2017年09月10日

松江旅行2017(7)二日目・その3・堀川遊覧船、島根県立美術館、宍道湖の夕日

続きです。

食事の後、堀川遊覧船の「ふれあい広場乗船場」に行き、遊覧船に乗りました。初めての体験です。何か所か屋根を下げないとくぐれない橋があって、それも楽しかったです。

船から見えた天守閣です。
P_20170827_134703.jpg P_20170827_134737.jpg

一周して、今度は地ビール館にいって、3種類の地ビールを楽しめるお試しセット千円をゆっくり楽しみました。この日はとても天気が良く、首の後ろや半袖から出ている腕、そして顔が真っ赤に日焼けしてしまいました。冷房の効いた部屋で冷たいビールを飲んでとても気持ちよかったです。最初船に乗る前に除いたときは団体客でほとんど満席でした。このときは、一時半を回っていて、がらがらでのんびりできました。

そのあと、また松江城に戻り、稲荷橋を渡ってすぐのところを左に折れ、トイレの前を通り過ぎて散歩道を歩きました。なんとこの道で映画の撮影をしておられました。邪魔にならないよう、そそくさと通り過ぎたのですが、ちょっと見ていたかったです。この道は本当に気持ちいです。特に日焼けしているときは生き返るようです。

城を通り抜け、まだ時間があるので、カラコロ工房を覗いてから、川を越えて南に移動し、茶町商店街を通りました。ここには「うだつのある家」があります。

P_20170827_151752.jpg P_20170827_151759.jpg

その向かい側には「國暉酒造」の建物があります。

P_20170827_151812.jpg P_20170827_151827.jpg

そして、また島根県立美術館に戻りました。小茂田青樹展を見ました。
omoda_seiju_s.jpg

P_20170827_153506.jpg P_20170827_153636.jpg

小茂田青樹展
http://www.shimane-art-museum.jp/exhibition/2017/07/026625.html

小茂田青樹という方は日本画家です。1891年10月30日生まれで、亡くなったのは1933年8月28日……ということで、この翌日(8/28)までの会期となっていました。けっこう若くして亡くなっています。チラシの絵はモダンで、おもしろいですね。どくだみがとてもきれいです。

常設展もざっと眺めましたが、そのあと、常設展会場の椅子にすわって日没が近くなるまで休みました。

6時頃外に出てみました。もう涼しくなっていました。ただ西の方に雲がありました。夕日に染まる「Waving Figure」の写真を撮りました。


P_20170827_180836.jpg

P_20170827_181103.jpg P_20170827_181152.jpg

P_20170827_181233.jpg P_20170827_181318.jpg

雲のせいで山に沈む太陽を撮ることはできませんでしたが、刻一刻と変わる空の色がとてもきれいでした。空には三日月も見えました。

P_20170827_181351.jpg

P_20170827_181616.jpg P_20170827_181607.jpg

P_20170827_181837.jpg P_20170827_182024.jpg

P_20170827_182254.jpg P_20170827_183642.jpg

P_20170827_183801.jpg P_20170827_184234.jpg

P_20170827_185145.jpg

日が暮れました。この日もよく歩きました。夕食は駅ビルの日本海庄やで食べました。
タグ:松江
posted by dunno at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180945818

この記事へのトラックバック