2019年05月31日

王子が岳、鷲羽山、時の回廊

連休に王子が岳と鷲羽山に登ってきました。本来の目的は鷲羽山にある名曲喫茶・時の回廊で開催されていた石井みつこさんの個展を観に行くことでしたが、せっかく行くのなら……ということで、念願だった王子が岳に登ったというわけです。生憎、かすんでいて遠くははっきり見えませんでしたが、岩だらけで楽しいハイキングでした。

車は渋川公園そばの駐車場に停めて、徒歩で渋川港まで歩き、さらに西に進んで最初の信号のところから登り始めました。想像よりけっこうきつかったです。

登ったり少し下ったりしながら、ニコニコ岩あたりで休憩。ぼくは度胸がないので絶壁にある岩の上まで行きませんでした。ツレは平気みたいでしたが、離れて見ているぼくはもう気が気ではありませんでした……。あ〜、この場所はすごく精神的に疲れました。

※直前に読んでいた石牟礼道子さんの「常世の樹」の中の「稚羽根道者〈福岡県英彦山〉」という章で、天狗になろうとした修験者が断崖絶壁の上から飛び降りて、幸い途中の松の木にひっかかってショックが弱まり一命を取り留めた……というところがあったせいもあります。

そのあと頂上まで進み、パラグライダーを楽しんでいる人たちを見たりして楽しみました。

帰りは、来た道を戻るのはきついので、ほぼ真下というか南方向に下りました。壁画や鉄の梯子があったりして、面白いコースでした。

下まで下りて、普通の道を渋川海岸まで歩いて、食事をしようかと思いましたが、あまりなにも亡かったので、鷲羽山まで行って、レストランで「たこ」づくしの定食を食べました。

そのあと、頂上を経て、東屋まで行き、瀬戸大橋を真下に見下ろしたあと、すぐそばの「時の回廊」に行きました。連休だったせいか、けっこうお客さんがいっぱい。珈琲とケーキと石井みつこさんの絵を楽しみました。

写真はこちらからご覧ください:
https://www.facebook.com/masayuki.yamasaki.9/media_set?set=a.2750434074972567
タグ:
posted by dunno at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186077903
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック