2017年07月31日

怪物はささやく

7月23日(日)に、シネマクレール丸の内で『怪物はささやく』を観ました。

公式サイト
http://gaga.ne.jp/kaibutsu/


観てから一週間以上たってしまいました。なんとなく気が重くて……。でももう7月も終わり。簡単にメモだけ書くことにします。

予告を見ればかなりストーリーがわかるので、そのあたりだけは書いておきましょう。

ストーリー:主人公の少年コナーの両親は離婚しており、コナーは母親と暮らしている。近くには教会や墓地があり、そのそばに大きな木(セイヨウイチイ)が立っている。母親は脳腫瘍にかかっていて抗がん剤を服用しておりその副作用も重なって体調は悪い。少年は不安な日々を過ごしている。ある晩、教会のそばの木が怪物に返信し少年のところにやってきて、自分は3つの物語を語るから、少年も自分の隠している「真実」を語れという……。

予告を観た段階でこれは今年になって観たあの映画と似ているのかな……と感じました。怪獣はストレスにさらされた少年の作り出した妄想でしょう。実際に映画をみても、そのように描かれていました。ただその妄想のネタはどこから来るのかというのは最後まで隠されていました。一番のポイントは、少年が心に隠している秘密とはいったい何なのか……。彼の悪夢が最後に崩れ落ちる地面と一緒に落ちそうになる母親を救おうと手をつかむのですが耐えきれず手をはなしてしまうということは何を意味しているのか……最後まで気を持たせて、たしかにそういうことはあるとは思うけれど、それはこんなに大袈裟に描かなければいけないことだったのでしょうか……。怪獣があらわれる時間が実は……というのもご都合主義。どういう理屈でそういうことになるのか全く説明なし。残念な映画でした。

※セイヨウイチイの樹皮から作られるタキソールという薬が抗癌剤として使用されているそうです。
posted by dunno at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180506150

この記事へのトラックバック