2018年04月10日

ハッピーエンド

4月7日(土)の午前中、シネマクレール丸の内で『ハッピーエンド』を観ました。

公式サイト
http://longride.jp/happyend/


監督はミヒャエル・ハネケ。
前作『愛、アムール』の感想文はこちら:
http://flim-flam.sblo.jp/article/63843300.html

『愛、アムール』もそうだったのですが、観終わって何となく暗〜い気持ちになってしまう映画でした。どこが『ハッピーエンド』なのでしょう(笑)。だいたい金持ちの映画が面白いわけはないです……というのはあまりにも偏見でしょうか。まあ、貧しいけれどけなげに生きるひとの感動話ばかりみたいわけでは決してないのですが、こんなにばらばらな家庭というのも珍しいです。そういう意味では緊張感にはあふれていたと思います。最初は人物関係がどうなっているのかさっぱりわかりませんでした。この監督さん、えらく省略したり、会話している人物を遠くから撮影して何を話しているのかさっぱりわからなかったり、妙に、凝っています。

少女と老人が心を通わせる美しい映画ではけっしてありませんので、ご注意を。

ちょっとねえ、好きじゃないタイプの映画でした。でも癖になるかも。次の作品も観てしまいそうです。

※[2018.4.12 追記]
そういえば、西部邁さんの入水自殺を助けたとして二人の人が先日逮捕されました。事情はこれから明らかになるんだと思います。普通はそのようなことを頼まれても断ると思うのですが、引き受けるという気持ちはどんなものなのか知りたい気はします。
posted by dunno at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182942722

この記事へのトラックバック