2019年01月20日

夜明け

1月20日(日)、シネマクレール丸の内で『夜明け』を観ました。

公式サイト
https://yoake-movie.com


シネジャの作品紹介より
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/463712354.html
哲郎は川べりで倒れている青年を見つけ、連れ帰って介抱する。事情がありそうだったが、追求しない哲郎に青年はシンイチと名乗った。シンイチと聞いて哲郎の手が止まる。同じ名前の息子と妻を交通事故で失っていた。木工所を経営する哲郎は、寡黙なシンイチを息子の部屋に住まわせ、アルバイトに雇い入れる。木工所の家族のような雰囲気に、シンイチも次第に打ち解けていく。


哲郎(小林薫)は完全に壊れています。青年と自分の死んだ息子を同一視してしまい、彼なしには生きられなくなってしまい、彼をはんじがらめにしていきます。逃げだそうとするとなぐりつけ、そして、倒れた青年にすまないと詫び、さらにおまえがいないと生きていけないとまで言う……恐ろしい話です。最初は親切な哲郎と徐々に親しくなっていきますが、最後はもう限界に来ます。

なんだか悲惨な話でした。青年は大丈夫だと思いますが、哲郎とその家族はどうなっていくんでしょう。ため息がでます。あんまり観たくなかったですね、このような映画も。
posted by dunno at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185415334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック