2017年10月15日

エルネスト もう一人のゲバラ

今朝は、シネマクレール丸の内で『エルネスト もう一人のゲバラ』を観ました。イオンでやっている『あゝ、荒野 前篇』も観に行きたいのですが……。

公式サイト
http://www.ernesto.jp


そもそもチェ・ゲバラのことはほとんど知りませんでした。アルゼンチン出身ということも先ほど公式サイトを見て知りました。ましてや、彼と一緒に日系ボリビア人が一緒に戦い、彼の名前をもらっていたなどというのはこの映画のことを知るまで聞いたこともありませんでした。そういう意味ですごく勉強になった映画です。とはいえ映画として、とても情熱のこもった熱い映画でした。

冒頭、戦後の日本が描かれたところから、すごくよくできていて、引き込まれました。観光はいいと言って原爆病院に行くところ、この時点ですでに込み上げてくるものがありました。チェ・ゲバラに惚れました。

主人公フレディ・マエムラ・ウルタードの父親は鹿児島出身で、ペルーに移民、その後、住む国を変え、ボリビアでボリビア人の女性と結婚し、フレディが生まれたという話が映画の中で出てきました。子供時代は、比較的恵まれた生活をしていたようです。映画の中でも貧しいボリビア人の家族が描かれていました。成長して、キューバの奨学金を得て、ハバナの医大に留学し、医師を目指します。優秀な成績で、学生でありつつ助手としても仕事をするという順風満帆の生活をしていた折、祖国ボリビアでクーデターが起こり軍事政権が樹立します。そして、ゲバラの率いる特殊な部隊に志願するのでした……。

ボリビアでゲリラ活動し、政府軍に捕らえられ銃殺されたのが25才のとき。オダギリジョーさんは、さすがにちょっと年を取りすぎていますが、精悍で若々しく、まっすぐな心をもったフレディを完璧に演じていました。しかもボリビアなまり(なんだそうです)のスペイン語をしゃべり続けたのですから、すごいです。

ゲバラやマエムラのようなインテリの理想と、先住民族をはじめとする現地の貧しい人々の望むものとのくいちがいも描かれていて、単に彼らをヒーローとしてだけとらえる映画ではありませんでした。

ネットに太田昌国さんという方の新聞掲載記事および講演原稿がありました。ぜひお読みください。下の方の記事にはマエムラのことも出てきます。
「チェ・ゲバラ没後40年」 (2007.10.9)
http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/2007/guevara.html
「チェ・ゲバラが遺したもの」 (2007.11.29)
http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/2007/guevara2.html
posted by dunno at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181288326

この記事へのトラックバック