2018年02月08日

平田友美展〜Begin〜@Gallery Tanaka

平田友美さんは11月に表町のテトラへドロンで個展を開かれたばかりです。
「平田友美さんの硝子ブローチ」
http://flim-flam.sblo.jp/article/181860309.html

なんと2か月後の1月27日から2月1日まで有楽町駅近くのギャラリー田中で個展 Begin を開催されました。東京での初めての個展だそうです。ちょうど1月31日から東京出張になり(ラッキー!)、着いたその晩、出かけてきました。

Gallery Tanaka
http://www.g-tanaka.info/

平田さんは1/27, 28, 29の三日間在廊されたそうです。個展の様子をブログに載せておられます。次の記事からたくさん関連記事が載っていますのでぜひご覧ください。

「平田、東京にて初個展☆」
http://glass20030407.blog92.fc2.com/blog-entry-1693.html

次の記事にはぼくの購入した作品もちらっと写真に写っています。

「ギャラリー田中での個展様子☆」
http://glass20030407.blog92.fc2.com/blog-entry-1697.html

ガラス絵の作品がよかったです。もちろんグラスリウムも色んなタイプや大きさのものがあって楽しかったです。大きいのは手が出ませんが(笑)。

で、今回購入したのはこちら。テトラパックの一輪挿しです。今は食卓に置いてます。

20180131hirata22a.jpg 20180131hirata22b.jpg 20180131hirata22c.jpg

面白いですね〜。他の作品とは全く異質。赤いのもありました。

青いのを買われた Chihiro Tanaka さんのツイートはこちら。とても気に入られたようです。
https://twitter.com/chihiro_tanaka/status/957635291942084609
「今日たまたま紹介されて観に行ったガラス作家さんの作品が、それはもう素敵すぎて迷わず購入。テトラパック一輪挿し。」

元気いっぱいの平田さん、次回のテトラへドロンではどんなものを見せてくれるでしょうか。楽しみです。若いっていいですね。
タグ:ガラス
posted by dunno at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

スリー・ビルボード

もう一週間たってしまいましたが、2月1日(木)・映画の日にTOHOシネマズ渋谷で『スリー・ビルボード』を観ました。出張で上京中でした。用務が終わるのが早ければ、宿泊地に近い有楽町で観れたのですが、残念ながらそちらには時間が合わず、渋谷まで足を運びました。小雨が降っていて、夜には雪に変わるという予報でした。

記憶からすっかり消えてしまう前にメモっておくことにします。

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/


主人公のミルドレッドの娘は7か月前、何者かにレイプされ丸焼きにされて殺されました。しかし町の警察はなんの手がかりも見つけることができませんでした。その状況に業を煮やしたミルドレッドは犯罪のおかされたさみしい道沿いの使われていない野外広告看板(3つ並んで立っています)に、警察のウィロビー署長に対して犯人がいつ逮捕されるのかを問いかける広告を載せます。大金が必要なのですが、離婚した元夫からのお金をそれに回したのです。それを最初に見つけたのは若い警察官ウェルビー。仰天して署長に電話します。……

これで署長が悪い奴だったら話は単純なのですが、ウィロビーは町の人々に愛されている好人物。ミルドレッドのところにやってきて、誠実に現況を伝えますがミルドレッドは相手にしません。ミルドレッドはその偏屈さもあって、思惑とは逆に町の人々の反感を買ってしまいます。でも、このキャラクターがとてもいいんです。ぼくは惹かれました。いい演技だと思います。そりゃあやりすぎだろ! と思うところも出てきますので、血に弱い人はご注意を。

警官たちはくずな連中が多いのですが、中でも広告を最初に見つけたウェルビーは乱暴者。特に元々黒人にはひどい扱い方をする男ですが、この件に関連しては白人にでも容赦しません(予告編にもそのシーンが出てきますね)。

そんないやな連中が出てくるような話を観たくないと思われるかもしれないんですが、これがなかなかよくできていて(話を作りすぎと言えないこともないんですが)、感動作でした。ネタバレはしたくないので書きにくいのですが……人って変わるものなんですね。主人公にしても、また他の登場人物にしてもです。

ただ、残念なのは、署長が普段からもっと署員(特に若い署員)をうまく教育していればよかったのに……ということです。「7割の黒人に対して乱暴な警官たちをクビにしたら、残りはみな同性愛嫌悪者だ」みたいなジョークをいうシーンがあります。それって笑ってる場合じゃないでしょ? 

ともかく最後は観終わってほっとしました。おススメです。ベスト10に入りそうです。

※酒場の中でかかる音楽がすごくなじみのある曲だったんですが、タイトルがわかりませんでした。それでこの映画のサウンドトラックを調べたらこれでした。「ナー、ナナナナーナー、ナナーナナーナナ、ナナナーナー」っていうところが一番覚えやすいところ(そんな歌詞は覚えるって言わないか・笑)。
The Night They Drove Old Dixie Down
https://youtu.be/2CDli4k8y6k

※サウンドトラック情報
http://tower.jp/article/feature_item/2018/02/02/0110

で、どこでこの歌を覚えたのかというと、よしだよしこさんが『崩れ落ちるものを感じるかい?』というタイトルで歌っておられるんです。英語で聴くと、それが思い出せませんでした。いくつかのバージョンをリンクしておきます。

よしだよしこ (Yoshiko Yoshida) - The Night They Drove Old Dixie Down
https://youtu.be/1jXlRQ7kLMg

'10.4.10 よしだよしこ「崩れ落ちるものを感じるかい?」@沼津P-STAGE
https://youtu.be/4HAXll4TRKI
posted by dunno at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年02月01日

2018年記事リスト(1月〜先月)

[2018年2月1日更新]
1月
観たい・聴きたい…覚書(2018.1) (01/01/2018 00:00:00 予定)
パーティで女の子に話しかけるには (01/17/2018 19:34:12 映画)
ノクターナル・アニマルズ (01/17/2018 20:09:33 映画)
ゲット・アウト (01/26/2018 13:59:36 映画)
tunehikoさんのブログ記事、長谷川伸のこと (01/29/2018 10:35:50 演劇)
福岡・舞鶴公園(1/7) (01/29/2018 11:37:47 旅行)
福岡・天神から六本松(1/8) (01/29/2018 12:52:18 旅行)
ラムーの建築現場 (01/29/2018 13:14:39 岡山)
山口の散策(椹野川・山口線・鉄塔・橋) (01/29/2018 18:02:49 旅行)
フェイ・ウォンの「菲靡靡之音」 (01/31/2018 21:02:51 音楽)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年1月) (01/31/2018 23:59:00 音楽)
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事リスト

2018年01月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年1月)

2018年1月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。1/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

1/2(火) 9:00〜10:54 BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん2時間スペシャル」(再)
『大空と大地の中で』
https://youtu.be/_KCWoxZQipQ
『大器晩成』
https://youtu.be/9G5ZKoUMwDs
『心』
https://youtu.be/bZ5B6PaaVZM

1/6(土) BSSラジオ/谷口 和美「演ここ.」より「声の年賀状」
https://youtu.be/M4OycTWIto0

1/7(日) 19:30〜20:58 BSプレミアム「新・BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」
『一本刀土俵入り』
https://youtu.be/-BreJ7tI11k
https://youtu.be/UsqHaWgI9-o
『仰げば尊し』
https://youtu.be/8J9tWoV7myM

出張で泊まっているホテルのテレビではBSプレミアムが見れませんでした。無念、残念、……『一本刀〜』はもちろんですが、『仰げば尊し』の評判もよいようです。聴きたいです。

1/13(土) 12:00〜13:13 BSプレミアム「新BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」(再)
※がーん、この日も観れない……(泣)。

1/13(土) 13:00〜13:54 BS-TBS 「日本名曲アルバム【 美空ひばり特集!芸道一筋40年の歩み! 】」(再)

1/19(金) 16:30〜17:43 BSプレミアム「新BS日本のうた〜新春スペシャル2018〜」(再)
※今度こそ……☆ 早く帰らなきゃ。
 ……また観れませんでした。

1/30(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン〜冬景色 雪の歌まつり」
『雪の華』
http://www.nanapv.com/?p=4987
https://www.bilibili.com/video/av18939571/
※これはSinger4に入って欲しいと思っていた曲の中の一つでした。これを歌ってくれて嬉しいです。
http://flim-flam.sblo.jp/article/180560049.html
この歌を知ったのは中島美嘉さんバージョンではなく、中国の韓雪さんのカバー『飄雪』の方でした。同じタイトルのアルバムを買いました。一曲目に入っています。

Han Xue/韩雪- 《中日友好歌友会 飘雪 现场版》
https://youtu.be/D1e5rJQ-pbg
(現場版と書いてありますが、ステージの映像にCDの音を重ねているように見えます)

中国の歌手が出てきたらやはりテレサ・テンの歌も思い出してしまいます。雪に関係した歌は色々ありますが、ぼくが一番好きなのは『雪中蓮』。

【雪花飘− 雪中蓮】邓丽君歌曲 (Teresa Teng Lotus in the snow)


フェイ・ウォンがカバーしています。

王菲 - 雪中莲 [HQ].mp4
https://youtu.be/DiWQe-bggJE

曲もいいんですが、歌詞が素晴らしい☆
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

フェイ・ウォンの「菲靡靡之音」

昨日から、フェイ・ウォンとテレサ・テンのことがずっと頭から離れません。

テレサ・テンさんは『空港』がヒットした時に大好きになりました。その後あまりフォローはしていなかったのですが、アメリカに留学して4か月後にニューヨークの友達のところに遊びに行き、連れて行ってもらった中華街に音楽テープ屋さんがあってちょっと覗いてみたときにかかっていたのがなんだか懐かしい唄声。お店の人にこの人のカセットがあるかと訊ねたところ集めてくれたのがテレサ・テンさんのカセットでした。その時は2つ、買ったかな? その後も各地の中華街に行くたびに、そして日本に一時帰国したときに、カセットが増えていきました。

10年前にまとめた好きな音楽のことを書いた次のページにも当然テレザ・テンのことを書いています。
「よく聴く音楽」
http://surgery.matrix.jp/ent/musics/index.html

彼女が亡くなってからも、映画『ラヴソング』でまたテレサ・テンにすっかりはまりました。下のページには彼女のカセットの写真も小さいですが載せています。この映画の中で主人公たちが彼女のカセット・テープを売って金儲けしようとするエピソードも忘れられないです。
「ラヴソング(甜蜜蜜)」
http://surgery.matrix.jp/ent/movies/essay/m007.html

今は若い人も地元志向が強くなってきているようですが、昔は、広い世界へ出て行きたいという人が多かったと思います。『ラヴソング』は大陸から香港に出稼ぎにやってきた若い男女がだんだん親しくなっていくけれど、別れを経て、最後にニューヨークで再び結ばれる話です。田舎者が寄り添い合うシーンを見ていると、とっても揺さぶられてしまいます。

話がそれてしまいました。

ぼくが歌姫と呼びたい人は3人いて、テレサ・テンとフェイ・ウォンと島津亜矢さんです。ベット・ミドラーも大好きだけど、彼女は歌姫という雰囲気ではないですね(笑)。

そのフェイ・ウォンが尊敬するテレサ・テンの曲をカバーして作ったのが「菲靡靡之音」というアルバムです。以下のページで詳しく紹介されています。日本の曲も入っています。テレサ・テンの曲と書きましたが、テレサ・テン自身がカバーした他の人の曲も入っています(例えば梓みちよさんの曲)。

wikipedia

なじみのない曲も多かったのですが、入っている曲のテレサ・テンのCDはすべて集めました。二人の歌を並べてCD-ROMにも入れたりしました。それをここに載せるわけにはいかないですので、YouTubeから集めてきました。各曲で上のリンクがフェイ・ウォンのもの。したがテレサ・テンのものです。ひとつしかないのは、両方が入っています。

それではどうぞ、お暇なときにお楽しみください。名曲ぞろいです。

1.雪中蓮
https://youtu.be/DiWQe-bggJE
https://youtu.be/PtDUkhO1dL4

2.你在我心中
https://youtu.be/17sc_PNkpiU
https://youtu.be/n9wausxgGIk

3.但願人長久
https://youtu.be/wCREDfUEd3Y
https://youtu.be/PwCE2XdrkD8

4.君心我心
https://youtu.be/3CzShQg_uIA
https://youtu.be/B9nQ-tS0uCc

5.初戀的地方
https://youtu.be/NInEc-bk8Ng
https://youtu.be/cfc-sVzg2QY

6.南海姑娘
https://youtu.be/TsvIp0hJ5E8
https://youtu.be/doYlW5K-iVA

7.假如我是真的
https://youtu.be/4hjWOkjFWM8
https://youtu.be/mklLd6xGPTI

8.翠湖寒
https://youtu.be/3VCCHoDZFxc
https://youtu.be/5xEfXwscz8E

9.黄昏裡
https://youtu.be/6SFTOSbd_Z8
https://youtu.be/irQmIicRhtA

10.奈何
https://youtu.be/aWRxkP8nDfk
https://youtu.be/2gg69tYyw-s

11.一個小心願
https://youtu.be/3pAEdsSQ77U
https://youtu.be/JzAW89zgexU

12.又見炊煙
https://youtu.be/Rdz-L7zFnbY

13.原郷情濃
https://youtu.be/b2NsLdWUVKA
https://youtu.be/AhDUlyxJavE

---
以下は日本版のボーナストラック。残念ながら、ぼくは日本版じゃないのを購入しました。

14.千言萬語 (Live Version)
https://youtu.be/H_m4kELBguQ
https://youtu.be/FVFLZACPWQ8

※作詞家の荘奴という方の作品がいくつか入っていますが、この人はテレサ・テンの作品の詞をかなりたくさん書いておられます。残念ながら2016年に亡くなられたようです。
wikipedia
posted by dunno at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年01月29日

山口の散策(椹野川・山口線・鉄塔・橋)

今月はあまりブログ記事が書けませんでしたので、まとめて書いています。山口の母が昨年末から入院しています。最近はやっと口からゼリーや重湯を食べることができるようになりました。できるだけ家族が付き添って食事の世話などをしていますが、ぼくも週末には山口に行くようにしています。

母の家から病院まで、歩くと片道1時間かかりますが、雨さえ降っていなければ、なかなか快適な散歩ができます。1月20日に撮影した山口の風景を載せておこうと思います。この経路は昔歩いた覚えがないところで、新鮮な感じです。

夕方ですので、西の方向を向くと太陽がまぶしくてあまりはっきりした写真がとれていませんが、悪しからず。

まず、湯田温泉方面から大内に向かって歩いていたので椹野川(ふしのがわ)の土手を目指して歩きました。山口線の踏切を越えたところが土手です。踏切で山口線の線路を撮りました。左が湯田温泉駅方面、右が山口駅方面です。
P_20180120_164344.jpg P_20180120_164349.jpg

土手に上って抹消面に見えるのが姫山です。その手前を椹野川が流れています。手前の河原は「井手ケ原河川公園」という公園になっていました。

姫山は中学生のころまでは何度か登っていますが、その後は一度も登ったことがありません。姫山には伝説があって山の上にある井戸で殺されたんだそうです。いろんな話が伝わっているようですので、興味のある方はこちらをご覧ください:
http://oouchibunka.jp/ouchishi/column/26.html

姫山登山の記録を写真付きで残しておられる方があるので、将来(そんな将来はないかも)のために記録しておきます:
「中国地方の登山紀行 法師崎のやまある記」より
http://www.geocities.jp/houshizaki/himeyama-yamagutisi.htm


それでは土手から、姫山の左方面を撮った写真をどうぞ。
P_20180120_164444.jpg

椹野川にかかる赤い橋が見えます。その向こうに三角屋根の塔のようなたてものが見えますが、これは山口中央高校のキャンパスです。そのもっと左には鉄塔が見えます。そしてそのちょっと左になにやら朱色っぽく見えるものが小さく見えています。これは新鰐石橋にかぶさるように作られている歩道橋です。ここを目指して歩きます。

土手を少し歩くと左下にもうひとつ踏切が見えてきましたので、そちらに降りてみました。井手ケ原踏切という名前が読み取れます。
P_20180120_164626.jpg

ここで山口線の線路は橋を渡ります。この下を流れるのは「一の坂川」という市内で有名な川です。この鉄橋をくぐって右手を流れている椹野川に合流します。

P_20180120_164649.jpg

また土手にあがって、一の坂川を越えて振り返った写真がこちらです。
P_20180120_164725.jpg

また椹野川方面を眺めてみました。一の坂川が椹野川に合流しているところが見えています。ちなみに山口大学は、姫山の右側をぐるっと向こう側に回ったところにあります。
P_20180120_164713.jpg

さらに土手の遊歩道を歩いていきます。素敵な木があったので、西側からと通り過ぎて東側から撮ってみました。
P_20180120_164807.jpg P_20180120_164849.jpg

赤い橋が近くなってきました。
P_20180120_164944.jpg

土手はゆるやかに右にカーブしているので、山口線からすこしずつ離れていきます。ちょうど山口線の列車(2両編成のジーゼル)が通り過ぎました。
P_20180120_164957.jpg

土手の左下には廃屋になった物置らしきものが2つ見えます。
P_20180120_165024.jpg

やっと赤い橋まで来ました。これは歩行者と自転車のみ通行可能な橋です。渡ったところに、鉄塔が見えます。
P_20180120_165052.jpg P_20180120_165039.jpg

ここでまた西の空を写してみました。
P_20180120_165117.jpg

椹野川に目を向けるとそこは合流地点になっています。地図でチェックすると、どちらも椹野川と書いてあります。ただ、右手(つまり奥の方)はたぶん「仁保川(にほがわ)」というのだと思います。ここらあたり、どんどんいろんな川が合流していますが、仁保川は防府と山口を結ぶ道の「御堀橋(みほり)」の下をくぐって流れてきます。
P_20180120_165155.jpg P_20180120_165307.jpg

河原から、川とは反対方向を向くと、そこに鉄塔が一本見えます。ずっと手前からも見えていた鉄塔です。
P_20180120_165250.jpg

土手にあがり、鉄塔に近寄ってみました。なかなか立派です。川の向こう側の鉄塔には電線がのびていますが、この鉄塔からは左右それぞれの腕から、真下に線が延びています。
P_20180120_165325.jpg P_20180120_165414.jpg

つまりこの鉄塔はこの「線」の最初か、最後の鉄塔ということになります。ということはここは変電所?

川の向こうの鉄塔たちと夕日を一緒に撮ってみました。手前に先ほどの鉄塔が存在しています。
P_20180120_165426.jpg

鉄塔にぐっと近づいて撮った写真を何枚かどうぞ。
P_20180120_165558.jpg P_20180120_165614.jpg P_20180120_165704.jpg

これらの写真ではよく見えませんが、鉄塔の下、左右に分かれた部分には一方には「新大内線 1R」、他方には「新大内線 1L」と書かれていました。「新大内線」というのですね。

昔、『鉄塔 武蔵野線』という小説とその映画化されたものがあって、「武蔵野線」の鉄塔を2つぐらいたどったことがあります。懐かしい……。今は、3つの線にわかれているそうです:
Wikipedia

当時のメモもどうぞ:
http://surgery.matrix.jp/ent/movies/essay/m003.html

さて、さらに進むと歩道橋が近くなってきます。また、足元には可愛らしいスイセンが咲いていました。
P_20180120_165745.jpg P_20180120_165906.jpg

歩道橋から眺めた風景をどうぞ。

椹野川です。
P_20180120_170201.jpg

空です。
P_20180120_170234.jpg P_20180120_170241.jpg

古い鰐石橋です。橋の左端、手前に「鰐石の重岩」が見えます。岩の上には松がはえています。
P_20180120_170310.jpg

鰐石の重岩についてはこちらをどうぞ。
https://chuburujapan.com/blog/?p=878

公式的にはどうなのかわかりませんが、「鰐石」はふつう「わにし」と読みます(上のブログでもそう書いてあります)。ただ、道路の住居表示には「わにいし」と書いてあるのを見た覚えがあります。だれもそう発音しませんが。

鴻ノ峰(こうのみね・正面の山)方面の写真:
P_20180120_170454.jpg

左端に似たような山がふたつ重なっているのが兄弟山(おとどいやま)ですが、子供の頃は「ふたごやま」と呼んでいました。「おとどい」なんて言葉は難しすぎたのでしょう。

兄弟山の奥にあるのが西鳳翩山(にしほうべんざん)、この辺りで一番高い山です。電波塔がたくさん立っています。一度も行ったことがありません。逆に右側奥の一番高いところが東鳳翩山(ひがしほうべんざん)です。こちらは西よりやや低いのですが、ハイキングに絶好の山です。ここで新年を迎えたことがあります。

それよりさらに右で、もう少し下を見ると、2本の白い塔が見えます。山口サビエル記念聖堂です。

以上長々とお付き合いいただきありがとうございました。
posted by dunno at 18:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行

ラムーの建築現場

昨年の5月に、「旭川の土手」という記事を書きました。
http://flim-flam.sblo.jp/article/179661020.html

そのときゴルフ練習場「ワイワイ倶楽部」の跡地の写真を載せました(撮影は四月)。

今は「ラ・ムータウン岡山中央」というショッピングセンターの建設工事が進んでいます。二棟、離れて建設中です。どんなものができるんでしょう。気になります。

http://shutten-watch.com/chugoku/1429

バスの通る道からみた景色。右手は榊原病院の職員駐車場です。P_20180112_085436.jpg

ぐるっと回って、北側から見てみました。
P_20180112_085823.jpg

さらに土手にのぼって写真を撮りました。

P_20180112_090129.jpg P_20180112_120537.jpg

P_20180112_120545.jpg

ついでに対岸の工事も写真に撮りました。
P_20180112_120604.jpg

いろいろ風景が変わっていきます。
posted by dunno at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山

福岡・天神から六本松(1/8)

研究集会二日目の朝は小雨が降りました。宿のある天神から会場(六本松)まで、のんびり歩きました。

おっ、と思ったのは教会の前のマリア様。岡山ではこういう風にしている教会はぼくの歩き回る範囲にはないようなきがします。ちょっと、どきっとします。
P_20180108_083057.jpg

ロシア料理のお店でも、正月にはお飾りをつけるんですね。
P_20180108_083144.jpg

俳句関係専門の出版社のようです。今、俳句は人気ですね。句集を出したい人も多いのでしょう。
P_20180108_083426.jpg P_20180108_083400.jpg

株式会社・文學の森のサイトです:
http://www.bungak.com/

「恋する俳句」を募集しています。過去の優秀作品も読めます。
http://www.bungak.com/service/koisuru.php

2017年12月締切の優秀作の中なら好きなのをひとつ選んでみました:
老いてなほ恋ひする力雪間草  ヲテル

こちらのページ(季語めぐり 〜俳句歳時記〜)によると「雪間(ゆきま)」とは、暖かくなってきて雪の間に土が見えるようになっている状態を指す季語だそうです。「雪間草(ゆきまぐさ)」はその雪間に生えている草ということになります。この歳時記のページの方は「冷たい雪のすぐそばで、みずみずしい青さをたたえながら日の光を浴びている草を見つけると、ありきたりな表現ではあるが、生命の力強さを感じないではいられない。」という風に書いておられます。元の俳句に戻ると、老いてなお雪間草のように恋する生命力が湧いてくるということでしょうか。ヲテルさん、素晴らしいですね。見習いたいものです(無理?)。

けやき通りを歩いていくと、そのすぐ右に、舞鶴公園の樹木が見えてきました。
P_20180108_085448.jpg

どんどん歩いていると左手に「不要なお酒を買い取ります」というお店がありました。面白いですね。
P_20180108_085728.jpg P_20180108_085738.jpg

「お酒買取専門店deゴザル」というお店です。
https://osakedegozaru.com

めずらしいなぁ、さすが福岡。

こんな地図もありましたが、あいにく雨でぬれていて、あまりはっきり写真に写っていません。残念。
P_20180108_085831.jpg

突きあたりが護国寺。右手に行くと舞鶴公園や美術館、左手に行くと六本松です。
P_20180108_085840.jpg

左に曲がると、この辺りは坂がいっぱいです。
P_20180108_090032.jpg

下の場所でまた左に曲がっていくんですが、ここって、駐車場でしたっけ。GoogleMapで調べたら2017年5月の写真が出てきて、工事中でした。ちょうど建物を壊していたのでしょう。
googlemap201705.jpg

出張に来ると、けっこう歩くので、面白いものに出会えて嬉しいです。
posted by dunno at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行