2019年09月05日

嵐電

8月31日(土)の夕方から、シネマクレール丸の内で『嵐電』を観ました。

公式サイト
http://www.randen-movie.com


この映画のテーマ音楽(エンドロールでかかります)はあがた森魚さんの歌。玉島でのライブの時に、映像も見せてくださいましたし、歌も歌ってくださいました。そんな縁ですので、早く観たいと思っていましたが、やっと岡山に来てくれました。この日の朝の回は、監督さんと井浦新さんがゲストで舞台あいさつがありました。ぼくはマンションの用事で観に行けませんでしたが、9時ごろですでに100人近い人が並んで、立ち見もあってぎっしりだったそうです。井浦新さんの威力がすごいですね。

夕方の回は10数人で、ゆったりと見ることができました。

公式サイトより、嵐電に関する解説を貰ってきました:
京都市の西に、四条大宮、嵐山、北野白梅町を結ぶ、「京福電気鉄道嵐山線」が走っています。通称「嵐電=らんでん」と呼ばれ、地元の人々や世界中から訪れる観光客に親しまれています。沿線には映画創成期より撮影所が数多く作られ、東映京都撮影所、松竹撮影所では今日も映画の撮影が行われています。既になくなりましたが、大映撮影所、東宝撮影所、日活撮影所などの撮影所が集中していたことから、多くの映画俳優やスタッフの方々が撮影所へ通うため嵐電を利用していました。

日本映画隆盛の時代に、国際映画祭に登場し戦後の日本映画への世界の目を集めるきっかけとなった、黒澤明監督『羅生門』(1950年、第12回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞)、溝口健二監督『雨月物語』(1953年、第14回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞)、『山椒大夫』(1954年、第15回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞)、衣笠貞之助監督『地獄門』(1953年、第7回カンヌ国際映画祭パルム・ドール)などが、嵐電沿いの大映撮影所で生まれています。

主人公は以下の通り:
●弁当屋ではたらく若い女性。撮影所に弁当の配達に行って、東京からきた俳優の京都弁のチェックえを依頼され、それが縁で男性俳優に惹かれる。
●嵐電に関する観光ガイドを作る取材で京都にやってきた訳あり風の男性(井浦新)。過去に妻と嵐電を観に来たことがある。
●電車おたくで、毎日嵐電の電車を8ミリで撮影にやってくる少年、修学旅行で京都にやってきた、やはり電車好きで電車の撮影に凝っている東北の少女。
彼らをつなぐのが、ある駅のホームにある(改札はないので駅と町の境界はない)喫茶店の主人。

現実なのか、幻想の世界なのか、ふたつがまじりあって、結局実際に何があったのかよくわからないんですが、3組の男女の恋をぼうっと見ているだけで、ちょっと胸がときめく映画でした。悪くないですね。

出てくる場所に行ってみたくなりました。

監督さんは、なんと倉敷美観地区の某有名古書店の店主の方と結婚され、倉敷に移住されたそうです☆ びっくり☆
posted by dunno at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

心の故郷 ある湾生の歩んできた道

8月24日の朝、シネマクレール丸の内で『心の故郷 ある湾生の歩んできた道』を観ました。

公式サイト
https://creative21inc.wixsite.com/cr21/kokoro


「湾生」というのは敗戦以前に台湾で生まれ育った日本人のことをいいます。『湾生回家』というドキュメンタリー映画でこの言葉を知りました。

湾生回家
http://flim-flam.sblo.jp/article/178724132.html

それと比較すると、ちょっとゆるいというか、テレビ番組っぽい町の紹介なんかもあって、やや間延びした物足りない映画だというのが正直な感想です。「なつかしさ」がメインという印象。最後の方になってやっと……。

そんな感想ですみません。


posted by dunno at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画