2018年06月13日

ターンレフト・ターンライト

『星空』の記事を書いているうちに同じ原作者(ジミー)の別の本をもとにした映画『レフトターン・ライトターン』を観たくなってしまったので、昨夜、DVDで見直しました。面白かった記憶はあるのですが、かなり忘れていたので二度目でも楽しめました。特にあっと驚くラストはかなり最後まで思い出さなかったのがラッキーでした。
としをとるのはステキなことです そうじゃないですか
忘れっぽいのはステキなことです そうじゃないですか

中島みゆき「傾斜」:
http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-e71f.html

余計なことを書いているうちに(歌詞がうろ覚えだったので正確なのを調べたりリンクを調べたりしてけっこう時間がかかったんです)なにを書こうと思っていたのかわからなくなってしまいました。話を映画に戻しましょう。

『ターンレフト・ターンライト』についてはWikipediaの日本語記事をご覧ください。
英語版Wikipediaの記事: https://en.wikipedia.org/wiki/Turn_Left,_Turn_Right
IMDb記事: https://www.imdb.com/title/tt0367174/
(評は真っ二つに分かれてますね〜)

監督はジョニー・トーとワイ・カーファイの黄金コンビ。ロマンティック・コメディでは『Needing You』『ダイエット・ラブ』『我左眼見到鬼』『百年好合』そしてこの作品(原題:向左走・向右走)はDVD(香港版)を買いました。一番何度も見返しているのは『ダイエット・ラブ』『我左眼見到鬼』。どっちもサミー・チェンが出ていて、無茶苦茶泣けました。いいですよ〜。

この映画は雨の日の交差点で横断歩道を渡ろうとする人たちの中にいる主人公二人を描くところから始まります。たくさんの人がいますが、主人公はすぐにわかります。男は緑の、女は赤の傘をさしていて、他の人の傘はみんな黒で、すごく目立つんです(笑)。面白い導入だと思います。こちらをご覧ください:

https://youtu.be/8toU9_xiKLw?t=26s

ネタをばらしてしまうと、実はこの二人は中学校の時キャンプ合宿で出会ってお互いに好意を抱いたのですがなかなか言葉をかわすことができなかったんです。解散となってもうお別れというギリギリのときに女の子の方が勇気を出して男の子に電話番号を教えてもらうんですが、そのメモを荷物ごと電車に忘れてしまい連絡がとれなくなったのでした。お互いに名前も知らず、わかっているのが学番だけ……。

この女の子は大人になっても粗忽ものなんですが、演じているのがジジ・リョンなので、ちょっと無理があるかもしれません。サミー・チェンの方がコメディに向いてます。

二人は今は大人になっていて、アパートの、壁を隔てた隣に住んでいるんですが、使う階段や出口が違う(大家さんも違います)し、なぜか色んな事情で道でも出くわさないので、そのことを知りません。

ですが、ある日公園の噴水のそばで、二人は奇跡的にであい、話をしているうちにお互いの初恋の人だとわかるんです。楽しい時間を過ごしますが生憎の雨。雨宿りしようとしたところに二人の大家さんたちがデート中! 家賃を滞納していて大家さんに見つかってしまったと思った二人は、慌てて電話番号をメモ用紙に書いて交換し、雨の中を右と左に別れて逃げていきます。そのメモが雨でにじんで読めなくなってしまい、二人はまた連絡がとれなくなってしまうのでした。二人は再会することができるのでしょうか……

という予備知識のもとに、次の予告編をどうぞご覧ください。
https://youtu.be/H0rI8kddOfk

公園でのシーンがもっと入った動画もあります。
https://youtu.be/gFYHzNxDsvE

このあと、新しいキャラクターが二人出てきてドタバタ喜劇がはじまります。食堂の女の子、好きですね〜。
二人は本当に最後まですれ違いが続くのですが、あっと驚く信じられない奇蹟がおこって二人は会うことができます。気になる人は下の動画をご覧ください。映画の最後の10分ちょっとが観れます。
https://youtu.be/oz5MXAOpLf8

原作の絵本を動画にしたものもありました。長いですから興味のある方だけご覧ください。
向左走向右走 - 几米
https://youtu.be/O75fm4FefJA
Turn Left, Turn Right
https://youtu.be/VNJJK_Y32j4

家にあるDVDを探していたら、一瞬、この映画のDVDが二枚あるのか!と思ってしまったのがこのタイトルの作品でした:
『永遠の片想い(英題:Lovers' Concerto)』
なんでかというと、ぼくのもっているのは香港版で、タイトルがなんと『向左愛・向右愛』なんです。『向左走・向右走』とそっくりでしょ。
http://movie.mtime.com/12228/posters_and_images/cover/hot.html
『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと二人の女優イ・ウンジュ(大好きだったのですが、自殺で亡くなりました……ショックでした)とソン・イェジン3人の話です。今夜はこっちを観るつもりです。
posted by dunno at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183535129

この記事へのトラックバック