2011年11月07日

劇団花吹雪@清水劇場 11/6 夜の部

というわけで、昨日、清水劇場に花吹雪を観に行きました。整理番号は6番。とは言っても、一枚で4人分は買えるので、そんなに早い番号というわけではありませんでしたが、なぜか、最前列は2席を除いて空席のまま。なので、しっかり最前列に座りました。

最前列と舞台は、清水劇場の場合、かなり離れています。というのはその間にマットがしかれていて、座布団を借りた人はそこに座れるのです。しかし、舞台がかなり高いので、マットに座るとかなり見上げるような角度になってしまい、舞台はあまりよく見えません。というわけで、昨夜はマットに座る人はなく、荷物を置かせていただきました。

そのマットの中央部分が今回は片付けられ、ストリップ劇場のデベソのように、突き出した部分が作られていました。皆さん、一人で踊るときは、ここの先端まで来てくれました。

2011_1106_174641.JPG

この突き出た部分は最前列に座る人のひざぎりぎりまで来ているので、人が座ってしまうとその前は誰も通れません。そして、ステージに上がる階段は上手側にしかないので、右側の通路から役者さんが登場すると、そのまま、階段から上がってしまうしかないので、ぼくの座った下手側はちょっと寂しかったかもしれません。

昨日の芝居は「盲目の剣士」。ラストショーは「二人花魁/ひとひらの花」でした。

「盲目の剣士」では、あきなちゃんが斬られて死んでしまうんですけれど、そのまま舞台から消えて、話から完全に忘れ去られてしまいます。ファンとしてはもうちょっと浮かばれる役にしてほしいです。かわいそうすぎです。

舞台写真は後でまとめて http://surgery.matrix.jp/ に載せますので、今日は、送り出しの写真だけとりあえず載せておきます。

2011_1106_210601.JPG 2011_1106_210609.JPG
あきなさんとかおりさん。本当に可愛いお二人です。

2011_1106_210744.JPG 2011_1106_210751.JPG
春之丞さんと恵介さん。

隣には三代目京之介さんや梁太郎さんがおられましたが、ファンの方が嬉しそうにお話ししておられたので、諦めました。

2011_1106_210758.JPG 2011_1106_210811.JPG
愛之介さんと松ノ介さん。

今月は、芝居にかなり凝っているようです。回り舞台を作ったり、雨を降らせたり、……と気合いがはいっています。広島の人はラッキーですね。そういう仕事を請け負う棟梁の写真があきなさんのブログに載っています。どんな人か想像してみてください。頭の中に思い浮かびましたか? では、こちらをどうぞ:

あきなのグダグダblog II
「おつっ」
http://ameblo.jp/kozakura-akina/entry-11071729134.html

ちょっと驚きませんでしたか? (^^)
posted by dunno at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇
この記事へのコメント
自分のサイトに写真集を作りました。
http://surgery.matrix.jp/pics/etc2011-11/shimizu1106.html
Posted by dunno at 2011年11月08日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49998190

この記事へのトラックバック