2019年02月26日

東京散歩2019.2.16 (2)新宿Part2

三橋順子さんのサイトやブログにリンクするのを忘れていました。ここに書いておきます。

Mitsuhashi Junko
http://www4.wisnet.ne.jp/~junko/
http://www4.wisnet.ne.jp/~junko/index2.html

続々・たそがれ日記
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp

ついでに、最近書かれた新宿に関する記事にもリンクしておきます:
「ニッポンのLGBTはいま(2) 多様性の街、そして「性なる場」新宿」
https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c05902/

※追加情報:『週刊朝日』3月15日号に順子さんのグラビア記事が載っていて、順子さんが新宿を散策される様子が写真入りで読めるそうです。買わなくちゃ。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2019-03-07

それでは次の目的地「太宗寺」の話に戻ります。
順子さんのブログからも二つ記事をリンクしておきます:
「1949年(昭和24)の新宿二丁目「買売春地図」」
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-08-05-1
※この記事には新宿二丁目部分の赤線・青線の区域、そして太宗寺の位置関係がわかるような画像があります。新宿遊郭は新宿三丁目にも伸びていました。今は、大きな道路が斜めにその地区を分割してしまっています。
「新宿二丁目・太宗寺閻魔堂玉垣の新宿遊廓の妓楼名」
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2012-11-15-7
※記事中で順子さんは「太宗寺閻魔堂の玉垣は、地上にほとんど痕跡を残していない新宿遊廓の貴重な遺物であり、歴史資料である。」と書いておられます。順子さんの本と前後して森崎和江さんの『からゆきさん』も読みました(ぼくはノンフィクションとして読んだのですが、ネットで見ると小説と書いている人もあります)。石炭と一緒に密航する悲惨な様子に心が痛みましたが、見つかって日本に戻されても、また密航を繰り返す少女たちに、そうしなければ家族が生きていけない貧しさを感じました。そういうことを、なかったことにしてしまってはいけないです。従軍慰安婦の件も同じですね。

境内にあった「内藤新宿太宗寺の文化財」という案内板
P_20190216_131331.jpg
 太宗寺は、慶長年間初頭(1596年ごろ)に僧太宗の開いた草庵を前身とし、のちの信州高遠藩主内藤家の菩提寺として発展した寺院です。
 かつての内藤新宿の仲町に位置し「内藤新宿の閻魔」「しょうづかのばあさん」として江戸庶民に親しまれた閻魔像・脱衣婆像や、江戸の入り口に安置された「江戸六地蔵」のひとつである銅造地蔵菩薩など、当時の面影をのこす多数の文化財が伝えられています。


これがその銅造地蔵菩薩です。大きいです。
P_20190216_131354.jpg

石になにやら彫ってあるので近づいてみました。
P_20190216_131444.jpg

閻魔堂の全景です。
P_20190216_132050.jpg

閻魔堂の玉垣のそばには猫が二匹。近寄っても動じません。いい天気でしたので気持ちよさそうでした。
P_20190216_131610.jpg

以下に、玉垣の写真を載せます。興味ある人はクリックしてみてください。日差しが強すぎて、日の当たるところ当たらないところの差が大きく、見づらいです。
P_20190216_131653.jpg P_20190216_131736.jpg
順子さんが指摘しておられるように、「志ん宿」がデザインされているものが多いですが、上右(もしくはすぐ上)は上のデザインが三つ葉で「新宿・金森楼洲崎支店」と彫られています。当時、新宿と洲崎は市電で行き来できたと、順子さんの本に書いてあります。

P_20190216_131916.jpg P_20190216_131933.jpg

P_20190216_131944.jpg P_20190216_131957.jpg

P_20190216_132017.jpg

面白いと思ったのは下の「塩かけ地蔵尊」です。
P_20190216_132238.jpg
白く見えるのは「塩」です。一体どういうことなのか……検索してみてください。

境内の梅が咲いていました。
P_20190216_132525.jpg

以上で新宿の散歩は終了。次は、東京の凹凸・坂道を楽しむツアーに突入です。
(続く)
posted by dunno at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185622043
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック