2018年09月12日

松本2018(1) 伊藤さんの石アートとなぞなぞ二つ

まず第一問。下の写真は一体何処の町で撮ったでしょうか。

P_20180818_142253.jpg

「岡山の女」とか「鳥よし」なんていうお店がありますねぇ……岡山でしょうか。いや、記事のタイトルが「松本2018」となってるから誰もそんなこと思わないですよね。そうです、正解は「松本」でした。うら町通りにあります。話を続ける前に、まず、松本に着いたところに話を戻しましょう。うら町のことはあとで書きます。

8月後半、松本に旅行しました。

松本についてホテル(リッチモンドホテル松本)に荷物を預けた後、すぐ向かったのは、昨年も行った伊藤石材店です。
ホテルの前の路を南に進み、最初の信号で左折し東へ進むと、大きな通りを渡ったところから高砂通りという風情のある路が延びています。小川(?)が流れていたりして、しかも魚が泳いでいます。まず源智の井戸でペットボトルに水を入れました。その先、車がたくさん通る路を右折したところに伊藤石材店があります、

昨年の記事「松本旅行2017(1) 伊藤博敏さんの石アート」
http://flim-flam.sblo.jp/article/180990594.html

今年は伊藤さんご本人に色々説明していただきました。石にジッパーをつける方法も解説していただきました。すごいです。まず、石を彫って空洞を作り、サンドブラストの強さを調整しながら、石を薄くしていくんですね! そしてそこにどうやってジッパーをつけるかというと……ぼくは観た時、ジッパーの小さな金属(エレメント)を埋め込んでいくのかなと思ったんですがそうではなくて、ジッパーの布の部分を切りとり、それを接着剤で石にあいた穴の縁に接着します。次にエレメントとエレメントの間の布を取り去り、そこに石の粉を固めて替わりに詰めるんです。医師のいろと色合いがうまく合うように石の粉を調整するのが難しいとのこと。ジッパーはYKKのものを使っておられるそうです。

ジッパーの構造(YKKのサイト):
https://www.ykkfastening.com/japan/support/tips/003.html

伊藤石材店はいつもオープンしているわけではないので、あらかじめメールか電話で問い合わせておくとよいでしょう。(連絡先は一年前の記事をご覧ください)

なお、展示作品の下の方に、未使用の石がごろごろころがっていました。どんな作品が出来るのか、楽しみです。

伊藤石材店の次は鯛萬の井戸を目指しました。松本市内には井戸や泉がいっぱいあります。今回は岡山で購入したペットボトル飲料を飲んでしまったあとのボトルをずっと持ち歩き、無くなると井戸で補給しました。持ち歩くとヌルくなってしまいますが、冷たい時は本当に美味しいです。駅の観光案内で涌き水マップをもらっておくと便利です。下のサイトも是非ご覧ください:

松本 水物語
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/water/

鯛萬の井戸に関しては昨年書いていますのでそちらをご覧ください。

松本旅行2017(2) 松本の水
http://flim-flam.sblo.jp/article/181000383.html

伊藤石材店のある通りを北上し、女鳥羽川(田川?)を超えて少し行くと右手に黄色い色が派手な看板のお店(今井京染店)の角を右に入ります。すぐ南北に走る通りに出ます。これを北上します。そこらあたりからが「うら町」です。鯛萬の井戸につながる「鯛萬小路」の入り口は見逃しやすいので注意して歩きます。道路の東側(北上する時は右側)にあります。下の写真の白い蔵と茶色い建物の間が鯛萬小路の入り口です。これは北から撮った写真です。

P_20180818_142605.jpg

「鯛萬の井戸」という大きな看板もかかっています。
P_20180821_084706.jpg

その下には変な顔もあるので見逃さないようにしましょう。
P_20180821_084748.jpg

鯛萬小路に入ります。
P_20180821_084734.jpg

向こうの方にマンションが見えますが、そこが昔鯛萬という料亭があった場所です。これを通っていくとなかなかオシャレなお店もあったりします。その一軒(縁側 Cafe & Bar)のドアになにやら不思議な文字の書かれた紙が貼ってあります。

P_20180821_084350.jpg P_20180821_084434.jpg

窓にはメニューもかざってありました。
P_20180821_084405.jpg

さあ、それでは第二問です。地球の絵の上に書かれた文字は一体どう読めばよいのでしょうか。アップの写真よりも、最初の引いたところから撮った写真の方が読みやすいかもしれません(すごいヒント!)。

ぼくは松本にいた間、何回かこの写真を眺めたんですが、わかりませんでした。ただ、この文字はどこかで見た記憶がありました。でもどこで見たのか思い出せませんでした。岡山に帰ってから、数年前にネットでみたのを思い出しました。検索してすぐ見つかりました。似たような問題を見ると上の文字も読めると思います。

http://typodermicfonts.com/electroharmonix/

鯛萬という料亭はもうありませんが、城の近くでフレンチ・レストランになっていました。素敵な建物です。

P_20180820_085251.jpg P_20180820_085302.jpg

P_20180820_085357.jpg

うら町の鯛萬小路よりもう少し北に、「幸福アパート 昭和の館」という看板が出ていたので、矢印の方向に入ってみましたら、ありました(^^)
P_20180821_084902.jpg P_20180821_084924.jpg

続く。
タグ:松本
posted by dunno at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184411558

この記事へのトラックバック