2019年06月17日

幸福なラザロ

やっと溜まっていた映画のメモを書き終えたので、最近見た映画のことを書きます。

6月15日(土)、シネマクレール丸の内で『幸福なラザロ』(原題は Lazzaro Felice)を観ました。

公式サイト
http://lazzaro.jp


ラザロという名前は聖書にいくつか出てくるのですが、この映画のタイトルはそのうち、キリストの親友であって、亡くなったのち4日後に、キリストのことばにより復活したという人物の名前から来ているそうです。

lazarus.jpg
(布で覆われている人がラザロ)

前置きはそれぐらいにしましょう。この映画の主人公はラザロという若者。イタリアの田舎の村で村人たちの手伝いをして暮らしています。

この村は、外部を結ぶ橋が洪水で流れてしまって以来、外の世界とは孤絶しています。村人たちは川は危険だと信じこまされていて、外に出ようとはしません。この村の人たちは、外の世界に住む領主の小作人として、搾取されていることがわかってきます。ある若い恋人たちが、この村を出たいと宣言するのですが、人々に「そんなことをすると残った家族が領主にどんな目に合わされるのかわかるだろう、それでも出ていくのか」と言われて諦めるんです。実際にはすでに小作という制度は違法となっているのですが、村人たちが無知なために、領主は今も彼らを搾取し続けているのです。その搾取されている村人たちに、搾取されているラザロは無垢な若者。映画の宣伝の表現でいうと「その人は疑わない、怒らない、欲しがらない」なんです。

そんなある日、領主の息子タンクレディが村にやってきます。村人たちは彼と目を合わせないようにしますが、純朴なラザロだけは彼にあたたかい声をかけて、タンクレディを自分の秘密の場所に連れて行き、コーヒーでもてなします。親のことをよく思っていないタンクレディが、偽の誘拐事件をでっちあげて、ラザロの秘密の場所に隠れたことから、話は大きくなり、小作村の存在が外の世界に知られることとなり、村人たちは皆、外の世界に出ていきます。しかし、ラザロは……。

まあ、ストーリー紹介はこの程度にしておきます。

無垢なラザロは聖なる存在です。イタリア映画の名作『道』のジェルソミーナを思い出させる……と表現している映画評もありましたが、確かにそんな感じです。ただ、非常に現実的であった『道』とは違って、この映画はもっともっとファンタジーです。公式サイトでは「寓話的」という表現をしています。

村人たちの中で印象的な存在であったアントニアが、外の世界で再会したラザロの前でひざまずくシーンは感動的でした。村人たちのことはあまり好きになれませんが、この人だけは別です。これからご覧になる方は、アントニアに注目して映画をご覧になるといいと思います。

このぐらいで止めておくことにします。
posted by dunno at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

マイ・ブックショップ

5月1日の2本目は『マイ・ブックショップ』でした。

公式サイト
http://mybookshop.jp


1959年、海辺の小さな港町を舞台にした映画。
夫を亡くした女性が主人公。この小さな町にある古い家を買って、夫との夢であった本屋さんを作ろうとしますが、その建物を彼女にかっさらわれてしまった町の有力者は、あの手この手を使って、彼女の邪魔をしようとします。

うっかりこの映画を観に行ってしまいましたが、こういう悪意をむき出しにするような人物が出てくる映画はあまり観ていて気持ちよくないです。ほんとに、やり方が汚い。味方になってくれるのはただ二人! 一人は押さなくて非力。もう一人は策略というものをしらない一本気な老紳士。期待しましたが、役立たずでした(残念)。本人自身もとても軽率。気の毒な話です。

面白いのは、この映画の語り手の正体。本人ではありません。答えは内緒にしておきます。
posted by dunno at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

洗骨

5月1日(水)は映画の日。シネマクレール丸の内で2本映画を観ました。最初は『洗骨』です。

公式サイト
https://senkotsu-movie.com


【洗骨とは】(公式サイトより)
今は殆ど見なくなった風習で、
沖縄の離島、奄美群島などには残っているとされる。
沖縄の粟国島(あぐにじま)では島の西側に位置する
「あの世」に風葬された死者は、
肉がなくなり、骨だけになった頃に、
縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらい、
ようやく「この世」と別れを告げることになる。


この【洗骨】という風習を取り上げたところがすごいです。それが無ければ、妻を亡くした男が酒におぼれ、一家がばらばらになるけれど、あることがきっかけで、家族が再生する……という類の映画はいくらでもありそうに見えるのですが、なにかこの映画には、引き込まれるものがありました。

島の一部が「あの世」になっているというのが興味深いですね。その境界を越えれば、そこは「あの世」なんです。予告編でご覧ください。

男の姉がしっかりもので、勢いがあるから、途中もだれずに話が進みます。一族に一人、必要なキャラクターです。もう一人、東京に出て、妊娠して帰ってきた娘を追ってきた恋人が、何とも言えないボケ役で、雰囲気を和ませていました。
posted by dunno at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

いつか家族に

5月11日(土)、シネマクレール丸の内で『いつか家族に』を観ました。中国の小説『血を売る男』を原作とする韓国映画です。

公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/kazoku/


【ストーリー】(シネジャのサイトより)
1953年、朝鮮戦争終戦直後。現場仕事で生計を立てるサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しい女性オンナン(ハ・ジウォン)に一目ぼれ。オンナンには羽振りのいい恋人がいると知りながら、猛アタックして結婚。3人の息子に恵まれて幸せいっぱいのはずだったが、長男は元カレの子と判明。家族の絆が解けてしまう。そんなとき、長男が脳炎にかかる。

まあなんといっても見どころは長男を演ずるナム・ダルムくんの可愛いこと! 予告編でご覧ください。

う〜む、あとは……その長男が難病にかかるという絵にかいたようなありがちな話になってしまうのが残念。あまりにも悲惨すぎる描写。しんどいですね。

自分の子でないと分かったとたん、冷たい態度をとる主人公の姿もあまり観たくなかったし……。

ちょっと残念。
posted by dunno at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

たちあがる女

5月11日(土)の夜、シネマクレール丸の内で『たちあがる女』を観ました。ものすごくスリリングで面白い映画でした。そしてなによりアイスランドの景色の美しいこと! いい映画です。

公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/tachiagaru/


【ストーリー】(公式サイトより)
風光明娼なアイスランドの田舎町に住むハットラは、セミプ口合唱団の講師。
彼女は周囲に知られざる、もうーつの顔を持っていた。
謎の環境活動家”山女”、として、密かに地元のアルミニウム工場に対して、孤独な闘いを繰り広げていたのだ。
そんなある日、彼女の元に予期せぬ知らせが届く。
長年の願いだった養子を迎える申請がついに受け入れられたのだ。
母親になるという夢の実現のため、ハットラはアルミニウム工場との決着をつけるべく、最終決戦の準備に取り掛かる―。

なんというか、ハットラという人は普通人から見るととても無謀というか無鉄砲な人。とてもスリリングな映画です。「あ〜、そんなことをするとケガしちゃうよ……」と思って目をそらしたくなる場面では、案の定、手にけがをしてしまいます。でもそれくらいでよかった。もっと大けがをしても仕方ない状況でしたから。ほんとに観ていて怖い人です。

けっこうファンタジー映画でもあります。設定全体がそもそもファンタジーなのです。野原や部屋の中に突然楽団が出てきたり、女性コーラスの4人組が出てきたり、不思議な雰囲気を醸しだしてくれます。

冒頭にも書きましたが、アイスランドの荒涼とした景色が素晴らしいです。
ちょっとヘンな映画が好きな方にお勧めです。

posted by dunno at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年06月14日

ある少年の告白

5月18日(土)、シネマクレール丸の内で『ある少年の告白』を観ました。

公式サイト
http://www.boy-erased.jp


もうほとんどひと月近くなるので、すっかり忘れてしまっています。どんな終わり方だったかな……。
実話をもとにしていて、一番最後に字幕が出て、「誰それは現在夫と暮らしている」みたいなことが書かれていてちょっとびっくりしたんですけれど、ああ、そういうもんなんだろうな……と納得しました。……ってなんのことかわからないでしょうけれど、まあそこは勘弁してください。最後にばらすかも……。気をつけてお読みください。

2月にDVDで観た『ミスエデュケーション』の少年版です。
http://flim-flam.sblo.jp/article/185553551.html
ゲイであることの矯正のための施設と若い人たちの話。

『ミス〜』では少女が施設に入れられてしまうのですが、この映画では、母親とホテルに部屋を取り、毎朝ホテルから施設に通う……という設定。ただし、それで効果が無ければ、施設内に住むことになります。結論を書いてしまいますが、この少年はこの施設から逃げ出すことに成功します。そしてゲイとして生きて、作家になり、自分のことを書いた本がこの映画の原作になりました。

予告でもわかるように、思ってもいないことを無理に言わせようとしたり、まるで軍隊のようなおそろしい「矯正」を行う施設です。ともかく「ふり」をしてこの矯正教育をしのげる人もあるのですが、不器用な人は、本当につらい思いをしています。主人公は、苦しい思いをしている人を放っておけないタイプで、そのため指導者たちと対立することになります。

このような施設の犠牲者になった人は数多いのでしょう。ため息がでます。

話を最初に戻しますが、主人公の父親は牧師で非常に頭の固い人です(と同時に車のディーラーもやっています、お金持ち)。愛情は持っているんですけれど、キリスト教的に正しい道に進ませたいという気持ちがあまりにも強い人。息子のことで他の牧師にも相談しますがみんな同類。唯一、女医さんだけはなにかいいことを主人公に伝えていましたね。何を言ってたのかな、忘れてしまいました。とほほ。「あなたには何の問題もないんだ」というようなことだったかも。まあ、それでも、親の勧めに従って施設での矯正を受け入れたいと思ってしまったんですけれど……。ただ、頭の中に医師の言葉はきっと残っていたはず。


※ ここから先はネタバレですのでご注意を。続きを読む
posted by dunno at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年06月12日

荒野にて

5月26日(日)、シネマクレール丸の内で『荒野にて』を観ました。この映画はすごく良かったです。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/kouya/


【ストーリー】(公式サイトより)
チャーリーは15歳にして孤独だった。仕事を変えては転々と暮らす父親と二人でポートランドに引っ越してきたのだが、父は息子を愛しながらも自分の楽しみを優先していた。母親はチャーリーが赤ん坊の頃に出て行ったので、もちろん覚えていない。以前はマージ―伯母さんが何かと面倒を見てくれたが、チャーリーが12歳の時に父と伯母さんが大ゲンカをしてしまい、以来すっかり疎遠になった。チャーリーは寂しくなると、伯母さんと一緒に写った写真をながめるのだった。
ある日、家の近くの競馬場で、デルという厩舎のオーナーから競走馬リーン・オン・ピートの世話を頼まれたチャーリーは、食べ物も十分に買えない家計を助けるため引き受ける。素直で呑み込みが早く、馬を可愛がるチャーリーはすぐデルに気に入られた。……


しかしこの後、父親は人妻と関係をもったため、その夫に殺されてしまいます。おまけに可愛がっていたピートも走れなくなり、処分されることになります。そこで、チャーリーはピートを連れて遠くに住む伯母さんの家を目指します……。

ちょっと考えても一頭の馬を飼うだけでも食料や水がたくさん必要なのは当然ですし、遠くまで旅をするのは無理に決まっています。孤独なチャーリーを観ていて、本当に胸が痛くなります。

もちろんデルもいい人だったし、彼のなじみの女性騎手(なんとクロエ・セヴィニー!)もチャーリーにやさしくしてくれました。だけど、競馬で生きているので、チャーリーには「馬はペットじゃない!」ということを繰り返し伝えるんです。すごく印象に残る言葉です。だけど、チャーリーにはそうではなかったんです。友だちのような存在なのでした。

旅の途中にも色んな人との出会いが描かれます。悪い奴もいるけれど、みな貧しい人たち。印象に残るのは戦争帰りの男たち、そして、いじめられながらも田舎町で生きている太った少女、メキシコ人の女性、食堂の女性従業員、……。

マロの「家なき子」みたいな話だと思えばわかりやすいです。きっとツチャーリーのことが大好きになります。結末は書きません。でも未見でしたらぜひご覧ください。
posted by dunno at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

魂のゆくえ

5月に6本、6月になってからも2本、映画を観ているのですが、そのメモをまだ全然書いていませんでした。もうかなり忘れてしまっているのですが、せめて新しいものだけでもサルベージしようということで、新しいものから順に片付けていって、もう無理となったらあとはタイトルと公式サイトへのリンクでごまかしてしまおうと思います。

まず最初は『魂のゆくえ』。6月9日(日)にシネマクレール丸の内で観ました。かなり期待していたのですが……想像していたのとはかなり方向性がずれていました。

公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/tamashii_film/


【ストーリー(公式サイトより)】
ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」。牧師のトラー(イーサン・ホーク)は信徒のメアリー(アマンダ・セイフライド)から相談を受ける。彼女の夫が地球の環境問題を思い悩むあまり、出産に反対しているというのだ。夫の説得を試みるトラーだったが、逆に教会が汚染企業から間接的に献金を受けている事実を知ってしまう。悩めるトラーは、やがてある決意をする。彼の聖なる願いと魂の行き着く先は…。


メアリーに相談を受けたトラーが、メアリーの家で夫・マイケルと話をするところが一番緊迫感がありました。けっこう長く感じました。その会話の中で、トラーの過去が語られます。その部分は予告編にも出てきますが、トラーの家では男は軍隊に入るのが伝統。トラーも、妻の反対を押し切って、息子をVMI(バージニア州立軍事学校〜この学校、ドキュメンタリー映画『RBG 最強の85歳』でも出てきました)に入れて軍人にしたのですが、その息子はイラクで戦死してしまい、それがもとで妻とも離婚したのでした。トラーが罪悪感の塊になっているというのがこの映画の要。

メアリーからの連絡で、マイケルが、環境を破壊している会社に対して自爆テロを計画していることがわかり、トラーはそれを阻止しようと爆弾のセットを自分の教会に持ち帰ります。

いっぽう、「ファースト・リフォームド」を経営?している町の教会で事務や合唱隊の指導を務めるエスターという女性は、体調の悪そうなトラーのことをとても気にかけています。好意を丸出しにするエスターに対し、自分は結婚を破綻させた男だからと言って、それを拒否します。なのに……。

ひたすら重苦しいです。ちょっと(じゃなくてかなり)おかしくなった男たちの行動は常識では理解できません。

トラーのことをかわいそうだとは思いますが、エスターに対する態度があまりにもひどくて、好きにはなれませんでした。

ただ、終わり近くで突然幻想的なシーンが出てきますが、あれはなかなかきれいでよかったと思います。

posted by dunno at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画