2012年10月10日

三島(1) 北口のJR、東レ

今日は某重要業務で静岡県の沼津に出張してきました。岡山からのぞみに乗り、新大阪でひかりに乗り換え、三島からは在来線で一駅です。三島にお昼頃についたので、途中下車して、南口から10分程度歩いた所にあるお店でうな丼を昼ご飯にしました。美味しかったです。とろけるような感じ。

帰りもまた三島で途中下車。新幹線の時間まで1時間半近くあったので、今度は北口を散歩。目的地は……内緒……って言っても上の方を見るときっと次のタイトルが見えているかも。見えない振りをしてください。

まず目立ったのは日大国際関係学部のりっぱな建物。でもこれは当然目的地ではありません。パス。

北に進んで通り過ぎたのは鉄橋の一部:

DSC01500.jpg

旧六郷川橋梁で使われていたものだそうです。明治10年に日本最初の複線用鉄橋として作られたものだとか。他の一部は明治村にも復元されているそうです:

Wikipedia 六郷川橋梁 (東海道本線)
明治村

そういう歴史は知らないまま通り過ぎ、なんでそんなものがここにあるのかな……と思っていたら、目の前にJRの大きなビルが! (って、実は遠くからも見えていたのですが)

DSC01502.jpg

ここはJR東海の総合研修センターなのでした。三島駅のホームに沿って、線路を挟んだ南側に新幹線がすっぽりはいるような大きな修理工場のようなものもありましたが、それも関係あるのでしょうか。

他にも鉄橋の一部が展示されていましたが、鉄ちゃんではないので、もうそっちはパスして、実は最初から目に入って気になっていたものの方に歩いて行きました。皆さんも上の写真で気になりませんでしたか? 何がって……煙突ですよ、3本の煙突☆

DSC01552.jpg

この写真では小さく見えますが、そばによるととっても大きいんです。

DSC01549.jpg DSC01547.jpg

DSC01546.jpg

そそり立ってますねぇ(笑)。

この煙突が立っているのは、東レの三島工場なんです。実はあらかじめ調べて知っておりました。いや、でもここが目的地ではないんです。ただ、目的地に行く歩き方を調べたときに地図で目に入ってきて、へぇ、東レの工場があるんだと気になっていたんです。というのも、母が結婚する前に大津にあった東レの研究所で働いていたんです(いやというほど何度も何度もそのときの話を聞かされて耳にたこができています)。それはともかく、かなり大きい工場です。工場だけでなく、研修センターもその先にありました:

DSC01510.jpg

他にもおそらく東レの寮らしきアパート群や駐車場、そして体育館もありました。体育館の前には「TORAY ARROWS」と書かれたバスも停まっていました。体育館の中からは練習の声も。あとで調べてわかりましたが、東レの男子バレーボールチームがここを本拠地としているそうです。女子は大津です。

このあたりから(というよりもう少し駅よりから)煙突を眺めるとこんな感じ:

DSC01542.jpg

写っている木は桜です。ちょっとした桜の公園になっています。そのせいでしょうか、汚水マンホールの蓋に桜が使われていました。他の所では三島の「三」をモチーフにしたものが使われていたのでここだけでしょうか。謎です。

DSC01545.JPG DSC01537.JPG

さて、体育館を過ぎるとT字に突き当たる感じ(進めなくはなさそうだけど)なので、右折します。ここで富士山が遠くに見えました。

DSC01541.jpg

小さいですけれど、わかるでしょうか。

そのまま進むと南北に走る道に突き当たります。目的地は左ですが、右にもちょっと面白い建物があることが昨夜の事前調査でわかっているんです。

DSC01538.jpg

くさびのような形が美しいではありませんか。もっとすごいくさびも見たことがあるんですが、いつどこで見たのか覚えていないので、写真が探し出せません。残念。

さて、北上するといよいよ目的地が……。

(続く)
posted by dunno at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59048350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック