2018年06月11日

万引き家族

6月3日(日)、イオンシネマ岡山で『万引き家族』を観ました。

公式サイト
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/


おばあちゃん、お父さん、お母さん、男の子、そして謎の若い女性……のように見える5人家族の話。この家族はおばあちゃんの年金、それぞれの多くはない収入、……そして万引きで生計を立てているのでした。貧しいのですが、もっと悲惨な状況にある小さな女の子を見つけると家に連れて帰り家族にしてしまうのでした。そして次第に互いの関係がわかってきます。

犯罪者であるけれど暖かい虚構の家庭を作っているというある意味ファンタジー映画です。事実をもとにしているとは書いてありますが、どちらかというとこんな家族が存在していてもいいんじゃないかという願望がつよいのではないかと感じました。謎の若い女性は実は風俗で働いていて、その仕事の様子はまるで女神様のよう……どう観てもファンタジーです。

そんな家族の暮らしも、「おばあちゃん」の死がきっかけで崩壊してしまうのでした。

世の中の事件を観ていると、こんなファンタジーの世界に浸っていてもいいのかなと思ってしまう気持ちがある一方、たとえ犯罪者であっても暖かい心をもっていないはずはない……とも思ってしまいます。

※それにしても安藤サクラさんはいい女優さんですね〜。この人好きです。
posted by dunno at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183508256

この記事へのトラックバック