2018年04月27日

ローズの秘密の頁

シネマクレール丸の内で『ローズの秘密の頁』を観ました。

公式サイト
http://rose.ayapro.ne.jp/


ちょっとイマイチだったかな……。

若いときの主人公を演じた女優さんがツボにはまらなかったので。年をとってからのヴェネッサ・レッドグレイブはさすがによかったし、この人は好きなんですけど。若いときのカップルにあまり緊張感がなくて、なんだかむざむざと、自ら悲劇を招いてしまったように思えました。

また、現在のパートの精神科医もちょっと鈍い感じ。看護士がそれとなくヒントを言わないと肝心なところに気づかないタイプ。いじいじしてしまいました。

ネタバレですが……






















母と子の映画とえいが、ジュディ・デンチのでた『あなたを抱きしめる日まで』の方が見応えがありました。
posted by dunno at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183096596
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック