2019年02月10日

「博士の家」と「Wlalther von der Vogelweide」の絵

[facebook への投稿を元にしています]

2月3日(日)、岡山市内で「博士の家」の開所式が行われました。そのあとオープンハウスが行われるということでのぞきに行きました。開所式が終わる頃に合わせて出かけてみたのですが、式が遅れていてまだ終わっていませんでした。でも式で使われていない場所は、見ていいと言うことで入らせて頂きました。奥の部屋ではバザーもやっていて、気に入ったものがあったので一つだけ購入しました。価格が100円となっていましたので、それではあんまりだと200円預けて来ました。もっとドーンと置いてくれば良かったのかも。ともかく、いろんな方が使って下さるといいですね。

15500194140910_1.jpg

関連記事を引用させて下さい。山陽新聞です。
http://www.sanyonews.jp/article/862773
空き家を「博士の家」へ再生 岡山医科大教授宅跡、3日開所
岡山医科大教授が建て「博士の家」として生まれ変わる古民家

 岡山医科大(現岡山大医学部)の教授が昭和初期に建て、近年は空き家だった岡山市北区広瀬町の古民家が、地域の住民や親子らが集えるコミュニティーハウスに生まれ変わる。教授の孫が社会貢献を目指して提供した。「博士の家」の名前で3日に開所する。

 建物は木造2階延べ約230平方メートル。鹿児島市出身で1925(大正14)年に岡山医科大教授に就いた医学博士の津田誠次氏(1893―1972年)が32(昭和7)年に自宅として建てた。「細部までデザインされ、当時としてはモダン。登録有形文化財になり得る貴重な建物」と赤磐市の建築士横田都志子さん(52)。津田氏の死去後、親族が住んでいたが、数年前に空き家になった。

 提供したのは、津田氏の孫で所有者の大学教授稲田健一さん(60)=名古屋市。小学3年から19歳までを過ごした。「思い出の家を次世代に引き継ぎ、社会に役立てたい」との意向が、知人を介して後に博士の家の運営管理者に決まるNPO法人おかやま入居支援センター(岡山市)の関係者に伝わり、実現に動きだした。稲田さんは私費を投じて耐震補強を施し水回りや内装も新しくした。

 「博士の家」は開所に当たり関係者が名付けた。会員制で、8畳の和室2室と14畳の広間のほか応接室、調理室などを午前9時〜午後9時に貸し出す。

 住居確保が困難な高齢者や障害者らを支援する同センターと子どもの虐待防止活動に取り組むNPO法人CAPおかやまの事務局も入居。住民の会合や催し向けのほか、両団体が支援する親子や高齢者らの相談や憩いの場などとしても部屋が利用される見込み。

 同センター理事長の井上雅雄弁護士は「提供者の思いに応え、市内に増えている空き家の活用モデルになるよう運営していきたい」と話している。


walther-von-der-Vogelweide.jpg

写真は購入した額入りの絵です(印刷?)。
冠をかぶっているし、刀を持っているので、王様かと思ったらドイツの有名な詩人でした。
https://en.wikipedia.org/wiki/Walther_von_der_Vogelweide

本物とは違って、裏の印刷文字が透けて見えないので、複製ですが、見易くていいかも。こういうの、好きなんです。嬉しい。

元々の本の絵の一部はここで見ることができます。
https://commons.wikimedia.org/wiki/Codex_Manesse
https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Codex_Manesse

またこの人が作詞・作曲という曲がYouTubeにありましたのでご紹介します。
●Annwn - Palästinalied

●Walter von der Vogelweide - Palästinalied

●Nu alrest leb ich mir werde, "Palastinalied"

●Walther von der Vogelweide - Under der Linden (English subs) ※これもいい!

●Alterslied - Walther von der Vogelweide

●Eberhard Kummer sings Nibelungenlied and Walther von der Vogelweide


※ 博士の家にはなんと手術関係の学術誌を製本したものが保存してありました。タイトルはAnnals of Surgeryなど色々ありました。surgeryっていうのが手術のことですね。で、ぼくが勉強していたのも手術理論(surgery theory)なんです。もちろん数学のsurgeryですから切ったり貼ったりするのは人間じゃなくて図形なんですけどね。1990年から1年間お世話になったエジンバラのAndrew Ranickiさんは手術の専門家でした。残念ながら昨年の2月21日の早朝、白血病で亡くなりました。彼は、そっち方面の専門家がエジンバラに来ると来ると、Royal College of Surgeons of Edinburgh のビルの前で記念写真を撮るのが常でした。例えばミルナーと撮ったのがこれです。
https://www.maths.ed.ac.uk/~v1ranick/surgery/milnor.jpg
彼が生きていて、この博士の家に来たら喜んだことでしょう。
posted by dunno at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2018年06月12日

高層ビル建設現場のタワークレーン

柳川交差点に建設中だった高層ビルの工事がもうほとんど終わったように見えます。今は内装工事中なのでしょうね。

高層ビルの建築と言えば目に付くのがタワークレーン。ビルが高くなるにつれてこれもだんだん上がっていくんですが、一体どうなってるんだろう……って不思議に思いますよね。そしてビルができた後、あのでっかいタワークレーンをどうやって下におろすのか……これもほんとに謎ですよね。これって時々話題になっていたりするので、紙の上……じゃなくて画面上の……知識としては見たことがあるのですが、今回の現場を毎朝・毎晩眺めていて。解体作業自体は昼間ですので目撃できませんでしたが、日々変わって行く姿をカメラで撮ることができました。

まず謎の解答のあるサイトを二つリンクしておきます(亡くなるかもしれないので念のため)

●解決!タワークレーンの謎|タワークレーン特設サイト:大林組
https://www.obayashi.co.jp/towercrane/
●タワークレーンクライミング方法・組立解体の手順を写真画像で謎解く
https://tobisyoku.net/tower.htm

すごいですよね〜。

では写真をどうぞ。

2018cranes01.jpg
大きなクレーンの左に中型クレーンが作られました。

2018cranes02.jpg
中型で大型を解体してしまいました。まだ台の部分は残っています。

2018cranes03.jpg
台が小さくなりました。

2018cranes04.jpg
台もなくなりました。

2018cranes05.jpg
中型の左に小型のクレーンが出来ていました。

2018cranes06.jpg
小型のクレーンが中型を解体しました。解体したパーツは左側におろされたそうです。

2018cranes07.jpg
小型クレーンも無くなってしまいました。

ずっと毎日見ていたクレーンがなくなってしまって、心の中にぽっかり穴が開いたようなさみしい気持ちになっています。まあ、時が癒してくれるでしょう(笑)。
posted by dunno at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2018年01月29日

ラムーの建築現場

昨年の5月に、「旭川の土手」という記事を書きました。
http://flim-flam.sblo.jp/article/179661020.html

そのときゴルフ練習場「ワイワイ倶楽部」の跡地の写真を載せました(撮影は四月)。

今は「ラ・ムータウン岡山中央」というショッピングセンターの建設工事が進んでいます。二棟、離れて建設中です。どんなものができるんでしょう。気になります。

http://shutten-watch.com/chugoku/1429

バスの通る道からみた景色。右手は榊原病院の職員駐車場です。P_20180112_085436.jpg

ぐるっと回って、北側から見てみました。
P_20180112_085823.jpg

さらに土手にのぼって写真を撮りました。

P_20180112_090129.jpg P_20180112_120537.jpg

P_20180112_120545.jpg

ついでに対岸の工事も写真に撮りました。
P_20180112_120604.jpg

いろいろ風景が変わっていきます。
posted by dunno at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2017年11月01日

元池田家水神社・最上位稲荷大菩薩

※9月11日にfacebookに書いた記事を再録しておきます。

今朝の通勤時、ハピータウン岡北店の東側の道を通ったときにハピータウンの前の民家が2棟(?)取り壊されて更地になっていました。先日から工事をしているのは知っていました。今朝は幕も外されていて、その裏に不思議な祠があるのが見えました。奥のベージュやオレンジ色の建物はハピータウンです。写真左のマンション側には入口がなさそうですので、トラックがよく出入りしているハピータウンの納入口と民家のすきまから入り込むしか行く方法はなさそうです。Google Map ではこの祠の情報は見つかりません。マピオンの地図では「最上位經大菩薩」と出てきます。検索したら、似ている「最上位經王大菩薩」というのが見つかります。最上稲荷の本尊でインド伝来のダキニ天(半女神)とされるのだそうです。とっても入りにくい場所ですが利用されてきたのでしょうか。木は手入れされているように見えます。
この祠のことをご存知の方があれば教えてください。気になります。

P_20170911_075748.jpg

※以下は、数日後に再度現地に行って確認した後書いたコメントです。

今朝、現地を探検してきました(笑)。マピオンは不正確でした。「元池田家水神社・最上位稲荷大菩薩 改築記念碑」が建っていました。改築は平成七年六月。通りを挟んで向かい側にある中国染工(株)の代表取締役の森本さんという方のお名前がありました。ハピータウンの建物にそって「歩行者・自転車専用道」があって、2方向から入ることができます。ハピータウンの私有地なのでしょうか、通れなくなること(なったこと)があるようです。GoogleMapで、南端がチェーンで鎖されている画像(2015年1月)が見れます。

https://www.google.co.jp/.../data=!3m6!1e1!3m4...

きれいに整備されています。

細い道のハピータウン側入り口
P_20170913_081438.jpg

ここを左に入り、タンクに沿って歩く。生垣の向こう側に祠が見える。
P_20170913_081443.jpg P_20170913_081452.jpg

突き当りを右折し、さらに左折する。自転車の見えるところが祠の入り口。
P_20170913_081500.jpg

入り口。
P_20170913_081536.jpg P_20170913_081542.jpg

鳥居と祠。
P_20170913_081558.jpg P_20170913_081602.jpg

左手にあった記念碑。
P_20170913_081615.jpg P_20170913_081623.jpg

祠の手前。左と右。
P_20170913_081634.jpg P_20170913_081641.jpg

奥の院?
P_20170913_081653.jpg

植込みの向こうを、タンクに沿って入ってきた。
P_20170913_081659.jpg

ハピータウンの建物を見上げる。
P_20170913_081704.jpg

通路から、建物を見上げる。
P_20170913_081755.jpg

通路から南川方面を見る。
P_20170913_081802.jpg

南側から道路に出たところ。
P_20170913_081904.jpg

※毎日気にして観ていますが、店舗が営業していないときは通路を大きなカートで塞いでいます。私道なのでしょう。

※「水神社」という言葉を初めて知りました。今月になって岡山市中央図書館方面を歩いたとき、旭川のそばにも小さな「水神社」があるのに気づきました。調べてみるとあちこちにあるのですね。

岡山市中央図書館の近辺図
posted by dunno at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2017年05月07日

連休2日目(4.30)

連休二日目の4/30は4月最後の日曜日。「映画を語る会in岡山」の例会がある日です。
映画を語る会in岡山
http://ameblo.jp/talkaboutcinema/

午後1時から始まるということになっているので、午前中は「おかやま街歩きノオト・第15号」を持って、二人で番町から広瀬町あたりを散歩しました。15号のタイトルは「《特集》番町ハイカラ屋敷」で、番町近辺の古い洋館を紹介しているのです。ぼくが買ったものは改訂版で広瀬町の「腰折れ屋根の家」が2014年1月頃に取り壊されたことも書いてありました。大森邸(ぼくが通っている大森皮膚科の先生のご自宅)から始めて楽しく歩きました。興味のある方はぜひこの冊子を購入されて歩いてご覧になるといいです。

おかやま街歩きノオト(雑記帳)
http://machinooto.exblog.jp/

膨大な数の記事があって、しかもどれも面白いので、読み始めると大変ですよ(笑)。

さて、一度帰宅し、軽く食事をしてから、さんかく岡山に向かいました。表町商店街を二人で南下していると、後ろから声をかける人が! 会の古くからのメンバー(だけど若い)Y女史でした。丸善で時間をつぶしておられたとのこと。会場は「さんかく岡山」なので西大寺町商店街までくだったら右折なのですが、せっかくなので「いいコーヒー店があるので、回り道ですけどその前を通って行ってもいいですか?」とおたずねして、小西珈琲(Konishi Koffee)の前を通って行きました(時間がないので入りませんでした)。

小西珈琲のサイト
https://www.cijima.com/
facebook page
https://www.facebook.com/pages/Konishi-Koffee/177035929313758?fref=ts

場所は、「魚のみやわき」と千日センター街ビル(「大阪の味 まいどっ」や「ブルー・ブルース」のある建物と)の間の路地を入って少し進んだ右側です。初めての人は入るのをためらってしまいそうな路地です(笑)。いや、路地というより千日センター街ビルが頭上に出っ張っているので、トンネルの中に入っていくような感じ。一度入ると出てこれなくなりそう。女だったら香港に売り飛ばされてしまいそうなくらい。でも、大丈夫ですので安心して入ってください。小西珈琲のお店はちいさくて6人しか入れません。でもすごく凝った内装で、いい雰囲気なのです。

小西さんと奥様はミュージシャンです。小西さんと知り合ったのは詩叶純子さんのゴスペルの教室の生徒だったときのこと。ほとんど毎回、小西さんが伴奏で参加しておられました。その後も路上ライブなのでなんどかお見かけしています。

さて、この日の「映画を語る会」では以下の3作品が課題作でした。
・ムーンライト (洋画)
・3月のライオン(前・後編)(邦画)
・わたしは、ダニエル・ブレイク(サブ)
実はぼくの観ていたのは、最後の『ダニエル・ブレイク』だけ。ほとんど他の方のおしゃべりを聴くだけでしたが、熱弁をふるわれるのを聴いているのも楽しいものです。けっこう長く話が続きました。次回の課題作は次の通り:
・サラエヴォの銃声 (洋画)
・東京ウィンドオーケストラ (邦画)
・牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 (サブ)
さんかく岡山ミーティングルームAで午後1時より開始予定です。でもたいてい15分くらい遅れます。観ていなくてもかまいませんので、興味のある方は覗いてみてください。

会が終わってさんかく岡山の図書コーナーを見てみたら、なんと読みたかった本が2冊置いてあるではありませんか! ドキュメンタリー『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』(角川書店・大崎善生)と小説『あのこは貴族』(集英社・山内マリコ)の2冊です。

http://amzn.asia/eVd4iNk
http://amzn.asia/1HpzU8z

『あのこは貴族』は東京生まれで東京育ち、上流階級の華子と田舎から上京して慶應大学に入ってしまった美紀の二人が一人の男を介して出会ってしまう話。最初、上流の話でうんざりしますが、読後感はさわやか。著者が地方出身ですからね。面白かったです。

『いつかの夏』は、2007年8月24日に起きた3人の男による女性の拉致・強盗殺人事件のドキュメンタリーです。亡くなった女性の母親のことから始めて、彼女が成長していく過程をていねいに描き、読んでいて涙がぽろぽろこぼれ落ちてしまいました。亡くなる4ヶ月前(だったかな?)に出会った男性がなんと名古屋大学多元数理の院生というのにびっくり。その出会いのきっかけは碁! ほんとに理知的でしっかりした女性だったのです(でもそこまでの人生は平坦ではありませんでした)。二人の好きだったのが4桁の数字を用いた言葉当てクイズ。「4649」で「よろしく」みたいな奴ですね。彼女が犯人たちにキャッシュカードの番号として伝えた「2960」が彼女の意志の強さを表しています。すごい本でした。

もう昨日返却済みですので、すでに誰か借りていなければ、今さんかく岡山にあるはずです。
※ 最初にカードを作る必要があります
さんかく岡山のページ
http://www.city.okayama.jp/shimin/danjo/danjo_00050.html

さて、帰りもまた表町のアーケード街を、今度はのんびりと歩きました。新聞記事で紹介されていた新しいお店をさがそうと思ったからです。名前を覚えていなかったのですが、ビル全体が改装されて、一階が雑貨などのお店、二階がゲストハウス、三階もなにかがある……ということで見れば分かるだろうと思ってきょろきょろして歩きました(行きの時は急いでいたので気づきませんでした)。

そうしたら、どうして行きの時に気づかなかったのかわからないほどばっちり新しくなったお店があるのに気づきました。あくら通りから少し南に下がったところ。一階の外がテラスになっていて、そこのテーブルで仕事をしていた方にツレが声をかけたところ、やはりそこが目指す場所だとわかりました。しかも、2階のゲストハウスの客は皆さん外出中ということで、そちらや3階(会議や展覧会などができるスペース)をゆっくり説明しながら見せてくださいました。ゲストハウスの売りはトイレ。とても美しい自動式の便器で、外国のお客さんがよくスマホで動画を撮影して変えられるとのことでした。トイレの個室が3つ並んでいますが、なかの洋式トイレはみな違う色でした。ビル全体は「ヒバリ照ラス」(HIBARI TERRACE)というそうです。とても感じのよい若者でした。表町の南部はかなりさびれているのですが、駅やイオン周辺の人を表町に引き寄せようと、わざわざこういう場所に店を作ったのだそうです。いいじゃないですか。電気工事のカジノン(この日の朝、就実中学・高校前の歩行者用信号を渡って、カジノンのそばの路地を通りました)がビルを購入し、改築を行ったそうです。運営は別会社。1Fは城下公会堂/サウダーヂだとか。

カジノン・ブログ
http://www.kajinon.net/news/%e2%98%85%e3%83%92%e3%83%90%e3%83%aa%e7%85%a7%e3%83%a9%e3%82%b9%ef%bd%8f%ef%bd%90%ef%bd%85%ef%bd%8e%e2%98%86/

このブログを読むと、西川沿いの公衆トイレがリニューアルされましたが、その工事もカジノンがされたそうです。そして、上に書いたきれいな洋式トイレ(パナソニック製のアラウーノ)がこちらでも使われているとのこと。そちらはまだ見ていませんが、今度、行ってみたいと思います。

ヒバリ照ラス公式サイト:
http://hibari-t.com/
facebook page
https://www.facebook.com/hibariterrace/

山陽新聞記事
岡山・表町商店街に複合施設 21日開業、店やゲストハウス
http://www.sanyonews.jp/article/519265

最後にゆっくり1Fのお店を見て、本を3冊購入。そのうちの一冊が『BE A GOOD NEIGHBOR ぼくらの岡山案内。』(岡本仁+坂口修一郎、ランドスケープ・プロダクツ)という本です。でもこのタイトルよりも帯に書かれた『岡山はおだやか。』の方がずっと大きいので、こっちの方がタイトルみたいです。中身は岡山のガイドブック。写真入りのとてもきれいな本です。行ったことのある店も載っていますし、近くにあるけれどいったことのない店も紹介してあって、どっちにしろ、見て楽しい本です。鷲羽山の名曲喫茶「時の回廊」も載っていましたし、上で書いた「小西珈琲」も載っていました。「禁酒會舘」も載っています。飲食店以外の場所も載っています。うちの近くの「ダンケ」のモーニングサービスも一度行ってみたいです(ただ開店が7時半なのでぼくにとっては遅すぎなんです)。

次に、天満屋のギャラリー・アートスペースに寄って、中野由紀子さんの春の新作展を見てきました。ご本人も在廊しておられました。

nakanoyukiko2017tenmaya.jpg

きれいな色の作品にまじって白い作品があるのも素敵でした。中野さんは若い頃の中島みゆきのような感じの人でとても精力的に新しい作品を作り出しておられます。10日からも、ちょっと違うタイプの作品で二人展を開催されます。そちらにも出かける予定です。とても楽しみ。この日は、なにも買いませんでした。ごめんなさ〜い。

大きなイベントはありませんでしたが、楽しい一日でした。
posted by dunno at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2017年05月06日

旭川の土手

今年は桜の開花が遅れました。例年、桜の咲く頃、旭川の土手を通って通勤しています。今年も何回か土手を通りました。遅くなりましたがその時の写真を載せておきます。

まず最初はゴルフ練習場「ワイワイ倶楽部」のあった場所の写真です。
ご存じない方のために在りし日の写真をGoogleMapからどうぞ:

wai2.jpg

吉備土手の近くです。

では4月4日、5日に撮影した現地の写真をどうぞ。

20170404084250.jpg 20170404084310.jpg

20170404084431.jpg 20170405084131.jpg

20170405084203.jpg

なんかもったいない気もします。ちなみにこの場所にはスーパー「らむー」ができるんだそうです。

さて、そのあたりからやや北が旭川と百間川の分岐点です。いま、その分岐点あたりが大々的に工事中です。遠くてなにをしているのかよく見えません。4月5日に撮った写真です:

20170405084251.jpg 20170405084636.jpg

20170405084643.jpg

4月8日にも何枚かとりました:

20170408090131.jpg 20170408090136.jpg

20170408090203.jpg

8日は曇りで撮影にはあまり適していませんでしたが、ようやく三野の桜が咲きそろったので、その写真も撮りました。ピンクの桜が多いのですが、一本、白い花は咲いていて、それがとてもすがすがしく見えたのでアップで撮ってみました。

20170408090235.jpg 20170408090240.jpg

並木です:

20170408090315.jpg



posted by dunno at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2016年08月22日

鷲羽山展望台

「時の回廊」を出て、鷲羽山の展望台へ向かいました。

washuuzan010.jpg

店の前の坂道を登ります(手前方向)。正面に案内板が見えます。

washuuzan011.jpg

左に曲がります。金網に沿って歩くと、高速道路(+鉄道)を超えます。ちょうどトンネルの入り口・出口になっています。

washuuzan012.jpg washuuzan015.jpg

上右の写真では、高速のそばに停めた車が見えています。

高速を越して少し歩くと、右に石段がありますので、そちらを登ります。尾根まであがるとそこは東屋(あずまや)展望台。瀬戸大橋が真っ正面に見えます。思わず息を飲む迫力です。一瞬びっくりしますが、トンネルのほぼ真上を歩いてきているので当然かも知れません。

washuuzan020.jpg washuuzan030.jpg

左を見ても、右を見ても、本当に美しい景色です。

washuuzan040.jpg washuuzan050.jpg

頂上方面に歩いて行くと古墳もいくつかあります。

washuuzan053.jpg

washuuzan055.jpg

頂上からは360°の美しい景色を見ることができました。下は高松方面の写真です。

washuuzan060.jpg

屋島も見えます。載せていませんが王子ケ岳もよく見えました。

暑いのは暑くて、なんとタブレットのカメラアプリが動作を停止してしまいました! 冷ましてから起動すると無事使えました。こんなことは初めてです。

鷲羽山に来たのは、初めてでした。石井さんの個展を見に来なければ、ここにわざわざ登りに来ることはなかったでしょう。とてもよかったです。石井さん、そして登り方を教えてくださった「時の回廊」のマスターに感謝です。

暑いので、それ以上は進まず、元の登り口に戻って、家に向かいました。


posted by dunno at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

2016年04月01日

「民話」を訪ねて半世紀〜立石憲利さんの語り

今月の禁酒會舘マンスリーライブは音楽ではなくて民話の語りでした☆

4月1日ということもあって、OZAKI UNIT の二人の公務員メンバーはなかなか職場から出られず、ギターの黒瀬さんはインフルエンザでお休み! という悲惨な状況の下、尾崎さんのソロではじまり、2曲(『一本の木』『えんねさんのジャガイモのすりやき』)を歌われたところでキーボードの大谷さんとパーカッションの渡部さんが来られて、いつもの『小さな館』から始まり『あの日から』『ななかまど』と演奏されました。尾崎さんのソロのときのギターが控えめながらとても雰囲気が良かったです。

ゲストの立石さんは「半世紀」どころか20代後半から60年以上民話の収集、語り、更新の指導を続けておられる方。岡山民族学会名誉理事長、日本民話の会運営委員、岡山県語りのネットワーク会長をしておられ色んな賞も受けておられます。今78歳ということでしたが、とてもお元気。不思議な偶然というか、3月に周防大島で宮本常一さんの記念館にいき、伝記を読んだりしていたときに、やはりこういう民俗学的なことをしておられる方のお話を聞けたのは嬉しいです。

宮本さんも、人の話を聞くときは一切メモを取られなかったようですが、立石さんも同じ。長野の方の民話を聴きに行ったとき、メモを取らず、下を向かず、相づちをうちながら聴かれたことが、語り手の方を喜ばせたようで、2回目以降のときには別の「袋」からのお話をしてくださったとのこと。「聴く」ということが大事なんですね〜。また、今なら便利な録音器具があってメモリーにいくらでも入るんですけれど、最初の頃は、60分のオープンリールテープの値段が月給の1/10!! 音質は悪くても二倍録音できるスピードで録音されたそうです。

今回は小学校中学年と低学年のお子さんが会場に来ておられて、その二人向けにサルの話をいくつか話す所から始められました。なんで「サル」かというと、サルの話が多いんだそうです。「今年は何年?」とその子どもさんに問われました。女の子が申年と答えたので、「申」とは何か? ということを教えてくださいました。皆さんはご存知ですか? ぼくは知らなかったのですが「稲妻」のことだそうです。ジグザグに長く伸びていますね。だから「伸」にも「申」がはいっているんだとか。なるほど……。『猿御幣』という話は、あとで購入した「立石憲利の語り」(悠書館)にはいっていました。猿が海を見にいって蟹と出会う話は面白かったです。『ヒバリ金貸』という、ヒバリの鳴き声の話は岡山人の人間性(笑)を表していて笑えましたし、鳴き声が見事でした。拍手がおこりそうでした。最後に、簡単な話として『ネズミの商売』というだじゃれの連続のお話を教えてくださいました。およそ90分しゃべり続けられました。すごいですね〜。

さて、5月は連休から中旬にかけて色んなイベントがあるようです。楽しみです。
posted by dunno at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山