2019年01月17日

福岡2019年1月(1)住吉神社〜天津神社〜桜坂付近

1月13日・14日と福岡に出張でした。このところ毎年この時期に福岡に来ています。14日の朝、食事は7時には済んでしまい、少しホテル(博多駅前)でネットを覗いたりしていましたが、調べるとホテルから会場(福岡大学セミナーハウス)までは徒歩でも1時間弱でいけるようなので、早めにホテルを出て歩いて行くことにしました。

一番単純なのは博多駅前の大きな道路(住吉通り)をずっと六本松目指して歩いて行くこと。ですが、それでは面白くないので、住吉神社によって、そこからやや北側の道をだどって行くことにしました。

住吉通りからの入り口(南門)です。
P_20190114_083943.jpg

正面の入り口です。
P_20190114_084709.jpg

そこから反対側、参道の入り口方面を眺めたところ。
P_20190114_084716.jpg

一応お参りしましたが、特に面白いところはない普通の神社でしたので、参道をまっすぐ歩いて行きました。通りに出て、振り返って撮った写真です。
P_20190114_085751.jpg

参道の延長上には池(天竜池)に囲まれた小さな神社(天津神社)がありましたが、そこに入る前に、すぐ近くに味わいのある美容室がありました。ご覧ください。
P_20190114_085718.jpg

入口のドアの上には「ビューテーサロン HOLLYWOOD」と書いてあります。「テー」がいいです。窓の上には「ビューティーサロン HOLLYWOOD」となっています。ちょっと詰まんないですね。統一してほしかったです。また、「メイ・ウシヤマのハリウッド化粧品」という看板も出ています。「メイ・ウシヤマ」というのは訊いたことがあります。『ハリウッド美容院』で検索してみると「美容界の歴史は、ハリウッドの歴史」というページがみつかりました。「学校法人 メイ・ウシヤマ学園 ハリウッド美容専門学校」のサイトでした。歴史がある学園のようです。その関係の美容院なのですね。

まあ、それはとりあえずそれくらいにして、天津神社を歩いてみました。
P_20190114_085806.jpg P_20190114_085702.jpg

天竜池の解説です。
P_20190114_085818.jpg

その奥、小さな石のたいこ橋を通った向こうに天津神社がありますが、その左手に大きなクスノキが見えました。なかなか立派です。
P_20190114_085738.jpg

橋を渡ると天津神社です。
P_20190114_090129.jpg

P_20190114_085926.jpg

長男の縁結びをお願いしました。

P_20190114_085916.jpg

あんまりぐずぐずしているわけにもいかないので、先に進むことにしました。この池を超えるための石橋がこちら側にもありました。

P_20190114_085903.jpg P_20190114_090202.jpg

橋を渡るとすぐ右に大きな石がありました。意味不明ですが、写真に撮りました。「春吉中」と書いてあります。少し先の川(那珂川)を超えたあたりが「春吉」という地区らしいですがどういう意味でしょう。不明です。
P_20190114_090235.jpg

さて、下の写真が那珂川にかかっている住吉橋です。橋自体も参道の一部だったのでしょうか。
P_20190114_090507.jpg

大きな石燈籠もあります。
P_20190114_090518.jpg

下を見ると、干潮なのでしょうか、泥が見えていました。
P_20190114_090532.jpg

住吉橋を渡ったところ、交差点の角に薬局がありましたが、看板がなかなか大胆です。
P_20190114_090629.jpg P_20190114_090822.jpg

「強精」「媚薬」!!☆☆!!☆☆。すごいです。時代がかっています。大きく大胆な字です。

橋を渡ってそのまままっすぐ進む道がなんだかいい雰囲気。入口の薬局の印象が強かったせいでしょうか。この道(住吉橋通り)にはなにかありそうです。

P_20190114_090858.jpg

この道を少し進んだところに、からすがたくさんたむろしている場所がありました。そいつらがゴミ袋をめちゃくちゃにつつきまくっていました。怖くなるぐらい。怖いもの見たさで少し近寄った時、なにやら上からビシャっと落ちてきました。カラスのフンです。あたりませんでしたが、あまりに危険なので逃げるようにそこを通り過ぎました。

もう少し先だったかな、おもしろい美容院がありました。
P_20190114_091035.jpg

P_20190114_091048.jpg

「ヘアーメイク PONPU」です。「ハリウッド」とは一味も、ふた味も違っています。調べてみると春吉のけっこう有名な美容室だそうです。県外から来る人も多いのだとか。普通の髪型では満足できない人のためのお店です。
AGGRESSION HAIR PONPUのサイト
http://ponpu.info/
https://www.ponpu.jp/

この調子でいくと全然目的地に着かないので、途中、すてきだなと思ったお店の写真を一枚載せておきます。
P_20190114_091832.jpg

場所は……忘れました。 Street View でずっとたどっていくと見つかるんでしょうけれど。その根性はないです。ともかく地下鉄七隈線の上をずんずん歩いて行きました。桜坂西の信号の先を右に折れるまでは大通りをまっしぐらです。

桜坂というのは名前の通り、坂道でした。バスで通ったことあありますが歩いたのは初めて。坂を上ったあたりが桜坂西の交差点でした。その先で右に折れてすぐ今度は左折、裏道に入りました。そういたらそのくねくね道がものすごい急な上り坂になったんです。だいぶ上ってから、これはすごい坂だ、写真を撮らなきゃ……と思ったのですが、いとどまた降りて写真を撮って、また登ってくるのは無理、あきらめました。最後のあたりを上を向いて撮ったのが下の写真です。
P_20190114_094047.jpg

頂上から今来た道を振り返って撮ったのが次の写真です。
P_20190114_094123.jpg

頂上には六本松3号公園という公園がありました。ここからはまた下ります。道なりに降りていくと、目的地「福岡大学セミナーハウス」のまわりの森が見えてきました。六本松1号公園がそばにあります。
P_20190114_094250.jpg

この坂のことは次のサイトに詳しいです:
『Y氏は暇人』
https://y-ta.net
「福岡市中央区桜坂の急坂」
https://y-ta.net/steep-slope-sakurazaka/

ずいぶん寄り道したのでかなり時間がかかりましたが、十分、間に合いました。

研究集会が終了してからのことはまた別の記事で書きます。
(2)に続く予定。
posted by dunno at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2019年01月01日

観たい・聴きたい…覚書(2019.1)

禁酒会館 2F
1/12(土) 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ LIVE=LIFE Vol.214
ニュー・イヤー・ライブ ・スペシャル!
笠木透の志を受け継ぎ、長野県松本市を拠点に活動を続ける…
実力派フォークグループ!「ぽこ・あ・ぽこ」をゲストにお迎えして
演奏:ぽこ・あ・ぽこ(鈴木幹夫、洞沢佳久、平田賢司、星井彰美、星井 淳)OZAKI UNITほか
2,000円

劇団花吹雪[ameblo #1][twitter]
1月 梅田呉服座 (12/31 カウントダウン公演)

シネマ・クレール
12/22〜1/4 えちてつ物語  わたし、故郷に帰ってきました
12/29〜1/11 エンジェル、見えない恋人
12/29〜1/4 アラン・デュカス 宮廷のレストラン
12/29〜1/4 かごの中の瞳
12/29〜1/11 ウスケボーイズ
1/5〜1/18 鈴木家の嘘
1/5〜1/11 暗殺のオペラ
1/5〜1/11 世界で一番ゴッホを描いた男
1/5〜1/18 オーケストラ・クラス
1/5〜1/11 ファイティン!
1/12〜1/18 ぼけますから、よろしくお願いします。(先行上映、2/9より本上映)
1/12〜1/25 おかえり、ブルゴーニュへ
1/12〜1/25 いろとりどりの親子
1/12〜1/18 恐怖の報酬 オリジナル完全版
1/19〜2/15 メアリーの総て
1/19〜1/25 バーフバリ 伝説誕生 完全版
1/19〜2/1 夜明け
1/19〜1/25 津軽のカマリ
1/26〜2/8 アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語
1/26〜2/8 マダムのおかしな晩餐会
1/26〜2/1 悲しみに、こんにちは
1/26〜2/1 宵闇真珠

岡山メルパ・ジョリー東宝 M:メルパ, J:ジョリー
1/12〜1/25 ここは退屈迎えに来て
続きを読む
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2018年記事リスト(1月〜12月)

[2019年1月12日更新]
1月
観たい・聴きたい…覚書(2018.1) (01/01/2018 00:00:00 予定)
パーティで女の子に話しかけるには (01/17/2018 19:34:12 映画)
ノクターナル・アニマルズ (01/17/2018 20:09:33 映画)
ゲット・アウト (01/26/2018 13:59:36 映画)
tunehikoさんのブログ記事、長谷川伸のこと (01/29/2018 10:35:50 演劇)
福岡・舞鶴公園(1/7) (01/29/2018 11:37:47 旅行)
福岡・天神から六本松(1/8) (01/29/2018 12:52:18 旅行)
ラムーの建築現場 (01/29/2018 13:14:39 岡山)
山口の散策(椹野川・山口線・鉄塔・橋) (01/29/2018 18:02:49 旅行)
フェイ・ウォンの「菲靡靡之音」 (01/31/2018 21:02:51 音楽)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年1月) (01/31/2018 23:59:00 音楽)

2月
観たい・聴きたい…覚書(2018.2) (02/01/2018 00:00:00 予定)
スリー・ビルボード (02/08/2018 17:04:01 映画)
平田友美展〜Begin〜@Gallery Tanaka (02/08/2018 22:55:44 アート)
山口の空 (2月4日の朝) (02/09/2018 12:52:56 旅行)
石牟礼道子さん、逝去 (02/10/2018 21:35:53 読書)
サーミの血 (02/11/2018 22:14:24 映画)
デトロイト (02/11/2018 23:25:48 映画)
バーフバリ 王の凱旋 (02/12/2018 21:33:57 映画)
闇に黙せず 宮崎郁子 ―エゴン・シーレとともに― (02/18/2018 16:31:39 アート)
Andrew Ranicki passed away. (02/23/2018 12:50:18 思い出)
立ち去った女 (02/28/2018 10:59:39 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年2月) (02/28/2018 23:59:00 音楽)

3月
観たい・聴きたい…覚書(2018.3) (03/01/2018 00:00:00 予定)
劇団花吹雪@後楽座2018.3.1夜の部 (03/02/2018 15:26:42 演劇)
劇団花吹雪後楽座公演演目表 (03/07/2018 11:47:41 演劇)
劇団花吹雪@後楽座2018.3.4.夜の部 (03/07/2018 12:49:28 演劇)
劇団花吹雪@後楽座2018.3.5.夜の部 (03/07/2018 13:52:24 演劇)
中川五郎&金子泰子ライブ@禁酒會舘 (03/07/2018 15:39:42 音楽)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.7.夜の部 (03/08/2018 11:47:51 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.8 夜の部 (03/09/2018 11:29:30 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.9 夜の部 (03/10/2018 22:54:45 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.11夜の部 (03/12/2018 11:51:04 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.12夜の部 (03/14/2018 14:59:19 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.13夜の部 (03/14/2018 15:01:07 演劇)
三原を初体験(1) フクハラレコードさん (03/15/2018 23:07:02 旅行)
三原を初体験(2) 西国街道 Part 1 (03/16/2018 08:08:48 旅行)
三原を初体験(3) 西国街道 Part 2 (03/16/2018 22:04:39 旅行)
三原を初体験(番外編) 戦国ジジイ・りりのブログ (03/16/2018 22:15:17 旅行)
三原を初体験(4) 旭町通り〜古浜 (03/16/2018 23:03:11 旅行)
ベロニカとの記憶 (03/20/2018 22:46:48 映画)
Project Nyx『〈美女劇〉奴婢訓』@東京芸術劇場 シアターウエスト (03/21/2018 23:38:16 演劇)
素敵なダイナマイトスキャンダル (03/22/2018 22:14:51 映画)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.21 夜の部 (03/22/2018 22:19:18 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.22 夜の部 (03/23/2018 22:35:17 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.23 夜の部 (03/24/2018 10:04:12 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.24 夜の部 (03/25/2018 10:56:01 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.26 夜の部 (03/27/2018 11:37:06 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.27 夜の部 (03/28/2018 13:25:39 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.28 夜の部 (03/29/2018 13:56:08 演劇)
劇団花吹雪@後楽座 2018.3.29 夜の部 (03/30/2018 14:34:46 演劇)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年3月) (03/31/2018 23:59:00 音楽)

4月
観たい・聴きたい…覚書(2018.4) (04/01/2018 00:00:00 予定)
ナチュラルウーマン (04/05/2018 12:02:42 映画)
ルイの9番目の人生 (04/05/2018 12:36:19 映画)
禁酒会館「雑花塾ファミリーシリーズ〜その1」 (04/10/2018 10:36:52 音楽)
ハッピーエンド (04/10/2018 10:52:54 映画)
劇作家・秋元松代 (04/12/2018 23:51:43 演劇)
仁義 (04/23/2018 22:55:49 映画)
港町 (04/24/2018 17:09:34 映画)
ローズの秘密の頁 (04/27/2018 22:05:23 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年4月) (04/30/2018 23:59:00 音楽)

5月
観たい・聴きたい…覚書(2018.5) (05/01/2018 00:00:00 予定)
劇団唐組・第61回公演「吸血姫」@南天満公演 2018.4.28 (05/06/2018 22:36:57 演劇)
上町台地の北端 (05/06/2018 23:24:56 旅行)
ワンダーストラック (05/13/2018 16:29:22 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年5月) (05/31/2018 23:59:00 音楽)

6月
観たい・聴きたい…覚書(2018.6) (06/01/2018 00:00:00 予定)
5月と6月の禁酒會舘マンスリーライブ (06/10/2018 14:23:57 音楽)
まじょりんライブ@水島「竹」 (06/10/2018 14:59:56 音楽)
アバウト・レイ 16歳の決断 (06/10/2018 16:57:37 映画)
女は二度決断する (06/10/2018 18:50:05 映画)
ダンガル きっと、つよくなる (06/11/2018 13:19:50 映画)
星空 (06/11/2018 14:06:51 映画)
万引き家族 (06/11/2018 14:40:22 映画)
タクシー運転手 約束は海を越えて (06/11/2018 21:48:05 映画)
孤狼の血 (06/11/2018 22:42:49 映画)
舞踏を語る、舞踏から語る (06/12/2018 00:21:52 演劇)
梶浦徳雄展@アンクル岩根のギャラリー、そして階段の作品たち (06/12/2018 10:14:23 アート)
高層ビル建設現場のタワークレーン (06/12/2018 10:44:02 岡山)
ターンレフト・ターンライト (06/13/2018 17:11:57 映画)
貧乏寺?! 仁平寺の和尚様 (06/15/2018 22:14:07 思い出)
渚ゆう子さんと千葉紘子さん (06/18/2018 10:16:01 音楽)
杉村知美さんの「やわらかいかたち#4」 (06/24/2018 23:43:54 アート)
友罪 (06/24/2018 23:46:42 映画)
焼肉ドラゴン (06/30/2018 17:40:59 映画)
海を駆ける (06/30/2018 19:19:25 映画)
苦い銭 (06/30/2018 19:41:15 読書)
陽もまた昇る(The Sun Also Rises/太陽照常昇起) (06/30/2018 20:25:18 日記)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年6月) (06/30/2018 23:59:00 音楽)

7月
観たい・聴きたい…覚書(2018.7) (07/01/2018 00:00:00 予定)
愚者の毒 (07/02/2018 08:40:25 読書)
三浦久さんライブ@禁酒會舘 (07/09/2018 23:03:15 音楽)
杉村知美さんの作品再び (07/09/2018 23:14:24 アート)
Gallery福田(町田市)を初体験☆ (07/23/2018 20:21:39 アート)
大橋場〜烏山神社〜世田谷文學館(1) (07/23/2018 22:52:02 旅行)
大橋場〜烏山神社〜世田谷文學館(2) (07/24/2018 23:09:34 旅行)
大橋場〜烏山神社〜世田谷文學館(3) (07/26/2018 20:38:11 旅行)
大橋場〜烏山神社〜世田谷文學館(4) (07/26/2018 21:39:22 旅行)
北海タイムス物語 (07/26/2018 22:02:19 読書)
長江 愛の詩 (07/26/2018 23:12:45 映画)
ファントム・スレッド (07/26/2018 23:36:29 映画)
島津亜矢さんの歌う『飢餓海峡』 (07/27/2018 10:38:04 音楽)
7月14日☆映画、吉行鮎子展、ガラス展、ライブ (1) (07/29/2018 12:28:25 日記)
7月14日☆映画、吉行鮎子展、ガラス展、ライブ (2) (07/30/2018 11:21:54 日記)
祝福〜オラとニコデムの家〜 (07/30/2018 22:36:45 映画)
ロンドン、人生はじめます (07/30/2018 22:52:08 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年7月) (07/31/2018 23:59:00 音楽)

8月
観たい・聴きたい…覚書(2018.8) (08/01/2018 00:00:00 予定)
中村みちこライブ@禁酒會舘 (08/04/2018 22:11:36 音楽)
きみへの距離、1万キロ (08/04/2018 22:42:12 映画)
「いただきます。」石井みつこ作品展 (08/16/2018 22:16:52 アート)
あがた森魚ライブ@HaMaNaさん家 (08/17/2018 10:56:34 日記)
ザ・ビッグハウス (08/17/2018 12:45:14 映画)
オー・ルーシー! (08/17/2018 13:10:42 映画)
いつだってやめられる 7人の危ない教授たち (08/17/2018 20:20:08 映画)
いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち (08/17/2018 21:28:56 映画)
志乃ちゃんは自分の名前が言えない (08/26/2018 20:56:23 演劇)
カメラを止めるな! (08/26/2018 21:32:42 映画)
亜矢さんの新アルバム『SINGER5』 (08/31/2018 11:48:22 音楽)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年8月) (08/31/2018 23:59:00 音楽)

9月
観たい・聴きたい…覚書(2018.9) (09/01/2018 00:00:00 予定)
黒髪校事件 (09/03/2018 21:31:42 日記)
ウインド・リバー (09/05/2018 11:18:36 映画)
レディ・バード (09/05/2018 12:58:32 映画)
大阪ハリストス正教会 (09/06/2018 08:55:14 日記)
『娘役』(中山可穂) (09/06/2018 12:54:44 読書)
佐渡山豊ライブ@禁酒會舘 (09/08/2018 15:12:24 音楽)
松本2018(1) 伊藤さんの石アートとなぞなぞ二つ (09/12/2018 23:30:56 旅行)
島津亜矢さんの『麗人抄』 (09/25/2018 17:56:07 音楽)
ビューティフル・デイ (09/30/2018 23:23:27 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年9月) (09/30/2018 23:59:00 音楽)

10月
観たい・聴きたい…覚書(2018.10) (10/01/2018 00:00:00 予定)
29歳問題 (10/03/2018 15:57:40 映画)
ルームロンダリング (10/03/2018 16:33:05 映画)
10月の禁酒會舘マンスリーライブ (10/06/2018 23:54:58 音楽)
状況劇場の舞台/YouTube (10/07/2018 20:16:27 演劇)
『いまこそ、自分の時間を生きる』岡村淳監督トーク&作品上映会 (10/07/2018 22:02:48 映画)
響−HIBIKI− (10/12/2018 23:43:44 映画)
日日是好日 (10/13/2018 16:16:08 映画)
判決、ふたつの希望 (10/13/2018 16:52:57 映画)
寝ても覚めても (10/13/2018 18:29:42 映画)
1987、ある闘いの真実 (10/13/2018 19:24:20 映画)
ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 (10/13/2018 20:27:33 映画)
クワイエット・プレイス (10/27/2018 15:24:14 映画)
運命は踊る (10/27/2018 16:16:38 映画)
三橋順子さんの『新宿「性なる街」の歴史地理』 (10/31/2018 07:51:49 読書)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年10月) (10/31/2018 23:59:00 音楽)

11月
観たい・聴きたい…覚書(2018.11) (11/01/2018 00:00:00 予定)
8月、9月、10月の空 (11/06/2018 15:27:09 日記)
バトル・オブ・ザ・セクシーズ (11/06/2018 22:37:56 映画)
岡山映画祭『まなぶ 通信制中学 60年の空白を超えて』 (11/22/2018 22:54:03 映画)
岡山映画祭『いぬむこいり』 (11/23/2018 20:10:04 映画)
山本じん+未生響 ギャラリー・トーク (11/23/2018 22:12:08 アート)
岡山映画祭『真白の恋』 (11/23/2018 23:06:11 映画)
テルマ (11/29/2018 16:04:15 映画)
タリーと私の秘密の時間 (11/29/2018 16:42:46 映画)
いつだってやめられる 闘う名誉教授たち (11/29/2018 16:53:29 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年11月) (11/30/2018 23:59:00 音楽)

12月
観たい・聴きたい…覚書(2018.12) (12/01/2018 00:00:00 予定)
最初の悪い男 The First Bad Man (12/10/2018 23:19:24 読書)
アルバム『鏡花水月』(島津亜矢) (12/15/2018 16:53:40 音楽)
よしだよしこLIVE with みほこん(1) 前夜祭 (12/16/2018 10:50:09 音楽)
バッド・ジーニアス 危険な天才たち (12/16/2018 11:18:07 映画)
よしだよしこLive with みほこん(2) オリエント美術館地下講堂 (12/16/2018 21:04:19 音楽)
来る (12/23/2018 11:11:19 映画)
顔たち、ところどころ (12/30/2018 15:52:35 映画)
アリー/スター誕生 (12/30/2018 16:09:13 映画)
エンジェル、見えない恋人 (12/30/2018 16:22:35 映画)
私は、マリア・カラス (12/30/2018 16:43:28 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年12月) (12/31/2018 23:59:00 音楽)
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事リスト

2018年12月31日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2018年12月)

2018年12月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の予定・記録です。12/31 23:59:00 の日付・時刻で投稿しています。通常の記事はこの下にあります。

12/8(土) 18:30〜 BSテレ東「第51回日本作詩大賞」
『道』

12/19(水) 19:00〜21:48 テレビ朝日「決定版!日本の名曲グランプリ」
テレサ・テンさん(CG)とのデュエットで『別れの予感』『空港』を歌われました。テレサ・テンさんの歌ももっと歌ってほしいです。『別れの予感』が終わった後、映像を心配そうに見ているときの亜矢さんが無茶苦茶可愛い☆と思いませんか(4分45秒頃)?

※このブログのテレサ・テンさん関係の記事一覧:
http://flim-flam.sblo.jp/pages/user/search/?keyword=%83e%83%8C%83T%81E%83e%83%93

※ [12/22] テレサ・テンさんとのデュエットは、5年前台湾の人気歌手ジェイ・チョウがステージ上で実現していました! 同じ会社の作ったものでしょうね。

※ジェイ・チョウが自身で監督・主演した映画『言えない秘密』は傑作青春映画です。チャンスがあればぜひご覧ください。ぼくは今日DVDで見る予定です(^^)。amazonのカスタマーレビューではほとんどが5点です!

12/30(日) 17:30〜23:00 TBS「第60回輝く!日本レコード大賞」
「SINGER5」で企画賞受賞
『First Love』
https://youtu.be/QRucIY-AmaE

12/31(月) 16:00〜 テレビ東京「年忘れにっぽんの歌2018」
『大器晩成』
https://youtu.be/8nwVUEztCyI

12/31(月) 19:15〜23:45 NHK総合・他「第69回 NHK紅白歌合戦」
中島みゆきさんの『時代』
https://www.facebook.com/enkahanamichi/posts/1224968084320286
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年12月30日

私は、マリア・カラス

二本目は『私は、マリア・カラス』でした。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/maria-callas/


あまりこの人に関心はなかったのですが、予告編で何度も見て、ジャクリーンにオナシスを取られるところに興味をひかれ観に行きました。映画によると、最後はまたオナシスが彼女のところに戻ってきたのですね……。ちょっとほっとしました。でも、オナシスが死に、じきに彼女も心臓発作で急死(なんとまだ53歳!)。駆け足の人生だったのですね。ああ、でも美空ひばりも52歳で亡くなっています。島津亜矢さんや、よしだよしこさんには末永く歌い続けてほしいものです。
posted by dunno at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

エンジェル、見えない恋人

12月30日(日)、シネマクレール丸の内で映画を2本観ました。最初の一本は『エンジェル、見えない恋人』。

公式サイト
http://angel-mienai.com


ストーリー(公式サイトより)
語り部は“見えない”男の子、エンジェル。
この不思議な物語は、ほぼ全編、彼の視点を通した映像世界で綴られていく。

エンジェルが生まれ育つのは、ある閉ざされた施設の中。
彼の母親、ルイーズはマジシャンの恋人に捨てられ、心を病んでしまい施設に入居。その後、特異体質を持つ赤ん坊エンジェルを生む。
母親と仲良く暮らしていたある日、初めて施設を抜け出して外の世界に出たエンジェルは、盲目の女の子マドレーヌと知り合う。
エンジェルの秘密に気が付かないマドレーヌ。次第にふたりは心惹かれ合っていく。
そんな時、マドレーヌは目の手術を受けることになるが……


荒唐無稽な設定をどう描いていくのか興味をもって観に行ったのですが、ディーテイルに全くこだわっていないので単純なファンタジーになっていました。昔「透明人間の告白」という小説をよみましたが、これはかなり細かいことに気配りしていて、読みごたえがありました。
問題点は例えば以下のようなものです:

  • 透明人間が目でものを観ることができるということは、水晶体がレンズの役割をしているはずだから、透明だとしてもレンズの部分は光が屈折して見えるはず。まあ、そもそも網膜が透明ならば光を感じることはできないはず……。
  • ものを食べるシーンはありましたが、食べたものが体で吸収されていくシーンは描かれていない。
  • 透明だということは、服を着ないで過ごしていることでしょうが、子供時代に少女と出会ったときに触れ合っているので裸だということもわかってしまうはず。
  • そもそも精神病院らしいところに入院している女性が「出産」したのにそれが事件になっていないという設定が合点がいかない。


もう少しなにか、例えば母親の妄想落ちみたいなのを予想していましたが、そっち方向ではありませんでした。残念。
posted by dunno at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

アリー/スター誕生

12月29日(ド)、岡山メルパで『アリー/スター誕生』を観ました。

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


全然知らなかったのですが、『スター誕生』という映画の3回目のリメイクなんだそうですね。ひとつ前はバーブラ・ストライサンド版。観てないんですが、今回の映画で「鼻の形」云々のせりふが出てきたので、あ、なるほどこれは確かにバーブラ・ストライサンドにぴったりの映画だな……と思いました。

主人公(アリー)を演じるのはレディー・ガガ。名前は何度も見たことがありますが、歌を聴いたことはほとんどありませんでした。さすが人気があるだけあって、素晴らしい歌唱力ですね。彼女に惚れこむスターを演じるのがブラッドリー・クーパー。監督もやってます。多才ですね。知らない人ですが、歌は迫力がありました。てっきりこの人も歌手かと思って映画を観ていました。

映画の内容はやや古臭い。男が酒やドラッグで廃人になってしあうところはベット・ミドラーの『ローズ』のようですね。もちろん『ローズ』の方があとですが。ともかく悲しく切ない終わり方です。

見ごたえがありました。感動というのではないですね。悲しい映画です。
posted by dunno at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

顔たち、ところどころ

12月24日(月)、シネマクレール丸の内で『顔たち、ところどころ』を観ました。

公式サイト
https://www.uplink.co.jp/kaotachi/


妙なタイトルの映画ですが、原題を直訳すると『顔たち、村たち』だそうです。映画監督のアニエス・ヴァルダと写真家のJRがあちこちの村で底の人々の写真を撮ってそれをすぐに展示しようという映画です。実際には必ずしも村に行くとは限りませんが……。二人の乗る車は証明写真ボックスのように中で写真を撮ることができて、撮った写真がすごく大きなサイズですぐに出てくるという優れもの。場合によっては何枚もつなげて巨大な写真も作って、それはそれは見事です。特にすごかったのは、百台ぐらいのコンテナを積み上げてそこに3人の女性の写真を貼ったもの。しかもその胸の部分のコンテナの扉を開けて、そこにそれぞれの女性が腰掛けるんです。すごい度胸! 落ちたら確実に死にそうです。肝っ玉の据わった人たちです。予告編でちらっと見れます。それからヤギを育てる農場のひとがいい感じ。普通の農家はヤギ同士がけんかをして傷つくのを防ぐために角がのびないような処置をおこなうんですが、その人は自然に育てたたいと言って、そういうことをしないんです。それから、ノルマンディの海岸は絶壁になっていて、昔ドイツ軍のトーチカが崖の上に残されていたのを、危険だからということでそれを下に落としたものが、浜辺に突き刺さっているんです。それに、昔このあたりに住んでいた知人の写真(昔、アニエスが撮ったもの)を貼るところも面白かったです。

ともかく出会う人々がとても面白いですし、景色もきれい。いい映画です。

ところで、アニエスは老化現象か、目が悪くなっていて、途中、眼科で目玉に注射されるシーンが出てきます。実はぼくも、網膜静脈閉塞症で黄斑浮腫というのになってしまい、2週間ちょっと前、目玉に注射をされました。一週間後くらいは状況が改善されましたが、いまはまた元のような感じに戻っています。毎月、注射をして直るのを待ちます。興味がある人はぜひ映画を観てください。なかなかすごいシーンです。アニエスは注射のあと『アンダルシアの犬』の目玉をカミソリで切るシーンを思い出した……と言っていますが、実は僕もそのシーンを思い出しながら注射を受けました。かなり怖いですよ。
posted by dunno at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画