2017年04月19日

島津亜矢デビュー30周年記念コンサート@岡山市民会館

『島津亜矢デビュー30周年記念コンサート ありがとう〜30年の想いを込めて〜』に行ってきました。

デビューして31年目ということで、気持ちを新たにし、「初志」というキーワードで構成されたコンサートでした。

第一部は『感謝状〜母へのメッセ−ジ〜』でしっとりと始まりました。そのあと、歌手デビューの前に聴いていた歌として3曲『なみだ船』『おさらば故郷さん』『漁歌』を歌われ、そのあとご自分の持ち歌を9曲歌われました:順に『流れて津軽』(次からは観客席で握手しながら……)『愛染かつらをもう一度』『道南夫婦船』『女にゃ年はいらないよ』『人生二勝一敗』『一本釣り』(☆☆☆)(この後はまたステージへ……)『相生』『独楽』『阿吽の花』。ぼくの好きな『一本釣り』でとても盛り上がりました。最後は熊本の応援ということでご自分の歌『おもいで宝箱』『帰らんちゃよか』を歌われ休憩になりました。

第二部は真っ白いドレスで登場され、『命の別名』を歌われました。続いて『蘇州夜曲』『今さらジロー』『春なのに』(これもみゆきさんの曲☆)『I will always love you』を歌われました。着物に着替えられたあと、星野哲郎さんのコーナーがあって『海鳴りの詞』『出世坂』を歌われました。『出世坂』は30年前の曲ですが、その後の亜矢さんの歌への精進を表しているようで、ちょっと泣きました。星野さんの心がこもった歌ですね。次が新曲の『いのちのバトン』。最後は『お梶』でした。偶然ですが、この間の日曜日に後楽座でのたつみ演劇BOXの公演で特別ゲストの三河屋諒さんがラストの前に『お梶』で踊られました。

最近のアルバム
を見てください)


握手するには通路から離れすぎていて残念でした。次回はぜひ通路際の席を取りたいものです。

いくつかYouTubeの映像をリンクしておきます。

島津亜矢 ★漁歌(2002年9月NHK)

※ 亜矢さんは13歳の時、この曲で第8回長崎歌謡祭に出場されたそうです。そのとき、テイチクから声がかかってプロの歌手になられたんです。

島津亜矢/一本釣り


命の別名 島津亜矢


島津亜矢 ★出世坂(16歳)


『春なのに』は見つからないです。残念。すごくよかったんだけどな。
posted by dunno at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179495328

この記事へのトラックバック