2019年03月26日

奈良〜2019年3月8日

奈良旅行記の続きです。

いよいよ3日目。昨日までと打って変わって、快晴☆ 予定通り、山の辺の道に出かけました。
予備知識はなかったので、次のページを参考に天理駅から三輪駅まで歩こうと思いました。

山の辺の道 (南)コース
https://kanko-tenri.jp/hiking_course/yamanobe_minami.html
(地図あり)

こちらにもかなり詳しい地図があります。
近鉄てくてくまっぷ【奈良-9】山の辺の道コース
https://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/#tab2

ホテルのあるJR奈良駅からは桜井線(別名・万葉まほろば線)でじきに天理駅に着きます。まず、コンビニでおにぎりなどを調達しました。

天理といえば天理教。日本中至る所に教会がありますね。その本部のあるところ。ちょうどその前を通って山の辺の道に入ります。

駅前から奈良県一長いアーケード街が始まっています。ちょうど参道のようなもの。信者の方らしきグループがいくつかあって、その一つについて行ってたら、アーケードの前で急にとまられて、礼をされたので、もう少しでぶつかってしまいそうでした。すみません。まさかそこで立ち止まられるとは予期していなかったので。そのグループの方々はご詠歌のようなものを唄われながらゆっくり歩かれましたので、追い越して先に行きました。歌を唄わない方々も法被を来て歩いて行く方が多かったです。ちょっと場違いな場所に来てしまったな……という気持ちになって、なんとなく肩身が狭い思いになります。

アーケード街を歩きながら、交差点ですごい巨大な建物を見ました。何かと思えば各地の信者の方の詰所(宿泊施設)でした(郡山、敷島など)。巨大さに魂消ました。
DSC06173.jpg

こういうのが町のあちこちにあるんです! すごいですよ〜。

アーケード街は一カ所くねくね折れ曲がっている箇所があって、端から端まで見通せるわけではありません。その曲がっているところを過ぎて、しばらくいくとアーケードはおしまい。だんだん人が多くなって来たな……と思っていましたが、本部に近づくと、なにやらものすごくたくさんの子どもたちらしき姿が見えて、左から(教会本部のある側)から右の方へ、どんどん移動し始めました。一体何ごとか…と思ったのですが、どうも、天理教の学校(小学校・中学校・高等学校)などの児童生徒が朝礼(朝のお勤め)をしたあと、右方にある学校へと移動していたようです。

ぼくたちが教会本部前に来た頃には、もう子どもたちは南へ移動していました。
DSC06177.jpg DSC06181.jpg

建物がすごいですね〜。思わず、生徒さんたちの後を追いかけて、南の巨大な建物の方へついて行きました。でもここはまだ山の辺の道ではないのでぐずぐずしているわけにはいきません。8時50分ぐらいの頃。もとのアーケード街の延長上の道に戻り、東に進んで一度カギ型にまがって歩いて、最初のポイントである石上神宮(いそのかみじんぐう)に着きました。とても雰囲気のいいところ。鶏が放し飼いになっているのに驚きました。
DSC06186.jpg DSC06190.jpg

DSC06192.jpg DSC06195.jpg

ここから山の辺の道は北と南に延びていますが、ぼくたちは南に向かいました。しばらくは森の中の道を歩きました。やがて開けたところを歩くようになりました。

次のポイントは内山永久寺跡にきました。ここは昔巨大な寺だったのですが、今は池しか残っていません。見晴台が池の上のところに作ってあって、そこから奈良盆地を眺めました。

ここで撮ったのが下の写真です。最初、梅かなと思ったのですが、花が咲いていません。枯れてるのかな……と思いましたがそのようでもないんです。実は前日も、天武持統天皇陵のそばで同じ木を観ていて、なんだろう……と思い続けて歩きました、明らかに果樹園のようです。
DSC06207.jpg

あまりにたくさん見かけるので、ツレに「奈良の名物ってなんだったっけ」と訊いてみました。すると「柿だよ!」との返事。「え〜っ、ひょっとしてこの低い木が柿の木?!」と思いましたが、そう思ってみると確かに柿の木の肌。頭の中で,柿の木は背が高い木だと思い込んでいましたが、果樹園では無理矢理低く形を整えなくては仕事にならないですよね……確かに。納得。柿ですか……。こんな風に育てるのって、無茶苦茶大変そうです。お店で売っている柿が高いのも仕方ないですね(貰うモノだと思っているので、自分では買いませんが……)。

次のポイント・夜都伎神社に向かいました。少し山を登ったり下ったりします。石畳の細い道もありました。
DSC06214.jpg

そのあと、道は盆地の低い方へゆるやかに下っていきました。道が左に折れるところあたりから、右手に丸い小山が見えました。これは古墳に違いありません。地図によると東・西乗鞍古墳があるように書いてあります。下の写真はその東の方ですね。
DSC06220.jpg

下っていくと夜都伎神社の参道にぶつかります。右手の方、遠くには赤い鳥居も見えました。左に曲がると夜都伎神社はすぐです。
DSC06221.jpg DSC06225.jpg

このあたりからは盆地がよく見えました。

その後、道は集落の中を通ります。
DSC06231.jpg

おばあさんたちが日向に椅子を並べておしゃべりしておられるところがありました。そこは農産品の販売所にもなっていて、休憩用のテーブルや椅子もあったので、みかんやかき餅(なんでも1袋百円)を購入し、おやつ休憩にしました。10時半頃でした。

おなかもいい具合になったので出発。集落を抜けると見晴らしがとても良くなりました。
DSC06235.jpg

畑を見れば、こんなかかしもありました。
DSC06240.jpg

菜の花もきれいでした。
DSC06242.jpg

このあたりから山の辺の道の西川には数多くの古墳があって、それらは大和(オオヤマト)古墳群と呼ばれています。解説版も立っています。

周りに壕があって、惹かれるのがこの西山塚古墳です。萱生(かよう)という地区にあります。
DSC06247.jpgDSC06254.jpg

次に、おっ!と思ったのは燈籠山古墳です。古墳と現代のお墓が見えます。
DSC06256.jpg DSC06259.jpg

これは前方後円墳で、お墓は「方」のところに並んでいます。
DSC06260.jpg DSC06261.jpg

ともかくたくさんありすぎるので、どんどん進み、次のポイント長岳寺を目指しました。
DSC06266.jpg DSC06269.jpg

長岳寺に到着。
DSC06276.jpg DSC06280.jpg

奥が深い寺です。
DSC06283.jpg DSC06285.jpg

ちょっと可愛いお不動様。
DSC06287.jpg

拝観後、元の道に戻るとそこがトレイルセンターになっていました。外のピクニックテーブルでお昼ご飯のおにぎりや蜜柑を食べて休憩しました。

次のポイントは崇神天皇陵と櫛山古墳です。

会えるいてみると、見えてきました。崇神天皇陵(行燈山古墳)です。
DSC06290.jpg DSC06295.jpg

DSC06296.jpg

近すぎて全体像が見えません。一周回るとずいぶん時間を取られてしまいますので、山の辺の道から見えるところだけで我慢することにしました。山の辺の道を挟んで反対側には櫛山古墳があります。位置関係は次の図の通りです。
DSC06299.jpg DSC06305.jpg

撮影してからもう2週間以上たってしまい、自信はないんですが、多分次の写真は櫛山古墳だったと思います。まちがってたらすみません。その次は崇神天皇陵だと思います。細い道を歩いて左と右です。
DSC06301.jpg DSC06304.jpg

これは櫛山古墳だったかな?
DSC06306.jpg

崇神・景行天皇陵あたりの風景
DSC06309.jpg

景行天皇陵方向に向かいましたが、そのとき左手にあった公園。謎の石組み。
DSC06311.jpg

その公園をすぎて、振り返ると崇神天皇陵が見えていました。
DSC06314.jpg

景行天皇陵飛地ろ号/丸山古墳
DSC06317.jpg

景行天皇陵=渋谷(しぶたに)向山(むかいやま)古墳の解説
DSC06318.jpg

景行天皇陵
DSC06319.jpg DSC06320.jpg

このあたりからの眺め。右端は景行天皇陵。遠くに見える小さな山はひょっとして、耳成山や畝傍山でしょうか。いい風景です。
DSC06322.jpg

またしばらく歩いて、次のスポット・桧原神社に着きました。あとで見た大神神社(おおみわじんじゃ)に付属の「摂社」だそうです。3つ繋がった鳥居(三ツ鳥居)は珍しいです。
DSC06346.jpg DSC06348.jpg

参道からは遠くに二上山がよく見えます。
DSC06350.jpg DSC06351.jpg

またどんどん進んでいくと、「玄賓庵」という庵がありました。

DSC06358.jpg

外にはこんなものも。
DSC06357.jpg

松江で大亀の上に石碑が乗っている「亀趺(きふ)碑」というものを見ましたが、ここでも一番下に亀がいて支えていますね。

中にも入ってみました。
DSC06359.jpg DSC06362.jpg

DSC06365.jpg DSC06366.jpg

DSC06367.jpg DSC06368.jpg

DSC06369.jpg DSC06371.jpg

さらにどんどん進むとついに大神神社(おおみわじんじゃ)に着きました。妙な読み方ですが、背後にある三輪山が御神体なのでそう読むのだそうです。三輪明神とも言うそうです。
DSC06378.jpg DSC06381.jpg

DSC06382.jpg DSC06386.jpg

ここから桜井駅までおよそ3キロ。もう2時になったし、まあ、もういいかな……ということで、三輪駅に行き、JRで奈良に戻りました(単線で本数はすごく少ないです)。ただ、「ならまち」に行ってみたかったので、奈良駅の一つ手前の京終(きょうばて)駅で下車しました。

ならまちには古い町並みがあるのでそれを見るのも一つの目的だったのですが、一番大きかったのは、作家・寮美千子さんのやっておられる「ならまち通信社」の事務所・れんぞがここにあること。

DSC06387.jpg

寮美千子さんについては寮さんのサイトをご覧ください。
http://ryomichico.net

山本じんさんといっしょに絵本『絵本古事記 よみがえり イザナギとイザナミ』を出しておられます。
初めてお見かけしたのもじんさんのトークイベントのとき:
山本じん「闇の奥の光」
http://flim-flam.sblo.jp/article/60623976.html

とても面白い方。最近は『空が青いから白をえらんだのです』『写真集 美しい刑務所 明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』『世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集』『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』などの、奈良少年刑務所における社会性涵養プログラムに関する出版物がすごく話題になっています。まずは文庫本になっている『空が青いから〜』か『あふれでたのは〜』をぜひご一読ください。感動します。 

生憎この日寮さんたちは確か徳島でイベント。れんぞは閉まっていました。

すこしならまちをぶらぶらしました。色んなしゃれたお店もありましたし、こんなものも。
DSC06388.jpg DSC06390.jpg

のんびり北上して興福寺に行きました。
DSC06391.jpg DSC06397.jpg

DSC06399.jpg

しっかり見たら見終わったときもう4時を過ぎていました。昼が簡単だったので、お腹がすいてきたので、近鉄奈良駅方面に移動し、アーケード街を南下して見つけた一見なんのお店かよくわからない自然食系のお店で定食を食べました。ビールも、瓶で2本飲みました。気持ちよかったです。満足。この日はもう観光はおしまいにして、ゆっくり歩いてホテルへ帰りました。

※(追加)食事の後、三橋順子さんがグラビアページに載っているという週刊朝日3月15日号を書店で買ってから帰ったんです。買おう、買おうと思いながらずっと忘れていました。
『週刊朝日』特集「新宿の『昭和』を探す」
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2019-03-07

あ、そうそう、初日からずっと、夕方はJR奈良駅の1階にあるスーパーでジュースや朝食用のものを買いました。この日も同じです。いい場所にスーパーがあって、良かったです。

いよいよ残すのはあと1日になりました。続きます。
posted by dunno at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185764684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック