2019年03月16日

トレジャーハンター・クミコ

もうずっと前(去年の暮れ)に購入したDVDですが、昨夜やっと観ることができました。『トレジャーハンター・クミコ/Kumiko, the treadure hunter』という映画です。どこかでDVDの紹介があったのを読んだんだと思いますが、何処で読んだのか、どんなことが書いてあったのかさっぱり憶えていません。amazonで注文したのが2018年11月1日なんですけど、一体どんなレビューだったのかとても気になります。

公式サイト
https://www.sonypictures.jp/he/2319886


劇場公開はされていなくて、2017年4月26日にDVDが発売されたそうです。

Imdbの中のページ
https://www.imdb.com/title/tt3263614/?ref_=nv_sr_1

冒頭部分で、画面と音声が乱れて、DVDのエラーかと思いましたが、実はそれは『ファーゴ』という映画を劣化したビデオテープをブラウン管テレビで映し出しているものだということが後でわかります。

ストーリーは公式サイトから:
一つの「映画」が彼女の人生を狂わせる
アメリカの“ある街”に埋められたと言われる大金・・・彼女はそれを信じ旅に出た

東京で働く29歳のOL・クミコ(菊地凛子)は仕事にやる気がなく恋人もおらず鬱屈とした生活を送っている。ある時、海辺の洞窟から映画『ファーゴ』のVHSを見つける。実話だと信じ、雪原に大金が埋まっている場所を特定しようとしていた。ある日、会社の社長・サカガミ(勝部演之)から退職を勧められ、追い打ちをかけるように若い美人の新入社員・ナカザキ(河北麻友子)を紹介される。社長のお遣いのため、会社のクレジットカードを手に入れたクミコは、『ファーゴ』の舞台である米・ノースダコタ州へ大金を探しに向かうが・・・。

「海辺の洞窟から映画『ファーゴ』のVHSを見つける」とあっさり書いてあるんですけれど、そもそもそこから怪しいんです。クミコは宝の地図らしきものを持っていて、その地図を見て、洞窟を見つけその中に埋められているビデオテープを発見するんです。これって現実? 妄想? クミコの日常生活も描かれていますが、完全に壊れているんです。全く無表情。母親からは携帯に頻繁に電話がかかってきて、恋人もいないのならうちに帰ってこいと言われるのですが、アパートでペットのうさぎ(ブンゾー)と暮らしています。狭い部屋にモノだらけで居場所もないぐらい。『ファーゴ』を観ていないときでも、彼女の周りにはビデオテープの雑音が漂うんです。非常に耳障り(^^;

何度も繰り返し『ファーゴ』を観ているうちにテープがプレーヤーの中でからまってしまいます。仕方なく、『ファーゴ』のDVDとDVDプレーヤーを買います。貧乏そうなので、これは痛い出費に違いありません。

上でも書いてあるように、映画の中で雪の中に埋められる大金の入った鞄を現実のものと思い込み、クミコはその場所を映した場面を、そのまま刺繍で布の上にコピーします。映画の1シーンで、そんなものを写し取っても場所を特定するのに役立つわけもありませんし、そもそもこれは映画なのですから、本当にお金が埋められているわけではないんです。だけど、彼女にはそれがわからない……。おっと、書き忘れていますが、クミコは東京で働くOLです。なので前半は全部、会話が日本語です。図書館でアメリカの地図を盗もうとするエピソードもあったりします。

この時点で彼女には友だちは一切いません。しかし以前はそんな風ではなかったことは、路上でばったりであった昔の友人の様子を見てもわかります。なぜ彼女が変わってしまったのか……精神を病んでしまったのか……そこは全く描かれていません。実際、仕事に関して、ひどいことをするんです。エラい人にお茶を入れるときに、その中に自分の唾を垂らしたり、昔の友だちに「トイレに行く間子どもを観ていてね」と頼まれたのに子どもを置き去りにして逃げてしまったり、クリーニングの済んだエライ人のスーツをゴミ箱に突っ込んで、預かったいた会社のクレジットカードを持って、アメリカに宝探しにいってしまったり等々……。

大金が埋められていると彼女が信じるファーゴという場所は、とても寒い場所。モーテルのキルトのふとん(もしくはベッドカバー)を自分のコートにしたり、親切な警官に冬用の靴やジャケットを買って貰ったりしながら、少しずつ近づいていきます。

彼女が怒り以外の自分の感情を表すところは2回ぐらいしかなかったように思います。一回目は飼っていたペットのブンゾーを置き去りにするシーン。本当に辛そうでした。ぼくもこのシーンでは泣きそうになりました。もう一回はラスト。幻想(妄想)の中でとってもいい顔になります。

実はこの映画はある日本人女性の事件が元になっています。

「米国では有名な、亡き日本人女性の都市伝説 菊地凛子主演の映画化で好評価 その内容とは?」
https://newsphere.jp/entertainment/20140202-1/
2001年、コニシタカコさんという東京在住の女性が、前述の映画の舞台の街、ノース・ダコタ州ファーゴから60キロ東に位置する地点で凍死しているのが発見された。この事件が都市伝説と化したきっかけは、事件関係者による証言。タカコさんの遺体が発見される6日前にタカコさんを保護したという地元警官が、タカコさんは映画『ファーゴ』の一場面にて同映画の主役が地面に埋めた、ブリーフケースいっぱいのお金を探していた、と証言したことから、このニュースは爆発的に広まった。


上の記事によると、「『ファーゴ』は虚構と現実が入り混じる様をテーマにした映画である。同映画開始時に流れる「これは実話である」というテロップは、映画のフィクション性を皮肉ったものとして有名」だそうです。で、その "This is a true story." で始まるテロップが、『トレジャーハンター・クミコ』の冒頭で映されるんです。一瞬ぎょっとしましたが、すぐ「This is a true story.」のところが単語が拡大されて映るので、ああ、これはDVDが壊れているんではないんだな……とわかるようになっています。監督たちがこの映画を作ったときには、上の話はあくまでも都市伝説だとわかっていて、あえて、冒頭に "This is a true story." を持ってきたところが面白いです。

冒頭だけ観直してみて、テロップの次に海岸での宝探しの場面で気づいたことがあります。手に持っていた宝の地図は、やはり布に彼女が刺繍したモノでした。その地図はすごくおおざっぱなモノなので、これで場所が特定できるとはとても思えません。バス停も停留所の名前はなくてただ「バス停」と書いてあるだけ。浜辺も「黒い砂の浜」みたいな書き方でした。ヘンだなと思ったのは、最初海を右にして歩いていたのに、次のシーンでは海を左にして歩いていました。行ったり来たりしたんでしょうか。ボクの想像では彼女は自分でテープを埋めて、その場所の地図を書き、それを見て探し出していたんじゃないかという気もします。

ところで、アパートには分厚いノートかルーズリーフのようなものがあって、その中にはメモがぎっしり。一体何が書かれていたんでしょう。

友だちも作らず、一人で部屋に閉じこもり、ノートに妄想を書き込んでいたんでしょうか。悲しすぎます。

もう一度全部観直してもいいかな。不思議な魅力のある映画でした。

※「宝探し」で思い出しましたが、子どものころ妹と宝探しゲームをやっていました。どちらかが宝を隠す役で、色んなところにヒントを隠しておいて、もう一方がそれをたどって宝を見つけるんです。宝探しって、楽しいですよね。
posted by dunno at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月14日

家へ帰ろう

3月10日(日)、シネマクレール丸の内で『家へ帰ろう』を観ました。

公式サイト
http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp


大体、予告編通りの映画でした。

ホロコーストを生き延びたポーランドのユダヤ人が主人公。アルゼンチンに移住して、家業でもあった仕立て屋をしてきました。ポーランドで命を救ってくれた友人(幼いころからずっと仲良し)と別れるときに作った型紙を元に、いつかきっとスーツを持ってくるという約束を守るために、88歳になって、娘たちに老人ホームに入れられそうになった今、最後に彼のために作ったスーツをもってポーランドに行こうとします。……ただし、ドイツの土を踏まないで……。最初は、飛行機でスペインに飛び、そこからは列車でフランスへ。そして、……。

トラブル続きの旅ですが、必ず、助けてくれる人が現れます。そこが甘いと言えば甘いんですけれど、おとぎ話を観ていると思えば、それはそれで嬉しいものです。見終えて心が温まる映画です。

主人公がなかなか素直じゃない性格なのでそれがけっこう笑わせてくれます。きつい映画が続いたらこういう映画もいいんじゃないでしょうか。
posted by dunno at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月04日

暁に祈れ

3月3日(日)、シネマクレール丸の内で『暁に祈れ』を観ました。

公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/


タイでボクサーをしているイギリス人ビリーは薬物中毒者。試合の前にもヘロインを吸い、無残な負け方をする。
ビリーが麻薬所持で逮捕され、送り込まれたのが地獄と言われた監獄。本当に怖いです!!!! ビリーはタイ語はごく簡単なものしかわからないという設定なので、タイ語による会話はほとんど字幕に訳されません。観客もっビリーと一緒に監獄の世界にとまどいながら入って行きます。監獄の中のしくみがどうなっているのかわからないのですが、金やタバコなどを持っていないとなにもできませんし、複数の男による男のレイプもあったりします(ほんとうに怖いです)。

レディーボーイとよばれるトランスジェンダーたちも混じっていて、最初、ビリーのことを気にかけてくれたりするんですが、一方で、あとの方では、そういうレディーボーイたちは一般の囚人から隔離されているようにも見えます。でもけっこう行き来が出来たりしていて、謎です。

また、監獄にはいるとすぐ、ヘロインを持った男がビリーに近づき、只でヘロインをくれるんです。そのせいでビリーは獄内でもヘロイン中毒から立ち直れません。悪い連中に利用されちゃうんです。

で、最初は囚人たちの区別も難しい中で、本当に怖い思いをするんですが、徐々にそこもある意味普通の社会であること、囚人の個性も見えてきます。しょっちゅう点呼をとられるんですが、ビリーには番号が言えないので、ビリーの次の男が、ビリーの分と自分の分を両方言ってくれます。そして、皆がそれを認めています。この男は、あとでビリーがボクシングチームに入るために監獄内で部屋を変わるときには、そのことを喜んで抱き着いて祝ってくれました。ほっとするシーンでした。また、牢の中ではケンカがよく起こるんですが、牢名主のような立場の男が大声で、ケンカをするんじゃない、ということを伝えるところがあります。ここは<>付きで字幕に翻訳されていました。ボスはボスとしてかなりまともです。ボクシングチームに入って、食事の時に他の囚人が自己紹介をする場面も印象的。女をかばうために5年の刑を受けることになった男が、刑務所内で3人を殺し、刑期が13年に延びた男、そして貧しさゆえに殺し屋になって人殺しをしたせいで無期懲役になった男、……。穏やかに語る彼らをみていると、育ち方ひとつでくるってしまった人生の悲しさを感じました。この後でもまだまだろくでなしたちは出てくるんですけれど、こうやってすこしずつ個人個人を観客に見せていく作り方はうまいと思いました。

上にも書きましたが、ビリーは生き延びるために、ボクシングチーム(待遇がよくなるんです!)にはいります。これでヘロインを断ち切れるかと思いましたがそうは問屋がおろしません。観ていてかなりしんどいです。

このあとはもちろん他の監獄との試合が待っています。見どころです。

ですが、書き忘れているもうひとつのことがあって、それはレディーボーイのこと。ひとりの「彼女」とのやりとりも、ある意味ほっとさせてくれる部分です。こういうのがないと本当に疲れ果ててしまいそうです。

ビリーを演じたのはジョー・コールという人。いくつか出演作を観ているようです:『シークレット・アイズ』『グリーン・ルーム』(これ無茶苦茶怖かった!)『きみへの距離、1万キロ』。
posted by dunno at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

七つの会議

2月3日(日)、イオンシネマ岡山で『七つの会議』を観ました。

公式サイト
http://nanakai-movie.jp


原作が池井戸潤さんということで、きっと面白いだろう、そして最後はすっきりさせてくれそう……と思って観ました。いやあ、想像以上に暑苦しい映画でした。濃い登場人物がいっぱい出てきます。本当に疲れました。面白かったんですけどね。

救いは、及川光博さんとドーナツ売りにチャレンジする朝倉あきさん。二人が出てくるとほっとします。及川光博さんがどうやって出世してきたのか不思議には思ったのですが……。

以上!
posted by dunno at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

宵闇真珠

1月26日、同じくシネマクレール丸の内で『宵闇真珠』を観ました。

公式サイト
https://yoiyami-shinju.com


香港の最後の漁村が舞台。孤独な少女が旅人(オダギリジョー)と出会って、変わって行くという話なんですが、あまりにも退屈……。少女はクラスメイトに「幽霊」って言われてるんですけど、本当に元気のない子。声もささやくよう。もっと腹から声を出せよ! といいたくなります。ああ、でもねえ、日本の女子も、女同士でしゃべっているときはきっと大きな声を出すんでしょうけれど、学校で「専門英語」っていう科目を担当していて、テキストを読ませると、なかなか声をだしてくれません。英語は本当に「声」が大事。息を吐きだしているだけみたいなんじゃ通じないよう! 

廃墟となった屋敷の屋上になにか装置があって、下の部屋でそれを壁に映し出すんですが、いったいそれってどういうことなのか気になりました。なんの説明もありません。

耽美と幻想のすきな方なら大丈夫かもしれませんが、ぼくとしてはおススメできませんです。
posted by dunno at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

メアリーの総て

1月26日に、シネマクレールで『メアリーの総て』を観ました。

公式サイト
https://gaga.ne.jp/maryshelley/


18歳で「フランケンシュタイン」を書いた作家メアリー・シェリーを描いた作品です。父親も母親も本を出しているような家に育って早熟だったのでしょうか。映画では家の手伝いもしないでいつもなにかノートに書きこんでいる様子が描かれています。スコットランドに滞在した時に若い詩人パーシー・シェリーと出会い、恋に落ち、同棲を始めますが、実は彼には妻子があったんです。

シェリーって名前は有名ですけれど、作品は一度も読んだことはありません。検索すると「冬来たりなば春遠からじ」というのは彼の有名な詩の最後の部分だそうです。学生時代からかなり変わった男だったようで、オックスフォードを放校されています。親は裕福だったようですが、あまりの放蕩に勘当になってしまい、借金取りから逃げ回るような悲惨な生活が続きます。……

メアリーを生んですぐ亡くなってしまったフェミニストの母親がメアリーに大きな影響を与えたのでしょう。メアリーも本当に大胆。魅力的な女性をエル・ファニングが見事に演じていました。

ですが、ともかくシェリーや、バイロン卿などという連中がなんだかひどいろくでなしで、そうでない登場人物があったにもかかわらず、どうしても印象が薄くなるので、観ていて楽しくない映画でした。

posted by dunno at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

THE GUILTY/ギルティ

色々たまっているので短めな記事が続きます。すみません。

2月23日(日)に、『THE GUILTY/ギルティ』をイオンシネマ岡山で観てきました。まじょりんさんのライブに行く前です。

公式サイト
https://guilty-movie.jp/sp/


公式サイトのストーリー紹介文
緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。


緊迫したシーンの連続に、息を詰めて見入っていたので、途中何度もため息をついてしまいました。
主人公のことも、女性のことも、子どものことも、そしてあの人のことも、……愛おしくなってしまいました。オススメです。

※おびえる子どもを相手にしていて(それは彼の易しさなんだけれど)、女性の情報をなかなか捜査の部署に伝えないところがあって、いじいじしてしまいました。

シネマジャーナル作品紹介
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/artic…/464161492.html

ミッキーの毎日・映画三昧
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/464048868.html
posted by dunno at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2019年03月02日

Okayama Hot Clubライブ@エブリイ津高店〜そして『ギター弾きの恋』

2月23日(土)、エブリイ津高店2階フードパークに Okayama Hot Club のジプシージャズコンサートを聴きに行きました。大好きなまじょりんさんがゲスト出演されるからです。40分ぐらい早めに着いたら、ちょうどまじょりんさんも一緒のリハーサルをやっておられるところでした。席が空いていたので、コーヒーを飲みながら、聴かせてもらいました。まじょりんさんのリハーサルのあとは、歌なしの演奏のリハーサルも楽しめました。

初めてのバンドなんですけれど、雰囲気はとても懐かしい感じの曲を演奏されるバンド。バイオリンがあるせいか、確かにジプシーっぽい感じ。詳しいわけではまったくありませんが、ジャンゴ・ラインハルトみたいな音楽(実際彼の曲も演奏されました)。
ギターが3人で、それにバイオリンとベースが一人ずつ(ゲスト?)。

ジャンゴ・ラインハルトの演奏をいくつか聴いてみましょう。一番上のものは彼の紹介動画。フランス語ですが英語字幕が出ます。The Hot Club de France というバンドを作っていたんですね。
Django Reinhardt: Three-Fingered Lightning
https://youtu.be/PQhTpgicdx4
Minor Swing. :Django Reinhardt et le quintette du Hot Club de France
https://youtu.be/it_JlVlR8JQ
Django Reinhardt - Paris Blues
https://youtu.be/M5oGtZi47jE

1時からライブが始まりました。前半はバンドの演奏。心地よく聴きました。
こういうタイプの音楽は好きです。

ジャンゴ・ラインハルトの名前を知ったのは、ウディ・アレンの監督した『ギター弾きの恋』という映画から。主人公は「史上最高のジャズ・ギタリストはジャンゴ・ラインハルトだけど、二番は自分」とうそぶくいい加減な男(ショーン・ペン)。実在しない人物なんだけど、映画ではあたかも実在人物のように都邑に有名人のコメントが入るという構成。あの名作『道』と設定が似ていて、おしの若い娘がとても魅力的。
予告篇(日本語版)
https://youtu.be/mRyWneBDzkI
予告篇(英語版)

10 Things About Sweet And Lowdown (1999) - Woody Allen, Sean Penn - Trivia, Music, Cameos and More

『ギター弾きの恋』のラストシーン

これ、ウディ・アレンの映画の中で一番好きかも。サントラCDも買いました。当時勤めていたJ大学で知り合ったギター好きの宮崎氏にこの映画のことを話したら、ジャンゴ・ラインハルトのCDをコピーしてくださいました(感謝)。

そういうわけで、前半のジプシー・ジャズを聴けて本当によかったです。この近くに住んでいる友人にも声を掛ければよかった……。

さて休みなく、後半はまじゃりんさんの歌を楽しみました。まじょりんさんは本当に歌がうまいし、声が素敵。今回はジャズの曲をたくさん披露してくださいました。初めて聴いた曲で一番印象に残ったのは "Joseph Joseph"。

まじょりんさんの動画はないようなので、他の方の演奏をお聴きください。
GYPSY JAZZ - HOT CLUB DU NAX - Joseph Joseph - ジプシージャズ

まじょりんさんの歌の方が艶があるんですよ。また聴きたいです。


posted by dunno at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽