2018年02月28日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年2月)

2018年2月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。2/28 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

●2/2(金) 21:00〜21:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」(再放送)
『王将』
『阿吽の花』

●2/3(土) 5:00〜7:40 ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」
『飾りじゃないのよ涙は』
『ワインレッドの心』
『黄昏のビギン』

●2/3(土) 18:05〜18:43 NHK総合「五木先生の 歌う!SHOW学校」(米子市)
『月光仮面は誰でしょう』
『紅葉』(うなる島津節〜すごくよかったです☆)
『故郷』(全員で〜亜矢さんはマイクを口から遠ざけておられました)

●2/7(水) 19:00〜21:54 BS朝日「日本の名曲 人生、歌がある〜セレクション ]Y 3時間スペシャル」
『なみだ船』(トリビュートタイム〜船村徹〜のパートにて)
https://youtu.be/bVcbzwhGEKI
Yahoo!Japanテレビ番組

●2/8(木) 21:00〜21:54 BS-TBS「昭和歌謡ベストテン #68美空ひばり特集」
10.『柔』島津亜矢 ※見事なうたいっぷり!
09.『東京キッド』角川博
08.『哀愁波止場』本人
07.『愛燦燦』森山愛子
06.『リンゴ追分』本人
05.『お祭りマンボ』本人
04.『みだれ髪』角川博 ※角川さんがこの曲を取ってしまいました(^^;
03.『真赤な太陽』本人
02.『悲しい酒』島津亜矢 ※ほんとにうまいですね、うっとり聞き惚れました。角川さんも「うますぎ組の組長」と評されました(笑)。
https://youtu.be/7IRfsNtJ-IA
https://youtu.be/6LEH21LKJu8
01.『川の流れのように』3人(1番:角川、2番:島津→森山→島津→島津+森山)

「私だけの1曲」として、亜矢さんは『ひばりの佐渡情話』をあげられました。たぶん、自分で初めて買いに行ったレコードだとおっしゃっていました。

角川博さん、最近は松元ヒロさんにそっくりですね、でも、歌はいまも達者です。元は物まねをしておられたとのことで、ひばりさんのうたを見事にうたっておられました。ぼくはこの人の『四谷・大木戸・左門町』が好きです。『スカボローフェア』とか『五番街のマリー』『ジョニィへの伝言』みたいな歌詞ですが、さらっと歌っていていいです。ぼくがまだ学生だった頃の歌です。近田春夫が深夜放送で、「前より下手になったと思う人もあるかもしれないけれど、この歌で角川博は一皮むけたんだ」というような内容で褒めていました。それにしても司会をしていた関根勤も、角川博も、ぼくと同学年とはびっくり。若いですね〜(関根さんはみかけが、角川さんは声が)。
「四谷・大木戸・左門町  角川博」
https://youtu.be/IpHchLUuhak
角川博ブログ「歌舞いて候う」
https://ameblo.jp/06hiroshikadokawa/
2月9日(金)はBS-TBS『由紀さおりの素敵な音楽館』(21:00〜22:54)に出演とのこと。

森山愛子さんも上手な歌手ですね。癖がなくてとても聴きやすいです。
オフィシャルサイト http://moriyama-aiko.com

●2/18(日) 19:30〜20:59 BSプレミアム「新・BS日本のうた」
古今東西・名曲特選
『独楽』
スペシャルステージ「懐かしの紅白歌合戦」
『君の名は』
『千年の古都』
『人生将棋』(大トリ☆)
『世界に一つだけの花』(市川・島津・山内・福田)
『蛍の光』(市川・島津・山内・福田)

※ 亜矢さんファンのあつまる掲示板「亜矢姫倶楽部」を毎日覗いています。
http://www.number7.jp/bbs/3015/index.html
2月14日の最初の二つの投稿は夢見鳥様の『名歌「夢見鳥」を通して、亜矢ちゃんを仰ぎ見る』とその続きでした。記事番号で言いますと[44296][44297]のふたつです。この投稿で夢見鳥様は如何に亜矢さんが天才であるのかを語っておられます。ぜひお読みください。
【夢見鳥】 島津亜矢

二番の
ぽろぽろ ぽろぽろと
涙が頬伝う

の部分の「伝う」の箇所について
さて、上記の歌詞の二番に注目して、強いてスペースで四句(起・承・転・結)に区分けしてみましたが、この承句の末尾、「涙が頬伝う」の「つ〜たう〜」が、冒頭で触れた「芸術」の何たるかを、亜矢ちゃんが如実に示してくれている箇所です。
この歌を愛されている方にとっては、今更の感があると思いますが、「つ〜」の声の震えを、よく聴き取って欲しいと思います。下にYouTube「夢見鳥」へのリンクを張っておきましたので後でご確認下さい。

そこでは、涙が頬を伝う一瞬の情景を髣髴させるのです。

これは意識的に声を揺らす、いわゆるvibratoではありません。vibratoとするにはあまりにも微細過ぎて、人為を超えています。
この「伝う」に応当する箇所である一番の「鳴る」や三番の「響く」の歌声と対比すると、歌詞に即した情念の変化が見て取れます。

人によって受け取り方が分かれる所かも知れませんが、私は、これは、彼女の胸の内に高まった情感の圧力によって口を衝いて噴き出し形が、この超微細な震えであったと考えています。
この箇所は、完璧な形態をとった「表現」が旋律に乗って降臨した、まさに『芸術』と形容すべき瞬間であると思います。
亜矢ちゃんの才芸は、ここにおいて至高の域に達し、歌の神髄を極めたのです。
私が彼女を『天才』と呼ぶ所以です。

ここまで聞きこむかたがあるとは亜矢さんも本望でしょう。掲示板の記事ですのですぐに流れて消えてしまいますのでお早めにお読みください。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年01月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年1月)

2018年1月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。1/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

1/2(火) 9:00〜10:54 BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん2時間スペシャル」(再)
『大空と大地の中で』
https://youtu.be/_KCWoxZQipQ
『大器晩成』
https://youtu.be/9G5ZKoUMwDs
『心』
https://youtu.be/bZ5B6PaaVZM

1/6(土) BSSラジオ/谷口 和美「演ここ.」より「声の年賀状」
https://youtu.be/M4OycTWIto0

1/7(日) 19:30〜20:58 BSプレミアム「新・BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」
『一本刀土俵入り』
https://youtu.be/-BreJ7tI11k
https://youtu.be/UsqHaWgI9-o
『仰げば尊し』
https://youtu.be/8J9tWoV7myM

出張で泊まっているホテルのテレビではBSプレミアムが見れませんでした。無念、残念、……『一本刀〜』はもちろんですが、『仰げば尊し』の評判もよいようです。聴きたいです。

1/13(土) 12:00〜13:13 BSプレミアム「新BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」(再)
※がーん、この日も観れない……(泣)。

1/13(土) 13:00〜13:54 BS-TBS 「日本名曲アルバム【 美空ひばり特集!芸道一筋40年の歩み! 】」(再)

1/19(金) 16:30〜17:43 BSプレミアム「新BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」(再)
※今度こそ……☆ 早く帰らなきゃ。
 ……また観れませんでした。

1/30(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン〜冬景色 雪の歌まつり」
『雪の華』
http://www.nanapv.com/?p=4987
https://www.bilibili.com/video/av18939571/
※これはSinger4に入って欲しいと思っていた曲の中の一つでした。これを歌ってくれて嬉しいです。
http://flim-flam.sblo.jp/article/180560049.html
この歌を知ったのは中島美嘉さんバージョンではなく、中国の韓雪さんのカバー『飄雪』の方でした。同じタイトルのアルバムを買いました。一曲目に入っています。

Han Xue/韩雪- 《中日友好歌友会 飘雪 现场版》
https://youtu.be/D1e5rJQ-pbg
(現場版と書いてありますが、ステージの映像にCDの音を重ねているように見えます)

中国の歌手が出てきたらやはりテレサ・テンの歌も思い出してしまいます。雪に関係した歌は色々ありますが、ぼくが一番好きなのは『雪中蓮』。

【雪花飘− 雪中蓮】邓丽君歌曲 (Teresa Teng Lotus in the snow)


フェイ・ウォンがカバーしています。

王菲 - 雪中莲 [HQ].mp4
https://youtu.be/DiWQe-bggJE

曲もいいんですが、歌詞が素晴らしい☆
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

フェイ・ウォンの「菲靡靡之音」

昨日から、フェイ・ウォンとテレサ・テンのことがずっと頭から離れません。

テレサ・テンさんは『空港』がヒットした時に大好きになりました。その後あまりフォローはしていなかったのですが、アメリカに留学して4か月後にニューヨークの友達のところに遊びに行き、連れて行ってもらった中華街に音楽テープ屋さんがあってちょっと覗いてみたときにかかっていたのがなんだか懐かしい唄声。お店の人にこの人のカセットがあるかと訊ねたところ集めてくれたのがテレサ・テンさんのカセットでした。その時は2つ、買ったかな? その後も各地の中華街に行くたびに、そして日本に一時帰国したときに、カセットが増えていきました。

10年前にまとめた好きな音楽のことを書いた次のページにも当然テレザ・テンのことを書いています。
「よく聴く音楽」
http://surgery.matrix.jp/ent/musics/index.html

彼女が亡くなってからも、映画『ラヴソング』でまたテレサ・テンにすっかりはまりました。下のページには彼女のカセットの写真も小さいですが載せています。この映画の中で主人公たちが彼女のカセット・テープを売って金儲けしようとするエピソードも忘れられないです。
「ラヴソング(甜蜜蜜)」
http://surgery.matrix.jp/ent/movies/essay/m007.html

今は若い人も地元志向が強くなってきているようですが、昔は、広い世界へ出て行きたいという人が多かったと思います。『ラヴソング』は大陸から香港に出稼ぎにやってきた若い男女がだんだん親しくなっていくけれど、別れを経て、最後にニューヨークで再び結ばれる話です。田舎者が寄り添い合うシーンを見ていると、とっても揺さぶられてしまいます。

話がそれてしまいました。

ぼくが歌姫と呼びたい人は3人いて、テレサ・テンとフェイ・ウォンと島津亜矢さんです。ベット・ミドラーも大好きだけど、彼女は歌姫という雰囲気ではないですね(笑)。

そのフェイ・ウォンが尊敬するテレサ・テンの曲をカバーして作ったのが「菲靡靡之音」というアルバムです。以下のページで詳しく紹介されています。日本の曲も入っています。テレサ・テンの曲と書きましたが、テレサ・テン自身がカバーした他の人の曲も入っています(例えば梓みちよさんの曲)。

wikipedia

なじみのない曲も多かったのですが、入っている曲のテレサ・テンのCDはすべて集めました。二人の歌を並べてCD-ROMにも入れたりしました。それをここに載せるわけにはいかないですので、YouTubeから集めてきました。各曲で上のリンクがフェイ・ウォンのもの。したがテレサ・テンのものです。ひとつしかないのは、両方が入っています。

それではどうぞ、お暇なときにお楽しみください。名曲ぞろいです。

1.雪中蓮
https://youtu.be/DiWQe-bggJE
https://youtu.be/PtDUkhO1dL4

2.你在我心中
https://youtu.be/17sc_PNkpiU
https://youtu.be/n9wausxgGIk

3.但願人長久
https://youtu.be/wCREDfUEd3Y
https://youtu.be/PwCE2XdrkD8

4.君心我心
https://youtu.be/3CzShQg_uIA
https://youtu.be/B9nQ-tS0uCc

5.初戀的地方
https://youtu.be/NInEc-bk8Ng
https://youtu.be/cfc-sVzg2QY

6.南海姑娘
https://youtu.be/TsvIp0hJ5E8
https://youtu.be/doYlW5K-iVA

7.假如我是真的
https://youtu.be/4hjWOkjFWM8
https://youtu.be/mklLd6xGPTI

8.翠湖寒
https://youtu.be/3VCCHoDZFxc
https://youtu.be/5xEfXwscz8E

9.黄昏裡
https://youtu.be/6SFTOSbd_Z8
https://youtu.be/irQmIicRhtA

10.奈何
https://youtu.be/aWRxkP8nDfk
https://youtu.be/2gg69tYyw-s

11.一個小心願
https://youtu.be/3pAEdsSQ77U
https://youtu.be/JzAW89zgexU

12.又見炊煙
https://youtu.be/Rdz-L7zFnbY

13.原郷情濃
https://youtu.be/b2NsLdWUVKA
https://youtu.be/AhDUlyxJavE

---
以下は日本版のボーナストラック。残念ながら、ぼくは日本版じゃないのを購入しました。

14.千言萬語 (Live Version)
https://youtu.be/H_m4kELBguQ
https://youtu.be/FVFLZACPWQ8

※作詞家の荘奴という方の作品がいくつか入っていますが、この人はテレサ・テンの作品の詞をかなりたくさん書いておられます。残念ながら2016年に亡くなられたようです。
wikipedia
posted by dunno at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年12月)

2017年12月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。12/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。


12/2(土) 16:05〜16:55 NHKラジオ第1「ふるさと自慢コンサート」(能美市)
『海鳴りの詩』
『愛染かつらをもう一度』
『出世坂』
『感謝状〜母ヘのメッセージ〜』
『心』

12/3(日) 18:30〜19:54 テレビ東京系「第50回日本作詩大賞」
『心』歌唱:島津亜矢/作詩:久仁京介
https://youtu.be/eH2jFfLhSb8
※ちなみに大賞は「肱川あらし」(作詞:喜多條忠、作曲:船村徹、歌唱:伍代夏子)
https://youtu.be/huAEv6dA-0Y
船村徹最後の作品だそうです。こんなにヒットを出した作詞家でも泣くんだな……ちょっと感動。後ろにいる亜矢ちゃんももらい泣き?
※肱川あらしという現象の映像:
https://youtu.be/Kc1FxBtmH78
https://youtu.be/JE8zG5-Ti9M
https://youtu.be/lHEMVrGc1oI
https://youtu.be/x74DBTOF4ic
すごいですね☆
※最優秀新人賞は「四畳半の蝉」(作詞:結木瞳、作曲:山崎ハコ、歌唱:あさみちゆき)

12/9(土) 16:50〜17:49 NHK総合「明日へつなげるコンサート」(熊本市)
『真赤な太陽』
『帰らんちゃよか』
『BELIEVE』(新妻聖子、島津亜矢、石丸幹二、コロッケ、10神ACTOR)
『王将』
『舟唄』
『三百六十五歩のマーチ』
『花は咲く』(全員)

12/12(火) 19:00〜20:54 BS-TBS「日本名曲アルバム」
『酒と泪と男と女』島津亜矢+harmonia ensemble

12/13(水) 13:05〜16:55 NHKラジオ第1「ごごラジ!」(15:10より出演)
『海鳴りの詩』
『心』
『I will always love you』
『命の別名』
『帰らんちゃよか』

12/15(金) 21:00〜22:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」
『南国土佐を後にして』島津亜矢 市川由紀乃
https://youtu.be/2wmFy3ahwFw
『王将』
(王将・島津亜矢 みだれ髪・天童よしみ 哀愁波止場・由紀さおり)
https://youtu.be/tzNh6ma5vEc
『兄弟船』
https://youtu.be/ZLQQpFlRQR4
『我が良き友よ』由紀さおり、細川たかし、島津亜矢、市川由紀乃、竹島宏、杜このみ

12/17(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた」
『東京ブギウギ』全員
https://youtu.be/Xl9dnVbKzLQ
『南国土佐を後にして』
https://youtu.be/CETkass9Quw
『北の漁場』北島+亜矢+大江(再)
https://youtu.be/2TDTgUw1A-Y
『ジングルベル』若手全員(亜矢ちゃん不在)
https://youtu.be/OfWob8vx6dM
『ほんきかしら』亜矢+三山+山内(再)
https://youtu.be/yX2x_d4-N1M
『心』
https://youtu.be/MUP2j4a1vBE

12/25(月) 13:00〜14:00 NHK-FM 歌謡スクランブル「- 今年のホットミュージック -(1)」
『心』(曲の放送のみ)

12/29(金) 21:00〜21:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」再放送 出演者不明

12/31(日) 16:00〜22:00 テレビ東京系「第50回年忘れにっぽんの歌 」 (収録済み)

12/31(日) 19:15〜23:45 NHK総合「第68回紅白歌合戦」
『The Rose』
https://twitter.com/bluemidorin/status/947435364603564032/video/1

=========================
関連情報

12/13(水) 2枚組アルバムCD「島津亜矢大全集」発売予定(定価:\3,889+税)
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/shimazu/discography/TECE-3478.html
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

紅白での亜矢さん

亜矢さんの歌唱が無事終わりました。衣装は黒い着物でした(桜のはなびら模様入り)。やはり自分は演歌歌手だということを強調されたのでしょう。

ご本人もほっとしておられることでしょうが、ファンも皆同じでしょう。ぼくは「麦とホップ」の2缶目のフタを開けたところです。あ、亜矢ちゃん、赤い着物に着替えてる!

さて、歌唱曲は「The Rose」。1番から3番まである曲ですが、そのうち1番と3番を唄われました。ちょっとあっけなくて残念。でも特別な方々を除けば皆さん短めですから贅沢は言えません。

バックにはものすごい人数のゴスペル・クワイアがひな壇に並ばれました。静かに歌い始められ、3番からはコーラスと共にけっこう盛り上げて歌われました。コーラスに負けていませんでした。うなる感じでしたので演歌ファンも満足されたのではないでしょうか。"Singer3"や、ぼくも最近買った30周年記念リサイタルのDVDでの The Rose より力のはいった歌い方でした。もう一度聴きたいです。

DVDバージョン:


今年の初め、亜矢さんは英語の勉強をしたいといっておられたとのこと。外国語の歌に力を注ぎたいという意味だと思いますが、民放での英語曲の歌唱は話題を呼びましたし、一年の最後も今回の The Rose で締めくくられました。成果があったということですよね。

今年は亜矢さんにとって飛躍の年であったと思います。個人的には『命の別名』の絶唱が素晴らしかったです(YouTubeで聴いただけですが……)。


ぼくにとっては、はじめて生で亜矢さんの歌を聴くことが出来た記念すべき年でした。来年もどこかのコンサートに行けるかな……。

亜矢さん、少しは休めるのでしょうか。お疲れ様でした。今夜はゆっくり休んでほしいです。そして来年も素晴らしい歌を聴かせてください。


https://twitter.com/bluemidorin/status/947435364603564032/video/1
posted by dunno at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月25日

まじょりんさんミニライブ@倉敷 Jazz Bar SOMETHING

12月23日(土)は、倉敷のJazz Bar SOMETHING でまじょりんさんのミニライブがありました。恒例の年末ワインパーティのためのイベントなのだそうです。

SOMETHING facebook page
https://www.facebook.com/jazzbar.something/

お客さんのほとんどはお店のおなじみさんたち。店主の方は大学を出てそんなにたたないうちに SOMETHING を始められたそうです。もう60年!!! 小学校時代の同級生の方だとか、兄弟が同級生だとか、かなり歴史の古い付き合いの方たちもあれば、よく見かけるけれど名前は知らないぐらいの感じの方々も、色々混ざっておられました。店に来るようになって58年なんていう方もありました。上でリンクした facebook page には当日の写真がもう載っています。まじょりんさんは真ん中です。猫耳の女性のすぐうしろです。

さて、まじょりんさんはこの日なんと着物を着てこられました。携帯で撮ったボケボケの写真ですが一枚載せておきます。顔にライトがあたって白トビしてしまっていて残念。

majorin20171223.jpg

歌唱曲に関してはかなりマスターのリクエストで決まってしまったようです。

最初は相馬関係の曲たち。もちろん『相馬歌』ではじまりました。その他に2曲ぐらいだったかな。
次がジャズっぽいものだったかな? メモしていなかったのですぐに記憶から消え去ってしまいます。ヘレン・メリルの『You'd be so nice to come home to』は覚えてます。『All of Me』はこの前、坂出で訊いたのかどうか混乱していますが、たぶん、今回も歌われたと思います。
そのあと歌謡曲だったかな。坂出でも印象に残った『帰ってこいよ』も歌われました。
今年はもうまじょりんさんのライブには来れないと思っていましたが、ひょんなことから参加できてラッキーでした。

けっこうたくさん歌われて、席に戻ってワインなど飲もうとしておられると、お客さんの中に歌を歌いたいという人がおられて、その伴奏でまたステージに逆戻り……なんてこともたびたび。おひとりが映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中の『エーデルワイス』を英語で歌いたいと出てこられて、まじょりんさんがギターで伴奏しようとされたのですが、けっこうよっぱらっておられて、最初の部分からすぐ最後の歌詞にとんでしまうんです(Edelweiss, Edelweiss からすぐ Bless my homeland foreverにつながっちゃう)。この曲は中学生の時文化祭のクラス対抗合唱大会でぼくのいたD組が選んだ曲(中1?)。その後鼻歌でしか歌ったことはありませんが、だいたい覚えていたので、次は Every morning you greet me ですよと教えていたら一緒に歌う羽目になってしまいました。心の準備も何もあったもんじゃありません。ぼろぼろでしたが、まじょりんさんのギターを伴奏に歌えて嬉しかったです。

倉敷にお住いのマツナガさんというまじょりんさんのファンの方ともお近づきになりました。ライバルですね(笑)。

なにしろ開始が夜の8時という遅い時間でしたので、ほどほどのところで引き上げました。楽しい夜でした。
posted by dunno at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月23日

島津亜矢さんの紅白での曲は"The Rose"

(facebookへの投稿をそのままこちらにも載せておきます)

今日、大晦日の紅白歌合戦で歌唱曲が発表されました(特別企画以外)。

http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artist/

亜矢さんは前半、紅組のトリ☆☆☆ すごいじゃないですか。そして曲は "The Rose"。対する白組は郷ひろみさんで『2億4千万の瞳〜GO!GO!バブルリミックス〜』。郷ひろみも好きなので嬉しいです。

ファンの間では一体どの曲が選ばれるんだろうと掲示板ですごく話題になっていました。"The Rose" は亜矢さんのカバーアルバム「Singer」シリーズの3番目のラストに入っている曲です。最新版 Singer4 は今年の9月に発売されています。最近はもっぱらそっちを聴いていたので、Singer3の曲というのはちょっと予想外でした。早速きょうは Singer3 を繰り返し聴いています。いいですねぇ。"The Rose" だけじゃなく他の曲もすばらしい☆ 

普通の演歌歌手の方はみなご自分の演歌曲を歌われるようなので、どうも亜矢さんは「演歌」とは別枠で選ばれたのでは……という意見が出ています。今年亜矢さんは2枚シングルを出されました。最初の『いのちのバトン』はフォークっぽくてなかなかいい曲でしたがあまり売れ行きがよくなくて、急遽、元々『いのちのバトン』より先に発売予定になっていた『心』が発売されたんです。最近はずっとこちらを歌っておられます。悪い曲ではないですが、演歌ファン以外にはインパクトがないですから、こちらではなくカバー曲を歌われるといいなぁ、と思っていました。

結果的に、いい選曲が行われたと思います。NHKを見直しました。亜矢さんはややパワーで歌い上げがちなのですが、この曲では静かに始まりそして静かに歌い終えられることでしょう。早く聴きたいです。

ただ……一部の歌手に長時間を使われてしまうし、NHKのドラマの宣伝のようなコーナーもあるということで、一般歌手の持ち時間が短くなるのではないかと心配しています。過去のデータによるとたいてい2コーラスとか、さらには1.5コーラス(!)になってしまうことも! "The Rose" の島津亜矢さんのCDでは3分28秒かかっているんです。これをカットされるととても残念です。ぜひぜひフルで唄わせてください!!!

※ そうそう、一体亜矢さんがどんな衣装で歌われるのかも話題になっています。ふだんは振袖などが多いのですが、リサイタルではドレスも着られます。そこも楽しみの一つ。

さて、昔 "The Rose" が大ヒットしたベット・ミドラーは大好きな歌手。持っているCDの枚数では、外国の女性歌手の中でテレサ・テンさんについで多いです(10枚ちょっと?)。他にも映画『ローズ』や『Divine Madness』のDVDやラスベガスコンサートのDVDなんかも買いました。彼女のムックも持ってます。その大好きな彼女の歌を紅白で亜矢さんが唄ってくれる……こんな嬉しいことはありません。楽しみです。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月04日

禁酒會舘マンスリーライブ

12月1日のよしだよしこさんのライブが禁酒會舘マンスリーライブの第200回目でした。すごいですね。

ぼくが初めてマンスリーライブに来たのは市場恵子さんに薦められたからです。2010年3月の山本幹子さんのライブでした。山本幹子さんの声に魅了されて、そして5月の憲法フォークジャンボリーinおかやまでよしだよしこさんの歌を聴いてすっかりファンになり、時々マンスリーライブにいくようになり、今ではほぼ毎月聴きにいくようになりました。

2010年3月以降のマンスリーライブ、および関連イベントの一覧をここに記録しておきます。はマンスリーライブへの参加を、は関連イベント(※のついているもの)への参加を意味しています。自分のためのメモです。

2010年
3/5 vol.118 山本幹子さん
http://flim-flam.sblo.jp/article/36043142.html
4/2 vol.119 OZAKI UNIT
4/21 スペシャル!vol.120 趙博
※ 5/15,16 2010憲法フォークジャンボリーinおかやま
http://flim-flam.sblo.jp/article/38133403.html
http://flim-flam.sblo.jp/article/38155287.html
※ 5/17 よしだよしこ(投げ銭)ライブ@Petit Pine
http://flim-flam.sblo.jp/article/38212947.html
7/2 vol.121 OZAKI UNIT
8/5 スペシャル!『よしだよしこLIVE』さんかく岡山
http://flim-flam.sblo.jp/article/39998914.html
9/3 vol.122 赤木一孝
http://flim-flam.sblo.jp/article/40518188.html
10/1 vol.123 大須賀ひでき
11/5 vol.124 長井三郎・浦田剛太
12/3 vol.125 笠木透・増田康記

2011年
1/24 vol.126 笠木透と雑花塾
3/4 vol.127 EGリビング
4/1 vol.128 石原みゆき、大塚 愛
http://flim-flam.sblo.jp/article/44098577.html
※ 5/22 2011憲法フォークジャンボリー at岡山禁酒會舘中庭 笠木透と雑花塾
7/1 vol.129 三浦 久、よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/46474421.html
7/14 vol.130 笠木透・増田康記
8/5 vol.131 上田達生、赤木一孝
8/26 スペシャル! vol.132 中川五郎ライブ@さんかく岡山
http://flim-flam.sblo.jp/article/47600812.html
※9/23 輝く女(ひと)たちの歌 よしだよしこ、ひきたま、山本幹子@天神山
11/4 vol.133 中川五郎
12/2 vol.134 松田幸一、西海孝
12/16 vol.135 笠木透と雑花塾


2012年
2/3 vol.136 OZAKI UNIT
3/2 vol.137 「あれから1年・・・」大塚愛、石原みゆき&吉井江里, 二見伸吾, さきもととしこ&住友泰男
http://flim-flam.sblo.jp/article/54292032.html
4/6 vol.138 趙博、はるまきちまき△?
5/9 vol.139 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/55806024.html
6/1 vol.140 川崎正美&川崎草汰
7/6 vol.141 三浦久「祈り」
お休み
11/2 vol.142 OZAKI UNIT
12/7 vol.143 笠木透と雑花塾
http://flim-flam.sblo.jp/article/60608398.html

2013年
2/1 vol.144 北川文夫
3/1 vol.145 大塚愛、橋本省吾、まじょりん、石原みゆき
http://flim-flam.sblo.jp/article/63293099.html
4/5 vol.146 黒瀬尚彦&スプリングカムカム10周年記念ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/64565197.html
5/25 vol.147 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/68395026.html
6/7 vol.148 鈴木幹夫
7/5 vol.149 三浦 久
http://flim-flam.sblo.jp/article/70554337.html
8/2 vol.150 OZAKI UNIT
9/6 vol.151 赤木一孝
10/4 vol.152 山本幹子
http://flim-flam.sblo.jp/article/78521518.html
11/1 vol.153 中川五郎
http://flim-flam.sblo.jp/article/79696227.html
12/3 vol.154 よしだよしこシークレット!ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/83095554.html
12/6 vol.155 OZAKI UNIT

2014年
2/7 vol.157 EGリビング
3/7 vol.158 大塚 愛、石原みゆき
4/4 vol.159 磯山隆史・好美
※5/31 よしだよしこ@市場邸
http://flim-flam.sblo.jp/article/98581164.html
6/1 vol.160 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/98661888.html
7/4 vol.161 趙博 &ハルマ・ゲン+シークレットゲスト
http://flim-flam.sblo.jp/article/101594490.html
7/21 vol.162 OZAKI UNIT、笠木 透&増田康記
8/1 vol.163 雪のちゃんぷる(川崎正美&草汰)
9/5 vol.164 吉井江里?
10/3 vol.165 藤原和泉
http://flim-flam.sblo.jp/article/104241415.html
11/7 vol.166 中川五郎
12/5 vol.167 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/108854525.html
12/17 vol.168 スペシャル 長井三郎・浦田剛大
http://flim-flam.sblo.jp/article/108854525.html

※12/22 笠木透さん逝去

2015年
2/6 vol.169 トリビュート 笠木透 〜1 増田康記
http://flim-flam.sblo.jp/article/113287624.html
3/6 vol.170 トリビュート 笠木透 〜2 鈴木たか子
4/17 vol.171 岡山合唱団、OZAKI UNIT
※5/15 よしだよしこライブ@ののカフェ
http://flim-flam.sblo.jp/article/130801343.html
5/16 vol.172 前夜祭 交流ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/131172232.html
※5/17 2015 憲法フォークジャンボリーinおかやま『平和の暦』雑花塾、中川五郎、よしだよしこ、趙博ほか
http://flim-flam.sblo.jp/article/132295130.html
6/12 vol.173 Mareka&Junji
http://flim-flam.sblo.jp/article/142619862.html
7/3 vol.174 トリビュート笠木透〜3 ぽこ・あ・ぽこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/148865291.html
8/7 vol.175 トリビュート笠木透〜4 佐藤せいごう
9/4 vol.176 トリビュート笠木透〜5 赤木一孝
http://flim-flam.sblo.jp/article/163542159.html
10/2 vol.177 トリビュート笠木透〜6 趙博
http://flim-flam.sblo.jp/article/165011248.html
11/6 vol.178 トリビュート笠木透〜7 山本忠生・山本幹子
http://flim-flam.sblo.jp/article/168356316.html
12/4 vol.179 トリビュート笠木透〜8 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/169405530.html

2016年
2/5 vol.180 みんなで、自由に表現しましょう!
http://flim-flam.sblo.jp/article/173848185.html
3/4 vol.181 大塚愛
4/1 vol.182 立石憲利
http://flim-flam.sblo.jp/article/174730406.html
※5/3 5・3憲法記念日 岡山県民のつどい 渡辺治、よしだよしこ@市民文化ホール
5/6 vol.183 中川五郎、沢知恵、Panta、ほか
http://flim-flam.sblo.jp/article/175191919.html
※5/7 講演会&ライブ 小林節、制服向上委員会、PANTA、中川五郎@シンフォニーホール
※5/15 よしだよしこ・O.A. ジミスギターズ ライブ@中央公民館
6/3 vol.184 宮本龍門
7/1 vol.185 三浦久
http://flim-flam.sblo.jp/article/176024943.html
8/5 vol.186 増田康記
9/2 vol.187 古川豪
http://flim-flam.sblo.jp/article/177223212.html
10/7 vol.188 ひきたま
http://flim-flam.sblo.jp/article/177223212.html
11/4 vol.189 はるまきちまき
http://flim-flam.sblo.jp/article/177785476.html
※11/30 よしだよしこライブ@カフェ・ド 萌
http://flim-flam.sblo.jp/article/177884211.html
12/2 vol.190 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/177923073.html

2017年
2/3 vol.191 みんなで自由に表現しましょう! 2017
http://flim-flam.sblo.jp/article/178741482.html
3/3 vol.192 長野たかし、森川あやこ
4/7 vol.193 趙博
※5/17 よしだよしこライブ@デスペラード
http://flim-flam.sblo.jp/article/179786785.html
6/2 vol.194 OZAKI UNIT
7/7 vol.195 中川五郎
8/4 vol.196 凪の座(上田達生・中村みちこ・中村文也)
9/1 vol.197 大須賀ひでき
10/6 vol.198 赤木一孝
11/3 vol.199 ぽこ・あ・ぽこ
12/1 vol.200 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/181748932.html
posted by dunno at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽