2017年10月15日

ローサは密告された

『エルネスト』に続いて『ローサは密告された』を観ました。

公式サイト
http://www.bitters.co.jp/rosa/


わわわわわ、すごい映画でした。手持ちカメラによるまるでドキュメンタリーのような迫真の映像でした。もちろんドラマですけど。予告編を観て、これは逃せないと思いました。

主人公の名前・ローサがそのまま、店の名前になっている小さな小さな雑貨店。ですが、こっそり麻薬も売っているのです。ある日その店に警察の捜査が入り、麻薬を見つけられたローサと夫は逮捕されてしまいます。

まあ、警察はやりたい放題。正当な手続きをすれば終身刑になるしかない二人に20万ペソ払えば保釈するとふっかけます。そんな大金はないと訴える二人に、警察は売人を密告せよと迫ります。仕方なくそれに応じる二人。この密告の連鎖は、タイトルで分かる通り、次々に続いているんです。釈放してもらえるかと期待した二人ですが、売人から期待するほど金がとれないことがわかり、5万ドル支払えと要求されてしまいます。二人の息子たちはその金を集めることができるでしょうか……。

舞台はマニラのスラム街。これが現実なんだな……と想像すると、なかなかしんどい場所ですね。

※ローサはかなり太めの女性で、しっかりおばさん演技なのですが、顔はきれいでチャーミング。神戸の〇〇〇劇場に似たような人がいます。

posted by dunno at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181288496

この記事へのトラックバック