2018年08月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年8月)

2018年8月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。8/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

8/13(月) 20:00〜20:54 BS日テレ「歌謡プレミアム」
『感謝状〜母へのメッセージ〜』

8/14(火) 19:00〜20:54 BS-TBS「日本名曲アルバム」
『北の漁場』
『喝采』
『涙そうそう』(w/ 森麻季さん)
『見上げてごらん夜の星を』(w/ 森麻季さん)

8/15(水) 19:00〜 BS朝日「日本の名曲、歌がある」セレクション3時間スペシャル
『大器晩成』

8/21(火) 19:30〜 NHK総合「歌う!SHOW学校」
『東京ナイト・クラブ』w/ 五木ひろし
『sweet memories』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年08月04日

中村みちこライブ@禁酒會舘

禁酒會舘マンスリーライブの今月のゲストは周防大島の中村みちこさんでした。

いつもどおり最初は OZAKI Unit の演奏から始まりました。この日の尾崎さんの歌声はなんだかいつもよりパワーがあったような気がします。体調はよくないとおっしゃってましたが、「思い」がいつもにまして強くこめられていたような気がします。

中村みちこさんは、前回は「凪の座」のメンバーとして出演しておられます。そのときもご家族総出だったような気がしますが、今回は総社に住んで居られるお母様も来ておられました。2階のホールに入った時も、ご長男が「こんにちは〜」と元気に声を掛けてくれました。みんないい子たちですね。もともとはクラシックピアノをやっておられたのですが、不思議な縁で、雑花塾に参加されるようになり、周防大島に移住、光の方たちと「凪の座」をやっておられます。ぼくは岩国生まれで小学校の途中から山口、今はあちこち動いた後、岡山に来てもう13年以上。逆なところが面白い!

最初の1曲目は笠木透さんの「私に人生といえるものがあるなら」でした。いいですね〜。色んな歌を唄われました。笠木さんの曲はもちろん心に残ります。

「美しいと言えるのは人間だけだろう」だとか「あなたが夜明けをつげる子どもたち」のようなフォークらしい曲が大半を占めました。いいですね〜。尾崎さんとの共作の歌もたくさんあるんですね(「No Nukes, No War, Love and Peace」他、働くママの気持ちを歌ったブルースはちょっと異色作かも!)。

笠木さんが常々、今日は笠木さんの曲を歌っても、明日は自分の住んでいるところの自分の歌を唄いなさいと言われたんだということを繰り返し言っておられました。実際、大島の祭りのことをうたった歌を作られて、地元の人にも好評だそうです。

前半では、ドビュッシーの曲「運動」も披露して下さいました。片手で反対の手を囲むようにして弾いたり、かなりトリッキーな曲。ネットに色んな方が動画が載せておられます。興味があれば検索してみて下さい。

曲によっては、お連れ合いの中村文也や尾崎さんも一緒に歌われました。またお子さんたちも楽器で一緒に演奏された曲もありました。とても気持ちのいい子どもたちでした。楽しいライブでした。

ところで、冒頭、周防大島のことをなにも無い島のようにおっしゃいましたが、実はいいものがあるんです。星野哲郎記念館とその隣の図書館に併設の宮本常一資料館です。今、星野哲郎記念館ではなんと「作曲家船村徹さんを偲んで 演歌巡礼〜同行二人」という特別展を開催中。来年の2月26日までです。なにしろ、あの「みだれ髪」のお二人ですからとても気になります。

公式サイトより:
「王将」、「みだれ髪」、「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲を手掛け、歌謡曲の作曲家としては初めて文化勲章を受章した船村徹さんの業績を偲ぶ企画展を開催いたします。
 期間中は船村さんとの代表的なコンビ作品を紹介し、創作のエピソードやゆかりのある歌手から船村さんに宛てた手紙と合わせて、魅力のあるその風格に迫ります。
 また星野映像館では船村さんが自身の創作活動について語る貴重な映像も上映しますので、この機会に是非、星野哲郎記念館にご来館ください。


公式サイトではチラシもダウンロードできます。
http://www.hoshino-museum.jp
posted by dunno at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽

2018年07月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年7月)

2018年7月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。7/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

7/4(水) 13:00〜14:00 NHK・FM「歌謡スクランブル カバー作品集(1)」
『見上げてごらん夜の星を』

7/17(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン『海に恋して 夏ソング特集!』」
『海の声』
https://www.facebook.com/enkahanamichi/videos/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%A3%B0-%E5%B3%B6%E6%B4%A5-%E4%BA%9C%E7%9F%A2/1098334490316980/

7/22(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた 選」2017年3月19日に放送した回の再放送
『お吉』
『独楽』
『いっぽんどっこの唄』

7/29(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた」
『海鳴りの詩』
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年07月27日

島津亜矢さんの歌う『飢餓海峡』

毎朝、『亜矢姫倶楽部』という、亜矢姫ファンの集う掲示板を覗いています。主催者のKM様やここに集うコアなファンの皆さまが亜矢さんの歌われる傑作動画をリンクしてくださるので、ぽちっとしては楽しんでいます。自分の持っているCD等の曲には限りがあるので、知らなかった名曲が聴けるのがとても嬉しいです。

亜矢姫倶楽部
http://www.number7.jp/bbs/3015/index.html

今朝のリンクの中ですごかったのは『飢餓海峡』! もとは石川さゆりさんの歌です。掲示板では今朝の0時過ぎにファンの方が情報を寄せられました。それをKM様がリンクをつけて紹介されました。

島津亜矢 ★飢餓海峡
https://youtu.be/e39qpAiEw1M

真っ暗な舞台の上で歌う亜矢さんにスポットライトがあたっていて、舞台の状況がよくわからないのですが、大きな柱のようなもののそばで、その柱(壁?)に向かって歌いながら手を柱に沿わせてあげていく姿には鬼気迫るものがあります。歌声も、まるで息を吐くような歌い方もまぜておられてすごいです。そして、このときの亜矢さんのきれいなこと! 蕩けます。ぜひ皆様もお聴きください。

石川さゆりさんにも敬意を表してリンクしておきます。たくさん動画はありましたが、作曲の弦哲也さんのギターを伴奏に歌っておられるものを選んでみました。

飢餓海峡 石川さゆり 2004年 Ishikawa Sayuri
https://youtu.be/WSEPo4MtVuo

弦哲也さんってかっこいいですね〜。

別の曲の話も書いておきます。ある方(なんか、好みがすごくぼくと似ておられる!!)が、亜矢さんにこんな歌も歌ってほしいというリクエストの形で紹介されていたのが台湾の歌手アーメイさんの曲です。初めて聴く歌でした。

張惠妹-站在高崗上 官方MV
https://youtu.be/i-bu47QpWWc

こういうタイプの曲、大好きです。亜矢さんにはどんどん新しいタイプの曲に挑戦してほしいです。

2010年に知り合いがアーメイのライブの取材をしているので、その記事にリンクしておきます。お時間があればどうぞ。

2010阿密特・アーメイ世界巡廻演唱會来日ライブレポート
AMIT・A-Mei Live in JAPAN
http://www.cinemajournal.net/special/2010/amei/index.html

※ 掲示板の感想なら掲示板に直接書けばいいんですが、なぜか、今いる場所からだと書き込みができません。自宅からだと問題なし。あとで書こうとおもっていても、家に帰るとバタバタして、あっという間に寝る時間になるのでついそのまま……というパターンが多いので、今回はこちらに書いています。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年07月09日

三浦久さんライブ@禁酒會舘

7月7日(金)。今月の禁酒會舘マンスリーライブのゲストは長野県の三浦久さんでした。

この日は大雨特別警報が岡山市というか岡山県ほとんど全部に出ていて、大学も3時限目までで休講になってしまいました。前の晩から旭川の増水をしらせるサイレンや、携帯電話の緊急速報が何度も流れて騒がしく、そして落ち着かない状態でした。

ただ、仕事はいっぱいあって、ぎりぎり5時までがんばって、続きはまた翌日……ということになり、バスで帰宅、いそいで夕食をとり禁酒會舘に駆けつけましたが……がらんとしていて、しかも料金はあとで支払いとのこと。なんと三浦久さんはまだまだ到着されそうもないのでした。

この日、予定していた名古屋行きの高速バスも動いておらず、名古屋へのJRも不通、三浦さんは岡山へ来るのを一度は諦められたのですが、奥様があずさで新宿に出て東京から新幹線に載れば大丈夫だから行きなさい!と三浦さんを励まされたんだそうです。それで三浦さんは朝8時頃には家を出られました。ところが肝心の新幹線が関ヶ原あたりで止まってしまい、その後なんとか大阪駅まできて、そこで別の新幹線に乗り換えられた……という情報を尾崎さんが受けたのが5時過ぎ。無事来られるかどうかがはっきりしないのでした。
このまま増えていくと尾崎さんの出番がなくなってしまいそうです。

開演予定時刻頃には少しずつ客も増えてきました。奉還町にできた地ビールの工房・アルマジロの話題で哉林盛り上がり、さらには北川さんによる旭川と百間川の分岐部分の工事が1週間前に完成したことの報告(そのおかげで今回はなんとか旭川の決壊は防げるのでは……という嬉しいお話がありました)などのあと、渡部さんがメインボーカルでテーマ曲『小さな館』が歌われました(ギターの弾き語り)。もう一曲渡部さんが歌われました。通常のオープニングが終わった後、尾崎さんが最近雑花塾の合宿で作られたたくさんの曲の中から2曲ほど披露してくださいました。また、黒瀬さんがプレスリーの"Don't Be Cruel"を元にした歌など、風変わりなうたを歌ってくださいました。また後ろに引っ込んでおられた渡部さん、大谷さんも前に呼び出して『木は立っている』も演奏されました。これは見事でした。でその歌を唄われている時に、扉が開いて、三浦さんが到着されたんです☆☆☆ 奇蹟のようでした。8時頃だったと思います。

休憩時間のあと、早速、三浦さんのライブが始まりました。家を出てから12時間……お疲れなはずなのに、タフな方ですね。でもけっこう年はとられたんだそうで、過去に2回転倒されたそうです。一回目は骨折。二回目は骨折こそしなかったのだけれど、その時、そして救急車で運ばれた病院での治療、自宅までの帰宅方法、……一切覚えておられないんだそうです。転倒だけではありません。最近、検査で大腸癌だとわかり内視鏡手術をされたそうです。自分がそんなことになるとは思ってもおられなかったそうです。でも早く見つかって、軽く済んでよかったですね〜。

おなじみの歌も唄われましたし、始めて聴く歌もありました。過去の女性との別れを歌った歌が印象的でした。もちろんレナード・コーエンの『電線の鳥』も歌われました。よかったです。

そうそう、次男の方の話をしておられました。話は長いんですが、思い出しながら短めに書いてみます。アメリカから帰国後、京都で仕事をしておられたんだそうですが、自分のうまれた所で子どもたちを育てようと長野の辰野というところに戻られました。そして、今、海外で暮らしておられる次男の方が、子ども(三浦さんの孫)を父や自分の通った小学校に通わせたいと一年間だけ辰野にもどっておられるんだそうです。そしてある日三浦さんがお孫さんに大きな声でどなったとき、次男の方が「お父さん、そんな風にしかるもんじゃないよ」と諭してくれたんだそうです。いい育ち方をしてくれたと自画自賛しておられました(^^)。そして、次男の方に作った『旅立つおまえに』という曲も歌われました。

もちろん、あの『祈りの歌』も歌われました。最後から2番目あたりだったでしょうか。最初からずっと期待していました。何度聴いてもいいですね。ラストはなんだったっけ……。忘れるのが早くなりました。アンコールでは"We Shall Overcome"を選ばれました。

どうなることかと心配しましたが、ライブ自体は無事終わりました。でも翌日の新幹線は夜7時くらいまで止まっていましたし、それに乗れても辰野までは遠いですね。今頃は無事、帰宅されたでしょうか。無理して岡山に来て下さったことに感謝です。お疲れ様でした。これに懲りずにまたおいで下さい。来年も7月でしょうか。
posted by dunno at 23:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年6月)

2018年6月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。6/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

6/9(土) 19:00〜20:54 BS朝日「美空ひばり永遠の歌声〜私を支えたひばり歌〜」

6/10(日) 19:30〜20:59 BSプレミアム「新BS日本のうた」
『愛染かつらをもう一度』
スペシャルステージ(島津亜矢○、福田こうへい● 歌のワールドシリーズ)
[演歌の名曲]
○『人生の並木道』
https://youtu.be/Bh7HbQcsDMc
●『男傘』
[アンコ入りの名曲]
●『無法松の一生(度胸千両入り)』
○『津軽のふるさと(リンゴ追分入り)』
https://youtu.be/DmTzsfIC9A8
 この組み合わせは初めて聴きました。リンゴ追分入りというと普通「ひとり旅」ですよね。
[ふるさとの民謡]
●『南部牛追い唄』
○『五木の子守歌』
https://youtu.be/CRQkVpGq4Aw
●『南部俵づみ唄』全員と一緒に
○『おてもやん』全員と一緒に
[セリフ入りドラマティック歌謡曲]
●『名月赤城山』
○『近松門左衛門原作「心中天網島」より「小春」』
https://youtu.be/Jv9pz8hlN0U
これは見事でした☆ たっぷり聴けてすごくよかったです。今日のメインじゃないかな。
[ラスト]
○●『マイウェイ』

6/21(木) 20:00〜23:07 TBS「UTAGE!夏のリクエスト祭り」
中島みゆきの『ファイト!』 w/ 松本明子、高橋愛、峯岸みなみ、山本彩
https://youtu.be/5rANGFAFnDQ
※若手の方々も、演奏はともかく、歌唱は良かったと思います。特にギターの人。
山下達郎の『Ride On Time』w/ 川畑 要(CHEMISTRY)
https://youtu.be/gActiljhfrw
https://youtu.be/1dTtVYlAFB4
※これは見事。二人のバランスがよく取れてましたね☆ 亜矢さんが突然高い声で歌われたときはびっくりしました。
いきものがかりの『じょいふる』 w/ 柏木由紀
※油断して聞き逃しました、というか見逃してしまいました、ぴょんぴょんしたんですか……とほほ、残念。
※『UTAGE!夏のリクエスト祭り』で動画を検索してみることができました。楽しい歌ですね〜。お相手の方もよかったです。

6/24(日) 12:15〜13:00 NHK総合「のど自慢」
『道』

6/28(木) 21:00〜 BS-TBS 「昭和歌謡ベストテン〜泣ける別れ歌特集」
『悲しい酒』(録画)
※野球中継延長のため放送時間が遅れました
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月18日

渚ゆう子さんと千葉紘子さん

今、自宅のCDプレーヤーにはいっているのは「GOLDEN☆BEST 渚ゆう子」です。ここ数日ずっとかけています。だいぶ前に購入したCDです。この人の声がとても好きです。また若い時の渚ゆう子さんはとてもきれいなお姉さんでした(ぼくより10ぐらい上)。

購入時に知っていた曲は5、6曲だと思いますが、他の曲もとても良かったです。ヒットする前、ハワイアンも歌っておられたんですね。そういう曲もいいです(「早くキスして」)。

動画もみたくなりいくつか観たら、こっちもよかったのでメモ代わりにここにリンクを貼っておきます。

渚ゆう子 - 京都の恋


京都の恋/渚ゆう子(高音質)
https://youtu.be/ov5z6tU2RIg

京都慕情 - 渚ゆう子


京都慕情 Yuko Nagisa
https://youtu.be/jYqKccaUOgY

渚ゆう子「さいはて慕情」(1971年)


渚ゆう子リサイタル(3-7 早くキスして)1974 3m15sより
https://youtu.be/jPX1bsh_duo?t=3m15s
※上ではひとりで歌っておられますが、CDでは佐々木敢一さん(和田弘とマヒナスターズ)とのデュエットです。

同じリサイタルで、「早くキスして」に続けて歌われたメドレー(今日からひとり、さいはて慕情、長崎慕情、雨の日のブルース)です:
渚ゆう子リサイタル(3-8 メドレー)1974
https://youtu.be/LLP1g_2yWGA

「今日からひとり」もすきな曲です。

なお、このリサイタルの歌唱は以下からあれこれ聴くことができます。
https://www.youtube.com/channel/UCykTB94JLDIFGHnL8c3BUbw/videos


さて、渚ゆう子さんと顔は似てないんですが、美しい声とお姉さんらしい風貌で連想してしまうのが千葉紘子さん。「折鶴」、大好きでした。他の曲をあまり覚えていないんですが……いつかベストアルバムを買いたいです。この方の声もきれいです。

千葉紘子 / 折鶴

おお、いつまでも美しいですね〜。

昔の映像:
千葉紘子 ♪折鶴


音だけバージョン:
折鶴。千葉紘子さん。
https://youtu.be/hOjhiQRSl7g

※今朝、通勤時にふと「折鶴」の曲が頭に浮かんできて、歌手がだれだったかな……と考えても「千葉」しか思い出せませんでした。気になるので検索したら「紘子」でした。う〜む、そもそもこの「紘」って、見ながら書かないと字が書けません。この字を生まれてから一度も書いたことがない気がします。今、実際に書いてみたのでしばらくは覚えているかもしれません。糸へんの右側が「広」に似てますが違うんですね。
posted by dunno at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年06月10日

まじょりんライブ@水島「竹」

5月20日(日)、水島の「カフェ&ギャラリー 竹」にまじょりんさんのライブを聴きに行ってきました。ここに来るのは2回目でした。

このお店「竹」の前には水島中央公園というかなり大きな公園があってとてもいい所。ただそれを隔てる道を渡らないと行けないのが難点。前回は車の切れ目を待って勝手に渡ってしまいましたが、あまりよいことではないので今回は信号のあるところできちんと渡りました。

前回(2016.3.13)は、第一部は黒瀬さんたちがサポートされ、第二部をピアノ・キーボードの野原直子さんが伴奏されました。
http://flim-flam.sblo.jp/article/174672213.html

今回も野原さんが後半で伴奏されました。この日購入したミニアルバム「愛する人たちへ」の一曲目「レクイエム」も、まじょりんさんの詞に野原さんが曲をつけられてできた曲です。です。なにしろ「レクイエム」ですから
、いつものまじょりんさんらしい曲より重々しい感じ。今日の冒頭も低い音から始まります。でも、まじょりんさんって、低い音も無理なく歌いこなせるんですね。すごく穏やかに気持ちのいい声で、とても癒やされました。

歌もいいけど、カラフルなかつらもよく似合っています。また、前半は着物で、そして後半はドレスで……とサービス精神もいっぱい。ファンになっているオジさんもけっこう多いみたいです。なので、最近は昭和歌謡を積極的にレパートリーに入れておられます。坂出の時も歌われましたね。

少なくとも月に一回はどこかでライブをしておられるようです。オススメです。
posted by dunno at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽