2017年11月30日

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

11月24日の夜、シネマクレール丸の内で『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』を観ました。

公式サイト
http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp


公式サイトより:
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ、沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった━。

もともとは2016年にTBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、好評のため映画化されたものだそうです。

映画は「不屈」という2文字で始まり、同じ「不屈」の2文字で終わります。まさにカメジローを表したことばです。この2文字は、瀬長亀次郎の記念館である「不屈館」の壁面に刻まれています。

不屈館サイト
http://senaga-kamejiro.com/
不屈館 facebook page
https://www.facebook.com/senaga.kamejiro/

瀬長亀次郎さんは、戦前は治安維持法違反で3年の懲役刑を受け、戦後は、アメリカ占領下、沖縄人民党事件で2年の懲役刑を受けますが、出獄後那覇市長選に出馬、当選を果たします。様々な弾圧を受けますが市民の支援を受けて立ち向かいます。まさに不屈! しかし、米軍は統治ルールを変更、投獄された過去をもつものは被選挙権がなくなり、在任期間は一年足らずで終わってしまいます。しかし不屈!!! 別の候補者を立てて支援し、見事当選させるのでした。服役していた刑務所の人たちや、出獄後彼を監視する役目の警察官さえも彼のファンにさせるその人柄で、多くの人に指示されたのでした。また上のルールが廃止になってからは、沖縄の立法議員選挙で当選、さらにその後衆議院議員に当選、なんと7期にわたって当選を続けたそうです。詳しくは不屈館のサイトをご覧ください。

観終わったとき、ああ、観てよかったな、と思いました。現在も沖縄は基地問題に苦しみ続けていて、それを皆知ってはいると思うのですが、過去の歴史も含めてとても勉強になりました。チャンスがあればぜひご覧ください。


posted by dunno at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181718497

この記事へのトラックバック