2017年09月05日

湯島聖堂〜昌平橋〜万世橋

旅行記の続きです。(ひとつ前の神田川下りを見ていただくとわかりやすいです)

聖橋をくぐって湯島聖堂の壁に沿って歩くと、総武線が道を超える鉄橋が見えてきます。

P_20170824_152402.jpg

湯島聖堂の高仰門です。

P_20170824_152458.jpg

門をはいってまっすぐ進むと大きな楷の木があります。そこを右に行くとこの孔子像があります。

P_20170824_152801.jpg

楷の木を見上げたところです。

P_20170824_152815.jpg

楷の木は岡山にたくさんあります。一番有名なのは閑谷学校の2本ですが、岡山市内の柳川交差点付近にもたくさん植えられています。紅葉がとてもきれいです。実は山口の実家の庭にも1本あります。すごく虫がつきやすいので、夏になる前にばっさり枝を落とします。
ふたつ門をくぐって一番奥が湯島聖堂。

P_20170824_153141.jpg

シーズンではないので来ている人はごくわずかでした。

さて、昌平橋に向かいます。

総武線の鉄橋です。

P_20170824_153808.jpg

そしてこれが昌平橋。逆光で見えにくいでしょうか。近寄ってみると確かに「昌平橋」と読めます。

P_20170824_153850.jpg

橋の近くにあった地図がとても役に立ちました。ただ「現在地」の近くの2か所で、文字がさかさまになっています。どうしてそんなミスをしてしまったのでしょうね。不思議です。

P_20170824_153907.jpg

さて、中央線沿いに歩いて万世橋に向かいました。すると線路が高架になっている下がレンガ造りのすてきなお店になっていました。そして、元「万世橋駅」があったところのプラットホームに上がれるようになっていて、休憩できるベンチやカフェがありました。

入口(こちらからはエレベーターで2Fにあがる):
P_20170824_154929.jpg

上では線路がガラス越しに見れるようになっています。
P_20170824_155144.jpg P_20170824_155223.jpg

反対の降り口は階段になっています。

P_20170824_155310.jpg P_20170824_155346.jpg

P_20170824_155414.jpg

出たところ:

P_20170824_155440.jpg

けっこう飾りもついています。

P_20170824_155721.jpg

神田川にも回りました。肉の万世の方も撮りました。

P_20170824_155910.jpg P_20170824_160011.jpg

万世橋
P_20170824_160238.jpg

肉の万世

P_20170824_160242.jpg

帰りの新幹線の中から富士山を撮りました。

P_20170824_173709.jpg

三鷹〜御茶ノ水〜秋葉原と楽しみました。

最後におまけですが、都内某所で撮ったが写真を載せておきます。

KC4F0366.JPG
posted by dunno at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180900214

この記事へのトラックバック