2018年06月11日

星空

この日の3本目は台湾映画『星空』でした。

公式サイト
https://hoshizora-movie.com


中学生の純な初恋(未満かも)のかわいらしい物語。幾米(ジミー)の絵本をもとにしたおとぎ話(ファンタジー)です。

ジミー・リャオの作品の映画化というともうひとつ『ターンレフト・ターンライト(向左走・向右走)』を観ていますが、これがよかったので、この作品も観てみたいと思いました。
『ターンレフト・ターンライト』冒頭:
https://youtu.be/8toU9_xiKLw
ジジ・リョンの歌う挿入歌のビデオ:
https://youtu.be/nZ-zGGy-l3E
https://youtu.be/MofNvGXdJKY
主人公の二人は同じ建物の隣の部屋に壁を隔てて住んでいるんだけど、使う階段・入口が違って、外に出ても右と左の反対方向に歩いていくので決して出会いません。町でも接近遭遇するんですがなかなか出会えません。そんなふたりのお話。ジミーの絵は下の動画で見ることができます:
https://youtu.be/9IFVyI98bBs
こんなの観てたら、また観たくなりました。早く帰って早くご飯を食べて、DVDを観ようかな。

で、今回の作品『星空』もなんだかさみしい二人の子が心を通わせるようになる話です。本当の星空を観よう!とふたりで冒険の旅に出ます。道に迷い、雨も降りだして遭難しそうなときに古い教会を見つけます。その場面はこちらで観ることができます:
https://youtu.be/doWOEjo5Cpg

最後は親の都合で離ればなれになってしまいます。でも後日譚が最後にあるのでお楽しみに。
posted by dunno at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183508107

この記事へのトラックバック