2015年12月27日

祈り@アンクル岩根のギャラリー

アンクル岩根のギャラリーで「祈り」というタイトルで白石孝子さん(イコン)と伊勢崎晃一朗さん(備前焼)の二人展が今日まで開催中。

http://uncle-iwane.com/201512.html

KC4F0280.JPG KC4F0281.JPG

昨日は白石さんと岡山大学の鐸木道剛さんのトークがあるというので一時少し前に行ってみました。
白石さんの作品は前から知っていたのでいいのはわかっていたんですけれど、伊勢崎さんのオブジェ(階段!!!!!)がすごくよかったです。特に入って左に3つ並んでいた四角い作品がどれもよかった。最初は色の明るいのがよく見えたけれど、真ん中の黒っぽい作品もいい味わいがあってよかった☆ どれも、外から見ると、階段を登って、また中に降りていく形になっています。なんというかお墓みたい……。神聖な感じ。あ、そうか「祈り」ですからね。入って右側には天に昇っていく階段がたくさん並んでいました。

白石さんの今回の作品は1点を除いて、みな陶器(おつれあいが作成されたとのこと)に描かれたものでした。なんか観ているだけで心が清められる気がします。

イコンというのはそもそも中世のキリスト教的なものらしく、ルネサンスの絵画とは違って平面的。それはルネサンスの絵は人間の目で見たものを描くのですが、中世では神の目から見たものを描くからだとか……。

鐸木さんが、世界各地で購入されたお土産用のイコンを見せてくださいました。ロシアのものはたとえ印刷されたものでも、出来具合が全然違うとおっしゃったのですが、それは一目見て歴然としていました。安物は印刷のドットがわかる感じ。新聞の写真みたいで、いかにも印刷。一方、いいものはそういう風には見えないし、凹凸もつけてありました。

岡山県にもイコンの見れる教会があるそうです。倉敷の柳井原教会です:

http://www.orthodoxjapan.jp/annai/n-yanaihara.html

行くときはあらかじめ連絡した方がよいとのことです(不在な時が多い)。
日本での総本山(っていうのかな?)はお茶の水のニコライ堂。お茶の水はなんどもいったことがありますが、実はニコライ堂って未体験。聖橋側ってあまり通ったことがないですね〜。今度東京にいくことがあったらぜひ行ってみたいです。

ニコライ堂
http://www.orthodoxjapan.jp/annai/t-tokyo.html

今年、久世光彦さんの小説をいくつか読みましたがその中の『暗い絵』にもニコライ堂が出てきて気になっていました。『怖い絵』というのは短編集で、各作品はなにか絵にまつわるお話になっています。ぼくの持っているのは文庫版ですが、中に出てくる絵画はカラー印刷なんです☆ 最初の作品が「姉は血を吐く、妹は火吐く」というタイトル。ニコライ堂のイコンが出てくる話。挿絵は2枚あって、ひとつは「エレウス・キクスクの神の御母のイコン」、もうひとつは「ポルト―アルトゥルの神の御母のイコン」、どちらもロシアのイコンです。この作品にはイコンのことがかなりたくさん出てきて山下りんさんという日本初のイコン作家の名前も出てきます。山下りんさんのことはお二人のトークでも出てきました。

山下りん 画像検索

なお、この作品のタイトルは西条八十の詩「トミノの地獄」からとったものです:

トミノの地獄 検索

話がそれてしまいましたが、会場には人形作家のMさんも来ておられて(白石さんにイコンを習ったことがあるのだそうです☆)お話ができて嬉しかったです。
posted by dunno at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170718780

この記事へのトラックバック