2017年10月14日

劇団九州男公演@後楽座 2017.10.9 夜の部

シネジャの(映)さんが10月9日、10日と岡山に来られました。(映)さんはぼくの大衆演劇の師匠。ちょうど後楽座に大川良太郎さんの劇団九州男が来ているとのことで、連れ合いも一緒で3人で舞台を観ました。

この劇団は初めて。大川良太郎さん自体は花吹雪のゲストの時に一度見ています。オーラのある人でした。

劇団九州男の公式サイト
http://ryotaro.main.jp

9日の芝居のタイトルはなんと『夜桜挽歌』でした。
https://ameblo.jp/korakuza/entry-12317716725.html

『夜桜挽歌』って言ってもほとんどの方はご存じないかもしれませんね。島津亜矢さんの歌です。

この曲好きなんです。

外題は『夜桜挽歌』でしたが、内容はほとんど歌とは関係なくて、途中に一回、カラオケだけがながれたのと、ラストで亜矢さんの歌が流れただけのことでしたが、でも使ってくださって嬉しいです。

さらにですね、第三部の舞踊ショーでも、お名前はわからなかったのですが、どなたかが亜矢さんの『裏みちの花』で踊ってくださいました。この劇団には亜矢さんのファンが多いのでしょうか。嬉しいことです。

https://youtu.be/diyAF-8wc24 (長いバージョン)
実はこの曲はぼくの持っているCDには入っていないので最近まで知らなかったのですが、YouTubeで聴いていい曲だなと思っていたところでした。

さらに上のリンクの予定表をよく見ていただくと19日夜の部のラストショーが『演歌桜』だと書いてあります。この曲も大好きなんです。ぼくの持っているリサイタルのDVDでもこの曲で始まっているものがあります。景気がいいのでオープニングには最適。もちろんラストショーでも盛り上がると思います。
↓これがそのDVDの映像ですね。


19日は会議があるので、5時半の開演にはとても間に合いません、どうしようかな……と悩んでいます。

さて、そのあとの予定はどうなっているのかな……と見てみました:
https://ameblo.jp/korakuza/entry-12319198160.html

う〜む、残念、後半には亜矢さんの曲のタイトルは見当たりません。でも舞踊ショーで使ってくださるとうれしいです。

21日(土)には都若丸さんがゲストで来られるのですね。予約はもういっぱいだそうです。良太郎さんのブログによると補助いすも出るのでぜひ来てくださいとのこと。

さて、劇団九州男だけでなく、そもそも九州の劇団って初めてかもしれません。ちょっと関西の劇団とは雰囲気が違いますね。おふざけも多いかもしれません。なにしろ良太郎さんが一人だけ突出してスターのオーラを出しておられるので、他の方の存在がやや薄くなりがちで、お名前が全く覚えられないのですが、上のサイトの写真を眺めていると、東条マキさんというでっかい女優さんの存在感が半端じゃなかったのを思い出します。こういう人好きです。(映)さんの話によると、かなり昔からいる方だそうです。

興味のある方、ぜひ後楽座を覗いてみてください。
posted by dunno at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181282308

この記事へのトラックバック