2018年12月16日

よしだよしこLIVE with みほこん(1) 前夜祭

昨夜(12月15日(土) 18:00〜)、禁酒會舘で「ソロ活動15周年記念 よしだよしこLIVE with みほこん」の前夜祭が開催されました。

オープニングはOZAKI UNITの『小さな館』。そのあと、呼びかけ人が演奏したり、よしこさんへメッセージを伝えたりしました。ここまでで、時間は計っていないですが、ずいぶん時間がかかりました。発表はあいうえお順。ただし「あ」のAさんはご都合で途中で来られてよしこさんとお話しされてすぐ帰られたのでパスでした。「い」のIさんはギターで弾き語りをされました。曲は『大きな古時計』(最後に禁酒会館のホールの壁に掛かっている時計をテーマに替え歌にされました)、そして『時には昔の話を』という曲でした。アニメ映画『紅の豚』の中の曲だそうです。しめくくりは呼びかけ人ではありませんが、信州から来られたぽこ・あ・ぽこのお二人。来月のゲストでもあります。

休憩の後、よしこさんとみほこんさんのライブが始まりました。

最初、よしこさんがみほこんさんを紹介され、みほこんさんが何曲か歌われました。
その後、よしこさんが歌われ、それにみほこんさんも参加されました。

順番はせいかくではありませんが、よしこさんは、2番目の朗読(宮尾節子さんの『願い』?)以外大体以下のような曲を演奏されました。妄想が入っているかも知れません。
『Fortune』(もしかしたらそれはあなた、わたしかもしれない……)
『つらいときはもうごめんだ』
『私があなたを思うとき』(頭が作ったものを心が使う……)
『魂のありか』(昭和29年3月 母さんは生まれた……)
『Too Late Love Comes』(ふるさとは戦場という名の国……)
『月の庭』(サリー・ガーデン)
『今日一人の友だちを見送って』(今日一人の友だちが歩いてゆく、私たちの少し先を歩いてゆく)
『星たち/stars』
(何か忘れてるような気がしますが……)

アンコールで歌われたのは新作の『星たち』。前夜、笠岡ではじめて歌われたそうです。ジャニス・イアンの "stars" が元。これがすばらしかった! ジャニス・イアンと言えば学生だったとき『17歳の頃』で泣きました。レコードも買ったけれど、今プレーヤーがなく聴けなくて、長男のところに置いてあります。その『17歳の頃』と似た雰囲気です。ニーナ・シモンがブランクの後、ジャニス・イアンの "stars" で復活したそうです。ニーナ・シモンというと、人形作家の四谷シモンさんはニーナ・シモンが好きだったので、状況劇場当時に芸名をシモンにしたんだそうです。

ともかく帰宅後、YouTubeで "stars" を聴きました。


ライブ版はこちら:
https://youtu.be/A5OcI2Z-Vk8

歌詞は例えばこちらでどうぞ:
https://genius.com/Janis-ian-stars-lyrics

こんな感じの曲を亜矢ちゃんも歌ってくれないかな。よしだよしこさんの日本語版を歌ってくれるのが一番嬉しいです。

さて、ニーナ・シモンが歌う "stars" は例えばこちらで。 後半は "Feelings" ですが、見応えあるのでぜひ最後まで。 David Bowie はどうしちゃったんでしょうね。
(26分バージョン)


時間のない方はこちら(7分バージョン)
https://youtu.be/MK0B9FXU72A

う〜む、強烈な人です!!! うかつに観客にもなれないですね(笑)。すっごく緊張することでしょう。

さあ、今日はあと2時間もすればよしこさんのライブが始まります。楽しみです。
posted by dunno at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185204203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック