2018年04月05日

ルイの9番目の人生

4月3日、シネマクレール丸の内で『ルイの9番目の人生』を観ました。

公式サイト
http://louis9.jp


予告編を何度か観て、とても興味をひかれました。

ルイという少年は毎年のように命に係わるような事故にあってきましたが、その9番目というのが絶壁から海に落ちてこん睡状態になるという最悪の事故。医師でさえ死んでしまったと思ったのに、奇跡的に生き返ります。母親は「この子は特別なの」と言うんです。

ルイ以外の登場人物は、ルイの母親ナタリーと父親ピーター、昏睡に関する専門知識をもつパスカル医師、ルイが通っていた精神科医、そしてこの事故の件を担当している女性刑事。

事故は、ルイの9歳の誕生日で、親子3人でピクニックに出かけたときにおきたのですが、そこで何が起きたかは最後近くまで描かれません。父親のピーターは事故のあと行方不明で、警察が捜索中という設定です。

ときどき昏睡中のルイが過去のことや事故のことなどを物語ります(過去の映像も映し出されます)。しかも、ルイの意識が周りの人にメッセージを送ったりするんです。そのあたりが、どちらかというとサスペンスというよりファンタジーっぽい感じです。たとえば予告編で、パスカル医師が病院の床に海の汚れらしきものがべっとりとついているのを調べている光景が出てきます。海の中なら怪物が出てきて病院の中を動き回っているということなんですが、実はこれはパスカル医師が見る夢なんです。でも、その夢はルイも見ている夢なんです。ルイは夢の中でその怪物と話をするんです。……というわけで、超自然的な設定なので、そういう映画なのだと思ってみなくてはいけません。

以下、だんだんネタバレが多くなるかもしれないのでご注意を。


……
……
……
……

で、全体の構造なのですが、監督さんはその真実をあまり隠そうともしていません。だって、父親が行方不明……っていうんですが、誰でも「あ〜、お父さんはもう死んでるんだな」って思うじゃないですか。そして「あ〜、お父さんが海の中からルイになにか呼び掛けているんだな……」って思うじゃないですか。警察は父親が暴力をふるったのではと考えているのですが、ルイの記憶の中の父親はとてもやさしいんです。

じゃあ、なにか企んでいそうなのは……というと残るのは母親だけ。この母親がけっこう怪しいんです。妻のあるパスカル医師の気を引いて、だんだん自分のとりこにしていきます。人目につくところでキスしたり、最後には……(カット)……したり! きれいな人なんですけど、なんかヘン。

……

面白く観たのですが、こういう問題([代理ミュンヒハウゼン症候群])を扱うのなら、もっと深く掘り下げたものが見たかったです。この映画ではサスペンスのためのひとつの種明かし的な扱いでしかありませんでした。

上の空白に関するwikipediaの記事はこちらです。
posted by dunno at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182894462

この記事へのトラックバック