2014年06月18日

ピンクのよろめき

先月のことですが、山陽新聞を読んでいると、見たことのない連載小説が始まっているのに気付きました。タイトルは『金鳥ロマン小説 ピンクのよろめき』(笑)。読んでみると蚊取線香で有名なKINCHO(大日本除虫菊株式会社)の広告なのでした。

KINCHO の公式サイト
http://www.kincho.co.jp/

今年、ローズの香りの製品を出したんですね。
新製品ニュース
http://www.kincho.co.jp/wnew/index.html

蚊取線香「金鳥の渦巻 ローズの香り」のケースもピンクですが、中身の蚊取線香もややローズピンクがかっています。「キンチョール ローズの香り」もあります。

広告は、毎週土曜日の紙面に掲載されています。先週、第五話が掲載されました。
公式サイトでも少し遅れますが、読むことができます:
http://www.kincho.co.jp/cm/novel_pink/index.html

臼井ピン子という女性と小俣拓也という男性の回が交互に掲載されています。第十話までこの調子でいくのでしょう。二人は子どもが小学一年の時同級生だった関係で、当時、話をしたことがありました。そんな二人が6年後、スーパーでばったり出会い、ピン子の胸がときめくが……というお話です。ピンク色がいっぱい出てきます。もちろんKINCHOの製品も(^^;

第五話の最後が「ピン子は、広子の続く言葉に絶句した。」で終わっていて、次回が待ち遠しい今日この頃です(笑)。

※ きっこのブログの 2014.06.16 の記事で、きっこさんが購入されて体験記を書いておられます:
「ローズの香りと梅の香り」
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2014/06/post-0e04.html

※ 日経も読んでいるのですが、こちらにはこの広告が出ていません。山陽新聞を取り始めたのが昨年なので今まで気付きませんでしたが、調べてみると、かなり前から毎年このような小説が連載されているようです。
posted by dunno at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 変!

2012年03月27日

ふたりはともだち

久々の「変!」カテゴリ記事です。

まあ、ともかく写真をご覧下さい。特にコメントはなしです(^^;

DSC08610.JPG DSC08611.JPG
posted by dunno at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 変!

2011年05月24日

フィリップ・ラメットの写真

カテゴリを「アート」にするべきか悩んだのですが、「変!」が適切だと最終的に判断しました(笑)。

森美術館で購入した3枚のハガキのうちの1枚はフィリップ・ラメットという写真家の『合理的浮上』という作品でした。ほんとはこの作品のハガキが欲しかったんです:

http://matome.naver.jp/odai/2128504019709366001/2128504107509418603

観たとき、一瞬ぎょっとして、次の瞬間、吹き出してしまいそうでした(笑)。撮影してるところを想像してみてくださいよ。この人、ほんとに変!(素晴らしい、という意味ですよ、もちろん)。

上のページから、23枚弱(一部リンク切れ!)観ることができますから、ずっと眺めて楽しんでくださいね〜。

画像の一覧はこちらのページからどうぞ(こちらでは23枚全部見れます):
「Philippe Ramette(フィリップ・ラメット)のアート写真・画像集【努力と根性で撮影】」
http://matome.naver.jp/odai/2128504019709366001

努力と根性……画像加工なし、って書いてあります。すごいです。

『合理的浮上』のハガキには PHOTO: MARC DOMAGE って書いてありますから、実際にカメラで撮影したのは、この Marc Domage さんで、写っているのが Philippe Ramette さんということなのでしょうか。無茶苦茶頑張らないとこんな風に写らないですよね。

実に面白い! マネしてみようかな。
posted by dunno at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 変!

2010年09月16日

太陽の東、トマトの西

後期も始まり、ゼミ・授業・会議で忙しい毎日でネタを作る暇がありません。実は、隠し球をひとつ持っているのですがブログに書くにはまだ調査研究が足りないんです。

ということで、今日は写真でも載せておきます。カテゴリは久々の「変!」。

最初の写真は全然「変!」でなくてすみません。今朝、撮った東の空の写真です。昨夜の激しい雨もあがりさわやかな朝でした。

2010_09160003.jpg

太陽は写ってないですね(看板に偽りあり!)、すみません。対句にするために強引にタイトルをつけたんです。

「変!」なのは、夕食にでたトマトなんです。

2010_09160005.jpg

なんかちょっと恥ずかしくなるような気がしますが……(^^;
















裏返すともっと恥ずかしい(爆)

2010_09160007.jpg



失礼いたしました……
posted by dunno at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 変!

2010年06月09日

円筒形の家!?

円筒形の家っていうとどんなものを想像します? 岡山のシンフォニーホールの上みたいに、茶筒が立っているようなのを想像する方もあるでしょう:
DSCF1759.JPG
(これは2005年3月末に引っ越してきたばかりの頃に撮った写真、今とは全然風景が違います)
また、奈義町現代美術館の円筒が斜めに横たわっている建物を思い出す人もあるでしょうね。
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/

今、昼休みにネットを散歩していたら、もっともっと小さい円筒の家が紹介してありました。いつまでも記事があるかどうかわかりませんが、こちらです:
Roll it Experimental Housing / University of Karlsruhe
(建築関係のサイト ArchDaily 〜ここはなかなか面白い!〜の記事)

ドイツのカールスルーエ大学の方々が作った実験的な家です。ロールケーキが横になったような形です。しかも壁が2層になっていて、内側が回転するのだとか。

3つの部分に分かれていて、リンク先の写真でいうと奥の部分がベッドと机、真ん中がエクササイズ用の場所(ハツカネズミの運動用のホイールみたい!)、手前が流し台付きのキッチンだそうです。奥のベッドを回転させて上に上げると机が使えるようになります。布団はどうするんだろう……。いちいち畳んで片付けるのかな。キッチン部分はさすがに回転しないんでしょうね。構造を解説する英語がいまいちピンとこないのでよくわかりません。

それにしても、これってとってもヘン!(そういうカテゴリー作りました(笑)、続くかな) 建築家って面白いことを考えますね。

外側から撮った写真で見ると、内部の写真で想像するよりずっと小さい感じです。

※ 記事へのコメントも、「トイレはどうなってるの?」「オレはハムスターみたいに暮らしたくない」「ハムスターみたいに暮らしてるくせに!」……とか、面白いです。
posted by dunno at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 変!