2019年06月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年6月)

2019年6月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。6/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

6/5(水) 21:00〜 (再)テレビ東京「昭和歌謡の巨星たち 演歌巡礼・船村徹」

6/11(火) 19:30〜20:42 NHK総合「うたコン〜7時半だョ!夢コラボ 時を超えた名曲SP」
「古い日記」w/鈴木愛理、May J.、武田真治(Sax)
「アイノカタチ(feat. HIDE GReeeeN)」w/ 石丸幹二
「I will always love you」w/ TiA
※演歌っ子さんのinstagram
https://www.instagram.com/ochanahco2018/

※徳永英明さんがご自分のヒット曲「輝きながら…」を歌われましたが、昔、台湾のYukiさんが「Don't say goodbye」というタイトルでカバーしました。その曲がすごく好きでした。懐かしい……。


6/23(日) 19:30〜20:59 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」(6/29, 7/5再放送)
古今東西名曲特選
「黒百合の歌」
ひばりDEショー
「波止場だよ、お父つぁん」
「龍馬残影」
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年5月)

2019年5月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。5/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

5/5(日) 12:15〜13:00 NHK総合「NHKのど自慢」ゲスト出演
『凛』

5/5(日) 13:50〜14:50 NHK総合「RUN!HOPE!RUN! N響×大友良英×いだてんコンサート」(再放送)

5/12(日) 19:30〜20:59 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」(4/18 常陸大宮市)
『北海峡』(トップで歌われました)
スペシャルステージ(亜矢さんと城南海さん)
『花束(フーガ)』亜矢+南海
『ひばりの佐渡情話』亜矢
『なごり雪』南海
『芸道一代』亜矢(この曲も『佐渡情話も』、亜矢さんの「あ」の音はすごく聴いていて気持ちいいです。口の中で響いて出てくるんですよね……)
『ヨイトマケの歌』亜矢*南海(伴奏はピアノの紺野紗衣さん、『なごり雪』も)
※紺野紗衣さんの感想:
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1862586433847433&id=566261253479964
大変僭越ながら
美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」を
演奏させていただきました。
まさかこんな日が来るなんて。

歌唱は島津亜矢さんと城南海さん。
先月、公開収録に参加してきましたが
収録当日にステージ上で初顔合わせ。
ほぼほぼピアノ一本勝負のフルコーラス。
テレビなのにその場で思うままに弾いていいとの
オーダー。自由演技!えっ?いいの?w

こうなったらどんな表現が自分に出来るのか…
小節数だけは決めて
歌メロと歌詞だけ見ながら
思うがままに弾いてみました!

集中のあまりどんな風に弾けたか
どんな間奏を弾いたか
あまり記憶がありませんが
弾き終わったときの
あの熱く満ちた感覚だけが残っています。
今となっては
いや、もっともっといけたんじゃないの…と
色々な感情が行き交いますが
間違いなく今の私の
「ヨイトマケの唄」になりました。

私のピアノの世界を信頼してくださった
プロデューサー陣の皆様と
何を弾いても受け止めてくださった
島津さんと城さんに深く感謝いたします。
素晴らしい歌がそこにあったからこそ
弾ききることができました。
またどこかでお会いできますように。

「ヨイトマケの唄」と
城南海さん歌唱の「なごり雪」と
2曲演奏しています。

ぜひ、ご覧いただけたら嬉しいです!

『感謝状〜母へのメッセージ〜』亜矢
『童神〜私の宝物〜』南海
『あなたに逢えてよかった』南海
『凛』亜矢
※今回は素晴らしい企画でした。南海さんの『なごり雪』はところどころ奄美大島風だったのもいい感じでした。

5/15(水) DVD『SINGERコンサート2018』発売

5/18(土) 18:00〜18:55 BS朝日「ザ・インタビュー トップランナーの肖像」

5/28(火) 19:30〜19:57 NHK総合「サラメシ」
一番最後にちょっぴりの出演だったんですね〜。まあいいか(笑)

5/28(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」※20:00〜でした。
『愛燦燦』w/ 美空ひばり
※ひばりさんには申し訳ないけど、亜矢ちゃんの声の方が圧倒的に心地よいです。見事でした。
※娘さんたちの写真も紹介されました。
『RIDE ON TIME』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月11日

よしだよしこさんライブ@禁酒會舘 2019.5.10

昨夜は、久々に禁酒會舘マンスリーライブに行けました。今回のゲストは待ちに待ったよしだよしこさん。

前半は恒例、OZAKI Unit の演奏です。『小さな館』『木は立っている』『横並びで歩きたいよね』『雑木群生』を歌われました。「今回は OZAKI Unit が一番たくさん歌っている歌から選びました。その理由は……考えてみてください」とのこと。

  • OZAKI Unit のアルバム『雑木群生』の売れ行きが悪く、在庫が溜まりすぎているので、その販売促進策。
  • 尾崎さんが認知症になり、もうこの4曲しか歌えなくなった。
  • 4人で打ち合わせ・練習をする暇がなかった。

のどれかです。

さて、よしだよしこさんの登場。黒縁のめがねをかけて出てこられました。近眼? 老眼?

後半部分の曲目については市場恵子さんが書いておられました:
○『She said NO!』 この曲のときは、落とすといけないと言ってメガネをハズされました。

○これで盛り上がったのでもう終わりかと思ったら、激しい曲が続きました。ボトルネックでぐいんぐいんギターを弾かれました。すごかった〜☆ 曲目は『Shake』。57回目の誕生日のお祝いのほんの一週間ほどのあの大災害のことを歌われたもの。ただ1回ぐらいしか聴いた覚えがありません。「封印」されていたようなことをおっしゃっていました。8年たちもうその封印を解かれたのです。

○『地球に似た惑星にいるあなたに』(石川逸子さんの詩に曲をつけられたもの)。

○『Stars』。昨年12月、禁酒會舘で歌ってくださった曲。すごく良かったので、翌日、オリエント美術館でも歌ってくださるものと期待していたら歌われませんでした。なので、今回こそは……と期待してジャニス・イアンのアルバムを何回も聴いていましたら、最後の最後で歌ってくださいました。大満足です。次のアルバムにぜひ入れて欲しいです。

○『ハレルヤ』〜数年前レナード・コーエンがなくなったとき、facebook で多くの方がこの曲の動画にリンクしておられました。名曲です。ハレルーヤ〜の部分は我々もコーラスで歌いました。いい終わり方でした。

順が逆ですが、その他の曲を思いつくまま並べると……

詩のことばに曲をつけられたものでは
○タゴールの詩に曲をよしこさんがつけられた『東の夕暮れ西の曙』。
○ディキンソンの詩に曲をつけた『蜘蛛は銀の玉をかかえる』。ちょっと不思議な歌。
○それから石川逸子さんの詩に曲をつけられた『吹いていった風』。

逆にO'Carolanの曲によしこさんが詩をつけられたのは『道ばたでおぼえた唄』(ダルシマを弾かれたときに尾崎さんからリクエストがありました)。これは好きな曲です。

初期の曲『虹の王国』。

他のシンガーソングラーターの歌も何曲か唄われました:『帰れない町』など。高田渡さんの歌もあったような。

連休中は落ち込んでおられたとのことでした。作りかけの新曲を完成させて岡山に来たかったけれど、無理だったとのこと。たしかに最初、表情も硬かった気がするのですが、だんだん調子があがって、ものすごくパワーのあるライブになりました。疲れ果ててしまわれたのではないかと心配です。今夜は福山。そのあと色々続きます。今回はぼくは禁酒會舘だけ。よしこさんは1年に一回半ぐらい来るのがちょうどいいとおっしゃっていますが、ぜひ12月頃にも来ていただきたいです。次のアルバムが楽しみです。

追記:
今、シネマクレールで『たちあがる女』を観てきました。けっこう過激な女性主人公の話。観ていて、昨夜のライブで、よしだよしこさんが『未来を花束にして/Suffragette』という女性の参政権を求めるやはり結構過激(郵便ポストに爆弾をしかける!)な映画のことを話されたのを思い出しました。よしこさんにも凛とした過激な一面があって、それが魅力なのだと思います。
posted by dunno at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2019年05月06日

島津亜矢コンサート@岡山市民会館(4/25夜の部)

怒濤の10連休(実は9連休だったんですけど)が終わりました。あまりに充実した日々が続いていて、ブログ記事を書く暇もありませんでした。遙か彼方の記憶を呼び起こしながら、メモ程度の記録になるでしょうが、4月25日夜の亜矢ちゃんのコンサートのことから書いていこうと思います。

コンサートがあることは知っていましたが、チケットの販売が開始されていると知ったのは販売開始後1週間以上経った(?)11月下旬でした。2年前は市内のチケット店で発売の翌日購入。どのお店で買えばいいのか迷って、最初に行ったお店で残っている中から一番いいかなと思われる席のチケットを購入しました。そういう記憶があるので、もう地元のお店ではいいチケットはないだろうと覚悟して、ネットで購入。これが、支払わないと席がわからないシステムなので、実際発券してもらうと、上手側のスピーカーの真ん前。残念でした。次回は出遅れないようにしたいと思います。

この日は木曜日。当然仕事がありました。でもちょっと早めに切り上げて帰宅。大急ぎで夕食をとり、勇んで市民会館に向かいました。少し早めに開場になっていたのでしょうか、少し列に並んだだけで中に入ると、すでに多くのファンが入っておられました。真ん中付近では、コアなファンの方が応援の「凛」うちわを配布しておられました。ネットで拝見したものでしょう。その様子を見るだけで気分が盛り上がりました。最終的には1700席が満席になりました☆☆☆

オープニングの曲は「海ぶし」でした。景気の良い、盛り上がる曲です。亜矢ちゃんは中央につくられた階段の上に立っておられました。やっぱり最初はこういう曲がいいですね☆ その後、どんな曲をどんな順で歌われたのか、すでに記憶が朦朧としているので書きませんが、第一部の後半には星野哲郎さん特集がありました。名曲「海鳴りの詩」「みだれ髪」が聴けたのはすごく嬉しかったです。後ろのスクリーンには星野さんの写真などが映し出されました。第一部の最後は「海で一生終わりたかった」で締めくくられました。これが本当に素晴らしかったです。後ろに映る星野さんの写真を見ながら聞いていると、自然に涙がこみ上げてきました。大満足でした。

休憩時間には販売コーナーを覗いてみました。なにか記念になるものを買おうと思い、帽子にしようかな……とも思いましたが、亜矢ちゃんのマスコットキーホルダーを購入しました。今も、ズボンのベルトを通すひもの部分につけてます。
aya_mascot.jpg

さて、後半は白いドレスで登場。カバー曲を色々唄われました。順番は忘れましたが中島みゆきさんの歌では「時代」「誕生」を歌われました。「リヴァーサイドホテル」もありました。

また着物に戻られるとき、「凛」のCDの写真の薄い黄色の着物がいいな……と思いましたが、黒地の着物でした。ちょっと残念。あの着物大好きなんです。亜矢ちゃんが若く見えるし。
もちろん「凛」も歌われましたし、名曲「感謝状〜母へのメッセージ」も歌ってくださいました。

ラストは『梅川』! これが今回一番良かったです。伴奏なしでアカペラで歌われる部分があって、亜矢姫の美しい歌唱に聞き惚れました。ほんとに気持ちを込めて唄われるので心を揺さぶられ、涙が流れ出ました。本当に本当に満足して聴き終えました。

素晴らしいコンサートでした。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年04月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年4月)

2019年4月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。4/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。



4/2(火) 19:57〜20:42 NHK総合「うたコン」
https://www.facebook.com/941422015942715/videos/655815461524133/
『YAH YAH YAH』w/ 井上芳雄
『凛』


4/3(水) 19:00〜 BS朝日「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」生放送!3時間スペシャル
『凛』
『みだれ髪』
https://youtu.be/GD7bGoGo0KI
『未来へ』w/ 渡辺真知子
https://youtu.be/p2EU8aFyf_Q

4/20(土) 18:30〜19:00 BS-TBS「Sound Inn "S"」
『愛燦燦』(編曲:服部克久)
https://youtu.be/3b7c2bZsHjY
『Shallow』(編曲:島田昌典)
https://youtu.be/tXZCoYdHSqc
『時代』(編曲:坂本昌之)
https://youtu.be/ew-Wl1MRHGA



タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年04月10日

アルバム「彩-AYA-」(島津亜矢)

以前「鏡花水月」のことを紹介してからずいぶん時間がたってしまいました。今日は2002年にでた「彩-AYA-」の紹介です。まだすごく若い頃の作品。聴いていてとても気持ちいです。

1. 夜桜挽花
(作詞:荒木とよひさ、作曲:杉本眞人)

なんかとても色っぽい歌。でも力強く、激しいところがいいです。この路線、好きです。

2. 小春日和
(作詞:山上路夫、作曲:都志見隆)

去って行った男が戻ってくれるのをひたすら待つ女の唄。こういう歌はちょっと悲しすぎます。早く気持ちを切り替えてほしいですね……。

3. 想いで遊び
(作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし)

ごめんなさい、ちょっと退屈。あの曲、この曲に似ていすぎる感じ。亜矢ちゃんにはこんな情けない女の歌は似合わないと思います。

4. 白鳥の春
(作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃)

これも失恋した女が一人旅をして、白鳥を眺めて、また来る春を待つという、やや月並みな内容。でも、前の曲よりは強さが感じられます。「ぼくではだめですか?」と言いたくなります(笑)。

5. 女は男の言葉で変わる
(作詞:杉本眞人、作曲:杉本眞人)

これも失恋の歌だけど、すごく調子のいい曲なので、聴いていて、気持ちいいです。好きです。杉本眞人に弱いんです。

6. 都会の雀
(作詞:吉岡治、作曲:杉本眞人)

これは大衆演劇の舞踊ショーでよく踊られる曲です。かなりのヒットだと想像します。台湾でもよく歌われているらしいです。このときの亜矢ちゃん、とてもかっこいい。生で聴きたいです。

7. 彼岸雪
(作詞:寺井泰二郎、作曲:都志見隆)

これも別れを唄った歌。歌詞はユーミンの歌にも似ています。もちろん亜矢ちゃんの歌は素晴らしいです。

8. 裏みちの花
(作詞:吉岡治、作曲:杉本眞人)

『都会の雀』のカプリング曲。これは名曲☆ 冒頭のギターが印象的。

9. 愛・たそがれ
(作詞:荒木とよひさ、作曲:幸耕平)

え?! これが亜矢ちゃんの曲? ってびっくり。ちょっと地味かな。

10. 雪待鳥-絹の章-
(作詞:紺野あずさ、作曲:深野義和)

イメージが上の『白鳥の春』と若干重なります。あちらは春を待っていて、こちらは雪を待っているというところが違いますが。

90年代くらいからの曲を集めているので、一部の曲の内容が古すぎる気がします。そういえば、テレサ・テンさんもそういう類の曲をいっぱい歌わせられていました。亜矢ちゃんには、聴いて元気になる曲がぴったりだと思います。今のシングル『凛』もいいですね。「凛」ということばは亜矢ちゃんにとてもふさわしいです。

『凛』


テレビで歌われているところも見ましたが、着物の色も好きです。黒ももちろん落ち着いて品のある色ですが、この歌のひまわりの明るさと合っていると思いました。曲調も、明るくていいですね。同じメロディで、もっと市井の人々の人情を唄った歌にした方がよかったのかも……とは思いました。CDに入っているカラオケを聴いていてそんな感じを受けました。

そうそう、ふと思ったのですが、『島津亜矢 杉本眞人を唄う』というアルバムっていいんじゃないでしょうか。

タグ:島津亜矢
posted by dunno at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2019年3月)

2019年3月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。3/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

3/10(日) 19:30〜20:59 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(2/14 奈良市)
『近松門左衛門原作「冥土の飛脚」より 梅川』
『風雪ながれ旅』

3/17(日) 21:00〜21:54 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」
※亜矢ちゃんの歌唱あり

3/20(水) 20:05〜21:30 NHK ラジオ第一「きらめき歌謡ライブ」

3/23(土) 8:00〜17:00 STVラジオ「日高吾郎ショーフォーエバー」
http://www.stv.jp/radio/event/goroforever/index.html

3/31(日) 15:00〜16:29 NHK BSプレミアム「RUN!HOPE!RUN! N響×大友良英×いだてんコンサート」
『帰ろかな』

3/31(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた 選」
『海鳴りの詩』
『マイ・ウェイ』
『みだれ髪』w/ 中村美律子
https://www.facebook.com/watch/?v=705045449645888
『阿吽の花』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年03月02日

Okayama Hot Clubライブ@エブリイ津高店〜そして『ギター弾きの恋』

2月23日(土)、エブリイ津高店2階フードパークに Okayama Hot Club のジプシージャズコンサートを聴きに行きました。大好きなまじょりんさんがゲスト出演されるからです。40分ぐらい早めに着いたら、ちょうどまじょりんさんも一緒のリハーサルをやっておられるところでした。席が空いていたので、コーヒーを飲みながら、聴かせてもらいました。まじょりんさんのリハーサルのあとは、歌なしの演奏のリハーサルも楽しめました。

初めてのバンドなんですけれど、雰囲気はとても懐かしい感じの曲を演奏されるバンド。バイオリンがあるせいか、確かにジプシーっぽい感じ。詳しいわけではまったくありませんが、ジャンゴ・ラインハルトみたいな音楽(実際彼の曲も演奏されました)。
ギターが3人で、それにバイオリンとベースが一人ずつ(ゲスト?)。

ジャンゴ・ラインハルトの演奏をいくつか聴いてみましょう。一番上のものは彼の紹介動画。フランス語ですが英語字幕が出ます。The Hot Club de France というバンドを作っていたんですね。
Django Reinhardt: Three-Fingered Lightning
https://youtu.be/PQhTpgicdx4
Minor Swing. :Django Reinhardt et le quintette du Hot Club de France
https://youtu.be/it_JlVlR8JQ
Django Reinhardt - Paris Blues
https://youtu.be/M5oGtZi47jE

1時からライブが始まりました。前半はバンドの演奏。心地よく聴きました。
こういうタイプの音楽は好きです。

ジャンゴ・ラインハルトの名前を知ったのは、ウディ・アレンの監督した『ギター弾きの恋』という映画から。主人公は「史上最高のジャズ・ギタリストはジャンゴ・ラインハルトだけど、二番は自分」とうそぶくいい加減な男(ショーン・ペン)。実在しない人物なんだけど、映画ではあたかも実在人物のように都邑に有名人のコメントが入るという構成。あの名作『道』と設定が似ていて、おしの若い娘がとても魅力的。
予告篇(日本語版)
https://youtu.be/mRyWneBDzkI
予告篇(英語版)

10 Things About Sweet And Lowdown (1999) - Woody Allen, Sean Penn - Trivia, Music, Cameos and More

『ギター弾きの恋』のラストシーン

これ、ウディ・アレンの映画の中で一番好きかも。サントラCDも買いました。当時勤めていたJ大学で知り合ったギター好きの宮崎氏にこの映画のことを話したら、ジャンゴ・ラインハルトのCDをコピーしてくださいました(感謝)。

そういうわけで、前半のジプシー・ジャズを聴けて本当によかったです。この近くに住んでいる友人にも声を掛ければよかった……。

さて休みなく、後半はまじゃりんさんの歌を楽しみました。まじょりんさんは本当に歌がうまいし、声が素敵。今回はジャズの曲をたくさん披露してくださいました。初めて聴いた曲で一番印象に残ったのは "Joseph Joseph"。

まじょりんさんの動画はないようなので、他の方の演奏をお聴きください。
GYPSY JAZZ - HOT CLUB DU NAX - Joseph Joseph - ジプシージャズ

まじょりんさんの歌の方が艶があるんですよ。また聴きたいです。


posted by dunno at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽