2019年05月11日

山本じん@salon flow

4月27日(土)、乙女屋(大阪市帰宅浮田)さんの新しい企画 salon flow の最初の展示として山本じんさんの個展「il est ici ここに在る」が初日を迎えるというので、これは絶対いかなくては……とオープンする14時に現地につけるように大阪まで行ってきました。

0507_1.jpg

0507_3.jpg

15563517110271.jpg 15563516993570.jpg

乙女屋さんは乙女チックな雑貨店でしたが、時々アートギャラリーに変身していました。今回は店の中から雑貨関係を完全に片付け(まあ、となりの店舗に押し込んだだけだとおっしゃっていましたが……)、完全な画廊となり、展示の期間のみ名前を salon flow と付け替えるのです。乙女屋さんは見た目は本当に可愛らしいロリータっぽい女性ですが、夢は大きいし、なかなかのやり手なのです。素晴らしい☆

今回の展示は、神戸・ギャラリーロイユや銀座・青木画廊で開催された個展の大阪版。山本じんさんも乙女屋さんのことは特別に支援しておられて、 salon Flow という名前やお店のカード(水色の写真)もじんさんの発案なのです。

あ、書き忘れましたが、2時過ぎに到着するとすでに先客もおられたり、お祝いの方々も来ておられて賑わっていました。もちろんじんさんも在廊しておられました。小さいお店ですのでたくさんは飾られていませんでしたが、棚などが片付けられてとてもいい雰囲気の空間になっていました。外からの光がかなりはいるため、閉じ込められたような感じではありません。

3月に開催された青木画廊での個展の紹介ページを参考にご覧ください。
「山本じん展−銀筆のエッセンス−」
http://aokigallery.jp/2011ex/yamamoto2019/

salon flow のハガキにも使われている「boys」の全体像を観ることができます。
また青木画廊のアーティスト別のページでは、今回の展示でも見ることの出来た「愛の靴1」という作品も見ることができます。
http://aokigallery.jp/artists/yamamotojin/

乙女屋のみほさんが、どの作品が一番好きですか……と聴いてこられたので、即座にこの「愛の靴1」を指さして「これです」と言いました。いや、本当に美しい作品です。ちょっと前の作品。銀筆ですのでストッキングの糸まで細かく書かれているんです。右腿の穴があいてほつれているところなんかすごいです。とまあ、書きましたが、なんというかエロチックなところに惹かれているんでしょう。新しい作品はわりと自然・植物などを描かれることが多いです(当然エロチックな作品もあります)。あとは空気の流れ・動きを描くのが目的の作品も好きです。

神戸のときの記録はこちら:
山本じん+未生響 ギャラリー・トーク
http://flim-flam.sblo.jp/article/185059567.html

上の記事で書いている「Flow 1」も今回また観ることができました。水の波、そして上の方は空の雲、そして飛ぶ鳥がなんとも魅力的です。みほさんの新しい企画のお祝いに、この作品をぽーんと買えればいいのですが、逆立ちしても無理。申し訳ないです。

次々にお客様もこられるので長居はできません、ほどほどのところで失礼しました。
外に出てから撮った写真を上に載せておきました。可愛らしいギャラリーです。外には薔薇の花が咲いています。雑貨は片付けておられましたが、和ばらだけは販売しておられました。

その足で、中崎町のアラビクに行きました。乙女屋とアラビクは大好きなお店。ただ、アラビクは本来書店ですが、喫茶もやっているのでいつ行ってもお客さんでいっぱい。今回、幸いにもカウンターに1席だけ空きがあって座ることができました。珈琲とケーキのセットを注文しました。隣に座っておられたのは、ぼくより先に salon flow を出られた女性。お互いに気づいて挨拶しました。みんな、そういう流れをたどるんですね。その方もケーキと珈琲のセットでした。なんだか嬉しいです。このお店はマスターも助手の方もかなりマニアックな方で、尊敬しています。

カウンタ−にも本が立てて並べてありました。その中で気になったのが花登筺さんの『あかんたれ―土性っ骨』。これって、テレビドラマで子どもの時みた作品。「細腕繁盛記」の『銭の花』ほどではないけれど、面白かった記憶があります。買おうかなと思ったのですが、マスターが kindle 版もありますよ……と教えてくださったので、今回はパスしました。それより『銭の花』が読みたい! 連れ合いの実家に途中まで6冊ぐらいあるんですが……まだまだ続くんです。あれは最高に面白かった。富士真奈美が特によかったです。

というわけで、こちらでも何も買わずに帰りました。6時過ぎに岡山に帰ることができました。
楽しい半日でした。

追記
みほさんがinstagramでギャラリーの様子を紹介しておられます。そのほか、じんさんのアトリエまで行かれたときの写真も載せておられます。銀筆の写真も!
https://www.instagram.com/p/BxUakdtF3vy/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=16jz4mahlj2q5
posted by dunno at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185984999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック