2018年04月23日

仁義

4月22日、シネマクレールで『仁義』を観ました。アラン・ドロンの出る犯罪者の映画です。

公式サイト「ジャン=ピエール・メルヴィル監督特集上映」
http://mermaidfilms.co.jp/jp-melville/


すみません、よく筋のわからないところがいっぱいあって、あまり内容を理解できていません。
冒頭、仏陀の言葉が紹介されて「赤い輪」ということばが出てきます。それがこの作品の原題「Le Cercle Rouge」になっているらしいんですが、その仏陀の言葉の意味がさっぱりわかりませんでした。なのでこの映画と「赤い輪」の関係がそもそもわかりませんでした。どうしようもないですね。

で、アラン・ドロンはなにかの罪でマルセイユの(?)刑務所に入っているんですが、明日出所という晩に、ひとりの看守からなにか仕事の話をもちかけられるんです。その話がどうなったのかは不明のまま、出所したアラン・ドロンは昔のなじみ(ボス?〜アラン・ドロンの女を奪っているという設定)のリコのところにやってきて、金を奪います。リコの部下が金を取り返しにきますが、うまく痛めつけて、逃走、中古の車を買ってパリ方面に向かいます。

もう一人の主人公ヴォジェルは、全く事情は説明されませんが、刑事らしき男マッティ(これも主人公の一人)にどこかに列車で護送されている様子。はめられていた手錠を安全ピンではずして、寝台車の窓から逃走します。マッティは主要道路に検問所を設けさせます。

ここでぼくは勘違いをして見続けていたのですが、アラン・ドロンはこの脱走犯ヴォジェルの逃走を助けるために車で移動しているのかと思っていたんです。アラン・ドロンが道路沿いのレストランで食事をしているすきに、ヴォジェルが鍵のかかっていなかったアラン・ドロンの車のトランクに忍び込みます。でもこれって本当に偶然だったんですね。あれやこれやあって、アラン・ドロンを追ってきた連中をヴォジェルが始末し、二人は友人になりますが、アラン・ドロンの奪って持っていた金は銃撃で穴が開き、血まみれになり使えなくなります。ともかく二人はパリに逃げてきます。そこにはアラン・ドロンのアパートがあるんです。

アラン・ドロンは看守から持ちかけられていた宝石店強盗を実行しようとします。でもそれには狙撃の名人が必要(なんでかは、最初はわかりません)。そこで登場するのがイブ・モンタン。アル中だけど、プロ中のプロ。

結局、強盗は成功するのですが、ヴォジェルを追い求める刑事の罠にかかり、3人は……という話。

3人の絆はたしかにあったと思いますが、イブ・モンタンがなんで二人を助けようとしたのか、さっぱりわかりませんでした。『仁義』というタイトルからもっと違う雰囲気の映画を想像していましたが、けっこうあっさりした内容でした。

それから、最初、ヴォジェルが逃走したとき、ものすごい数の憲兵たちによる捜索が行われるんですよ。そんなに人をかり出せるんなら、なんでけちって、たった一人の刑事が犯罪者をどこかへ移していたんでしょうね。せめて二人にして、夜も、ひとりは起きていて、ずっと見張っていれば手錠をハズされるようなことはなかったでしょう。納得がいきません。

刑事がどういうきっかけでどういうふうにして3人を罠に掛けたのか、それとリコがなにか絡んでいたのか、その辺を見過ごしてしまったのか、さっぱりわかりませんでした。ちょっと寝ちゃったせいもあるかも。

またなにか思い出したら、書き足します。今日はこれぐらいでおしまい。
posted by dunno at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183063804

この記事へのトラックバック