2017年06月26日

マンチェスター・バイ・ザ・シー

この週末観た『タレンタイム』もいっぱい泣きましたが、先週の日曜日にシネマクレール丸の内で観た3本の映画でもいっぱい泣いてしまいました。

最初に観たのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です。

公式サイト
http://www.manchesterbythesea.jp/


マンチェスターっていうからイギリス映画化と思ったらアメリカの映画でした(笑)。だって昔 Manchester and Liverpool って曲がはやりましたよね。日本でヒットしたのは1969年のことだそうです。
https://youtu.be/c2glfh8a4Zo

でもこの話を続けてると映画から遠ざかるのでこの辺で切り上げましょう。
映画に出てくるマンチェスターはボストンから車で1時間ちょっとくらいの田舎町だそうです。もともとは単に「マンチェスター」でしたが、ニューハンプシャー州の大きな同名の街との混同を防ぐために「マンチェスター・バイ・ザ・シー (Manchester-by-the-Sea)」に名前を変えたんだそうです(知らんがな、そんなこと)。Wikipedia マンチェスター・バイ・ザ・シー

上の情報によるとこの町の関係する映画はいくつもあって、ウィノナ・ライダーの出た『恋する人魚たち』もそのひとつだそうです。
https://youtu.be/DUSPGXmZQbM

悲しい思い出の残るマンチェスターを離れてボストンでひとり暮らしをしているリーのところに、マンチェスターにいる兄が心臓発作で倒れたという連絡が入ります。車を飛ばしますが病院に着いたとき、すでに兄はもう息を引き取っていました。兄は、リーに一人息子パトリックの後見人をしてくれるよう遺言を残していました。……

季節が冬でしたので、墓地は雪に覆われていて埋葬は何か月もまたなければいけないため、遺体は冷凍庫で保存されることになりました。しかし、パトリックにはそれが耐えられません。冷凍庫の中の冷凍チキンを見てもパニックを起こしてしまいます。

リーとパトリック、リーと元の妻、パトリックと(今は離れて暮らしている)実母など様々な関係が描かれていて、重厚なドラマでした。

過去のできごとというのは、本当に悲痛な事件でした。まさかそんなことがあったとは……本当に胸がいたくなりました。

パトリックとガールフレンド(たち)の関係などちょっとドタバタするシーンもあったりして息抜きができます。

いい映画だと思います。

posted by dunno at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180164708

この記事へのトラックバック