2017年07月31日

草原の河

7月23日(日)、シネマクレール丸の内で『草原の河』を観ました。

公式サイト
http://moviola.jp/kawa/


チベットのある家族の物語がゆったりとしたペースで描かれます。中心となる幼い女の子(ヤンチェン・ラモ)が可愛いです。お母さんのおなかに赤ちゃんができて、嫉妬します。自分の大切なクマのぬいぐるみを赤ちゃんのために増やそうと地面にうめるところなんかたまらないです。

もう一人の重要なキャラクターは仔羊のジャチャ。放牧中の羊がオオカミに襲われ、一匹の母親羊が殺されます。親を亡くした仔羊がジャチャ。ヤンチェン・ラモの友達になります。予告編で角にミルクを入れるシーンがありますが、これは母親をなくしたジャチャにミルクを飲ませるための哺乳瓶なのです。

さらになかなか姿を見せないですが重要な人物はヤンチェン・ラモの父親の父親。行者として山の上に一人で住んでいますが、彼にわだかまりのある父親は彼を訪問しようとはしません。そういった家族の関係がひとつのポイントになっています。

面白く見ることができましたが、ちょっとペースがゆったりしすぎているかもしれません。
posted by dunno at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180506288

この記事へのトラックバック