2018年02月18日

闇に黙せず 宮崎郁子 ―エゴン・シーレとともに―

昨日から3月11日(!!!!)まで、瀬戸内市立美術館4階展示室で宮崎郁子さんの作品展『闇に黙せず 宮崎郁子 ―エゴン・シーレとともに―』が開催されています。

瀬戸内市立美術館
http://www.city.setouchi.lg.jp/museum/

miyazakiikuko2018a.jpg miyazakiikuko2018b.jpg

宮崎郁子さんの作品を初めて観たのは2009年の3月でした。天神山の大きな会場で個展を開催されたんです。それ以来すっかりファンになってしまいました。

最近の作品の多くはエゴン・シーレの作品や彼に関係するものをモチーフとしておられます。今年はエゴン・シーレの没後100年にあたります。特別な年です。というわけでとても期待していましたので、初日に出かけてきました☆

昨年10月末から一ヶ月間、宮崎さんはチェコの難しい名前の町(かつてはクルマウと呼ばれた、母親の出身地)にあるシーレのアトリエ跡(現在はエゴン・シーレ・アートセンターとなっている)に滞在し、新作の制作に励まれました。なんとこのとき、宮崎さんはシーレの等身大の作品を2つのスーツケースと一つの段ボール箱にいれて現地まで運ばれたんです。その人形をアトリエで撮影した映像は今回の展示の中でも上映されています。その作品のインパクトが強かったのかどうかわかりませんが、4月から開催される大きな展覧会に招待されたそうです。今回の展示が終わったらすぐ発想の予定だとか。本人の飛行機代も向こうがはらってくれるという嬉しい待遇です。宮崎さんの大きな夢が叶ったんですね☆

毎日新聞の記事
おかやまアート事情「シーレのアトリエ跡〜宮崎郁子さん」
https://mainichi.jp/articles/20180209/ddl/k33/070/533000c

今回の会場の最後の部屋は写真撮影可になっていました。鎮魂の部屋だそうです。

P_20180217_130947.jpg P_20180217_131008.jpg

P_20180217_131020.jpg P_20180217_131055.jpg

対角線上の角には老人の人形と赤ちゃんの人形が配置してありました。

P_20180217_131127.jpg P_20180217_131107.jpg

いいですね〜。他の部屋も色々雰囲気は違いますがよかったです。ある部屋には宮崎さんのもっておられるエゴン・シーレの画集が並んでいて、そのそばにさりげなくあの伝説の人形(お父様の持っておられた人形)が置いてありました。大事に大事に持っておられた人形です。

詳しくはこちら:
http://www.museum-haus-kasuya.com/Exhibition-2/MHK-Exhibition/Ikuko_Miyazaki_2017.htm

日曜日はアーティストトークの時間もあるそうです。ぜひおでかけください。

タグ:人形
posted by dunno at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182447879

この記事へのトラックバック