2017年09月07日

松江旅行2017(4)一日目・その4・松江ゴーストツアー

続きです。

いよいよ楽しみにしていた松江ゴーストツアーです。

http://www.matsue-tourism.or.jp/ghost-tour/

集合時間になって受付場所のぶらっと松江観光案内書の戸が開きましたので、早速手続きをすませ、懐中電灯をお借りし、虫よけスプレーで完全武装しました。

引率の女性、語りの女性を含めて20人のグループになりました。18:34出発、予定は2時間です。
なにしろゴーストツアーですので色々しかけがしてあるのですが、それは未体験の方の楽しみのため一切触れないことにします(笑)。あ、こう書いただけでももうバラシてしまってますか?

暗いので写真は撮っていませんが、翌日の午前中再度巡ってみたときに撮った写真をいくつか載せる予定です。

●松江城のギリギリ井戸〜崩れる石垣

これはすぐ近くです。写真を撮っていないのでGoogleMapでご覧ください。
ギリギリ井戸

築城のために石垣を作ろうとしても、なぜか崩れてしまうのでその場所を深く掘ってみると……戦いで死んだ武士の骨が出てきたのだそうです。ねんごろに弔ったら石垣も崩れなくなりました。その場所から水が湧き出てきたので井戸にしたそうです。なんだかそんなところから出てくる水を飲みたくない気もします(笑)。

もう井戸は残っていなくて、その跡を示す木の柱が立っているだけです。
なんで「ギリギリ」なのかというのが気になる方は上の公式サイトでご確認ください。

ここから次の月照寺までは5台のタクシーに分乗して移動です。
ついた時にはかなり暗くなっていました。懐中電灯が活躍します。なお、怪談が語られる間は消灯します。

●月照寺〜人食いの大亀

月照寺の解説
http://www.shinbutsu.jp/36.html
大亀の解説
http://furusato.sanin.jp/p/mysterious/matsue/10/

石で作られた大亀(本当は亀ではないそうです、正式な名前は……忘れました)が夜になると動き出してしまうので、背中に重い石の板をのせたら動かなくなった……という話です。ともかく重いものを支えるのが好きなのだそうです。翌日の観光でも亀が背中にものを載せているのはあちこちで見ました。そういう意識でいるとものが見えてくるのですね。

次の場所へは徒歩で移動。

●清光院〜消えぬ芸者の足跡

松風という芸者に岡惚れした侍が嫉妬のあまり松風を切り殺したのがこの清光院の位牌堂の石段のうえだったそうです。その血の跡がいくら拭いても消えなかったという伝説です。

ちなみに、……今は消えています。血の跡はありません。

次も徒歩で移動です。

●大雄寺〜子育て幽霊話

「だいおおじ」と読むそうです。「だいおうじ」かもしれません。水飴屋に毎晩水飴を買いに来る幽霊の話です。

こちらで懐中電灯が回収され、またタクシーに分乗し城まで戻って流れ解散となりました。

スプレーのおかげで蚊にもさされず、涼しい夜を楽しむことができました。お話はそれほど怖くありませんが、それは大勢いたからかもしれません。一人ぼっちだとしたら、それだけでかなり怖いと思います。

解散後、急いで予約していた居酒屋「川京」に行きました。

カウンターだけの小さなお店ですが色んな方から勧められました。時間がやや遅かったのに予約を受け付けてくださって感謝しています。

カウンターの中に女性がふたりおられて、いろんな話をしながらてきぱきと仕事をしておられました。拡声器のご主人は不在でした(下の紹介記事をご覧ください)。

おすすめのコースでお願いしました。宍道湖七珍のうち4珍が入っていました。
珍しい料理ばかりでとてもおいしいし、量もほどほどでよかったです。飲み物も、まずはビールを飲みましたが、松江の酒やきれいなカクテルも飲んで大満足。

三日目に予定している「黄泉比良坂(よもつひらさか)」のことをお店の方に伺ってみましたが、お二人とも行ったことがないとのこと。でも大きな石があるそうだと教えてくださいました。

お客さんの中に埼玉から来ておられる方があって、少しお話ししました。川越生まれだけど今はさいたま市にお住まいとのこと。なんだか嬉しいですね(私も20数年埼玉県人でしたので)。

こちらの「川京」紹介記事もどうぞ。
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_519/

たしかにオススメのお店です。行かれる方は必ず電話で予約してください。当日の予約がいっぱいになると電話は留守電になりますが、翌日以降の予約は予定を吹き込んでおくと、翌日電話がかかってきます。

楽しい一日でした。
タグ:松江
posted by dunno at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180913267

この記事へのトラックバック