2016年03月29日

恵比寿のシス書店

恵比寿のシス書店(LIBRAIRIE6)が6周年記念で開催しておられた「6 year exhibition LIBRAIRIE6」展に、3/19(最終日前日)に行ってきました。

先日亡くなられた合田佐和子さんの絵も3点展示されていました。他には、宇野亞喜良さん、四谷シモンさん、金子國義さん、合田ノブヨさん、建石修志さん、など多くの作家の作品がありましたが、いちばん気に入ったのは菅野まり子さんの作品でした。黒地に独特な中世的雰囲気の絵を描かれます。不思議な魅力があります。

検索:
菅野まり子

シス書店では、今年の終わり頃、菅野まり子さんと他の方の2人展か3人展を企画しておられるそうです。ぜひ観に行きたいと思います。

シス書展での過去の個展(菅野まり子 「孤島にて」展 )
http://librairie6.exblog.jp/21230018/

菅野さんの作品も、合田佐和子さんの作品も素敵でしたが、結局古本を2冊購入して帰りました。白水社の「新しい世界の短編」というシリーズの中から第一巻「木立の中の日々」(マルグリット・デュラス)と第三巻「十三の無気味な物語」(ハンス・へニー・ヤーン)です。

「木立〜」のほうは帰りの新幹線でほとんど読んでしまいました。不思議な味わいの面白い短編集でした。表題作「木立の中の日々」は、女友達と同棲している貧乏な男の所に、急に金回りのよくなった母親がやってくる話。かみ合わない会話が絶妙。笑えます。母親と息子の関係というのはほんとにしんどいものですね〜。二つ目の「ボア」には一番ぎょっとしました。ボアというのは動物園にいる大きい蛇です。日曜ごとに若鶏を丸のみし『嚥下』するのを見に行く二人の話。このあともうひとつの『嚥下』が出てくるところがとてもショッキングでおぞましいです。未読の方がほとんどでしょうから、これ以上は書きません。好きな話か?ときかれると答えにためらってしまいますが、ものすごく印象に残る話でした。三番目の「ドダン夫人」はアパートの門番(つまり管理人)であるドダン夫人の話。彼女が住人のゴミ出しにすごくこだわる話です。けっこうおかしい話。最後の「工事現場」はホテルに宿泊している男と女の出会いの話。他の話と違って胸がときめく話です。よかった☆

他の方の感想を探してみました:

アリアドネの部屋
デュラス『木立の中の日々』
http://blogs.yahoo.co.jp/takata_hiroshi_320/23765631.html

晴読雨読ときどき韓国語
『木立の中の日々』(マルグリット・デュラス著、平岡篤頼訳、白水社)
http://nishina.exblog.jp/13186749/

記憶の彼方へ
マルグリット・デュラスの塩漬けキャベツ
http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20111110/p1

流れ去る時間/停滞した瞬間(マルグリット・デュラス)
小川美登里
http://www.gallia.jp/texte/50/50ogawa.pdf

鳥乃声 花乃蜜
マルグリット・デュラスとか
http://cotomin.jugem.jp/?eid=320

近くの方で読んでごらんになりたいかたにはお貸ししますよ。

もう一冊の方は未読です。読んで面白かったら感想を書くことにします。
posted by dunno at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174683575
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック