2017年10月14日

ソウル・ステーション/パンデミック

10月1日(日)の夜、シネマクレール丸の内で『ソウル・ステーション/パンデミック』。

メルパで観た『新 感染』の前日譚を描いたアニメです。ただ、本当に前日譚かというとちょっとおかしい感じもしました。このアニメの段階で、すでにソウルはほとんど戒厳令が出ているような状況です。新幹線が動くとはとても思えません。それにあの乗客たちはどうやって駅までたどり着けたのでしょう。よくわかりませんが、ほぼ同時進行ということなのでしょうか……。まあそれはさておき……

公式サイト
https://pandemic-movie.com


『新 感染』ではある程度「安全」な場所ってあったのですが、こちらではそういうことがなくて、もうハラハラ・ドキドキの連続でした。よくできたアニメだと思います。ただ、ある人物の描き方がやや詐欺的にずるいかもしれません。

シネマクレールでは字幕版の『新 感染』を月末から一週間やる予定です。ちょうど週末に東京に行くので、日曜日になんとか観に行けるかどうか微妙。メルパでは吹き替え版でしたので、ぜひ観たいのですが……。
posted by dunno at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

パターソン

10月1日(日)、シネマクレール丸の内で『パターソン』を観ました。

パターソン(NJ)という町に住むパターソンというバス運転手の一週間を描いています。

公式サイト
http://paterson-movie.com


毎日、判を押したような生活を繰り返す主人公は詩を書くのが趣味。映画の中で、偶然やはり同じようにノートに詩を書く人物と出会ったりします。全然知らない人なんですが、この町出身にウィリアム・カーロス・ウィリアムズという詩人がいて『パターソン』という詩集を出しているそうです。この詩人の名前は映画の中でもよく出てきます。

日本では一般人では、詩よりも短歌や俳句をたしなむ人が圧倒的に多そうです。ぼくは全くそういう類のものを創作する能力はありませんが、読むのなら近年好きになってきました。年をとったせいかも。好きといっても、土曜日の日経の俳句・短歌の投稿欄の半分くらいをざっと眺める程度。(先日値上げのお知らせがあったので、今月末でやめて、山陽新聞一紙だけ購読することにしました。心残りはこのページと最後の文化面だけかな……) この主人公のように、淡々と生きて淡々と詩を綴って生きているってなんだかいいですね。奥さんは一緒にいるとちょっと疲れそうなひとですが、かわいいですし、飼っている犬もいいキャラクターです。町にはきれいな公園(パターソン・グレート・フォールズ国立歴史公園)があって、滝まであるんです。いつか行ってみたくなります。

そうそう、この主人公、携帯やスマホを持っていないんです。それもいいですね〜。

最後に突然日本人が出てきます(永瀬正敏)。彼も詩人です。この映画の雰囲気にぴったしで、違和感は全くありませんでした。最近、まともな役が続いてますね。

いい映画でした。好きです。
posted by dunno at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年10月02日

ダイ・ビューティフル

9月30日にシネマクレール丸の内で『ダイ・ビューティフル』を観てきました。トランスジェンダーの「女性」を描いたフィリピン映画です。

公式サイト
https://www.cocomaru.net/diebeautiful


予告に描かれているように、ミスコンでの優勝を夢見ていた「トリシャ」がついにミス・ゲイ・フィリピーナに選ばれたその直後、トリシャは急逝してしまいます。一週間続く通夜では、日替わりで有名スターそっくりにメイクして美しく死ぬことを望んでいたトリシャの希望をかなえようと仲間が奔走します。

にぎやかで楽しそうな話にも見えますが、実際は父親や思春期になった養女との葛藤、学生時代の悲惨な体験の記憶、愛する男性を失う悲しさ、ミスコンでの失敗……などなども描かれて、なかなかしんどい映画です。通夜の描写と、過去の描写が交互にあって、やや、わかりにくい個所もありました。

個人的には、化粧をしない人が好きなので、どうしてそんなに美しくなりたいと思うのかはあまり理解できないのですが、まあ、それは本当に人の好き好き。生きたいように生きたのですからそれでよかったのでしょう。ただ、養女にまでミスコンへの出場を無理強いしたのはよくなかったですね。本人がいやがっていたのに……。この子が小さい時も、そして成長してからも、なかなかチャーミングな子でした。

ところで配給は「ココロヲ・動かす・映画社 〇」という妙な名前の新しい会社です。『私の少女時代』を配給してくれたのもこの会社。またいい映画を配給してほしいです。
posted by dunno at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年10月01日

2017年記事リスト(1月〜先月)

[2017.10.1更新]
1月
観たい・聴きたい…覚書(2017.1) (01/01/2017 00:00:00 予定)
2016年暮れから2017年の正月休み (01/04/2017 23:04:44 日記)
ザ・ギフト (01/17/2017 22:49:34 映画)
私の少女時代 OUR TIMES (01/17/2017 23:10:24 映画)
湯を沸かすほどの熱い愛 (01/18/2017 08:22:46 映画)
アスファルト (01/19/2017 23:05:00 映画)
アルジェの戦い (01/19/2017 23:34:03 映画)
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 (01/28/2017 23:46:09 映画)
みかんの丘・とうもろこしの島 (01/29/2017 12:49:03 映画)
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた (01/29/2017 16:53:14 映画)

2月
観たい・聴きたい…覚書(2017.2) (02/01/2017 00:00:00 予定)
最近の島津亜矢さん (02/10/2017 12:45:23 音楽)
湾生回家 (02/10/2017 22:55:52 映画)
はかた博物館 (02/11/2017 23:48:44 旅行)
中野由紀子さんのお皿 (02/11/2017 23:58:31 アート)
鈴木一平さんの『水鏡』 (02/12/2017 00:31:40 音楽)
newt suit (02/12/2017 00:41:27 日記)
小田原城と富士山 (02/12/2017 09:38:51 旅行)
最近の空 (02/12/2017 09:42:38 日記)

3月
観たい・聴きたい…覚書(2017.3) (03/01/2017 00:00:00 予定)
ガラス作品を観てきました (03/13/2017 16:12:11 アート)
愚行録 (03/13/2017 23:04:24 映画)

4月
観たい・聴きたい…覚書(2017.4) (04/01/2017 00:00:00 予定)
ヒトラーの忘れもの (04/02/2017 22:36:16 映画)
未来を花束にして (04/02/2017 23:14:09 映画)
人生フルーツ (04/02/2017 23:30:28 映画)
ネオン・デーモン (04/02/2017 23:42:18 映画)
ドント・ブリーズ (04/08/2017 12:04:11 映画)
お嬢さん (04/08/2017 13:04:40 映画)
たかが世界の終わり (04/08/2017 22:58:32 映画)
海は燃えている イタリア最南端の小さな島 (04/08/2017 23:17:45 映画)
たつみ演劇BOX@後楽座(2017.4.9) (04/10/2017 13:02:02 演劇)
LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 (04/10/2017 16:41:40 映画)
イシイアツコ 新作銅版画展(2017)@テトラへドロン (04/13/2017 23:58:33 アート)
たつみ演劇BOX@後楽座(2017.4.13) (04/16/2017 15:58:41 演劇)
岡田多恵ガラス展@ガレリアヴェンタリオ (04/16/2017 16:22:47 アート)
元町から新神戸駅まで散歩 (04/16/2017 23:25:40 旅行)
島津亜矢デビュー30周年記念コンサート@岡山市民会館 (04/19/2017 22:50:46 音楽)
わたしは、ダニエル・ブレイク (04/23/2017 14:05:09 日記)
福岡・百道浜(1) (04/23/2017 15:47:11 旅行)
福岡・百道浜(2) (04/23/2017 16:11:31 旅行)
福岡・天神中央公園付近 (04/23/2017 22:04:17 旅行)

5月
観たい・聴きたい…覚書(2017.5) (05/01/2017 00:00:00 予定)
旭川の土手 (05/06/2017 11:15:01 岡山)
連休初日:毎年恒例・大阪日帰り旅行(2017.4.29) (05/06/2017 18:04:45 旅行)
唐組・第59回公演『ビンローの封印』 (05/06/2017 19:13:32 演劇)
連休2日目(4.30) (05/07/2017 12:07:27 岡山)
連休3日目(5.1)映画『?嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』 (05/07/2017 15:21:36 映画)
連休4日目(5.2)映画『アシュラ』『マン・ダウン 戦士の約束』 (05/07/2017 20:06:41 映画)
連休5日目(5.3):神戸日帰り旅行 (05/07/2017 22:09:47 旅行)
劇団花吹雪@新開地劇場 2017.5.3 夜の部 (05/14/2017 23:09:10 演劇)
中野由紀子さんの新作 (05/14/2017 23:27:59 アート)
東京ウィンドオーケストラ (05/15/2017 23:09:44 映画)
八重子のハミング (05/15/2017 23:22:50 映画)
哭声(コクソン) (05/16/2017 22:30:28 映画)
おとなの事情 (05/16/2017 22:52:04 映画)
テレビ放送での島津亜矢さん (05/18/2017 21:26:55 音楽)
よしだよしこライブ@デスペラード (05/18/2017 22:27:54 音楽)
サラエヴォの銃声、SMOKE デジタルリマスター版 (05/19/2017 21:49:10 映画)
ムーンライト (05/31/2017 21:50:41 映画)
グリーンルーム (05/31/2017 22:11:28 映画)
劇団花吹雪@新開地劇場 2017.5.27 (05/31/2017 23:34:34 演劇)
(05/31/2017 23:53:44 映画)

6月
観たい・聴きたい…覚書(2017.6) (06/01/2017 00:00:00 予定)
京都に出張(5/22, 23) (06/01/2017 10:34:43 旅行)
20センチュリー・ウーマン (06/04/2017 22:13:31 映画)
5月16日の花吹雪・ラストは島津亜矢メドレー☆ (06/05/2017 13:06:19 演劇)
午後8時の訪問者 (06/06/2017 14:03:49 映画)
一葉さん(安田一葉さん) (06/14/2017 20:10:12 音楽)
はじまりへの旅 (06/20/2017 22:19:04 映画)
お嬢さん (06/20/2017 22:32:57 映画)
武曲 MUKOKU (06/20/2017 22:37:45 映画)
タレンタイム〜優しい歌 (06/24/2017 22:41:41 映画)
マン・ダウン 戦士の約束 (06/26/2017 14:40:17 映画)
マンチェスター・バイ・ザ・シー (06/26/2017 16:24:15 映画)
イップ・マン 継承 (06/26/2017 22:18:44 映画)
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー (06/26/2017 22:39:13 映画)
タレンタイム〜優しい歌(続き) (06/28/2017 12:13:49 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年6月) (06/30/2017 23:59:55 音楽)

7月
観たい・聴きたい…覚書(2017.7) (07/01/2017 00:00:00 予定)
ブラインド・マッサージ (07/08/2017 23:03:39 映画)
忍びの国 (07/09/2017 16:56:52 映画)
トンネル 闇に鎖された男 (07/09/2017 20:41:06 映画)
僕とカミンスキーの旅 (07/09/2017 21:53:39 映画)
亜矢さんの「YOSAKOI 祭り歌」、そして緑子さん (07/16/2017 21:52:50 音楽)
亜矢さんの動画集(舞台・TV番組スペシャルなど) (07/16/2017 22:13:14 音楽)
ハクソー・リッジ (07/16/2017 23:33:57 映画)
座KANSAI@後楽座 2017.7.14 (07/17/2017 00:33:38 演劇)
青年劇場公演「オールライト」@岡山市立市民文化ホール (07/17/2017 14:01:07 演劇)
セールスマン (07/17/2017 22:49:29 映画)
山崎ハコさんの歌 (07/31/2017 15:50:35 音楽)
怪物はささやく (07/31/2017 16:25:32 映画)
草原の河 (07/31/2017 16:48:16 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年7月) (07/31/2017 23:59:58 音楽)

8月
観たい・聴きたい…覚書(2017.8) (08/01/2017 00:00:00 予定)
SINGER4は9月20日発売☆ (08/05/2017 17:06:58 音楽)
傍らにいた人 (08/06/2017 00:02:08 読書)
3D地図 (08/08/2017 22:19:36 日記)
SINGER4、曲目決定 (08/16/2017 10:00:08 音楽)
石井みつこ作品展 「ぼちぼちやって ときどきあせる」 (08/17/2017 20:32:47 アート)
海辺の生と死 (08/20/2017 17:48:12 映画)
柳くるみさんはやっぱりすごかった☆ (08/20/2017 20:18:01 音楽)
届かない場所 高松明日香展@三鷹市美術ギャラリー (08/25/2017 22:59:04 アート)
ニコライ堂、聖橋 (08/30/2017 23:23:01 日記)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年8月) (08/31/2017 23:59:00 音楽)

9月
観たい・聴きたい…覚書(2017.9) (09/01/2017 00:00:00 予定)
AYAちゃんの新曲☆ (09/01/2017 11:52:20 音楽)
ストリートビューで神田川下り (09/05/2017 22:15:05 日記)
湯島聖堂〜昌平橋〜万世橋 (09/05/2017 23:26:26 旅行)
松江旅行2017(1)一日目・その1・寺町〜松江大橋近辺 (09/06/2017 07:51:06 旅行)
松江旅行2017(2)一日目・その2・松江城および周辺 (09/06/2017 08:38:45 旅行)
松江旅行2017(3)一日目・その3・城北エリア (09/06/2017 23:38:21 旅行)
松江旅行2017(4)一日目・その4・松江ゴーストツアー (09/07/2017 08:36:27 旅行)
松江旅行2017(5)二日目・その1・人参方、白潟、島根県立美術館 (09/09/2017 22:42:41 旅行)
新 感染 ファイナル・エクスプレス (09/09/2017 23:22:31 映画)
松江旅行2017(6)二日目・その2・ゴーストツアー再訪 (09/10/2017 14:47:37 旅行)
松江旅行2017(7)二日目・その3・堀川遊覧船、島根県立美術館、宍道湖の夕日 (09/10/2017 15:51:49 旅行)
松江旅行2017(8)三日目・その1・黄泉比良坂(よもつひらさか) (09/10/2017 22:18:33 旅行)
松江旅行2017(9)三日目・その2・揖夜神社 (09/11/2017 22:07:28 旅行)
松江旅行2017(10)三日目・その3・阿太加夜神社 (09/12/2017 20:39:10 旅行)
松本旅行2017(1) 伊藤博敏さんの石アート (09/13/2017 23:31:13 旅行)
松本旅行2017(2) 松本の水 (09/14/2017 23:51:19 旅行)
松本旅行2017(3) レトロな建物 (09/15/2017 19:37:00 旅行)
松本旅行2017(4) 古い家・緑に覆われた家 (09/15/2017 19:57:23 旅行)
松本旅行2017(5) 寺・神社(お宮)他 (09/15/2017 20:33:22 旅行)
島津亜矢さんの新作☆ (09/22/2017 07:05:46 音楽)
ユリゴコロ (09/24/2017 09:43:35 映画)
ボンジュール、アン (09/25/2017 11:43:07 映画)
幼な子われらに生まれ (09/25/2017 12:11:40 映画)
彼女の人生は間違いじゃない (09/25/2017 12:45:15 映画)
ドリーム (09/30/2017 18:55:36 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年9月) (09/30/2017 23:59:00 音楽)
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事リスト

2017年09月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年9月)

2017年9月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の記録です。

9/2(土) 11:00〜14:00 テレビ大阪「夏祭りにっぽんの歌」
「我が良き友よ」出演者一同
「帰らんちゃよか」
「柔」
「青春時代」出演者一同

9/10(日) 13:05〜15:30 NHKラジオ第一「日曜バラエティー」生放送
「大器晩成」
「感謝状〜母へのメッセージ〜」
「おさらば故郷さん」
「心」

9/10(日) 19:30〜21:00 NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」(常陸太田市) (再) 9/16, 9/22
「青い山脈」川中美幸・坂本冬美・島津亜矢
https://youtu.be/pHi9DcmTWMI
「忘れな草をあなたに」
https://youtu.be/x3xMJimuk9E
「野崎小唄」坂本冬美・島津亜矢
https://youtu.be/XkpnlzpD_Xs
「高校三年生」氷川きよし+全員
「見上げてごらん夜の星を」
https://youtu.be/R6JUydesupU
「いつでも夢を」全員
https://youtu.be/2SXgMTX86QM

9/14(木) 19:56〜22:54 TBS系「UTAGE!」
https://youtu.be/VBXahP4aAKc (両方)
『美女と野獣』の主題歌 w/ 堂珍嘉邦
https://youtu.be/p4F2dTwFY04
「イミテイション・ゴールド」(山口百恵ヒットメドレー)
https://youtu.be/2d0ymKFDfYE
※このUTAGE! を含め、最近民放の番組への出演、そして、アニメ映画の主題歌への抜擢などで、今まで島津亜矢さんのことを知らなかった方が亜矢さんの歌に感動しておられる様子をツイッターのまとめ等で知り、嬉しい気持ちでいっぱいです。歌もうまいですし、あの可愛らしさが魅力なのだとも思います。もう46歳ですけれど、なんだかアルプスの少女ハイジがそのまま大人になったような印象ではないでしょうか。亜矢さんには色んな歌を歌い続けてほしいと思います。

9/15(金) 20:00〜 BS-Japan 「徳光和夫の名曲にっぽん」2時間スペシャル
「一本刀土俵入り」
https://youtu.be/8r-bXcuY3Ak
※長谷川伸はぼくの大好きな作家。まだ歌になっていないいい芝居もたくさんあるんです。例えば『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』。ぜひ取りあげてほしいです。亜矢ちゃんに唄って欲しいです。男の気持ちで唄うか、女の気持ちで唄うか、悩むところですが、ひとつの歌の中で両方歌い上げるのもいいかなと思います。

9/19(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン」(生放送)
「東京ららばい」 w/ 杜このみ
「東京ラプソディ」天童よしみ w/ 全員
「空に星があるように」
※「空に星があるように」ってそもそもそんなに盛り上がる曲ではないので、もっと淡々と唄ってもよかったかな……という気がしました。つぶやくぐらいでもいい気がします。
※伊東ゆかりさんのカバーがYouTubeにありました。これくらいがいいんじゃないかな。亜矢ちゃん向きの歌ではないですね。
伊東ゆかりバージョン https://youtu.be/02IA0E6R4I0
荒木一郎バージョン https://youtu.be/JiXxPTspVAo

9/24(日) 12:15〜13:00 NHK総合「NHK のど自慢」(阿蘇市)
https://youtu.be/Q88EVHrEI2s
「心」
https://youtu.be/7CkUvqOSmqo
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ドリーム

午前中、イオンシネマ岡山で『ドリーム』を観てきました。

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/


話題作です☆ 「映画を語る会in岡山」の課題作にも選ばれています。早速、行ってきました。

よかった〜☆☆☆

1961年から1962年のアメリカはまだ人種差別の厳しい時代。バージニア州ハンプトンにあるNASAの研究所で「計算」する仕事に携わる3人の黒人女性を描いた作品です。

ちょっと関係のありそうな歴史を復習しておきます:
1955年12月 アラバマ州モンゴメリーでのバス・ボイコット(ローザ・パークス、キング牧師)
1961年4月 ソ連ボストーク1号が初めての有人宇宙飛行に成功(ガガーリン)
1962年2月 マーキュリー・アトラス6号打ち上げ(グレン)
1963年8月 ワシントン大行進(キング牧師の有名な演説 "I have a dream.")
1963年11月 ケネディ大統領暗殺・ジョンソン大統領就任
1964年7月 公民権法制定

差別のため八方ふさがりの中、3人はしっかり自分の進みたい道を歩んで行きます。そして言うべき時にはしっかり主張をするところが偉いです。

数学が得意なキャサリンが一番メインで描かれます。白人男性ばかりの職場で苦労し、トイレも半マイル離れた建物までいかないといけないという悲惨な殊遇。雨でずぶぬれになって職場に戻って、不在を上司に責められたときの彼女の発言では思わず声がでそうになるほどこみ上げるものがあり、涙を流してしまいました。

オススメです。
posted by dunno at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年09月25日

彼女の人生は間違いじゃない

9月9日(土)、シネマクレール丸の内で『彼女の人生は間違いじゃない』を観ました。

公式サイト
http://gaga.ne.jp/kanojo/


3・11の津波で母を亡くし、父親といわき市の仮設住宅に暮らす主人公の女性(みゆき)は、市役所の職員の傍ら、週末は高速バスで東京にいきデリヘル嬢をしています。もちろん彼女の話はメインなんだけれど、まわりのいろんな人たち……父親、隣に住む東電職員とその妻、市役所職員の若者とその弟、新潟からやはり東京にやってきてデリヘル嬢をする若い女性、主人公の元の恋人、デリヘル事務所の若い男、……の話が丁寧に描かれて見ごたえのある映画でした。悲しみ、苦しみが伝わってきました。幸せを祈らずにはおれません。

ただ、みゆきがなぜデリヘル嬢になったのか……そこがよくわかりませんでした。お金? たしかに父親は農地が汚染されてしまい、農業をせず、補償金で毎日パチンコ三昧。親子喧嘩をしていました。でもそれが原因じゃあない気がします。生き残ったことに対する罪悪感から自分を傷つけていたのでしょうか。

写真展がある意味クライマックスでした。ちょっと泣いてしまいました。亡くなった人に救われるのですね。

それにしてもみゆきを演じた女優さんはとってもきれいな方でした。
posted by dunno at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

幼な子われらに生まれ

9月3日(日)、シネマクレール丸の内で『幼な子われらに生まれ』を観ました。

公式サイト
http://osanago-movie.com


面白くなかったわけじゃあないけれど、書く気がおきず、ずいぶん時間がたってしまいました。
いい映画だとは思います。親の離婚によって、本当の父親とは離れてしまうこと、そして新しい父親と一緒に暮らすこと……子どもにとっては大きなストレスになります。トラブルも起こるでしょう。それが結局はある意味ほっとする関係にかわっていくのって安易だなぁ〜と思ってしまいます。よかったね、としか書きようがありません。

ちょっと驚いたのは、主演の浅野忠信。いいお父さんですね。こういう役は想定外だったんじゃないでしょうか(笑)。
posted by dunno at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画