2018年06月12日

梶浦徳雄展@アンクル岩根のギャラリー、そして階段の作品たち

6月10日(日)、メルパで『孤狼の血』を観た後、中山下の「アンクル岩根のギャラリー」で梶浦徳雄展を観てきました。岩根さんのfacebook記事に写真が載っていてとても興味をひかれたからです。まずは会場でいただいた案内はがきをご覧ください:
iwane201806_03.jpg

白い立方体のオブジェ群です。中が空洞になっているものもあれば、ずっしりと中身が詰まっていてそこに切り込みができているものなどさまざま。で、特徴は階段があること。これですよ、これ。「階段」☆ 階段ってかなり具体的なものなので、どうしてもそれを登る人間をそこにみてしまったり、自分自身が小人になってその階段を登る(もしくは降りる)ところを想像してしまいます。これ、すごくいいんですけれど、値段が……(^^; 一辺が20センチぐらいあるので、かなり存在感があります。

新聞記事によると15センチって書いてありますね〜。印象としてはもっと大きかったんですが。
2018kajiura_iwane.jpg

古関さんの記事でも書いた2015年12月に開催された展覧会『祈り』@アンクル岩根のギャラリーでも素晴らしい階段の作品を観ました。そのときの記事の方をご覧ください。
http://flim-flam.sblo.jp/article/170718780.html

そして階段と言えば当然書かなければいけないのが岡山のガラス作家・岡田多恵さんの階段のある作品群です。2種類あって、街並みの中に階段があるもの。そして、ガラスの塊の中に階段が「空間」として作られているもの。どちらもそれぞれの魅力があります。たくさん記事を書いていますが、例えば以下のものの写真をご覧ください:
岡田多恵さんの『階段』(2012.11.21)
http://flim-flam.sblo.jp/article/60209675.html
岡田多恵さんの『階段の塔』(2011.11.20)
http://flim-flam.sblo.jp/article/50705320.html
岡田多恵さんの作品・写真追加(2010.4.27)
http://flim-flam.sblo.jp/article/37416951.html
岡田多恵さんのガラス作品(2010.4.26)
http://flim-flam.sblo.jp/article/37391367.html

タグ:岡田多恵
posted by dunno at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183518467

この記事へのトラックバック