2018年02月09日

山口の空 (2月4日の朝)

先週末、日本海側は雪が予想されていました。山口も降るんじゃないかと思っていましたが、幸い朝起きると庭が白くなっている程度。日が当たり始めるとそれも皆消えてしまいました。とはいうものの空には雪雲が見えます。結局、一日中、雪の花が舞ったり、やんだりの繰り返しでした。

北風はとても冷たかったです。

姫山の反射板を撮影してみました。見えますか?

P_20180204_084315.jpg P_20180204_084325.jpg

姫山の稜線上に小さな白いものが見えるんですけど……背景の雲のせいであまりはっきり見えないかもしれませんね。右は拡大した画像です。

この反射板はテレビ放送の電波を反射するためのものです。wikipediaの「テレビ山口」の項冒頭の概要の中で簡単に触れられています。
この局は「反射板」を使うという全国でも珍しい送信方法を取っている。もともと、本社・演奏所を置くにあたっていくつかの候補地があり、湯田温泉付近も候補地の一つであった。この場合、電波に関しては特に支障はなかったが面積の確保が問題となり、市中心部から南に外れた大内御堀地区に決定した[注 1]。しかしtysの本社から送信所のある大平山(防府市)に電波を送ろうとする場合、通常の高さだと稜線などの影響を受けやすくなりUHFの電波特性上、画の乱れのもとになってしまう。かといって、クリアに送ろうとすると、鉄塔を高くしなければならず、コストがかかる。そのため、当時の技術担当は大平山と反対方向の高い山である「姫山」に反射板を設置することにした。本社の電波塔からそこに電波を送って反射させ、それを大平山送信所に送っている(この記事内にある社屋の画像に小さいが、反射板を見ることができる)。

こんな小さいもので役に立つんですね。電波って指向性のあるものなんでしょうか。物理、特に波には弱いのでわかりません。

新鰐石橋の陸橋からみた雪雲です。

P_20180204_085050.jpg P_20180204_085101.jpg P_20180204_085109.jpg
タグ:
posted by dunno at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年01月29日

山口の散策(椹野川・山口線・鉄塔・橋)

今月はあまりブログ記事が書けませんでしたので、まとめて書いています。山口の母が昨年末から入院しています。最近はやっと口からゼリーや重湯を食べることができるようになりました。できるだけ家族が付き添って食事の世話などをしていますが、ぼくも週末には山口に行くようにしています。

母の家から病院まで、歩くと片道1時間かかりますが、雨さえ降っていなければ、なかなか快適な散歩ができます。1月20日に撮影した山口の風景を載せておこうと思います。この経路は昔歩いた覚えがないところで、新鮮な感じです。

夕方ですので、西の方向を向くと太陽がまぶしくてあまりはっきりした写真がとれていませんが、悪しからず。

まず、湯田温泉方面から大内に向かって歩いていたので椹野川(ふしのがわ)の土手を目指して歩きました。山口線の踏切を越えたところが土手です。踏切で山口線の線路を撮りました。左が湯田温泉駅方面、右が山口駅方面です。
P_20180120_164344.jpg P_20180120_164349.jpg

土手に上って抹消面に見えるのが姫山です。その手前を椹野川が流れています。手前の河原は「井手ケ原河川公園」という公園になっていました。

姫山は中学生のころまでは何度か登っていますが、その後は一度も登ったことがありません。姫山には伝説があって山の上にある井戸で殺されたんだそうです。いろんな話が伝わっているようですので、興味のある方はこちらをご覧ください:
http://oouchibunka.jp/ouchishi/column/26.html

姫山登山の記録を写真付きで残しておられる方があるので、将来(そんな将来はないかも)のために記録しておきます:
「中国地方の登山紀行 法師崎のやまある記」より
http://www.geocities.jp/houshizaki/himeyama-yamagutisi.htm


それでは土手から、姫山の左方面を撮った写真をどうぞ。
P_20180120_164444.jpg

椹野川にかかる赤い橋が見えます。その向こうに三角屋根の塔のようなたてものが見えますが、これは山口中央高校のキャンパスです。そのもっと左には鉄塔が見えます。そしてそのちょっと左になにやら朱色っぽく見えるものが小さく見えています。これは新鰐石橋にかぶさるように作られている歩道橋です。ここを目指して歩きます。

土手を少し歩くと左下にもうひとつ踏切が見えてきましたので、そちらに降りてみました。井手ケ原踏切という名前が読み取れます。
P_20180120_164626.jpg

ここで山口線の線路は橋を渡ります。この下を流れるのは「一の坂川」という市内で有名な川です。この鉄橋をくぐって右手を流れている椹野川に合流します。

P_20180120_164649.jpg

また土手にあがって、一の坂川を越えて振り返った写真がこちらです。
P_20180120_164725.jpg

また椹野川方面を眺めてみました。一の坂川が椹野川に合流しているところが見えています。ちなみに山口大学は、姫山の右側をぐるっと向こう側に回ったところにあります。
P_20180120_164713.jpg

さらに土手の遊歩道を歩いていきます。素敵な木があったので、西側からと通り過ぎて東側から撮ってみました。
P_20180120_164807.jpg P_20180120_164849.jpg

赤い橋が近くなってきました。
P_20180120_164944.jpg

土手はゆるやかに右にカーブしているので、山口線からすこしずつ離れていきます。ちょうど山口線の列車(2両編成のジーゼル)が通り過ぎました。
P_20180120_164957.jpg

土手の左下には廃屋になった物置らしきものが2つ見えます。
P_20180120_165024.jpg

やっと赤い橋まで来ました。これは歩行者と自転車のみ通行可能な橋です。渡ったところに、鉄塔が見えます。
P_20180120_165052.jpg P_20180120_165039.jpg

ここでまた西の空を写してみました。
P_20180120_165117.jpg

椹野川に目を向けるとそこは合流地点になっています。地図でチェックすると、どちらも椹野川と書いてあります。ただ、右手(つまり奥の方)はたぶん「仁保川(にほがわ)」というのだと思います。ここらあたり、どんどんいろんな川が合流していますが、仁保川は防府と山口を結ぶ道の「御堀橋(みほり)」の下をくぐって流れてきます。
P_20180120_165155.jpg P_20180120_165307.jpg

河原から、川とは反対方向を向くと、そこに鉄塔が一本見えます。ずっと手前からも見えていた鉄塔です。
P_20180120_165250.jpg

土手にあがり、鉄塔に近寄ってみました。なかなか立派です。川の向こう側の鉄塔には電線がのびていますが、この鉄塔からは左右それぞれの腕から、真下に線が延びています。
P_20180120_165325.jpg P_20180120_165414.jpg

つまりこの鉄塔はこの「線」の最初か、最後の鉄塔ということになります。ということはここは変電所?

川の向こうの鉄塔たちと夕日を一緒に撮ってみました。手前に先ほどの鉄塔が存在しています。
P_20180120_165426.jpg

鉄塔にぐっと近づいて撮った写真を何枚かどうぞ。
P_20180120_165558.jpg P_20180120_165614.jpg P_20180120_165704.jpg

これらの写真ではよく見えませんが、鉄塔の下、左右に分かれた部分には一方には「新大内線 1R」、他方には「新大内線 1L」と書かれていました。「新大内線」というのですね。

昔、『鉄塔 武蔵野線』という小説とその映画化されたものがあって、「武蔵野線」の鉄塔を2つぐらいたどったことがあります。懐かしい……。今は、3つの線にわかれているそうです:
Wikipedia

当時のメモもどうぞ:
http://surgery.matrix.jp/ent/movies/essay/m003.html

さて、さらに進むと歩道橋が近くなってきます。また、足元には可愛らしいスイセンが咲いていました。
P_20180120_165745.jpg P_20180120_165906.jpg

歩道橋から眺めた風景をどうぞ。

椹野川です。
P_20180120_170201.jpg

空です。
P_20180120_170234.jpg P_20180120_170241.jpg

古い鰐石橋です。橋の左端、手前に「鰐石の重岩」が見えます。岩の上には松がはえています。
P_20180120_170310.jpg

鰐石の重岩についてはこちらをどうぞ。
https://chuburujapan.com/blog/?p=878

公式的にはどうなのかわかりませんが、「鰐石」はふつう「わにし」と読みます(上のブログでもそう書いてあります)。ただ、道路の住居表示には「わにいし」と書いてあるのを見た覚えがあります。だれもそう発音しませんが。

鴻ノ峰(こうのみね・正面の山)方面の写真:
P_20180120_170454.jpg

左端に似たような山がふたつ重なっているのが兄弟山(おとどいやま)ですが、子供の頃は「ふたごやま」と呼んでいました。「おとどい」なんて言葉は難しすぎたのでしょう。

兄弟山の奥にあるのが西鳳翩山(にしほうべんざん)、この辺りで一番高い山です。電波塔がたくさん立っています。一度も行ったことがありません。逆に右側奥の一番高いところが東鳳翩山(ひがしほうべんざん)です。こちらは西よりやや低いのですが、ハイキングに絶好の山です。ここで新年を迎えたことがあります。

それよりさらに右で、もう少し下を見ると、2本の白い塔が見えます。山口サビエル記念聖堂です。

以上長々とお付き合いいただきありがとうございました。
posted by dunno at 18:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・天神から六本松(1/8)

研究集会二日目の朝は小雨が降りました。宿のある天神から会場(六本松)まで、のんびり歩きました。

おっ、と思ったのは教会の前のマリア様。岡山ではこういう風にしている教会はぼくの歩き回る範囲にはないようなきがします。ちょっと、どきっとします。
P_20180108_083057.jpg

ロシア料理のお店でも、正月にはお飾りをつけるんですね。
P_20180108_083144.jpg

俳句関係専門の出版社のようです。今、俳句は人気ですね。句集を出したい人も多いのでしょう。
P_20180108_083426.jpg P_20180108_083400.jpg

株式会社・文學の森のサイトです:
http://www.bungak.com/

「恋する俳句」を募集しています。過去の優秀作品も読めます。
http://www.bungak.com/service/koisuru.php

2017年12月締切の優秀作の中なら好きなのをひとつ選んでみました:
老いてなほ恋ひする力雪間草  ヲテル

こちらのページ(季語めぐり 〜俳句歳時記〜)によると「雪間(ゆきま)」とは、暖かくなってきて雪の間に土が見えるようになっている状態を指す季語だそうです。「雪間草(ゆきまぐさ)」はその雪間に生えている草ということになります。この歳時記のページの方は「冷たい雪のすぐそばで、みずみずしい青さをたたえながら日の光を浴びている草を見つけると、ありきたりな表現ではあるが、生命の力強さを感じないではいられない。」という風に書いておられます。元の俳句に戻ると、老いてなお雪間草のように恋する生命力が湧いてくるということでしょうか。ヲテルさん、素晴らしいですね。見習いたいものです(無理?)。

けやき通りを歩いていくと、そのすぐ右に、舞鶴公園の樹木が見えてきました。
P_20180108_085448.jpg

どんどん歩いていると左手に「不要なお酒を買い取ります」というお店がありました。面白いですね。
P_20180108_085728.jpg P_20180108_085738.jpg

「お酒買取専門店deゴザル」というお店です。
https://osakedegozaru.com

めずらしいなぁ、さすが福岡。

こんな地図もありましたが、あいにく雨でぬれていて、あまりはっきり写真に写っていません。残念。
P_20180108_085831.jpg

突きあたりが護国寺。右手に行くと舞鶴公園や美術館、左手に行くと六本松です。
P_20180108_085840.jpg

左に曲がると、この辺りは坂がいっぱいです。
P_20180108_090032.jpg

下の場所でまた左に曲がっていくんですが、ここって、駐車場でしたっけ。GoogleMapで調べたら2017年5月の写真が出てきて、工事中でした。ちょうど建物を壊していたのでしょう。
googlemap201705.jpg

出張に来ると、けっこう歩くので、面白いものに出会えて嬉しいです。
posted by dunno at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

福岡・舞鶴公園(1/7)

毎年、最初の出張は福岡です。今年も行ってきました。早めに福岡について、舞鶴公園(福岡城の址)を散策してきました。いつも名古屋の鶴舞公園とごちゃごちゃになって、どっちがどっちなのかわからなくなります。

梅のつぼみです。
P_20180107_130236.jpg

そのそばの木です。
P_20180107_130502.jpg

公園内では「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」というイベントが開催中(夕方以降)です。昼間は普通に入れますが、夕方、いったん閉鎖され、そのあとは有料になります。
P_20180107_130638.jpg P_20180107_131531.jpg

イベントのページ:
https://www.teamlab.art/jp/e/fukuoka-castle/

この日は曇り空でした。雲が波打っていて、面白かったです。
P_20180107_132003.jpg

イベントで「忘却の石段」と呼ばれている石段が、下から見るとけっこう急で、面白かったです。



P_20180107_131043.jpg P_20180107_131012.jpg

P_20180107_132054.jpg

そばの草むらになぜか石のかけらが置いてありました。
P_20180107_132116.jpg

石段を上がったところの、石垣は調査中でした。
P_20180107_132227.jpg

高いところからみた石段です。
P_20180107_131508.jpg
よく見ると、上の小石たちが見えます。
タグ:
posted by dunno at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2017年10月31日

東京散歩

10月27日と28日、一泊で東京に行ってきました。メインの目的は山口高校のクラス会(東京支部)への出席です。クラス会は6時からでしたので、せっかくだから昼前に着いて、ちょっと遊んできました。最初は雨は降っていませんでした。

台風22号が近づいていましたので天気は悪かったのですが、なんとか富士山を見ることができました。

P_20171028_104455.jpg

品川で新幹線をおりて、池袋に向かいました。第一の目標は雑司ヶ谷の鬼子母神です。

P_20171028_121534.jpg

唐組が公演中なのです。残念ながらクラス会にいくので芝居は見ることが出来ませんでしたが、テントだけ見てきました。赤松さんの姿もちらっと見かけました。

P_20171028_121542.jpg P_20171028_121646.jpg

駄菓子屋さんも営業中でした。

P_20171028_121700.jpg

残念ながら、ぽつぽつと雨が降ってきました。ただ傘をさすほどではありませんでした。

次の目的地は「のぞき坂」です。ストリートビューで確認してみてください。

Wikipediaの解説です:

のぞき坂(のぞきさか)は、豊島区立高南小学校の西側を東京都豊島区高田2-17から2-18にかけて南北に伸びる区道の坂道部分の通称。
東京都内で自動車通行が可能な道路としては、傾斜・延長距離ともに最急の一つに数えられる坂。別名は胸突坂。ただ、胸突坂は別にあるので、本来の通称・のぞき坂で扱う。
明治通り、都電荒川線の各々東側に沿っており、学習院下停留場と鬼子母神前停留場停留所の間に位置する。勾配は最大13度(23パーセント)であり、自動車・原動機付自転車でも変速機の対応によってはエンジンストールに陥る。関口台地と神田川沿い低地とを結ぶため高低差が生じた。


写真もどうぞ。上から順に撮りました。

P_20171028_123251.jpg

P_20171028_123236.jpg

坂を下るときに下を撮っても、なんだか急な感じがしないですね。難しいものです。
P_20171028_123354.jpg

坂沿いの建物を写すと、坂の傾きがわかります。
P_20171028_123432.jpg

下から見上げた写真です。
P_20171028_123604.jpg

角度が22%という標識があります。
P_20171028_123706.jpg

だいぶ離れたところからも一枚撮りました。
P_20171028_123808.jpg

満足したので、高田馬場まで歩いて、地下鉄東西線に乗りました。一駅乗ると落合です。目指すのは新宿梁山泊の芝居砦・満点星(まんてんぼし)です。プロジェクトNyxの『犬狼都市 キュノポリス』を観に行きました。澁澤龍彦没後30年記念の公演だそうです。

Project Nyx のサイト:
http://www.project-nyx.com/home.html

満天星の近くで撮った写真も載せておきます。


これが角を曲がるときの目印です:
P_20171028_134852.jpg

正面に見えるのがゴールデンマンションといって目指す建物です。この地下2階に満天星があります。
P_20171028_134706.jpg

寄り道してなかなか風情のある建物を撮ってみました。
P_20171028_134453.jpg

……

『犬狼都市』については別の記事にします。

翌日、新幹線の窓から撮った写真を2枚どうぞ。

P_20171029_095742.jpg P_20171029_095747.jpg
posted by dunno at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2017年10月30日

鹿児島と台風 (9/16, 17)

9月16日(土), 17日(日)と鹿児島に出張でした。大学のイベントでした。普通ならば新幹線で日帰り出来るはずだったのですが、なんと17日に台風が鹿児島に近づくという予報で、前泊するはめになってしまいました。夕方5時頃に鹿児島に着く新幹線に乗りましたが、このときはまだそれほど雨も風も強くはありませんでした。

熊本あたりで撮った写真です。
P_20170916_162618.jpg

着いてみると、特にそれほど雨が降っているわけでもありませんでしたが、空はどんより曇っていました。

鹿児島中央駅のビルはとてもおしゃれでした。

P_20170916_171555.jpg P_20170916_171903.jpg

P_20170916_172220.jpg

ホテルに着いた頃には、雲の間から日が差していました。

P_20170916_173819.jpg

それでも心配だったので、すぐ近くで簡単に夕食をすませてホテルに閉じこもりました。

……

翌朝はさすがに雨でした。傘を差せる程度の風。鹿児島県が暴風圏に入ったそうなのですが、鹿児島市内はたいしたことはありませんでした。新幹線も在来線は始発から運転見合わせでした。でも、台風が早く通り過ぎてくれれば予定通りに帰れるかななどとのんきなことを考えながらイベント会場に行ってみると、イベントは中止になったとのことでした。それでも来られる方があるかも知れないので予定されていた1時半まで、全員、会場で待機しました。もちろんどなたも来られません。

時々、ネットで様子をチェックしましたが、運転が再開になるような気配がありません。外を眺めても、けっこう雨や風はあるようでした。2時半の切符をとっていましたが、どうも無理そうだと判断、とりあえず、4時過ぎの新幹線に予約を変更、その後、思い切って6時過ぎの新幹線に再度変更。

そのままの状態で1時半になり、撤収することになりました。ともかく駅に行って情報を得ようということになりました。中央の改札あたりで、時々アナウンスがあるので、パンなどをかじりながら、ずっと駅の連絡通路で待ちました。運転再開見込みのアナウンスのあったのは四時頃。「6時頃運転再開の見込み」だということでしたので、ともかく、予約していたチケットを機械で受けとり、時間まで少し近所を散歩してくることにしました。

アナウンス後、切符の変更でみどりの窓口には長蛇の列ができました。

P_20170917_153239.jpg

桜島口から外に出てみると、青空がところどころ見えました。

P_20170917_155558.jpg P_20170917_155607.jpg

そばにはいい感じの通りも見えました。まず、一番街のアーケードに行ってみました。下は、アーケードの一本右隣の道(ベル通り)。

P_20170917_155744.jpg

下はアーケードの通りです。台風のためにほとんどの店が休業中。

P_20170917_155851.jpg

台風でなくても閉まっている店も多いようで、トリックアートが描かれているシャッターがたくさんありました。

P_20170917_160003.jpg P_20170917_160123.jpg

途中で、一本隣のベル通りに行ってみました。するとなんと、小さいですが「旭シネマ」という映画館がありました。

P_20170917_160301.jpg P_20170917_160307.jpg

入り口のそばに自販機がでーんと置いてあってなんだか邪魔です。

P_20170917_160228.jpg

上映中の映画はこんなのでした:

P_20170917_160249.jpg
『昭和エロチカ 薔薇の貴婦人』(1980年)
『裸の牝たち・見られていっちゃう』(2007年)
『昇天の代償 あなたのいない夜』(2016年)
 予告 https://www.youtube.com/watch?v=z42-96ciiIA

またアーケードに戻って先に進みました。とてもいい感じのお店もありました。

P_20170917_160606.jpg P_20170917_160540.jpg

なんだかすごいお店もありました:

P_20170917_160657.jpg

端っこまで来ると「あいがとさげもした」!!!

P_20170917_160800.jpg

アーケードじゃない道でまた駅に向かいました。

P_20170917_161018.jpg

ベル通りの入り口

P_20170917_161351.jpg

鹿児島には路面電車が走っていました。

P_20170917_161535.jpg

駅ビル

P_20170917_161608.jpg

駅ビルの階段には端っこにベンチが並んでいます。

P_20170917_161837.jpg

さて、またパンを買って夕食にしました。

で、新幹線は予定通りに鹿児島中央を出たんですけれど、なんと今度は新岩国・徳山間で倒木のため停電。そのせいで広島・博多間が運転見合わせ(--;。博多駅で、東京行きののぞみに乗り換えさせられてしまいました。そして、やっとそれが出発したのに……今度は岡山・姫路間で激しい雨のため、岡山・新大阪間が運転見合わせ。岡山の手前に新幹線が数珠つなぎ(大げさかも)。結局、岡山駅にたどりついたのはほとんど夜11時半を過ぎていました。

疲れました。来年は勘弁して欲しいです。
posted by dunno at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2017年09月15日

松本旅行2017(5) 寺・神社(お宮)他

最後はお寺や神社・樹木・石などなど、残っているものを載せます。

まず最初に紹介するのは信州大学キャンパスの中の石捨て場(?)。

P_20170906_131337.jpg P_20170906_131348.jpg

誰かがわざとしているのでしょうか、奧のコンクリート擁壁の上に形の良さそうな石がずらっと並んでいるんです。展示してあるみたいに。

P_20170906_131406.jpg P_20170906_131418.jpg

集会の行われた理学部講義棟のすぐそばでした。
そしてその講義室の椅子はなんとピンク色でした。いいですね。

P_20170906_135514.jpg

次は大安楽寺です。

P_20170906_180418.jpg P_20170906_180427.jpg

P_20170906_180433.jpg P_20170906_180440.jpg

P_20170906_180516.jpg

次に大安楽寺を西に進んで「紙すき川」の名残の解説版のあったところを裏町取りへ下る道筋でみかけた風景を載せます。

P_20170907_093607.jpg P_20170907_093716.jpg

P_20170907_093757.jpg P_20170907_093906.jpg

また大安楽寺方面に戻ってしまうんですが。大安楽寺のすぐ北にある岡宮神社にはとても変わった木があります。まるで人の鼻みたいなコブがあるんです。

P_20170907_121230.jpg P_20170907_121245.jpg

P_20170907_121335.jpg

ちっちゃなコブのある木もあります。
P_20170907_121405.jpg P_20170907_121415.jpg

こんな木も……
P_20170907_121511.jpg

それからこんな木も……。向こうに大安楽寺が見えます。
P_20170907_121557.jpg

百度石です。
P_20170907_121631.jpg

遊びに行ったわけではないのですが、朝・夕と色々見ることができました。来年の8月は松本でトポロジー・シンポジウムがあります。また松本に行けるのが楽しみです。
タグ:松本
posted by dunno at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

松本旅行2017(4) 古い家・緑に覆われた家

松本には、古い家もまだたくさん残っています。それから驚いたのが蔦などの緑に覆われた家や建物が多いこと☆
この記事ではそのような建物の写真を載せます。

とても印象に残ったのはこのお店の看板です。本当に綺麗な黄色でした。
P_20170905_131817.jpg

その隣には緑に覆われた建物がありました。
P_20170905_132008.jpg

そしてこのふたつの建物の正面、やや離れたところにこんなすごい建物が!
P_20170905_131922.jpg
このベランダには出られないでしょうね。

P_20170905_171041.jpg P_20170906_090827.jpg

P_20170906_093415.jpg P_20170906_125748.jpg

P_20170906_175244.jpg

また緑に覆われた建物です。

P_20170906_090203.jpg

最後に信州大学のキャンパス内にある建物です。「球松本歩兵第五十連隊糧秣庫」だそうです。
P_20170906_130323.jpg P_20170906_130532.jpg

P_20170906_130455.jpg

次の記事で松本旅行レポートのおしまいのハズです。
タグ:松本
posted by dunno at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行