2018年10月13日

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

『1987』に続いて『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』を観ました。昨夜もテニス映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を観ているので、二日連続のテニス映画です。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/


『バトル〜』の方は1973年の試合、こちらは1980年の試合がメインです。1973年というのはさすがに昔で、キング夫人というのは名前しか知らなかったですが、1980年というとテニスの試合をたまにですが観たりしていました。クリス・エバート=ロイドからナブラチロヴァに時代が変わっていったときで、我が家では「ナブ様」とあがめていました。無茶苦茶強かったですからね! 惚れ惚れとして観ていました。応援はする必要がない状態(笑)。一方、男子の方はあまり興味がなくてマッケンローの名前はよく見ましたが、試合はみたことがなくて、1980年のウィンブルドンの決勝も、どちらが勝ったのか全く予備知識はありませんでした。今予告を見ると、優勝が決まった瞬間が映っていますね。ともかくどうなるのか本当にドキドキして観ました。信じられない接戦だったのですね。これはすごい。

実際の試合のダイジェストはこちらです:
Bjorn Borg v John McEnroe: Wimbledon Final 1980 (Extended Highlights)
https://youtu.be/G6PW9pNevIg

『響』での天才作家の描き方のことを書きましたが、テニスの天才は映画なら見事に描けますね。テニスのシーンではダブルを使えますし、CGでなんとでも出来てしまいます。 

シャイア・ラブーフは『マンダウン』でいい役者だと思いましたが、この映画でもマッケンローを見事に演じていました。本当にマッケンローのように見えました。でも上の本物の映像を見たら……マッケンローはこのとき21歳ですか! 若い! ちょっと大きめの子どものように見えます。大したもんですね。そして、ボルグも最初はキレる少年だったんですね。勝ちたい、トップになりたい、と思う人はやはり押さえることのできない何かをもっているんですね。しかし、そのような二人が闘う時、マッケンローは本当に真摯に試合に打ち込みました。そこにも感動しました。

それにしてもトップになる人の感じる重圧というのはすごいものですね。見終わってへとへとになりました。見ようかパスしようか迷っていたんですが、見て良かったです。

※映画の中でブロンディの Call Me が流れました! 懐かしい。
Blondie - Call me
https://youtu.be/StKVS0eI85I
https://youtu.be/q9kw1nOUVPg

※おまけで1978年のクリス・エバートとナブ様の試合にもリンクします。
Martina Navratilova v Chris Evert: Wimbledon Final 1978 (Extended Highlights)
https://youtu.be/EUibcWfCswc
posted by dunno at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184675111
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック