2019年04月15日

あなたはまだ帰ってこない

4月14日(日)、シネマクレールで『あなたはまだ帰ってこない』を観ました。

公式サイト
http://hark3.com/anatawamada/


公式サイトより
愛とは歓びなのか、苦しみなのか、
あるいは待つことなのか?
すべての女性に突き付けられる、愛の葛藤――

第二次世界大戦時のナチス占領下のパリ。1944年、マルグリット・デュラス30歳。夫のロベールは地下でレジスタンス活動をしていたため、ゲシュタポに突然連れ去られる。それが、彼の帰りを祈り、彷徨い、苦悩する、彼女にとっての愛のための人生の始まりだった…。夫を待ち続ける不安の日々、現れるヴィシー政権の手先の男の誘惑、そして彼女を支える愛人――。戦時下、誰もが、戦場に赴いた人、捕えられた人を待ち続け、愛しつづけることの痛みと不安と闘っていた。愛とは、苦しみなのか、歓びなのか、あるいは待つことなのか? すべての女性に贈られる、愛とは何かを突き付ける、フランスが世界に誇る小説家マルグリット・デュラスの自伝的原作『苦悩』(河出書房新社刊)を見事映画化。映像化不可能と言われた本作をベースに、デュラス自身の愛と、その苦しみが、戦争の記憶とともに語られる、激動の愛のドラマが誕生した


この映画、少しややこしい構造です。冒頭、戦争から何十年もたって、原作の「苦悩」を書き始めているマルグリット・デュラスのモノローグから始まります。どういうことをしゃべるかというと……自分は戦争中に書いた自分の日記を偶然発見した、その内容は確かに実際にあったことだが、そのような日記を書いた記憶が消えている……そしてその日記が映画で描かれていくんですが、日記の書き手のマルグリットとその日記を読んでいるマルグリットのふたりが画面に現れたりするんです。不思議な映画です。

映像も変わっています。画面のどこにもピントがあっていないときがところどころあって、影ようなひとが見えていてもそれが誰だかわからない……という微妙な面白さがあります。

映画の中身は大きく2つに分かれていて、前半はドイツに占領されているパリが描かれていて、後半は連合軍に追われてドイツ軍が去った後のパリが描かれています。前半は色んな動きがありますが、後半はひたすら夫が帰ってくるのを待つ姿が描かれるのでなかなかしんどいです。マルグリットも最初は希望を持っていますが、次第に絶望の気持ちが強くなってきて、周りの人が自分から夫の死亡情報を隠しているんではないかとさえ思い始めます。描きたかったのはこの後半の方なのかもしれません。

どうなるのかは書きません。映画を観てしまうまでは、Wikipediaなどでマルグリットのことを調べたりしない方がいいかもしれません。驚くべき結末です。もやもやしますけど……。

シネジャのサイトに監督さんのインタビュー記事が載っています。
『あなたはまだ帰ってこない』エマニュエル・フィンケル監督インタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/interview_anatawamada‗emmanuelfinkiel.html

ぜひお読みください。
posted by dunno at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

未来を乗り換えた男

最近、旅行だとか、法事だとか、新学期のオリエンテーションや一泊研修で映画を観ていませんでした。昨日(4/14)、やっと『あなたはまだ帰ってこない』を見たんですが、その前最後に観たのは3/24! 3週間ぶりでした。3/24に観たのは『未来を乗り換えた男』(英語題は Transit)。たまたま……というか、わざわざそういう映画を選んだのはやはり自分が関心がある内容だったからなのか……自分でもよくわかりませんが、他にもいろいろ見たい映画はありましたがそういう選択になってしまいました。

実はどちらもフランスがドイツ占領下にある、もしくは占領下の地域がどんどん広がっているという状況の映画という共通点があるんです。

まずは、先月見た『未来を乗り換えた男』の記事を書きます。正直だいぶ記憶があやふやになっていて、どういう終わり方だったかがはっきりしません(爆)。かなりぼけてます。

公式サイト
http://transit-movie.com


公式サイトから引用します:
ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を驚くべき発想で重ね合わせた野心作!
祖国を追われた人々が希望のありかを見つけようとする姿をサスペンスフルに描いた、
私たちが今観るべき物語。

現代のフランス。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた青年ゲオルクが、ドイツ軍に占領されようとしているパリを脱出し、南部の港町マルセイユにたどり着いた。行き場をなくしたゲオルクは偶然の成り行きで、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。そんなとき一心不乱に人捜しをしている黒いコート姿の女性とめぐり合ったゲオルクは、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていく。しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋だった。なぜなら、そのマリーという黒いコートの女性が捜索中の夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ……。


原題の Transit は「乗り換え、通過」という意味ですが、上に紹介してある「別人になりすます」ことも表していますが、マルセイユからメキシコへ行く船が途中アメリカに寄港するために、アメリカの通過ビザがなくては乗船できないという設定のことも表しているようです。

ともかくハラハラドキドキの映画です。すでにドイツ軍が侵攻してきているパリの部分もスリリングですし、貨物列車に乗っての南からの逃避行(それも重傷者を抱えて……)もドキドキ。マルセイユはまだ比較的安全なのですが、不法滞在者にとっては安心できるところではありません。脱出したいという人々(難民)がたくさん集まっていて、色んな人たちの姿が描かれます。観ていて棟が痛くなる映画です。メインの登場人物以外にも、ぜん息持ちの子どもや、持ち主はすでに逃げ出してしまったアメリカ人の犬の世話をしている太めの女性なども、すごく印象に残っていて、今でも彼らが実在の人物のような気がして、こみ上げてくるものがあります。

そしてももちろん二人の主人公ゲオルクとマリー、そして三角関係を作る医師のそれぞれを好きにならずにはいられませんでした。すばらしい役者さんたちだと思います。ゲオルクを演じたフランツ・ロゴフスキという人は、もう東京では上映されている『希望の灯り』の主演もしていて、これがどうも話によるとすごくいい映画らしいのです。予告編を見てもそういう雰囲気。これは絶対見たいと思います。シネマクレールにも来る予定。

『希望の灯り』公式サイト
http://kibou-akari.ayapro.ne.jp


書き忘れましたが、この映画には「語り手」がいます。それは主要な3人ではありません。ゲオルクやマリーたちがよく使ったマルセイユのレストランの主人です。まあ、そういう話なんです。妻にも勧めようと思ったのですが、あまりにもしんどい映画なのでやめました。でも心に残る映画です。今年のベスト10にはきっと入るでしょう。
posted by dunno at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月16日

翔んで埼玉

3月13日(水)の夜、ジョリー東宝で『翔んで埼玉』を観ました。

公式サイト
http://www.tondesaitama.com


公式サイトより:
埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。
カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める――。

その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、
埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、
生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。

麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。

2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線の一員であり、壇ノ浦家に使える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、
百美と麗は東京に立ち向かう。果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

二階堂ふみが高校生というのは……まあいいんじゃないかと思います(でも、『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』に出たのはもう8年前のことなんですけど)。でもGACKTが高校生というのは、非常に受けました。すごいじゃないですか(笑)。これは絶対観なくちゃ! と思いました。もちろん、埼玉県人を20数年やっていた過去があるので、そういう意味でもこれは観たいな、と思っていました。

現代のパートの家族の母親役がなんと、麻生久美子さんでした(ここだけ「さん」付け、大好きなんです)。この人、ほんとコメディ、うまいですよね。

で、埼玉がひどい目にあるという設定だと思って観に行ったんですけど、群馬はもっとひどかったです。「秘境」だそうです(爆笑)。

埼玉県の市や町の名前がいっぱい出てきて、嬉しかったです。20年近く住んでいた東松山市も「埼玉県のへそ」として出てきました。本当に、位置的には中央にあるんです。その前に住んでいた鶴ヶ島市(当時は鶴ヶ島町)はどうだったかな……。気づきませんでした。

同じ高校に在籍中の、東京に住んでいる埼玉県人のひとりが映画『HINOKIO』に出ていた人で、ああ、いまもがんばってるんだな……と感動しました。加藤諒という名前、今回初めて憶えました。調べたら、色々活躍してるんですね。舞台で、パタリロを演じたりもしていてびっくり。この映画作品の原作も『パタリロ!』の魔夜峰央ですからね。……なんて思ってたら、この映画の大ヒットで(?)『劇場版パタリロ!』もできるんですね、加藤諒主役で:
https://natalie.mu/comic/news/323481

映画ですが、もちろん馬鹿馬鹿しいと言えば馬鹿馬鹿しいんですけれど、それは承知で観に行ってるので、十分笑えて、楽しみました。埼玉県にすんだことがあって、それだけ余計に笑えたと思います。「ナックファイブ」って耳で聞いても関東以外の人にはわかんないですよね。Nack5は79.5MHzの周波数から来ている埼玉のFM局の名前です。よく聴いてました。それに百美と麗のBLがいいですね〜。「一緒に来るか、所沢へ!」(爆笑〜予告編を観てください)

いやあ楽しかったです。

原作のマンガもkindleで購入。でも池袋の長男が持ってるというのを後で知りました。
posted by dunno at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

トレジャーハンター・クミコ

もうずっと前(去年の暮れ)に購入したDVDですが、昨夜やっと観ることができました。『トレジャーハンター・クミコ/Kumiko, the treadure hunter』という映画です。どこかでDVDの紹介があったのを読んだんだと思いますが、何処で読んだのか、どんなことが書いてあったのかさっぱり憶えていません。amazonで注文したのが2018年11月1日なんですけど、一体どんなレビューだったのかとても気になります。

公式サイト
https://www.sonypictures.jp/he/2319886


劇場公開はされていなくて、2017年4月26日にDVDが発売されたそうです。

Imdbの中のページ
https://www.imdb.com/title/tt3263614/?ref_=nv_sr_1

冒頭部分で、画面と音声が乱れて、DVDのエラーかと思いましたが、実はそれは『ファーゴ』という映画を劣化したビデオテープをブラウン管テレビで映し出しているものだということが後でわかります。

ストーリーは公式サイトから:
一つの「映画」が彼女の人生を狂わせる
アメリカの“ある街”に埋められたと言われる大金・・・彼女はそれを信じ旅に出た

東京で働く29歳のOL・クミコ(菊地凛子)は仕事にやる気がなく恋人もおらず鬱屈とした生活を送っている。ある時、海辺の洞窟から映画『ファーゴ』のVHSを見つける。実話だと信じ、雪原に大金が埋まっている場所を特定しようとしていた。ある日、会社の社長・サカガミ(勝部演之)から退職を勧められ、追い打ちをかけるように若い美人の新入社員・ナカザキ(河北麻友子)を紹介される。社長のお遣いのため、会社のクレジットカードを手に入れたクミコは、『ファーゴ』の舞台である米・ノースダコタ州へ大金を探しに向かうが・・・。

「海辺の洞窟から映画『ファーゴ』のVHSを見つける」とあっさり書いてあるんですけれど、そもそもそこから怪しいんです。クミコは宝の地図らしきものを持っていて、その地図を見て、洞窟を見つけその中に埋められているビデオテープを発見するんです。これって現実? 妄想? クミコの日常生活も描かれていますが、完全に壊れているんです。全く無表情。母親からは携帯に頻繁に電話がかかってきて、恋人もいないのならうちに帰ってこいと言われるのですが、アパートでペットのうさぎ(ブンゾー)と暮らしています。狭い部屋にモノだらけで居場所もないぐらい。『ファーゴ』を観ていないときでも、彼女の周りにはビデオテープの雑音が漂うんです。非常に耳障り(^^;

何度も繰り返し『ファーゴ』を観ているうちにテープがプレーヤーの中でからまってしまいます。仕方なく、『ファーゴ』のDVDとDVDプレーヤーを買います。貧乏そうなので、これは痛い出費に違いありません。

上でも書いてあるように、映画の中で雪の中に埋められる大金の入った鞄を現実のものと思い込み、クミコはその場所を映した場面を、そのまま刺繍で布の上にコピーします。映画の1シーンで、そんなものを写し取っても場所を特定するのに役立つわけもありませんし、そもそもこれは映画なのですから、本当にお金が埋められているわけではないんです。だけど、彼女にはそれがわからない……。おっと、書き忘れていますが、クミコは東京で働くOLです。なので前半は全部、会話が日本語です。図書館でアメリカの地図を盗もうとするエピソードもあったりします。

この時点で彼女には友だちは一切いません。しかし以前はそんな風ではなかったことは、路上でばったりであった昔の友人の様子を見てもわかります。なぜ彼女が変わってしまったのか……精神を病んでしまったのか……そこは全く描かれていません。実際、仕事に関して、ひどいことをするんです。エラい人にお茶を入れるときに、その中に自分の唾を垂らしたり、昔の友だちに「トイレに行く間子どもを観ていてね」と頼まれたのに子どもを置き去りにして逃げてしまったり、クリーニングの済んだエライ人のスーツをゴミ箱に突っ込んで、預かったいた会社のクレジットカードを持って、アメリカに宝探しにいってしまったり等々……。

大金が埋められていると彼女が信じるファーゴという場所は、とても寒い場所。モーテルのキルトのふとん(もしくはベッドカバー)を自分のコートにしたり、親切な警官に冬用の靴やジャケットを買って貰ったりしながら、少しずつ近づいていきます。

彼女が怒り以外の自分の感情を表すところは2回ぐらいしかなかったように思います。一回目は飼っていたペットのブンゾーを置き去りにするシーン。本当に辛そうでした。ぼくもこのシーンでは泣きそうになりました。もう一回はラスト。幻想(妄想)の中でとってもいい顔になります。

実はこの映画はある日本人女性の事件が元になっています。

「米国では有名な、亡き日本人女性の都市伝説 菊地凛子主演の映画化で好評価 その内容とは?」
https://newsphere.jp/entertainment/20140202-1/
2001年、コニシタカコさんという東京在住の女性が、前述の映画の舞台の街、ノース・ダコタ州ファーゴから60キロ東に位置する地点で凍死しているのが発見された。この事件が都市伝説と化したきっかけは、事件関係者による証言。タカコさんの遺体が発見される6日前にタカコさんを保護したという地元警官が、タカコさんは映画『ファーゴ』の一場面にて同映画の主役が地面に埋めた、ブリーフケースいっぱいのお金を探していた、と証言したことから、このニュースは爆発的に広まった。


上の記事によると、「『ファーゴ』は虚構と現実が入り混じる様をテーマにした映画である。同映画開始時に流れる「これは実話である」というテロップは、映画のフィクション性を皮肉ったものとして有名」だそうです。で、その "This is a true story." で始まるテロップが、『トレジャーハンター・クミコ』の冒頭で映されるんです。一瞬ぎょっとしましたが、すぐ「This is a true story.」のところが単語が拡大されて映るので、ああ、これはDVDが壊れているんではないんだな……とわかるようになっています。監督たちがこの映画を作ったときには、上の話はあくまでも都市伝説だとわかっていて、あえて、冒頭に "This is a true story." を持ってきたところが面白いです。

冒頭だけ観直してみて、テロップの次に海岸での宝探しの場面で気づいたことがあります。手に持っていた宝の地図は、やはり布に彼女が刺繍したモノでした。その地図はすごくおおざっぱなモノなので、これで場所が特定できるとはとても思えません。バス停も停留所の名前はなくてただ「バス停」と書いてあるだけ。浜辺も「黒い砂の浜」みたいな書き方でした。ヘンだなと思ったのは、最初海を右にして歩いていたのに、次のシーンでは海を左にして歩いていました。行ったり来たりしたんでしょうか。ボクの想像では彼女は自分でテープを埋めて、その場所の地図を書き、それを見て探し出していたんじゃないかという気もします。

ところで、アパートには分厚いノートかルーズリーフのようなものがあって、その中にはメモがぎっしり。一体何が書かれていたんでしょう。

友だちも作らず、一人で部屋に閉じこもり、ノートに妄想を書き込んでいたんでしょうか。悲しすぎます。

もう一度全部観直してもいいかな。不思議な魅力のある映画でした。

※「宝探し」で思い出しましたが、子どものころ妹と宝探しゲームをやっていました。どちらかが宝を隠す役で、色んなところにヒントを隠しておいて、もう一方がそれをたどって宝を見つけるんです。宝探しって、楽しいですよね。
posted by dunno at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月14日

家へ帰ろう

3月10日(日)、シネマクレール丸の内で『家へ帰ろう』を観ました。

公式サイト
http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp


大体、予告編通りの映画でした。

ホロコーストを生き延びたポーランドのユダヤ人が主人公。アルゼンチンに移住して、家業でもあった仕立て屋をしてきました。ポーランドで命を救ってくれた友人(幼いころからずっと仲良し)と別れるときに作った型紙を元に、いつかきっとスーツを持ってくるという約束を守るために、88歳になって、娘たちに老人ホームに入れられそうになった今、最後に彼のために作ったスーツをもってポーランドに行こうとします。……ただし、ドイツの土を踏まないで……。最初は、飛行機でスペインに飛び、そこからは列車でフランスへ。そして、……。

トラブル続きの旅ですが、必ず、助けてくれる人が現れます。そこが甘いと言えば甘いんですけれど、おとぎ話を観ていると思えば、それはそれで嬉しいものです。見終えて心が温まる映画です。

主人公がなかなか素直じゃない性格なのでそれがけっこう笑わせてくれます。きつい映画が続いたらこういう映画もいいんじゃないでしょうか。
posted by dunno at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月04日

七つの会議

2月3日(日)、イオンシネマ岡山で『七つの会議』を観ました。

公式サイト
http://nanakai-movie.jp


原作が池井戸潤さんということで、きっと面白いだろう、そして最後はすっきりさせてくれそう……と思って観ました。いやあ、想像以上に暑苦しい映画でした。濃い登場人物がいっぱい出てきます。本当に疲れました。面白かったんですけどね。

救いは、及川光博さんとドーナツ売りにチャレンジする朝倉あきさん。二人が出てくるとほっとします。及川光博さんがどうやって出世してきたのか不思議には思ったのですが……。

以上!
posted by dunno at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

宵闇真珠

1月26日、同じくシネマクレール丸の内で『宵闇真珠』を観ました。

公式サイト
https://yoiyami-shinju.com


香港の最後の漁村が舞台。孤独な少女が旅人(オダギリジョー)と出会って、変わって行くという話なんですが、あまりにも退屈……。少女はクラスメイトに「幽霊」って言われてるんですけど、本当に元気のない子。声もささやくよう。もっと腹から声を出せよ! といいたくなります。ああ、でもねえ、日本の女子も、女同士でしゃべっているときはきっと大きな声を出すんでしょうけれど、学校で「専門英語」っていう科目を担当していて、テキストを読ませると、なかなか声をだしてくれません。英語は本当に「声」が大事。息を吐きだしているだけみたいなんじゃ通じないよう! 

廃墟となった屋敷の屋上になにか装置があって、下の部屋でそれを壁に映し出すんですが、いったいそれってどういうことなのか気になりました。なんの説明もありません。

耽美と幻想のすきな方なら大丈夫かもしれませんが、ぼくとしてはおススメできませんです。
posted by dunno at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

メアリーの総て

1月26日に、シネマクレールで『メアリーの総て』を観ました。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/maryshelley/


18歳で「フランケンシュタイン」を書いた作家メアリー・シェリーを描いた作品です。父親も母親も本を出しているような家に育って早熟だったのでしょうか。映画では家の手伝いもしないでいつもなにかノートに書きこんでいる様子が描かれています。スコットランドに滞在した時に若い詩人パーシー・シェリーと出会い、恋に落ち、同棲を始めますが、実は彼には妻子があったんです。

シェリーって名前は有名ですけれど、作品は一度も読んだことはありません。検索すると「冬来たりなば春遠からじ」というのは彼の有名な詩の最後の部分だそうです。学生時代からかなり変わった男だったようで、オックスフォードを放校されています。親は裕福だったようですが、あまりの放蕩に勘当になってしまい、借金取りから逃げ回るような悲惨な生活が続きます。……

メアリーを生んですぐ亡くなってしまったフェミニストの母親がメアリーに大きな影響を与えたのでしょう。メアリーも本当に大胆。魅力的な女性をエル・ファニングが見事に演じていました。

ですが、ともかくシェリーや、バイロン卿などという連中がなんだかひどいろくでなしで、そうでない登場人物があったにもかかわらず、どうしても印象が薄くなるので、観ていて楽しくない映画でした。

posted by dunno at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画