2019年08月12日

工作 黒金星と呼ばれた男

8月3日(土)、シネマクレール丸の内で『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』を観ました。

公式サイト
http://kosaku-movie.com


これも実話に基づく映画です。主人公はパク・ソギョン。韓国の軍人でしたが、国家安全企画部にスカウトされ、北朝鮮の核開発の実態を調べるという使命を与えられて、民間人となり、中国で北朝鮮の物資を扱う会社とやりとりしながら、北京に駐在している北の軍人と接触を試みます。

いやあ、とてもドキドキする映画でした。主人公は祖国のために指名を果たそうとしますが、その間、北側の対外経済委員会の「所長」と心が通じ合うようになります。北と南が力を合わせようとしているとき、韓国の情勢が変わり、パクはあっけなく上司たちに裏切られすべての責任を負わされてしまい、一方の「所長」も家族を残して、処分を受けるようなシーンが描かれます。このあたりが一番切ないところ。絶対、処刑されてしまったと思いました。

時がたち、また北と南が融和して共同の事業を進めることになったときのセレモニーに、北と南の芸能人が出席するシーンがあったのですが、なんと南を代表したのがイ・ヒョリという設定。90年代終わりごろ、すごくファンだった Fin.K.L というKポップスの少女グループがあって、一番人気のあったのがイ・ヒョリでした(一番好きだったのはオク・ジュヒョンでした〜歌は彼女が一番うまかったです)。イ・ヒョリがソロになってからのアルバムも数枚持っています。

Wikipediaによると、以下のように書かれています:
「2005年、携帯電話のコマーシャル(サムスン電子の「エニコール」)に出演。北朝鮮の女優のチョ・ミョンエと共演した。」
このことが描かれていたんですね。

今、2006年の Dark Angel というアルバムの冒頭の曲"Get Ya"を聴いています。
盗作問題のおきたBritney Spearsの"Do Somethin'"もYouTubeで探してみました。冒頭のところ似てるような気がしますね。でも、この手の音楽はそもそもあまり区別できないので、何とも言えません。

Lee Hyori - Get Ya
https://youtu.be/1dqEm6yhtzE

Britney Spears - Do Somethin'
https://youtu.be/Bb1ad7r5oN8


とても感動的な映画でしたが、最後でイ・ヒョリの方に気持ちが移ってしまいました(笑)。
あと、観ていて「おっ!」と思ったところがもう一つ! 主人公が北京の街を歩くとき、細い道に入るんですが、そこの入り口のアーチに「王府井小吃街」と書いてあったんです☆ 北京ICMで北京に行ったとき、ここにも行って連れ合いが「刀削麺」を食べたのを思い出し、懐かしかったですが、エンドロールを観ていたら、中国のシーンは台湾で撮影したそうですので、これはセットだったのかなと思いました。

王府井小吃街の写真はこちらに置いてあります。どの写真でしょう。(ラーメンと書いてありますが、実際は刀削麺です)
http://surgery.matrix.jp/pics/beijing2002c/8-23.html

この映画を観た翌朝、「京橋朝市」にふたりで出かけました。するとなんと「刀削麺」のお店もありました。色々食べましたが、最後はこの店に戻って、刀削麺をいただきました。おいしかったです。ふたりとも北京のことを思い出しました。

完全に話がずれていますが、『工作』はおススメです。観るのが辛いシーンもありますが、ぜひぜひ。
posted by dunno at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186411299
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック