2018年10月31日

三橋順子さんの『新宿「性なる街」の歴史地理』

着物姿で有名な三橋順子さんの新著『新宿「性なる街」の歴史地理』を読みました。ずいぶん日にちが経ってしまいましたが忘れてしまわないうちにメモを残しておくことにします。

(順子さんのブログの画像を拝借しました)
junko-shinjuku.jpg

地図が多くて「図C1−13のA」のようなのが出てくるたびに地図とにらめっこすることになって、なかなか進まず、3日ぐらいかかってしまいました。順子さんは子どもの時から地図マニアだったそうです。

三橋順子さんのブログ「続々・たそがれ日記」
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp

この本に関する記事はこちら:
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306172047-1

三橋順子さんご自身が書かれた紹介文(「一冊の本」2018年10月号より)
https://dot.asahi.com/1satsu/tyosya/2018092800028.html?page=1
https://dot.asahi.com/1satsu/tyosya/2018092800028.html?page=2

(下の目次も順子さんのブログよりコピー)
【目次】
第1章 「新宿遊廓」はどこにあった?
(コラム1)「廓」という空間
第2章 「赤線」とは何か(1) ーその成立ー
(コラム2)RAAと「赤線」亀戸 
第3章 「赤線」とは何か(2) ー実態と経済ー
(コラム3) 映画からみた「赤線」の客
第4章 「赤線」とは何か(3) ーその終焉ー
(コラム4)昭和33年3月31日「赤線最後の日」の虚構
第5章 新宿の「青」と「赤」―戦後における「性なる場」の再編―
(コラム5)朝山蜻一『女の埠頭―変貌する青線の女たち―』を読む
第6章 欲望は電車に乗って ―都電と「赤線」―
(コラム6)「原色の街」の原色の女
第7章 新宿・「千鳥街」を探して ―焼け跡・闇市系飲み屋街の記憶―
(コラム7)「旭町ドヤ街」の今昔
あとがき −2つの出会いー 

三橋順子さんのファンなので定期的にブログを覗いているんですが、とても理知的で、信頼の出来る方……という印象があります。唯ひとつだけ「これはちょっと……」と思うのは、甘いものがお好きなところ。まあ、自分もそうなのでとやかく言える筋合いではないんですけどね。ただほとんど同い年で、ぼくの場合甘いものをたくさん食べると体調が悪くなってじんましんが出たりするので、順子さんには健康に気をつけてほしいなあと思うのです。

この本のことはかなり前から宣伝しておられたので、予約して、発売後すぐ手に入れました。

メインの内容は新宿二丁目・三丁目から花園神社の裏のゴールデン街、歌舞伎町や新宿駅ルミネ口から東へ進んだあたりの旭町などの歴史ですが、それだけではなく東京の色んな場所(昔、遊郭、赤線青線などのあった場所)もかなり詳しく説明されています。学生時代に目黒区や文京区、そして杉並区と1972年から79年まで東京で過ごしましたが、行ったことがある場所と言えば新宿ぐらいしかないので、新宿の話に一番興味を持ちました。

1973年に新宿文化で櫻社の芝居『盲導犬』を観に行って三丁目あたりがずいぶん怪しい感じなのを面白く思いました。そのすぐあと、状況劇場の『ベンガルの虎』を不忍池の水上音楽堂で観ました。その周りもけっこうあやしい雰囲気でしたが、この本によると赤線があったのはもっと東の方の新吉原、洲崎、亀戸、鳩の町、玉ノ井、千住、亀有、小岩、新小岩、本田立石で、他は新宿、品川、武蔵新田などだそうです。家庭教師のアルバイトで京成線の京成小岩とか総武線の市川あたりは行ったことがありますが、ぶらぶら歩いたりしたことはないので、地図を見ても新宿以外の場所はあまりピンとは来ませんでした。新宿の花園神社で紅テントの芝居を観たのはもう、ずっとあとの劇団唐組に変わってからのことかもしれません。ですが、当時から状況劇場の女優・田口いくこさんがアルバイトをしておられた「かくれんぼ」というお店の前までは何度か行って見たことがあります。この本でもその店のある横町(新宿センター街「思い出の抜け道」)の写真がp.167に載っています。残念ながら、未だにそのお店の中に入ったことはありません。「かくれんぼ」の写真は下の記事に載せました:
東京での一日(2)唐組篇(2015.10.12)
http://flim-flam.sblo.jp/article/165537208.html

上の記事で出てくる「どん底」というお店のある場所。そこが昔、遊郭のあったところなのだそうです。p.25の図1−9(現在の地図)をご覧ください。

ゴールデン街の写真も次の記事に載せています:
東京散歩(2) 弥生〜不忍池〜銀座〜新宿(2013.5.7)
http://flim-flam.sblo.jp/article/66761372.html

読んでいて、おっ! と思ったところのうちからいくつか上に上げたところ以外でもあげてみます。

新宿二丁目の「新千鳥街」のところで、その場所を人に訊ねたら「新宿高校の近くだよ」って教えられるところがあります(p.254)。新宿高校!!! 懐かしい!!!!……って、別にそこに通ったわけでもないし、場所すら知らなかったのですが、状況劇場の整理券をとろうと列で並んでいた時、まだ高校生の女の子がいて、たしか小島さんって行ったと思うけれど、学校をサボってきていました。なんだか自由な学校で平気なんだとか言ってましたが、本当でしょうか(笑)。ぼくは田舎の高校の超まじめな生徒で、喫茶店にすら入ったことさえありませんでしたので、東京の高校生ってすごいなあと感心しました。その新宿高校が一体何処にあるのか調べようとも思ったことはなかったのですが、思いもよらず、新宿二丁目にあるのを知って、今度東京に行った時はこのあたりを歩いて、ついでに新宿高校も外から眺めてみようと思います。その小島さんは演劇をやっているようでしたが、後に、某有名女優の付き人をやっていると聞いたこともあります。今はどうしておられるのでしょう。やっぱり芝居や芸能関係の仕事をしてるんでしょうか。

さて、その続きで「新千鳥街」の前の「千鳥街」を探索する箇所(この辺、とっても面白い!!)でp.281に出てきて、p.282に写真が載っているビルがすごいんです。「千鳥街」の『削り残りの敷地』に立っているビルでとっても薄っぺらなんです。実物が見たい! 場所は『新宿駅東口から新宿通りを東に新宿二丁目方向に歩いていくと、「新宿二丁目交叉点」の南西角』だそうです。で Google Map で探すと、確かにありました。実は新宿御苑にも一度も行ったことがなくて、このあたりはほとんど未体験。11月には東京にいくので、このあたりを散策する予定です。

2chome.jpg 2chome2.jpg

この建物も見逃せないですね。こういうくさび形の建物っていくつか観た記憶があるのですが、写真で残っているのは三島のこの建物ぐらいかも:

三島(1) 北口のJR、東レ
http://flim-flam.sblo.jp/article/59048350.html


さて、色々興味深く読める本なのですが、読んでいて一番感じるのは、こういう場所で働いていた女性たちへの順子さんの優しい心です。それを特に強く感じた話題を2つ紹介します。

最初はpp.102--104の部分。家の前に女性が立っている写真が載っています。かなり立派な家です。その家は、玉の井の女給さんが故郷の両親に仕送りをして立った家で、写っているのは女給さんのお姉さんにあたる方。立派に出来た家の写真が女給さんのところに送られてきたものだそうです。それだけなら、その女給さんの健気さに頭が下がるだけなのですが、実はこの写真は4つに裂かれていたものを修復して掲載されたもの。どんな気持ちで裂いたのか考えると、涙がこぼれて仕方がありません。あまりにも悲しいです。ですが、順子さんはこういう世界がなくすべきだ、とは書かれません。『いろいろな事情で環境や学歴に恵まれなかった女性が、才覚と努力でのし上がっていける世界は必要だ』と書いておられます。こういうところが順子さんらしいところだと思います。

そういう風に考えるきっかけとなった出会いが、あとがきに書かれています。マミさんというデリバリーの女性と知り合って話をして、そして、台湾でセックスワーカーやその支援者と話をして、売買春の問題を研究するときには可能な限りセックスワーカーの視点を取り入れようと決意をされたのでした。

三橋順子さんの労作です。続き(「男色編」)も期待しています。

※11/4に岡山の丸善では5冊平積みになっていました☆
posted by dunno at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書

2018年10月27日

運命は踊る

10月20日(土)にシネマクレール丸の内で『運命は踊る』を観てきました。

公式サイト
http://www.bitters.co.jp/foxtrot/


何度も予告篇を観て、その暗い雰囲気にかなりためらってしまったのですが、結局、観に行きました。

舞台はイスラエル。
第一部は兵役についている息子・ヨナタンが死んだという連絡を受けた夫婦とまわりとのやりとりが描かれます。
あとになって死んだのは別人だとわかったのに、かえって激昂する夫がなんだか異常な感じ。息子を今すぐここに戻らせろと、軍からの使いに言い張ります。それを聞いてもらえそうもないとわかるとツテを探して軍隊の偉い人に連絡をとってもらおうとします……。一番観ていてぎくっとしたのは飼っている犬を虐待すること。ちょっとひどい。心が病んでいるんです。

第二部は国境の検問所で警備をしている兵隊たちの姿が描かれます。その中の一人がヨナタンです。予告篇のように、駱駝がのんびりあるいているような、そんな道ですが、時々色んな車がやってきます。検問所と居住用のトレ−ラー(?)の間には沼地が出来ています。砂漠なのかなとも思える風景ですが、けっこう雨は降り、地面はぬかるみ、トレーラーは片側がどんどん沈んでいるというシュールな設定。一番観ていて面白いパートです。単調な毎日なのですが、あるとき事件が起きてしまいます。一般人たちをテロリストと誤認して全員射殺してしまうのです。軍はその事件を闇に葬ってしまいますが、兵隊たちの心は沈んだまま……。そんなときに、ヨナタンに検問所を離れて戻ってこいとの命令が届きます。ヨナタンは軍の車で送られて行きます。

第三部はそれからしばらく日時がたったときの夫婦の話が描かれます。ヨナタンの身に何かが起こったことが暗示されます(そのことは映画の一番最後で出てきます)。夫は家を出て、別居中のようです。家族は壊れてしまっています。…… 紹介はこれぐらいにしておきます。

夫の異常な行動の原因は彼の過去にあったことがわかります。自分の心の傷を見つめた時、そしてそれを家族に打ち明けることが出来た時、やっと二人の関係は修復されていきます。

頭上からの撮影も多く、観ていてちょっとしんどい映画でした。夫の強引な行動のせいで家庭に取り返しのつかない悲劇がおきてしまいます。体調の悪い時はオススメできない映画でした。

※原題に使われているダンス foxtrot について同じ解説が別の状況で2度出てきます。ダンスシーンは印象的でした。
posted by dunno at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

クワイエット・プレイス

10月14日(日)、イオンシネマ岡山で『クワイエット・プレイス』を観ました。

公式サイト
https://quietplace.jp


すごく評判がいいようなので、観に行きました。まあまあドキドキしたんですが、ちょっと納得のいかない映画でした。もろにネタバレがありますので、未見の方は読まないでください。






























続きを読む
posted by dunno at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年10月13日

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

『1987』に続いて『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』を観ました。昨夜もテニス映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を観ているので、二日連続のテニス映画です。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/


『バトル〜』の方は1973年の試合、こちらは1980年の試合がメインです。1973年というのはさすがに昔で、キング夫人というのは名前しか知らなかったですが、1980年というとテニスの試合をたまにですが観たりしていました。クリス・エバート=ロイドからナブラチロヴァに時代が変わっていったときで、我が家では「ナブ様」とあがめていました。無茶苦茶強かったですからね! 惚れ惚れとして観ていました。応援はする必要がない状態(笑)。一方、男子の方はあまり興味がなくてマッケンローの名前はよく見ましたが、試合はみたことがなくて、1980年のウィンブルドンの決勝も、どちらが勝ったのか全く予備知識はありませんでした。今予告を見ると、優勝が決まった瞬間が映っていますね。ともかくどうなるのか本当にドキドキして観ました。信じられない接戦だったのですね。これはすごい。

実際の試合のダイジェストはこちらです:
Bjorn Borg v John McEnroe: Wimbledon Final 1980 (Extended Highlights)
https://youtu.be/G6PW9pNevIg

『響』での天才作家の描き方のことを書きましたが、テニスの天才は映画なら見事に描けますね。テニスのシーンではダブルを使えますし、CGでなんとでも出来てしまいます。 

シャイア・ラブーフは『マンダウン』でいい役者だと思いましたが、この映画でもマッケンローを見事に演じていました。本当にマッケンローのように見えました。でも上の本物の映像を見たら……マッケンローはこのとき21歳ですか! 若い! ちょっと大きめの子どものように見えます。大したもんですね。そして、ボルグも最初はキレる少年だったんですね。勝ちたい、トップになりたい、と思う人はやはり押さえることのできない何かをもっているんですね。しかし、そのような二人が闘う時、マッケンローは本当に真摯に試合に打ち込みました。そこにも感動しました。

それにしてもトップになる人の感じる重圧というのはすごいものですね。見終わってへとへとになりました。見ようかパスしようか迷っていたんですが、見て良かったです。

※映画の中でブロンディの Call Me が流れました! 懐かしい。
Blondie - Call me
https://youtu.be/StKVS0eI85I
https://youtu.be/q9kw1nOUVPg

※おまけで1978年のクリス・エバートとナブ様の試合にもリンクします。
Martina Navratilova v Chris Evert: Wimbledon Final 1978 (Extended Highlights)
https://youtu.be/EUibcWfCswc
posted by dunno at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

1987、ある闘いの真実

今朝、シネマクレール丸の内で『1987、ある闘いの真実』を観てきました。

公式サイト
http://1987arutatakai-movie.com/


予告編を観て、しんどそうな映画だと思いましたが、観ておかないとな……とおもって出かけました。

1987年、軍事政権下の韓国で、北のスパイを摘発しようとする一人の大学生が拷問され死んでしまいます。それを隠そうとする国家と真実をあばこうとする人々の闘いが描かれます。検事、刑務所の職員、新聞記者、殺された二人の大学生、神父らのような活動家、などなどの実在した人に、おそらくフィクションであろう若い女性(『お嬢さん』に出ていたあの可愛い人!!!)など多くのひとが登場します。独裁政権下でよくがんばったものだと本当に頭が下がります。すごい人たちです。さらには名も無い多くの人たちが彼らの動きに反応して何度も大きなデモをしたことを忘れてはいけないですね。映画の最後には多分当時の映像だと思われるものが映されていました。この映画は韓国の良心的な映画人から日本へのメッセージなのかもしれません。

posted by dunno at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

寝ても覚めても

『判決、ふたつの希望』の後に観たのは日本映画『寝ても覚めても』でした。

公式サイト
http://netemosametemo.jp


すみません、主人公の朝子がどうにも好きになれないタイプで、しっかりしろよ!!! と言いたくなりました。最後しぶとかったのはまあよかったかも。個人的には大阪の時の知り合いの女子だとか、東京で演劇をやっている女性なんかがチャーミングで好みでした。

ともかくストーリーを書かないと話ができないですね。

朝子は大阪にいたとき麦(ばく)という若者に恋に落ちます。しかし彼は突然姿を消してしまいます。数年後、朝子は東京で暮らしていましたが、麦にそっくりな男性・亮平と出会います。最初は驚きとためらいで彼を避けようとした朝子でしたが、亮平の熱意に負けて付き合うようになります。何年か付き合って、大阪に転勤する亮平についていくことにしたのですが、その時、外国から日本に戻ってきて俳優として人気が出てきていたいた麦が朝子をさらって行きます。朝子も麦を選んだのでした。亮平は朝子の荷物は皆捨てて、傷心して大阪にひとり引っ越していきます。朝子もすぐに麦とは一緒に居れないと気づき、彼と別れ、大阪にいる亮平のところに行きますが、受け入れてもらえません。しかし雨が降り出して……。

あらすじだけ書いたので殺風景な話に見えますが、他の登場人物も絡んでなかなか面白いところもあって飽きることはありませんでした。一番面白かったのは、朝子と女優をしている友だち・マヤのシェアしているアパートに、亮平とその同僚・耕介がやってくるところ。4人で合コンなのですが、女優の舞台(チェーホフの作品)の録画を見せて貰った耕介が不機嫌になって帰ると言い出したところ。実は彼も役者を目指していて、どこが悪いのか言えと問い詰められて、彼女の演技をぼろくそにけなしてしまいます。すごく観ていても緊張するシーンでした。でもこれがきっかけで二人は親しくなるんですけどね。

あともうひとつ、朝子が亮平のことを避けていたとき、マヤの出る芝居に来る朝子を捕まえようと亮平が劇場にやって来るところ。芝居が始まろうとする時、突然ある事件が発生します。この場所から職場に向かおうとする亮平が朝子と再会します。麦のことさえなければ、このあたりもとても面白く観ることができます。まあ、とってつけたようなエピソードと言えなくもないですが……。

最後は、二人とも不幸せそうな顔をして終わりになります。純文学ですね(笑)。

ぼくからするとこの亮平は度量が狭い。誰しも愚かなところはあるもの。にこにこ受け入れたらいいじゃないかと思います。別れて別の人を見つけた方がいいんじゃないかな。
posted by dunno at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

判決、ふたつの希望

10月8日(月)は体育の日でしたが、学校は休みでは無かったので出勤でした。3コマやった後、早めに帰宅してシネマクレールで映画を2本観ました。最初に観たのは『判決、ふたつの希望』でした。

公式サイト
http://longride.jp/insult/


レバノンとフランスの合作映画。舞台はレバノンの首都ベイルートです。宗教が複雑で、レバノン人でキリスト教徒のトニーとパレスチナ難民キャンプからベイルートへ工事監督の仕事のために通勤しているヤーセルの物語です。

ささいなことでヤーセルと口論になり、パレスチナ難民のことをひどい言葉でののしったトニーは手のつけられない偏見の塊の男のように見えますが、過去の記憶が蘇る映像が過去のなにかを観る人に示唆します。ヤーセルはかっとなってトニーを殴ってしまい、留置所にいれられ裁判を受けることになります。最初から自分は有罪だと認めるヤーセルと対照的にトニーは裁判中に激昂してしまい、えっ? と思うほど簡単に無罪の判決が出てしまいます。周りのひとびとはトニーをけしかけ、有名な弁護士も無料での弁護を申し出て控訴することになります。一方のヤーセルのところにも別の弁護士がやってきてヘイトクライムを許してはいけないと主張し、結局二人は控訴審で再び対決することになってしまいます。二人は実のところそんなに裁判で対決したいとは思っていなかったのですが流されてしまいます……。裁判が始まるとそれぞれを応援する人たちがヒートアップして、街中で暴力沙汰まで起きてしまい、国全体が混乱していきます……。

ああ、なんと愚かなことだろう、裁判なんて……と思って観ていたのですが……実はこの裁判が思わぬ方向に進んでいくんです。未見の人もあるでしょうからそこのところは書きませんが、結果としては、裁判があったよかったんです。二人はそれまで目を背けていた自分の中になる偏見を見つめ直さざるを得なくなります。

そして、二人は二人だけで和解をします。ですから最終的な判決が出る時には、実はもう二人はどういう判決がでようが構わないという気持ちになっています。最後に二人の目があうところは予告篇にも出ています。

見応えのある映画でした。
posted by dunno at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

日日是好日

10月6日、イオンシネマ岡山で『響−HIBIKI−』を観た後、続けて『日日是好日』を観ました。

公式サイト
http://www.nichinichimovie.jp


天才の映画を観た後は、凡人の映画で口直しです(笑)。いや、どっちもいいんですよ。

典子(黒木華)と美智子(多部未華子)が従姉妹同士で、一緒に武田先生(樹木希林)の家にお茶を習いに行き始めますが、なかなか上手になれないんです。だけど、年月がたつと典子もだんだん変わってくるんです。一番印象に残ったのは、日による雨の音の違いがわかるようになるところ。美智子の方は就職してやめてしまうんですが、典子の方はしんどいことがある時など武田先生の家にいくことで心が落ち着くようになり、ずっと通い続けます。

お茶を習う部屋の床の間には掛け軸がかかっていて、最初のときにかかっていたのがタイトルの「日日是好日」でした。「毎日がいい日だっていう意味じゃない?」という典子に、美智子が「それぐらいなら私だってわかるよ〜」と言い返したりするんですが、本当にそういう生活の幸せを感じるのにはかなりの時を必要とします……。

落胆すること、悲しいこと、恋人とのわかれ、新しいであい、……そういう誰にもありそうな人生を淡々といきていく主人公がいいですね。黒木華さんは『幕があがる』の教師役でいいなと思い、『リップヴァンウィンクルの花嫁』でもっと好きになりました。今回の「典子」は『リップヴァンウィンクル〜』のときの彼女と似た雰囲気があって、好きです。

一方の多部未華子さんは初めて観た時からいっぺんにファンになりました。先日も『HINOKIO』と『青空のゆくえ』を自宅のDVDで観直しました。どちらもとても好きです。今回は途中から出なくなってしまったのがとても残念。

そして樹木希林さん……亡くなってしまいましたね。特にファンということではなかったです(昔のドラマも見ていないです)が、闘病中であったにもかかわらず4本の映画に出演された様子を撮ったドキュメンタリーをテレビで観て、大した人だなぁと感心しました。この映画の「武田先生」もまさに彼女のための役というかんじでした。

お茶の世界というものを面白く見せてくれましたし、生きることの幸せをしずかに感じさせてくれました。いい映画ですね。
posted by dunno at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画