2017年04月02日

ヒトラーの忘れもの

もう4月です。2月に観た映画のメモがまだ2作品分書けてません。3月にもいくつか観ました。
ほんとにメモですが少しでも書いておこうと思います。

2月25日に、シネマクレール丸の内で『ヒトラーの忘れもの』を観ました。
デンマーク映画です。

公式サイト
http://hitler-wasuremono.jp/


予告でだいたい分かってしまう映画です。ドイツ軍がデンマークを占領し、英米の攻撃を防ぐために海岸線に設置した膨大な数の地雷。それを処理させられたのは捕虜となったドイツ兵でした。この映画では地雷を処理させられるドイツの少年兵たちと彼らを監督するデンマークの将校の交流を描きます。

少年兵たちが一人、また一人……と死んでしまうのがとても悲しいです。
ごくわずかの子たちはデンマークからドイツに脱出できるのかな……という感じで終わるので少しだけほっとします。

見応えのある映画でした。



posted by dunno at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179292830

この記事へのトラックバック