2018年10月27日

クワイエット・プレイス

10月14日(日)、イオンシネマ岡山で『クワイエット・プレイス』を観ました。

公式サイト
https://quietplace.jp


すごく評判がいいようなので、観に行きました。まあまあドキドキしたんですが、ちょっと納得のいかない映画でした。もろにネタバレがありますので、未見の方は読まないでください。






























怪物はものすごく音に敏感だという設定ですが、けっこう音を出して生活しているように見えました。どういう音はよくて、どういう音が危険なのか、よくわかりません。

そして、聴覚障害のある長女のために父親が作っていた補聴器が、怪物に襲われそうになるとものすごく高い音を出し、それを怪物が嫌って逃げていくんですが、いったい何がどうしてそんな風な音が出るんでしょう。さっぱりわかりません。ひょっとして人間には聞こえない高さの音を怪物が出していて補聴器がそれをキャッチし、ハウリングのような現象が起きているんでしょうか。でも補聴器程度の器具で、怪物が逃げるような大きな音が出るというのはとても不思議です。

あと、赤ちゃんがあんなに静かにしているというのも気になってしまいます。

あ、そもそもあの大量の水はいったいどこから来たんでしょう。近くに川があったんでしょうか。さっぱりわかりませんでした。

まあなにしろほとんどセリフがないので、観客には状況がよくつかめないんです。やや期待外れでした。
posted by dunno at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184787558
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック