2017年12月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年12月)

2017年12月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。12/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。


12/2(土) 16:05〜16:55 NHKラジオ第1「ふるさと自慢コンサート」(能美市)
『海鳴りの詩』
『愛染かつらをもう一度』
『出世坂』
『感謝状〜母ヘのメッセージ〜』
『心』

12/3(日) 18:30〜19:54 テレビ東京系「第50回日本作詩大賞」
『心』歌唱:島津亜矢/作詩:久仁京介
https://youtu.be/eH2jFfLhSb8
※ちなみに大賞は「肱川あらし」(作詞:喜多條忠、作曲:船村徹、歌唱:伍代夏子)
https://youtu.be/huAEv6dA-0Y
船村徹最後の作品だそうです。こんなにヒットを出した作詞家でも泣くんだな……ちょっと感動。後ろにいる亜矢ちゃんももらい泣き?
※肱川あらしという現象の映像:
https://youtu.be/Kc1FxBtmH78
https://youtu.be/JE8zG5-Ti9M
https://youtu.be/lHEMVrGc1oI
https://youtu.be/x74DBTOF4ic
すごいですね☆
※最優秀新人賞は「四畳半の蝉」(作詞:結木瞳、作曲:山崎ハコ、歌唱:あさみちゆき)

12/9(土) 16:50〜17:49 NHK総合「明日へつなげるコンサート」(熊本市)
『真赤な太陽』
『帰らんちゃよか』
『BELIEVE』(新妻聖子、島津亜矢、石丸幹二、コロッケ、10神ACTOR)
『王将』
『舟唄』
『三百六十五歩のマーチ』
『花は咲く』(全員)

12/12(火) 19:00〜20:54 BS-TBS「日本名曲アルバム」
『酒と泪と男と女』島津亜矢+harmonia ensemble

12/13(水) 13:05〜16:55 NHKラジオ第1「ごごラジ!」(15:10より出演)
『海鳴りの詩』
『心』
『I will always love you』
『命の別名』
『帰らんちゃよか』

12/15(金) 21:00〜22:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」
『南国土佐を後にして』島津亜矢 市川由紀乃
『兄弟船』
『我が良き友よ』由紀さおり、細川たかし、島津亜矢、市川由紀乃、竹島宏、杜このみ

12/17(日) 19:30〜 BSプレミアム「新・BS日本のうた」
『心』

12/22(金) 21:00〜21:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」一部のみの再放送

12/29(金) 21:00〜21:54 BS-TBS「由紀さおりの素敵な音楽館」一部のみの再放送

12/31(日) 16:00〜22:00 テレビ東京系「第50回年忘れにっぽんの歌 」 (収録済み)

12/31(日) 19:15〜23:45 NHK総合「第68回紅白歌合戦」
『?』

=========================
関連情報

12/13(水) 2枚組アルバムCD「島津亜矢大全集」発売予定(定価:\3,889+税)
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/shimazu/discography/TECE-3478.html
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月04日

禁酒會舘マンスリーライブ

12月1日のよしだよしこさんのライブが禁酒會舘マンスリーライブの第200回目でした。すごいですね。

ぼくが初めてマンスリーライブに来たのは市場恵子さんに薦められたからです。2010年3月の山本幹子さんのライブでした。山本幹子さんの声に魅了されて、そして5月の憲法フォークジャンボリーinおかやまでよしだよしこさんの歌を聴いてすっかりファンになり、時々マンスリーライブにいくようになり、今ではほぼ毎月聴きにいくようになりました。

2010年3月以降のマンスリーライブ、および関連イベントの一覧をここに記録しておきます。はマンスリーライブへの参加を、は関連イベント(※のついているもの)への参加を意味しています。自分のためのメモです。

2010年
3/5 vol.118 山本幹子さん
http://flim-flam.sblo.jp/article/36043142.html
4/2 vol.119 OZAKI UNIT
4/21 スペシャル!vol.120 趙博
※ 5/15,16 2010憲法フォークジャンボリーinおかやま
http://flim-flam.sblo.jp/article/38133403.html
http://flim-flam.sblo.jp/article/38155287.html
※ 5/17 よしだよしこ(投げ銭)ライブ@Petit Pine
http://flim-flam.sblo.jp/article/38212947.html
7/2 vol.121 OZAKI UNIT
8/5 スペシャル!『よしだよしこLIVE』さんかく岡山
http://flim-flam.sblo.jp/article/39998914.html
9/3 vol.122 赤木一孝
http://flim-flam.sblo.jp/article/40518188.html
10/1 vol.123 大須賀ひでき
11/5 vol.124 長井三郎・浦田剛太
12/3 vol.125 笠木透・増田康記

2011年
1/24 vol.126 笠木透と雑花塾
3/4 vol.127 EGリビング
4/1 vol.128 石原みゆき、大塚 愛
http://flim-flam.sblo.jp/article/44098577.html
※ 5/22 2011憲法フォークジャンボリー at岡山禁酒會舘中庭 笠木透と雑花塾
7/1 vol.129 三浦 久、よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/46474421.html
7/14 vol.130 笠木透・増田康記
8/5 vol.131 上田達生、赤木一孝
8/26 スペシャル! vol.132 中川五郎ライブ@さんかく岡山
http://flim-flam.sblo.jp/article/47600812.html
※9/23 輝く女(ひと)たちの歌 よしだよしこ、ひきたま、山本幹子@天神山
11/4 vol.133 中川五郎
12/2 vol.134 松田幸一、西海孝
12/16 vol.135 笠木透と雑花塾


2012年
2/3 vol.136 OZAKI UNIT
3/2 vol.137 「あれから1年・・・」大塚愛、石原みゆき&吉井江里, 二見伸吾, さきもととしこ&住友泰男
http://flim-flam.sblo.jp/article/54292032.html
4/6 vol.138 趙博、はるまきちまき△?
5/9 vol.139 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/55806024.html
6/1 vol.140 川崎正美&川崎草汰
7/6 vol.141 三浦久「祈り」
お休み
11/2 vol.142 OZAKI UNIT
12/7 vol.143 笠木透と雑花塾
http://flim-flam.sblo.jp/article/60608398.html

2013年
2/1 vol.144 北川文夫
3/1 vol.145 大塚愛、橋本省吾、まじょりん、石原みゆき
http://flim-flam.sblo.jp/article/63293099.html
4/5 vol.146 黒瀬尚彦&スプリングカムカム10周年記念ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/64565197.html
5/25 vol.147 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/68395026.html
6/7 vol.148 鈴木幹夫
7/5 vol.149 三浦 久
http://flim-flam.sblo.jp/article/70554337.html
8/2 vol.150 OZAKI UNIT
9/6 vol.151 赤木一孝
10/4 vol.152 山本幹子
http://flim-flam.sblo.jp/article/78521518.html
11/1 vol.153 中川五郎
http://flim-flam.sblo.jp/article/79696227.html
12/3 vol.154 よしだよしこシークレット!ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/83095554.html
12/6 vol.155 OZAKI UNIT

2014年
2/7 vol.157 EGリビング
3/7 vol.158 大塚 愛、石原みゆき
4/4 vol.159 磯山隆史・好美
※5/31 よしだよしこ@市場邸
http://flim-flam.sblo.jp/article/98581164.html
6/1 vol.160 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/98661888.html
7/4 vol.161 趙博 &ハルマ・ゲン+シークレットゲスト
http://flim-flam.sblo.jp/article/101594490.html
7/21 vol.162 OZAKI UNIT、笠木 透&増田康記
8/1 vol.163 雪のちゃんぷる(川崎正美&草汰)
9/5 vol.164 吉井江里?
10/3 vol.165 藤原和泉
http://flim-flam.sblo.jp/article/104241415.html
11/7 vol.166 中川五郎
12/5 vol.167 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/108854525.html
12/17 vol.168 スペシャル 長井三郎・浦田剛大
http://flim-flam.sblo.jp/article/108854525.html

※12/22 笠木透さん逝去

2015年
2/6 vol.169 トリビュート 笠木透 〜1 増田康記
http://flim-flam.sblo.jp/article/113287624.html
3/6 vol.170 トリビュート 笠木透 〜2 鈴木たか子
4/17 vol.171 岡山合唱団、OZAKI UNIT
※5/15 よしだよしこライブ@ののカフェ
http://flim-flam.sblo.jp/article/130801343.html
5/16 vol.172 前夜祭 交流ライブ
http://flim-flam.sblo.jp/article/131172232.html
※5/17 2015 憲法フォークジャンボリーinおかやま『平和の暦』雑花塾、中川五郎、よしだよしこ、趙博ほか
http://flim-flam.sblo.jp/article/132295130.html
6/12 vol.173 Mareka&Junji
http://flim-flam.sblo.jp/article/142619862.html
7/3 vol.174 トリビュート笠木透〜3 ぽこ・あ・ぽこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/148865291.html
8/7 vol.175 トリビュート笠木透〜4 佐藤せいごう
9/4 vol.176 トリビュート笠木透〜5 赤木一孝
http://flim-flam.sblo.jp/article/163542159.html
10/2 vol.177 トリビュート笠木透〜6 趙博
http://flim-flam.sblo.jp/article/165011248.html
11/6 vol.178 トリビュート笠木透〜7 山本忠生・山本幹子
http://flim-flam.sblo.jp/article/168356316.html
12/4 vol.179 トリビュート笠木透〜8 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/169405530.html

2016年
2/5 vol.180 みんなで、自由に表現しましょう!
http://flim-flam.sblo.jp/article/173848185.html
3/4 vol.181 大塚愛
4/1 vol.182 立石憲利
http://flim-flam.sblo.jp/article/174730406.html
※5/3 5・3憲法記念日 岡山県民のつどい 渡辺治、よしだよしこ@市民文化ホール
5/6 vol.183 中川五郎、沢知恵、Panta、ほか
http://flim-flam.sblo.jp/article/175191919.html
※5/7 講演会&ライブ 小林節、制服向上委員会、PANTA、中川五郎@シンフォニーホール
※5/15 よしだよしこ・O.A. ジミスギターズ ライブ@中央公民館
6/3 vol.184 宮本龍門
7/1 vol.185 三浦久
http://flim-flam.sblo.jp/article/176024943.html
8/5 vol.186 増田康記
9/2 vol.187 古川豪
http://flim-flam.sblo.jp/article/177223212.html
10/7 vol.188 ひきたま
http://flim-flam.sblo.jp/article/177223212.html
11/4 vol.189 はるまきちまき
http://flim-flam.sblo.jp/article/177785476.html
※11/30 よしだよしこライブ@カフェ・ド 萌
http://flim-flam.sblo.jp/article/177884211.html
12/2 vol.190 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/177923073.html

2017年
2/3 vol.191 みんなで自由に表現しましょう! 2017
http://flim-flam.sblo.jp/article/178741482.html
3/3 vol.192 長野たかし、森川あやこ
4/7 vol.193 趙博
※5/17 よしだよしこライブ@デスペラード
http://flim-flam.sblo.jp/article/179786785.html
6/2 vol.194 OZAKI UNIT
7/7 vol.195 中川五郎
8/4 vol.196 凪の座(上田達生・中村みちこ・中村文也)
9/1 vol.197 大須賀ひでき
10/6 vol.198 赤木一孝
11/3 vol.199 ぽこ・あ・ぽこ
12/1 vol.200 よしだよしこ
http://flim-flam.sblo.jp/article/181748932.html
posted by dunno at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月03日

よしだよしこさんライブ@禁酒會舘

一昨日(12/1)、禁酒會舘マンスリーライブの特別ゲストはよしだよしこさんでした。最近、12月にライブをされるのが恒例になっているようです。ずっと毎月マンスリーライブは続けてきているのですが、その記録が全然書けていませんでした。サボり癖がついてしまったようです。心を入れ替えて来年はしっかりメモを残そうと思います。歌われた曲目なども、しばらくは覚えていても、数日経つうちにすっかり消えてしまうんですよね。ライブの時にメモをとるといいんでしょうけれど、先日、Hさんがぽこ・あ・ぽこのライブの時に最前列でメモを書いていて、鈴木幹夫さんにひやかされていましたね……。

今回、よしこさんは新作のアルバムCDを持ってきておられました。なんとできたてのほやほや、本当は1月に発売予定だったのを頑張って冬のツアーに間に合わせたとのこと。タイトルは「今日一人の友だちを見送って」です。このアルバムについてはあとでもう少し書きます。ライブが始まる前からもう売っておられたので、列に並んで一枚購入。サインもしていただきました☆

kyo_hitorino_tomodachi_wo_miokutte.jpg

さて、最初はいつものように OZAKI UNIT の演奏から始まりました。キーボードの大谷さんが仕事のため欠席ということで、なんとなく歌いづらそうな尾崎さんでした。そうそう、ギター用のマイクのボリュームが上げたままになっていて、それも気になったそうです(笑)。その緊張感が伝わったのか、何を歌われたのか……記憶から消えています(それとも、尾崎さんのうたを聴きながらそっとよしこさんのアルバムを眺めていたせいでしょうか)。最初はもちろん『小さな館』。そのあと、何だったでしょう。『横並びで歩きたいね』とか『ナナカマド』とかだったでしょうか。

10分程度の休憩のあと、よしこさんは休みなく9時過ぎまでずっと歌い続けられました。よしこさんの曲目についてはfacebookでの市場恵子さんの記事も参考にしました。

最初は12月1日だということで『She said NO!』から始まりました。1955年12月1日に起きたモンゴメリー・バス・ボイコット事件の発端となる事件がおきたんです。Wikipediaから引用しておきます:
逮捕
当時、アラバマ州はじめアメリカ南部諸州にはジム・クロウ法(Jim Crow laws)と呼ばれる人種分離法が施行され、あらゆる場所で黒人と白人は隔離されていた。公共交通機関のバスでも人種隔離が実施され、黒人席と白人席は制度上明確に分けられていた。1955年12月1日18時ごろ、当時42歳のローザは、百貨店での仕事を終えて帰宅するため市営バスに乗車した。バス内は白人席と黒人席に分けられ、白人が乗車していない時は黒人も中間の席に座ってよいことになっていた。黒人席が一杯だったのでローザが中間席に座っていると、次第に乗車して来る白人が増え、立って乗車せざるを得ない白人も出てきた。このため、運転手ジェイムズ・ブレイクは中間席に座っている黒人に立つよう命じる。座っていた黒人4名中3名は席を空けたが、ローザは立たなかった。ブレイクがローザのところにやって来て「なぜ立たないのか」と詰問し席を譲るよう求めたが、ローザは「立つ必要は感じません」と答えて起立を拒否した。
1987年に放送されたテレビ番組で、ローザは「着席したままだった私に気付いたブレイクがなぜ立たないかと訊ね、(私は)『立ちません』と答えました。するとブレイクは『よろしい。立たないんなら警察を呼んで逮捕させるぞ』と言ったので、私は『どうぞ、そうなさい』と答えたんです」と述懐している。
1992年に出版された『My Story(『ローザ・パークス自伝』:日本語訳著書参照)』においても、ローザは「疲れていたから立たなかったのでは」との指摘を「普段と比べて疲れていなかった」と否定し、「年寄りだったから立たなかった」「若者に対する差別だったのでは」との批判に対しても「まだ42歳で若かった」と反論。「屈服させられることに我慢できなかった」(*)から席を立たなかったのであり、単なるエゴではなく人間としての誇りを侵害されたため席を立たなかったのだと述懐している。

(*)
「The only tired I was, was tired of giving in.
直訳:唯一の疲れは、屈服することに疲れていたことだった。」

乗り合わせた乗客の証言によれば、ローザは終始、静かで威厳に満ちた毅然たる態度を貫いたとされる。
ブレイクは警察に通報し、ローザは市条例違反で逮捕された。ローザは「どうして私が連行されるのか」と質問したが、警官は「知るもんか。でも法は法だからな。お前は逮捕されたんだ」と返答した。警察署での逮捕手続きが終わると一旦は市の拘置所に入れられたが、即日保釈され、やがてモンゴメリー市役所内の州簡易裁判所で罰金刑を宣告される。

公民権運動
ローザ逮捕の知らせが伝わると、モンゴメリーのデクスター街バプテスト教会で牧師に着任したばかりで当時26歳だったマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやラルフ・アバーナシー(Ralph Abernathy)牧師らが抗議運動に立ち上がり、モンゴメリーのすべての黒人にバス・ボイコット運動を呼びかけた。以前にも黒人が同様に逮捕されていたが素行の悪い者が多く、運動としては盛り上がらなかった。ローザの場合はまともな職業婦人であり、NAACP書記でもあったため関係者が迅速に動いたとされる。
当時貧しい黒人にとってバスは必須の交通機関であった。利用者の75%以上を占めていた黒人たちがバスを利用せず、黒人の車に同乗したりどこへ行くにも歩いたりしたため、バス路線を運営するモンゴメリー市は経済的に大きな打撃を被った。ローザ側は市条例違反の判決に対し、バス車内の人種分離の条例は違憲であるとして控訴。1956年11月、連邦最高裁判所は違憲判決を出し、公共交通機関における人種差別は禁止された。ボイコット運動は381日間続き、最高裁の違憲判決の翌日に収束した。
キング牧師はこの運動の勝利を契機として全米各地での公民権運動を指導し、非暴力直接行動と市民的不服従を掲げて1963年8月28日にワシントン大行進で25万人を集めた抗議集会を開催する。アメリカの黒人運動は最高潮に達し、1964年の公民権法成立につながった。

[Wikipedia]

よしだよしこさんのこの歌はとてもインパクトがあって、人をゆさぶります。去年も書いたと思いますが、よしこさんはこの歌の後半で現在の日本の状況へ視点を向けて唄われますが、歌詞はどんどん変わっていきます。「沈黙」する人々は、過去の時代にだけ入るんではなくて、今の日本にもたくさんいる……その「罪」を聴く人に訴えます。素晴らしい歌だと思います。

おっと、最初の曲でかなり時間をとられてしまいました。最初に書いておくべきでしたが、前半は古い歌、後半は新作アルバムの中の歌という感じに分かれていました。前半の2曲目は『今夜 彼女は台所を捨てた』。とても痛々しい歌です。次もなかなかキツい『Sally Ann』。その後どういう構成だったかよく覚えていませんが、ちょっと切なくて大好きな『La Strada』。元々アルバム「地球に似た惑星にいるあなたに」に入っていた曲ですが、「笑って唄って」にも入っています。なにしろアルバムタイトルの「笑って唄って」って『La Strada』の歌詞からとっています。どういう歌詞かは上の歌詞カードを見ていただければわかりますが、カップルが旅の途中に寄った町でお祭りをやっていて、男の方が芸人たちの仲間に加わってしまいひとりぼっちになってしまうんです。もの悲しいメロディも好きです。今回驚いたのは、よしだよしこさんの体験を本にした歌だということ。町って、今治だそうです。二人でツアーに出て、男が若い女の子に惚れてしまい、よしこさんだけ一人で帰ってきたそうです。そんなことをさらっと言えるのがよしこさんらしいです。でもよしこさんと比べて目移りするような女って、存在するとは思えないんですけど……。他にはどんな歌があったかなぁ。『ア・シ・ア・ト』だとか『高野君の焼き鳥屋』はありましたね。

さて新アルバムにはいっているのは以下の11曲:

  1. 今日一人の友達を見送って
    (詞・曲:よしだよしこ)
  2. 東の夕暮れ西の曙
    (詞:ラビンドラナート・タゴール 詩集「黄金の船」山室静訳より、曲:よしだよしこ)
  3. Fortune
    (詞・曲:Phil Ochs "There but for fortune"、日本語詞:よしだよしこ)
  4. 名前のない一日
    Irish traditional "Mary and the Soldier", 日本語詞:山根ただし)
  5. なぜ灯が消えたのか
    (ラビンドラナート・タゴール 詩集「園丁」山室静訳より、曲:よしだよしこ)
  6. 私があなたを思うとき
    (詞・曲:よしだよしこ)
  7. 幸運の女神さま
    (詞・曲:よしだよしこ)
  8. 地下鉄
    (詞・曲:佐藤公彦
  9. 光るクマ
    (詞・曲:よしだよしこ)
  10. 魂のありか
    (詞・曲:よしだよしこ)
  11. 鉱夫の祈り
    (詞・曲:高田渡


何度もCDを聴いているうちに記憶が薄れていくんですが、少なくとも(1)(2)(3)(4)(6)(7)(10)(11)は唄われたと思います。(9)も聴いたことがあると思いましたが、それは去年の笠岡だったかもしれません。(2)(5)はタゴールの詩に曲をつけられたもの。翻訳された山室静さんの著作権はまだ残っているのだけれど、それを相続されている娘さん(だったか?)に連絡したところ、自由に使ってくださいという返事があったなどというようなエピソードも話して下さいました。

去年は未完成だった『幸運の女神さま』がCDに入っていて嬉しいです。本当の話なのか、かなり脚色がはいっているのか、とても気になる歌詞です。特にアパートの隣の女子や向かいの夫婦が本当に実在するのか気になります。よしだよしこさんの詞は、よしこさんに身近な人のこと、身の回りのことなどをさらっと唄われたものはすっと耳に入ってきてくれます。『魂のありか』なんかもそんな歌です。

また『今日一人の友だちを見送って』『Fortune』『私があなたを思うとき』『光るクマ』のような友だちに向かって話しかけたり、思い出したり、する歌たち……これらも夜、音量をしぼってひとりで聴いているとよしこさんの美しい声が心に沁みてきます。何度も何度も聴きたくなります。

今年の6月に亡くなった佐藤公彦さんの曲『地下鉄』、2005年に亡くなった高田渡さんの『鉱夫の祈り』も入っています。高田渡さんに関しては、彼のひとことが自分がまた歌を歌い始めるきっかけになったという思い出話をしてくださいました。

アンコール曲は『月の庭』でした。

今回のライブ、そして新しいアルバムは、とても素晴らしかったです。ファンもどんどん増えるでしょう。
1月にはまた岡山に来て下さるとのこと。楽しみにしています☆


アルバム「笑って 唄って」の歌詞カードが新たに創られているそうです。お持ちのアルバムに歌詞カードがない方は、ぜひダウンロードをオススメします: http://www.lotus-songs.comこちらにあります。
posted by dunno at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年11月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年11月)+『美しい昔』

2017年11月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。
11/30 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

11/3(金) 21:00〜21:54 BS-TBS 「由紀さおりの素敵な音楽館」(再)
「地上の星」
「メリージェーン」
https://youtu.be/_8-m6ISscrc

11/11(土) 16:05〜16:55 NHKラジオ第1「ふるさと自慢うた自慢」(能美市)

11/29(水) 20:05〜21:30 NHKラジオ第1「五木先生の 歌う!SHOW学校」(米子市)
『もみじ』
『心』

======================================================
今日で11月が終わります。今月はTV出演が少なかったですね。
ちょっとこの記事がさみしいので1曲リンクしておきます。

美しい昔 天童よしみ・島津亜矢
https://youtu.be/DwAwxmacAsw
天童さんも大好きな歌手です。ふたりの競演が素晴らしい!!!!!!!!

美しい昔 天童よしみ
https://www.youtube.com/watch?v=JMrJAIyThgo

【美しい昔】 島津亜矢
https://www.youtube.com/watch?v=FBmEmvzjYW0
作詞・作曲:Trinh Cong Son オリジナル歌唱:Khanh Ly
(2004/千葉・東金市) ※フルコーラス

美しい昔 カーン・リー
https://www.youtube.com/watch?v=1s9GIabHmGI
NHKドラマ・人間模様「サイゴンから来た妻と娘」から1979年
歌 カーン・リー
ギター 福本憲

Mưa vẫn mưa bay trên tầng tháp cổ
Dài tay em mấy thuở mắt xanh xao
Nghe lá thu mưa reo mòn gót nhỏ
Đường dài hun hút cho mắt thêm sâu

Mưa vẫn hay mưa trên hàng lá nhỏ
Buổi chiều ngồi ngóng những chuyến mưa qua
Trên bước chân em âm thầm lá đổ
Chợt hồn xanh buốt cho mình xót xa

Chiều nay còn mưa sao em không lại
Nhỡ mai trong cơn đau vùi
Làm sao có nhau, hằn lên nỗi đau
Bước chân em xin về mau

Mưa vẫn hay mưa cho đời biển động
Làm sao em nhớ những vết chim di
Xin hãy cho mưa qua miền đất rộng
Để người phiêu lãng quên mình lãng du

Mưa vẫn hay mưa cho đời biển động
Làm sao em biết bia đá không đau
Xin hãy cho mưa qua miền đất rộng
Ngày sau sỏi đá cũng cần có nhau


Diễm Xưa - Trịnh Công Sơn - Phiên bản tiếng Nhật (美しい昔)
https://www.youtube.com/watch?v=GLpkhjbgjcw


Khánh Ly & Utsukushi Mukashi - Diễm Xưa
https://www.youtube.com/watch?v=tQszDqxLnq4


カーン・リーの「雨に消えたあなた」と天童よしみの「美しい昔」
http://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_480e.html
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年11月04日

ぽこ・あ・ぽこライブ@禁酒會舘

昨日は第一金曜日。昨夜も恒例の禁酒會舘マンスリーライブに行ってきました。今回は第199回で、メインゲストは松本の「ぽこ・あ・ぽこ」でした。リーダーの鈴木幹夫さんはなんども禁酒會舘その他でおみかけしているかたですが、「ぽこ・あ・ぽこ」としては二回目です。

5人での演奏ってやっぱり迫力があります。鈴木幹夫さんのボーカルはもちろんですが、ひげの方もとてもいい声です。ベースがあるのも心地よいです。それからところどころミスがあるのもなかなかいい味わい(笑い)。

ぼくの好きなタイプは自然を歌った曲です。手元にあるCD(『雑奏雑歌』)の中からピックアップすると、たとえば『山に向かって』『梓川』『雑木誌』。特に『雑木誌』の中に何度も出てくる繰り返し部分が大好きです。

ぽこ・あ・ぽこの動画をネットで検索してみたのですがあまり見つかりませんでした。
昨日聴いた曲ではこんな曲がみつかりました。尾崎さんの作詞です。昨夜は、尾崎さん、吉井江里さんも加わっての豪華な演奏でした。

今はワルツを/ぽこ・あ・ぽこ


昨日はなんと参加者全員に「恵那山」のポストカードもプレゼントされました。一家に一枚じゃなくてひとり一枚です☆

enasan.jpg

この歌も最後(だったかな?)に歌われました。

休憩のあと松本からもうひとりゲストが来ておられて、とても面白い歌を唄われました。三浦久さんのお店で毎週のようにライブをしておられるという76歳! すごいです。

ところで、昨夜の黒瀬さんのギターは抑え気味ですがとてもよかった。さすが還暦の貫禄でした。

とても楽しいライブでした。
posted by dunno at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年10月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年10月)

2017年10月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の記録です。

10/2(水) 19:00〜20:54 BS朝日「昭和歌謡 ふたりの絆!作曲家 船村徹×作詞家 星野哲郎 珠玉の名曲25」
「海鳴りの詩」(島津亜矢)
「海で一生終わりたかった」(島津亜矢)

10/29(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新BS日本のうた」 (鹿沼市)
「函館の女」(北島三郎+全員)
「なみだ船」
https://youtu.be/TWN-loJsobA
「川」
https://youtu.be/eXzwlqmKq0w
「北の漁場」(北島+亜矢+大江)
https://youtu.be/2TDTgUw1A-Y
「帰ろかな」(北島+全員)
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年09月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年9月)

2017年9月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の記録です。

9/2(土) 11:00〜14:00 テレビ大阪「夏祭りにっぽんの歌」
「我が良き友よ」出演者一同
「帰らんちゃよか」
「柔」
「青春時代」出演者一同

9/10(日) 13:05〜15:30 NHKラジオ第一「日曜バラエティー」生放送
「大器晩成」
「感謝状〜母へのメッセージ〜」
「おさらば故郷さん」
「心」

9/10(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」(常陸太田市) (再) 9/16, 9/22
「青い山脈」川中美幸・坂本冬美・島津亜矢
https://youtu.be/pHi9DcmTWMI
「忘れな草をあなたに」
https://youtu.be/x3xMJimuk9E
「野崎小唄」坂本冬美・島津亜矢
https://youtu.be/XkpnlzpD_Xs
「高校三年生」氷川きよし+全員
「見上げてごらん夜の星を」
https://youtu.be/R6JUydesupU
「いつでも夢を」全員
https://youtu.be/2SXgMTX86QM

9/14(木) 19:56〜22:54 TBS系「UTAGE!」
https://youtu.be/VBXahP4aAKc (両方)
『美女と野獣』の主題歌 w/ 堂珍嘉邦
https://youtu.be/p4F2dTwFY04
「イミテイション・ゴールド」(山口百恵ヒットメドレー)
https://youtu.be/2d0ymKFDfYE
※このUTAGE! を含め、最近民放の番組への出演、そして、アニメ映画の主題歌への抜擢などで、今まで島津亜矢さんのことを知らなかった方が亜矢さんの歌に感動しておられる様子をツイッターのまとめ等で知り、嬉しい気持ちでいっぱいです。歌もうまいですし、あの可愛らしさが魅力なのだとも思います。もう46歳ですけれど、なんだかアルプスの少女ハイジがそのまま大人になったような印象ではないでしょうか。亜矢さんには色んな歌を歌い続けてほしいと思います。

9/15(金) 20:00〜 BS-Japan 「徳光和夫の名曲にっぽん」2時間スペシャル
「一本刀土俵入り」
https://youtu.be/8r-bXcuY3Ak
※長谷川伸はぼくの大好きな作家。まだ歌になっていないいい芝居もたくさんあるんです。例えば『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』。ぜひ取りあげてほしいです。亜矢ちゃんに唄って欲しいです。男の気持ちで唄うか、女の気持ちで唄うか、悩むところですが、ひとつの歌の中で両方歌い上げるのもいいかなと思います。

9/19(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン」(生放送)
「東京ららばい」 w/ 杜このみ
「東京ラプソディ」天童よしみ w/ 全員
「空に星があるように」
※「空に星があるように」ってそもそもそんなに盛り上がる曲ではないので、もっと淡々と唄ってもよかったかな……という気がしました。つぶやくぐらいでもいい気がします。
※伊東ゆかりさんのカバーがYouTubeにありました。これくらいがいいんじゃないかな。亜矢ちゃん向きの歌ではないですね。
伊東ゆかりバージョン https://youtu.be/02IA0E6R4I0
荒木一郎バージョン https://youtu.be/JiXxPTspVAo

9/24(日) 12:15〜13:00 NHK総合「NHK のど自慢」(阿蘇市)
https://youtu.be/Q88EVHrEI2s
「心」
https://youtu.be/7CkUvqOSmqo
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年09月22日

島津亜矢さんの新作☆

昨日、島津亜矢さんの新作アルバム「Singer4」と、亜矢さんがAYA名義で歌った主題歌「I CAN’T DO ANYTHING -宇宙(そら)よ-」を含むシングルが発売されました。早めにAmazon等で予約された方は前日に受けとられたようですが、ぼくは、表町商店街振興のため、表町のO森楽器店で「Singer4」を一月前に予約しました。シングルの方は、ダウンロードしようか迷ったのですが、結局、こちらは予約しないで、昨日同じ店で一緒に購入しました。

昨日はスムーズには仕事が終わらず、お店に着いたのが6時20分。まだ店は開いていました。閉店時間を尋ねると、なんと6時半とのこと。ぎりぎりセーフでした。

昨夜は、2枚とも1回聴いただけでした。今日はアルバム全曲とシングルの亜矢さんの歌だけを1枚のCDにして、それを繰り返して2回聴きました。知らない曲が多かったのですが、だんだん慣れてきました。まだどれがいいとかよく自分でわkっていないのですが、最初の『命の別名』は期待に応えてくれたいい歌です。それから『じれったい』というのが面白い曲ですね。なんか聴いたことがあると思ったら、レスリー・チャンのカバーを聴いたことがありました。
https://youtu.be/lbB7y6QtHWY
(環境によって見れたり見れなかったりするようです)

オリジナルの安全地帯の歌でもどうぞ:
https://youtu.be/WL2hBFhyo6Q

*****

早くも亜矢ちゃんの「Jupiter」が一部だけYouTubeに上がっていましたので、ぜひどうぞ。
https://youtu.be/ofqtDACquUI

続きはまた後で……。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽