2017年09月14日

松本旅行2017(2) 松本の水

松本は涌水・井戸の多い町でした。街のあちこちに井戸があるんです。次回は水筒をもって歩きたいと思います。
懇親会のときにある方から伺ったのですが、お連れ合いのご実家が安曇野で、そこの涌水の味はまた違うんだそうです。ぜいたくな話ですね。

さて、色んな場所の水を紹介します。

最初は高砂通り(人形町通り)の「源智の井戸」です。
P_20170905_124342.jpg P_20170905_124352.jpg

下は「上土・下町会館」前の「東門の井戸」です。
P_20170905_171437.jpg

信州大学の東門を出ると女鳥羽川が流れていました。ココあたりでは南北に流れています。橋の上から、南方向・北方向を撮ってみました。
P_20170906_123358.jpg P_20170906_123423.jpg

最終日の朝、小雨が少し降っていましたが、次第にやんでくれました。大雨でしたらバスに乗ろうと思いましたが、この日も歩いて通うことができました。大学に行くのに一番簡単なのは東町通りを北上すること。この朝は、一本東のまっすぐに伸びた道を行くことにしました。裏町通りというんでしょうか……。けっこう雰囲気が好きです(笑)。
P_20170907_092205.jpg P_20170907_092123.jpg

ふと見ると「鯛萬の井戸・入り口」という札がかかっていました。あとで調べたのですが「鯛萬小路」という細い道の入り口でした。井戸があるのなら入ってみたいです。なんだか妖しい雰囲気があったのですが、朝ですからまあ大丈夫……。細い道が続きます。

P_20170907_092402.jpg P_20170907_092408.jpg

P_20170907_092428.jpg

奧に巨大なマンションが見えるのを確認してください。その前に見えるのが「鯛萬の井戸」でした。

P_20170907_092700.jpg

ちょうど、自転車を転がして水を汲みに来られた方がありましたので、「ここの水はおいしいんですか?」とうかがってみました。そうすると「珈琲をいれるときはここの水を使うんですよ、水道の水とは全然違います」と教えてくださいました。出かけるときはよく水の容器を自転車で運んで、チャンスがあれば水を汲むんだそうです。どっから来たのかとかそういう話になって岡山だと答えると、最近倉敷にいったばっかりだということでした。3回目だそうです。倉敷がお好きなようでした。水を汲むところを撮らせていただきました。

P_20170907_092709.jpg P_20170907_092723.jpg

また、もともとすぐそばの大きなマンションの建っているところに鯛萬という立派な料亭があったんだと教えてくださいました。それが井戸の名前の由来なんだそうです。

P_20170907_092846.jpg

すぐそばの古い建物。ここで鯛萬小路は北に向きを変えます。
P_20170907_092906.jpg

鯛萬小路がぶつかる通りです。西に戻ります。「ようこそ、うら町へ」と書いてあります。
P_20170907_093024.jpg

また裏町通りにきたので、北上します。葭町という交差点に松本名物があるので、水とは関係ありませんが、写真を載せておきます。
P_20170905_165707.jpg P_20170907_093213.jpg

P_20170906_181555.jpg P_20170906_181602.jpg

これは何のお店だったかというと……その答えは裏町通り側にありました。
P_20170907_093159.jpg
読めますか?「早川履物店」だったんですね。「運動靴」「ゴムくつ」なども読めます。上の方には多分「アキレス」とか「アサヒ」とか書いてあるんでしょうか。
この店が好きなので、三日間、毎日必ず1回ここに来ました(笑)。

ちなみにここで西にまっすぐ歩いて行くと松本城総堀にかかる「深志橋」に行きます。

西に曲がらず、さらに北上します。裏町ほどの情緒はないですが、ところどころ古い家があったりします。
有名な井戸とは規模が違いますが、「庶民の井戸」というのもありました。
P_20170907_093504.jpg P_20170907_093516.jpg

さてこの道をずっと北上していくと、T字路にぶつかり、そこにこんな案内板がありました。
P_20170907_093844.jpg

「紙すき川(横田溝渠)」という川があったんです。でも今は水も涸れ、小さな溝になってしまっています。
P_20170907_093851.jpg

ちなみにこの東西の道を右にいくと「大安楽寺」があります。

P_20170907_093906.jpg

その手前で左折して北上すると「岡宮神社」があります。この「岡宮神社」には面白い木があるので後で写真を載せます。

最終日の講演は12時で終わったのでまた歩いて、「岡宮神社」に寄って、まっすぐ南に下り、女鳥羽の交差点を渡り、料亭鯛萬のあったマンションの東あたりを歩いたりしました。

突き当たりにも面白い建物がありました。窓がいい雰囲気です。
P_20170907_122634.jpg

そこで振り返ると鯛萬のマンションが見えます。

P_20170907_122647.jpg

突き当たりを右折し、次の角を左折すると、また女鳥羽川に出会いました。ここらあたりから東西に流れています。

橋(多分、念来寺橋)からまた写真を撮りました。
P_20170907_122815.jpg P_20170907_122821.jpg

その隣の鍛冶橋を南に渡って少し進むと左に「伊織霊水」というのがありました。
P_20170907_123246.jpg P_20170907_123252.jpg

P_20170907_123304.jpg P_20170907_123312.jpg

右隣には霊水の名前の元となったと思われる鈴木伊織という方の墓所がありました。
P_20170907_123340.jpg P_20170907_123356.jpg

日の出町通りに出ます。

P_20170907_123712.jpg

ずっと西に行くと中町通りに来ます。そこにも井戸がありました(無名?)。
P_20170907_123921.jpg

食事をして、前の記事で書いた伊東石材店に行ったわけです。せっかく松本にきたので、ついでに松本市美術館にも行きました。特に見たい展示はありませんでしたので、「水」玉だけ写真に撮ってきました。
P_20170907_132521.jpg P_20170907_132610.jpg

P_20170907_132620.jpg P_20170907_132506.jpg

P_20170907_132709.jpg P_20170907_133048.jpg

そのあとあがたの森公園に行きました。少し雨がぽつぽつし、風もかなり強くなってきました。池の写真を載せておきます。
P_20170907_134443.jpg P_20170907_135746.jpg

水と言えば松本城のお堀も水ですね、載せておきます。

深志橋から見た総堀。
P_20170905_170608.jpg

総堀の料理屋さん
P_20170905_170736.jpg

外堀
P_20170906_090720.jpg

内堀と天守閣
P_20170906_091555.jpg
タグ:松本
posted by dunno at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181000383

この記事へのトラックバック