2017年07月09日

僕とカミンスキーの旅

7月8日(土)、シネマクレール丸の内で『僕とカミンスキーの旅』を観ました。

公式サイト
http://meandkaminski.com/


盲目の天才画家(!?)カミンスキーの伝記本を書いてもうけようという若者セバスティアンの話。
これがまたいい加減な男で、カミンスキーの住んでいるスイスにでかけるのにお金がないんで、同棲中の恋人が留守の間に彼女のお金を勝手に拝借してしまう始末。招かれていなくても勝手に夕食会に出たり、人の車を勝手に使ったり、カミンスキーの絵を勝手に持ち出したり、……挙げていくとキリがありません。そんなせいで、恋人には愛想を尽かされ、別の男が出来たからもう帰ってくるなと言われてしまいます。また、そんな男なので、様々な不運な目に遭います。結局、カミンスキーを連れて、昔カミンスキーを捨てた恋人に会いに行く旅に出ます。そのあたりまでは、本当にセバスティアンっていやな男です。でも、旅が始まると、カミンスキーが無茶苦茶奇人変人であることがわかり、セバスティアンがけっこうまともに見えてくるところがミソ。なかなか楽しい旅になります。まあ、結局伝記本を書く話はだめになってしまうのですが……(どうせそうなることは見え見えですから書いても誰もおこらないですよね)。

これも、何か深いものがあるというほどの映画ではないです。駄目男が成長してなにかを成し遂げる……ということには決してなりません。でもまあ、いい加減でもいいか、と思わせる不思議な魅力があります。もうひとつ、昔のモデルが突然裸になってその裸体がCGで若く美しい体に変わり、さらに絵になって変わっていくシーンなどとても面白いところが色々ありました。裸がけっこう出てくるのでR15+指定です。そういうのお好きでしたらぜひどうぞ。
posted by dunno at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

トンネル 闇に鎖された男

7月8日(土)、シネマクレール丸の内で『トンネル 闇に鎖された男』を見ました。

公式サイト
http://tunnel-movie.net/


崩落したトンネルの中に閉じ込められた男、その妻(ペ・ドゥナ)、そして救助隊の隊長の物語です。

公式サイトより:
全長1.9kmの暗窟。
手元にあるのは
残量78%の携帯電話
水のペットボトル2本
そして、娘への誕生日ケーキ。

※ 実はもう少し車の中にはものがあるんですが……まあそれは当然かも。

絶体絶命の状況をどうやって生き抜くのか……予告篇をみたら、どうしても観に行かなきゃいけないですね。ただ、その辺のことはあまり期待しない方がいいかもしれません。映画のメインはむしろ男と妻、男と隊長とのやりとりだとか、上で書かなかったもうひとりの人物とのやりとりのドラマを描くことにあるんだと思います。少し泣いちゃいましたよ。

ただどうしても見なきゃいけない……っていうほどの映画ではありませんでした。救助のディーテールが物足りなかったです。お暇でしたらどうぞ。





posted by dunno at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

忍びの国

7月2日(日)の午前中、イオンシネマで『忍びの国』を観ました。

公式サイト
http://www.shinobinokuni.jp/


伊賀というと子供の時に読んだ「伊賀の影丸」とか、柴練の「赤い影法師」、あと今山陽新聞の連載小説「徳川家康」にときどき服部半蔵が出てくるのを見るくらいで何も知らないに等しい状態で映画を観ました。

頭がおかしいとしか思えない登場人物ばかり(まともなのは鈴木亮平演ずる下山平兵衛だけ)で、こりゃあ失敗したな……と思いましたが、観ているうちにそれなりに慣れてきて、最後まで観ることができました(苦笑)。

伊賀の幹部連中があくまでもゲスな連中に描かれているので現実味は全く感じられませんでした。対する織田方の男たちもなんだかがんじがらめになっていてやりたいことをやっているようには見えません。だれがどうなってもいいような話で特に感動するような映画ではありませんでした。忍者の技もまるでギャグとしか言えません(単にギャグだったのでしょうか?)。

この作品は「映画を語る会in岡山」7月の課題作なんですが、どう語っていいのかいまだわかりません。困っています。

※思い付いたことを追加します。

無門と妻は京都に逃げることにしたはずなのに、妻が反対して取りやめます。その理由というかいきさつがよくわかりませんでした。伊賀の国を守るため? 性格からありえないです。死んだ姫から託された重荷のせい? う〜む、ならなんで最後、小田信雄を討たないんでしょう……。
posted by dunno at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年07月08日

ブラインド・マッサージ

7月2日(日)、シネマクレール丸の内で『ブラインド・マッサージ』を観ました。

公式サイト
http://www.uplink.co.jp/blind/


予告篇はかなり激しい雰囲気で、実際にはもっと『痛い』シーンが数カ所あったりするんですが、全体的には穏やかな映画です。予告で退かずにぜひ劇場へお出かけください。とても心温まる、優しくていい映画です。盲人の経営するマッサージ店に働く人たちの話です。

ぜひ上の公式サイトにある出演者インタビューの動画もご覧ください。
○映画『ブラインド・マッサージ』特典映像 - 出演者インタビュー
https://youtu.be/YpplctjG-5E
楽しそうな撮影風景が見れますよ。

視覚障害があってもなくても、人を好きになる気持ちは一緒。一人一人がみな愛おしくなってくる映画です。オススメです。残念ながら岡山での上映は終わってしまいました。

映画にはまるでドキュメンタリー映画のようにときどきナレーションが入ります。それがこの前見た『光』を思い出させてくれました。
posted by dunno at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年07月01日

観たい・聴きたい…覚書(2017.7)

禁酒会館 2F
7/7 18:30〜 岡山禁酒會舘マンスリーライブ VOL.195
中川五郎 さんをゲストにお迎えして
演奏:中川五郎、OZAKI UNIT ほか
2000円

島津亜矢さんテレビ・ラジオ出演予定
7/4(火) 19:00〜19:54 BS-TBS「日本名曲アルバム〜美空ひばり特集〜」
7/7(金) 15:08〜16:00 NHK総合 「ごごナマごごウタ」
7/8(土) 18:30〜20:54 BS-TBS 「五木ひろしが選び歌う 歌こそ我が命!船村徹物語」
7/9(日) 5:30〜6:00 テレビ東京「洋子の演歌一直線」(関東圏)
7/15(土) TBS生放送「音楽の日」出演:夜8時〜10時のどこか
http://www.tbs.co.jp/ongakunohi/
7/16(日) 19:30〜21:00 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(加須市)
7/18(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン」
7/23(日) 19:30〜21:00 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(魚津市)
7/26(水) 20:05〜 NHKラジオ第1「五木先生の歌う!SHOW学校」(千歳市)
7/28(金) 19:30〜20:43 NHK総合「北国からのコンサート」(東北6県のみの放送)

ギャラリーさとう 岡山市中区門田屋敷1-7-26 TEL/FAX 086-272-1431
7/12〜7/29 大江さやか+Atelier LUCIA--glass・jewerly展
2017_7_12_29_1.jpg

岡山天満屋5階画廊アートスペース
7/5〜7/11 大村淑華 Glass Works
a0192020_21592758.jpg

ギャラリー福田(町田市玉川学園8-13-30)
6/25〜7/5 岡田多恵ガラス展
201706tae_01.jpg 201706tae_02.jpg
↑ユリの花☆☆☆

劇団花吹雪[ameblo]
7月 京橋・羅い舞座

シネマ・クレール
6/17〜7/28 マンチェスター・バイ・ザ・シー
6/24〜7/21 ハクソー・リッジ
7/1〜7/14 僕とカミンスキーの旅
7/1〜7/14 メットガラ ドレスをまとった美術館
7/1〜7/14 人生タクシー
7/1〜7/7 ブラインド・マッサージ
7/8〜7/21 あの日、兄貴が灯した光
7/8〜7/21 トンネル 闇に鎖(とざ)された男
7/8〜7/21 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
7/8〜7/14 ハイヒール  こだわりが生んだおとぎ話
7/15〜7/28 セールスマン
7/15〜7/28 フリー・ファイヤー
7/15〜7/21 標的の島 風かたか
7/15〜7/21 PARKS パークス
7/22〜8/18 怪物はささやく
7/22〜8/4 おじいちゃんはデブゴン
7/22〜8/4 コール・オブ・ヒーローズ  武勇伝
7/22〜7/28 草原の河
7/22〜7/28 人生フルーツ
7/22〜8/4 アリーキャット
7/29〜8/11 残像
7/29〜 ファウンダー  ハンバーガー帝国のヒミツ
7/29〜8/11 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

続きを読む
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定

2017年記事リスト(1月〜先月)

[2017.8.1更新]
1月
観たい・聴きたい…覚書(2017.1) (01/01/2017 00:00:00 予定)
2016年暮れから2017年の正月休み (01/04/2017 23:04:44 日記)
ザ・ギフト (01/17/2017 22:49:34 映画)
私の少女時代 OUR TIMES (01/17/2017 23:10:24 映画)
湯を沸かすほどの熱い愛 (01/18/2017 08:22:46 映画)
アスファルト (01/19/2017 23:05:00 映画)
アルジェの戦い (01/19/2017 23:34:03 映画)
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 (01/28/2017 23:46:09 映画)
みかんの丘・とうもろこしの島 (01/29/2017 12:49:03 映画)
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた (01/29/2017 16:53:14 映画)

2月
観たい・聴きたい…覚書(2017.2) (02/01/2017 00:00:00 予定)
最近の島津亜矢さん (02/10/2017 12:45:23 音楽)
湾生回家 (02/10/2017 22:55:52 映画)
はかた博物館 (02/11/2017 23:48:44 旅行)
中野由紀子さんのお皿 (02/11/2017 23:58:31 アート)
鈴木一平さんの『水鏡』 (02/12/2017 00:31:40 音楽)
newt suit (02/12/2017 00:41:27 日記)
小田原城と富士山 (02/12/2017 09:38:51 旅行)
最近の空 (02/12/2017 09:42:38 日記)

3月
観たい・聴きたい…覚書(2017.3) (03/01/2017 00:00:00 予定)
ガラス作品を観てきました (03/13/2017 16:12:11 アート)
愚行録 (03/13/2017 23:04:24 映画)

4月
観たい・聴きたい…覚書(2017.4) (04/01/2017 00:00:00 予定)
ヒトラーの忘れもの (04/02/2017 22:36:16 映画)
未来を花束にして (04/02/2017 23:14:09 映画)
人生フルーツ (04/02/2017 23:30:28 映画)
ネオン・デーモン (04/02/2017 23:42:18 映画)
ドント・ブリーズ (04/08/2017 12:04:11 映画)
お嬢さん (04/08/2017 13:04:40 映画)
たかが世界の終わり (04/08/2017 22:58:32 映画)
海は燃えている イタリア最南端の小さな島 (04/08/2017 23:17:45 映画)
たつみ演劇BOX@後楽座(2017.4.9) (04/10/2017 13:02:02 演劇)
LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 (04/10/2017 16:41:40 映画)
イシイアツコ 新作銅版画展(2017)@テトラへドロン (04/13/2017 23:58:33 アート)
たつみ演劇BOX@後楽座(2017.4.13) (04/16/2017 15:58:41 演劇)
岡田多恵ガラス展@ガレリアヴェンタリオ (04/16/2017 16:22:47 アート)
元町から新神戸駅まで散歩 (04/16/2017 23:25:40 旅行)
島津亜矢デビュー30周年記念コンサート@岡山市民会館 (04/19/2017 22:50:46 音楽)
わたしは、ダニエル・ブレイク (04/23/2017 14:05:09 日記)
福岡・百道浜(1) (04/23/2017 15:47:11 旅行)
福岡・百道浜(2) (04/23/2017 16:11:31 旅行)
福岡・天神中央公園付近 (04/23/2017 22:04:17 旅行)

5月
観たい・聴きたい…覚書(2017.5) (05/01/2017 00:00:00 予定)
旭川の土手 (05/06/2017 11:15:01 岡山)
連休初日:毎年恒例・大阪日帰り旅行(2017.4.29) (05/06/2017 18:04:45 旅行)
唐組・第59回公演『ビンローの封印』 (05/06/2017 19:13:32 演劇)
連休2日目(4.30) (05/07/2017 12:07:27 岡山)
連休3日目(5.1)映画『?嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』 (05/07/2017 15:21:36 映画)
連休4日目(5.2)映画『アシュラ』『マン・ダウン 戦士の約束』 (05/07/2017 20:06:41 映画)
連休5日目(5.3):神戸日帰り旅行 (05/07/2017 22:09:47 旅行)
劇団花吹雪@新開地劇場 2017.5.3 夜の部 (05/14/2017 23:09:10 演劇)
中野由紀子さんの新作 (05/14/2017 23:27:59 アート)
東京ウィンドオーケストラ (05/15/2017 23:09:44 映画)
八重子のハミング (05/15/2017 23:22:50 映画)
哭声(コクソン) (05/16/2017 22:30:28 映画)
おとなの事情 (05/16/2017 22:52:04 映画)
テレビ放送での島津亜矢さん (05/18/2017 21:26:55 音楽)
よしだよしこライブ@デスペラード (05/18/2017 22:27:54 音楽)
サラエヴォの銃声、SMOKE デジタルリマスター版 (05/19/2017 21:49:10 映画)
ムーンライト (05/31/2017 21:50:41 映画)
グリーンルーム (05/31/2017 22:11:28 映画)
劇団花吹雪@新開地劇場 2017.5.27 (05/31/2017 23:34:34 演劇)
(05/31/2017 23:53:44 映画)

6月
観たい・聴きたい…覚書(2017.6) (06/01/2017 00:00:00 予定)
京都に出張(5/22, 23) (06/01/2017 10:34:43 旅行)
20センチュリー・ウーマン (06/04/2017 22:13:31 映画)
5月16日の花吹雪・ラストは島津亜矢メドレー☆ (06/05/2017 13:06:19 演劇)
午後8時の訪問者 (06/06/2017 14:03:49 映画)
一葉さん(安田一葉さん) (06/14/2017 20:10:12 音楽)
はじまりへの旅 (06/20/2017 22:19:04 映画)
お嬢さん (06/20/2017 22:32:57 映画)
武曲 MUKOKU (06/20/2017 22:37:45 映画)
タレンタイム〜優しい歌 (06/24/2017 22:41:41 映画)
マン・ダウン 戦士の約束 (06/26/2017 14:40:17 映画)
マンチェスター・バイ・ザ・シー (06/26/2017 16:24:15 映画)
イップ・マン 継承 (06/26/2017 22:18:44 映画)
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー (06/26/2017 22:39:13 映画)
タレンタイム〜優しい歌(続き) (06/28/2017 12:13:49 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年6月) (06/30/2017 23:59:55 音楽)

7月
観たい・聴きたい…覚書(2017.7) (07/01/2017 00:00:00 予定)
ブラインド・マッサージ (07/08/2017 23:03:39 映画)
忍びの国 (07/09/2017 16:56:52 映画)
トンネル 闇に鎖された男 (07/09/2017 20:41:06 映画)
僕とカミンスキーの旅 (07/09/2017 21:53:39 映画)
亜矢さんの「YOSAKOI 祭り歌」、そして緑子さん (07/16/2017 21:52:50 音楽)
亜矢さんの動画集(舞台・TV番組スペシャルなど) (07/16/2017 22:13:14 音楽)
ハクソー・リッジ (07/16/2017 23:33:57 映画)
座KANSAI@後楽座 2017.7.14 (07/17/2017 00:33:38 演劇)
青年劇場公演「オールライト」@岡山市立市民文化ホール (07/17/2017 14:01:07 演劇)
セールスマン (07/17/2017 22:49:29 映画)
山崎ハコさんの歌 (07/31/2017 15:50:35 音楽)
怪物はささやく (07/31/2017 16:25:32 映画)
草原の河 (07/31/2017 16:48:16 映画)
島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年7月) (07/31/2017 23:59:58 音楽)
posted by dunno at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事リスト

2017年06月30日

島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演(2017年6月)

2017年6月の島津亜矢さんのテレビ・ラジオ出演の記録です。

6/11(日) 12:15〜13:00 NHKのど自慢
「いのちのバトン」
https://youtu.be/-Z5cpnlW7g0

6/13(火) 3:00〜 ラジオABC「もうすぐ夜明け」
https://youtu.be/0RsPXd0E9DQ

6/13(火) 19:00〜19:54 BS-TBS 「日本名曲アルバム〜星野哲郎特集〜」
「感謝状〜〜」
「夜がわらっている」
https://youtu.be/ke43N31Ywp0
コーラスとの共演というおもしろい番組でした。伴奏はピアノだけ。コーラスとの共演といえば中島みゆきさんの「世情」とか、ムーンライダーズの「砂丘」といった名作もありますね☆

6/16(金) 20:57〜 TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
http://www.dailymotion.com/video/x5qt9j8
「I will always love you」
https://youtu.be/IysaJku9Alc
「マイ・ウェイ」
自分が亜矢ちゃんになったような気持ちで、ずっと緊張して視聴しました。
坂本冬美さんのメッセージがよかったです。亜矢ちゃんのうたのことを説明するとき、のけぞるというか後ろに飛ばされるような動きをされましたが、亜矢ちゃんの迫力というか圧力というか、そのパワーをうまく表現しておられたのが印象に残りました。
最後の「マイ・ウェイ」では泣けて泣けて仕方がりませんでした。
いい番組でした。
この影響でSingerシリーズのCDがすごく売れているんだそうです。嬉しいことです。amazonでは入荷待ちのようです。買うなら『悠悠 〜阿久悠さんに褒められたくて〜』もついでに買って欲しいと思います。

6/17(土) 17:00〜17:59 NHK総合「明日へつなげるコンサート」
「感謝状〜母へのメッセージ〜」
「柔」w/ 福田こうへい
https://youtu.be/xU22bnQLgaM
「いい日旅立ち」w/ May J.
https://youtu.be/l09tIvx_4-I

6/18(日) 19:30〜21:00 BSプレミアム「新・BS日本のうた」(臼杵市)

6/22(木) 22:50〜23:15 NHK総合「SONGS」中島みゆきトリビュート
「地上の星」
http://www.bilibili.com/video/av11598738/
「時代」
亜矢さんの「地上の星」→クミコさんの「世情」→大竹しのぶさんの「ファイト!」→3人での「時代」でした。
tunehikoさんが「恋する経済」で感想を書いておられます。3曲へのリンクもあります。上のリンクはこちらから拝借しました。よく見つけられたものです、感謝☆

6/27(火) 19:30〜20:15 NHK総合「うたコン」
「柔」
「心」(新曲)
2曲歌われました☆ 1曲だけかな……とおもっていましたので嬉しかったです。
タグ:島津亜矢
posted by dunno at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年06月28日

タレンタイム〜優しい歌(続き)

24日の記事の続きです。
タレンタイム〜優しい歌
http://flim-flam.sblo.jp/article/180144744.html

できるだけネタバレにならないように注意はしますが、ある程度は勘弁してください。

『タレンタイム』には二つの死が出てきます。

最初の死は、本当に思いがけないもの……。ほとんどコメディといってもいいこの作品の中に、突然飛び込んできます。そしてその人が亡くなった後になってわかるはじめてその人の悲しみ……。そしてこの悲しみは彼だけで終わらないんです。異なる民族に属する若者が恋に落ちます。激怒する母親。必死で自分の気持ちを母親に伝えようとする若者の姿に泣けます。ですがその気持ちは母親には通じません。ここで流れてくるのが "O Re Piya" (おお、私の最愛の人よ)です。タレントコンクールに出場するインド系の少女がこの曲で踊ります。
※そのシーンをどうしても観たいな、という方はこの記事の一番下をご覧ください。

この "O Re Piya" という曲はインドの映画でも使われたようです。YouTubeに映画の一部が載っています。歌自身は途中で途切れて、またしばらくして続くという形で使われているのでこの動画はいささか長いですが、お暇な方はぜひご覧ください。想像でストーリーを書いてみるとこんな感じ……
主人公の女性は舞踊家。金持ちの婚約者がいるらしい。稽古風景を撮影しに来た西洋人の若者と恋に落ちてしまう。ふたりがデートしているところを目撃され、父親から叩かれる主人公。しかし、若い二人の気持ちは変わらない。若者は彼女に永遠の愛を誓う。いよいよ公演の夜がやってきた。舞台の途中で彼女は若者と駆け落ちをする。やさしく見守る舞踊団の団長。そのことを聞かされた婚約者は涙を流す。その背後で皮肉に光るハートマーク。彼女は、途中自宅により両親にそのことを伝え、今度は母親に叩かれる。崩れ落ちそうになる父親。


O Re Piya - Full Song (with Dialogues) | Aaja Nachle | Madhuri Dixit


長すぎて我慢できない方はこちらをどうぞ。歌に合わせて編集してあります。
https://youtu.be/uz3uTEZGSZY

『タレンタイム』の字幕では歌詞の最後の部分を次のように訳しています:
偏見にしばられた世界は僕の永遠の敵
大切なあなた、愛しい人よ


歌詞の英語訳が下のリンクに載っています。
http://lyricstranslate.com/en/o-re-piya-o-beloved.html
そこでは次のようになっています(その少し前から引用します):
Beneath my bare feet is a path of burning coal
All my life I have lived a stranger among strangers
Take me to the place you call home
For this ignorance world wishes to be my enemy

O beloved
.........


最後の方で、合唱が出てくるところがあるでしょ。あそこがたまらなくいいです。あの合唱を聴くと涙が出てきます。

安倍は道徳で親孝行・家族愛を大切にすることを強調しようとしているけれど「親の間違った愛が子供の魂を殺してしまうようなこともある、絶対に負けるな」ということもぜひ道徳の教科書に入れてほしいものです。

さて、もうひとつの死もやはり家族の死です。ですが、これは不治の病による死で、あらかじめ予期されている死。本人も家族も、ある意味、覚悟していた別れです。ですが、治療の副作用による苦しみがひどいんです。病人は薬を飲んだ後、家族に「家に帰れ」といいます。自分の苦しむところを見せるのが辛いからなんです。映画を観ている方も辛いのですが、映画はここで救いを用意しているんです。男性患者は入ってこれないはずのその病室に、車いすの男性が入ってきて、患者と話をしては帰っていきます。これが患者にとってとても癒しになるんです。「どうしてここに入ってこれるの?」と訊く患者にその男は「ぼくの姿は医師や看護師には見えないんだよ」といいます!!!??? そしてある日その男はイチゴ(? ともかくベリーの一種)を持ってきてそれを無言で差し出します。そして……。

この男って悪い表現だと「死神」なのでしょうか。でも彼は患者の苦しみを救いに来る人でした。患者の家族と一度だけすれ違う時がありましたが、なんとその時はちゃんと家族にも見えていました。

ファンタジーっぽいシーンはもうひとつありました。公園のベンチに座っている若い恋人たちのまわりに突然現れる赤ん坊たち。天使が二人の恋を祝福しているようでした。

この映画の岡山での上映もあとは木金の二日だけ! 見逃すともったいないです。ぜひぜひおでかけください。

※ そうそう、昔「クイカイマニマニマニマニダスキー……」というような意味不明な歌があったでしょう。この映画の中で登場人物がたぶん同じのを歌っていて、あれ、これってマレーシアの歌? って思いました。

ネットで調べたらそっくりな歌が2つありました。ぼくの知っていたのは上の方で、NHK「みんなのうた」で放送されたそうです。この映画のは下の方の歌詞だったような気がします。

(1)クイカイマニマニ(クィクワイマニマニ)
http://www.worldfolksong.com/songbook/others/kuikai-manimani.htm
(2) ギンガングリグリ Ging Gang Goolie
http://www.worldfolksong.com/songbook/recreation/ging-gang-goolie.htm

*******************
☆楽曲集☆
『タレンタイム』オーディションシーン(メルキン、カ-ホウ、ムルー)
https://youtu.be/d-Wr5wuPBXk

『タレンタイム』オーディションシーン(ハフィズ) "Just One Boy"
https://youtu.be/awluSsHUfA8

『タレンタイム』リハーサルシーン(ムルー) "Angel"


『タレンタイム』で "O Re Piya" が使われているシーン


『タレンタイム』ラスト(ハフィズ+カーホウ)(イチゴを見つけるシーンもあります) "I Go"

[ラストシーン https://youtu.be/AWwl9GNkmpg/ ]
posted by dunno at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画