2017年05月14日

中野由紀子さんの新作

5月12日に早めに職場を出て、ギャラリー陶佳で中野由紀子さんの新作を観てきました。

nakanoyukiko2017toka.jpg

ハガキより:
small space はかなきものたち

宇宙の中の小さな存在。
そんな二人が放つ光をガラスに絵に込めました。

         中野由紀子/ glass
         mako/ artist


天井からぶら下がっていた「惑星」たちに心引かれました。とくに「マーブル」と名のついたシリーズは、子供のころ遊んだり集めたりしていたビー玉(岩国では「マーブル」と呼んでいました)を大きくしたような感じです。「ジュピター」というのもあったそうです。実際、木星みたいに見えたそうです。残念ながら初日(2日前)に売れてしまったそうです。見たかったです。色々眺めて、赤い色の惑星を選びました。

20170513064746.jpg

ダイニングの壁に2011年に買った中野さんの掛花を吊しているのですが、それに並べる形にぶら下げました。

20170513064614.jpg

20170513065408.jpg 20170513065324.jpg

本当はこれをもっと食卓の上の電灯に近づけたいのです。というのはこれを通して電灯を見るととてもきれいなのです。ただ、それはけっこうな作業を必要とするのでぼくには難しそう……。当分、壁に掛けておく予定です。

なお、掛花の糸を引っかけている金具に、もうひとつ小さいものがぶら下がっていますが、大江さやかさんの小鳥です。

20170513065654.jpg
タグ:ガラス
posted by dunno at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179743999

この記事へのトラックバック