:伍代孝雄、伍代つかさ
「三つの魂」/「安宅の松風」
離ればなれになっていた三人きょうだいの泣けるお芝居でした。

6/21(金) 夜の部 F1、ゲスト:剣戟はる駒座・津川鶫汀(舞踊ショーのみ)、ゲスト:伍代孝雄、伍代つかさ
「高津の富籤」/「上弦の月」
この日は春之丞さんが今の名前に変えられて「座長」になられて14周年の記念すべき日でした。ぼくが花吹雪を知ったのは12年前ですから、もうすでに桜春之丞さんの名前で若座長をしておられました。京之介さんはまだ小桜真、彩夜華さんは小桜京という名前でした。あれから12年ちょっと。若手の皆さんが次々とやめられて、さらに明菜さんもやめられ、小春かおりさんもお忙しいようで、21日・22日は来ておられましたが、ふだんはおられません。ゲストがないときは、ちょっと寂しい……というか、二人の座長の負担が大きすぎて倒れてしまわないかとても心配になります。中盤に連休が取れて本当によかったです。春之丞さんの買った富籤が当たるのですが、貼りだした当選番号でそれを知って腰を抜かしてしまいます。次々に関係者がやってきて、自分でもその番号を確認して激しいリアクションをするところがなかなか受けます。全く予定のなかった人まで、無理やりくじの番号を確認する芝居をさせられていて、みんな大笑いでした。
昼夜合わせて大入りが5枚付きました。料金が安かったし、大勢の遠征組がお祝いに駆けつけてくださったおかげもあると思います。

6/22(土) 夜の部 D15、ゲスト:伍代孝雄、伍代つかさ
「狐狸狐狸」(芝居から)/「叶わぬ恋」
これは初めて観る芝居でした。元女形で今は染め物を作っている亭主を三代目が、その浮気ものの妻を彩夜華さんが演じています。浮気の相手は春之丞さんが演じる坊さん。その坊さんに惚れているのが町では「牛女」と言われている豪商の娘(伍代孝雄さん)。愛之助さんは夫婦の家の下働き。彩夜華さんは春之丞さんと結婚したくて夫の食べ物に毒を盛ります……。長居芝居でした(途中休憩がはいりました)が、色んな人の(というか狐と狸の……)化かし合いがおかしくて、笑える芝居。ただ大人の男女関係の表現が出てくるので、場内の子どもの声に、伍代さんはびびっていました(笑)。
ラストショーでは三組の心中が描かれます(亜矢さんの「お初」「おさん」「梅川」)。写真をinstagramに載せましたので、お暇な方はどうぞ。
https://www.instagram.com/p/BzA9CWnJk0u/
https://www.instagram.com/p/BzA9ho5Jt3K/
その他の舞踊は facebook のアルバムにしました:
https://www.facebook.com/masayuki.yamasaki.9/media_set?set=a.2795262020489772&type=3

6/23(日) 昼の部 C15、ゲスト:伍代孝雄、伍代つかさ
「秋葉の宗太」(芝居から)/「シンデレラガール」
夜は島津亜矢さんの出る番組があるので、昼の部を観ました。今日の芝居も見ごたえのある長い芝居。以前も見たと思いますが、配役は記憶になし。伍代さんがおられないとできない大作ですね。前の日は皆さん舞台でうどんを召し上がっておられましたが、この日は伍代さんが舞台でそばを食べられました。のびてるんじゃないかと思うけど、食べたくなりました。

6/26(水) 夜の部 C10
「黒船ヤクザ」/「小さな恋のうた」

6/29(土) 昼の部・千穐楽 G12
「六連発の虎」/「祭りの神」
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇