2017年05月31日

グリーンルーム

5月20日の夜、シネマクレール丸の内で『グリーンルーム』を観ました。

公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/greenroom/


ストーリーは予告でご覧の通りです。
売れないパンクバンドが初めてのライブハウスで演奏しますが、見てはいけないものを見てしまったため、全員殺されそうになってしまいます。若者が何人も出てくるので名前がごちゃごちゃになり、最初の殺人がどういう話なのかよく分かりませんでした。年のせいか、よくわからない映画が増えてきたような気がします(^^;

最初は楽屋に立て籠もりますがそれではじり貧。脱出をはかり、部屋の外に出てどんどん仲間が殺されていきます。すごいスリルです。
ただ、悪い奴らの中にけっこう間抜けな連中がいるので救われます。でなきゃ、全員死んでます。

面白い映画でした。
posted by dunno at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

ムーンライト

5月20日、シネマクレール丸の内で『ムーンライト』を観ました。

公式サイト
http://moonlight-movie.jp/


主人公のシャロンが成長していく様子を3人の俳優が順番に演じています。子供のころは、男の子っぽくないので他の男の子たちにからかわれています。母親は麻薬中毒のシングルマザー。その母親までがシャロンのそんなところにイラつきます。そんなシャロンにやさしくしてくれたのは麻薬ディーラーのフアンとその妻テレサ、そしてただひとりの友達ケヴィン。高校生の時、いやなことがあって遠くの海岸までやってきたシャロンは車で遊びに来ていたケヴィンと出会います。女友達もあるケヴィンとは違って性体験のなかったシャロンは月明かりの中でケヴィンにより初めてほかの人との性的な行為を体験します。その翌日、不良のボスがケヴィンにシャロンを殴るように命令し、ケヴィンは逆らえずシャロンを殴ります。ケヴィンが「立たないでくれ」と懇願するにもかかわらず、シャロンは何度も何度も立ち上がります。顔が傷だらけになったシャロンは、翌日の教室でシャロンは座っていたボスを椅子で殴り大けがをさせ、傷害の罪で服役します。刑務所で体を鍛えたシャロンは町を離れ、アトランタで麻薬商としてのし上がっていきます。高い車に乗り、高級腕時計をはめ、昔とは見違えるような姿になっています。そんなところへ、まだ元の町にいるケヴィンから電話がかかってきて、恋心が燃え上がったシャロンは彼に会いに、町に戻っていきます……。


成長したシャロンがあまりにいかついので最初はびっくりしましたが、その一途さがだんだん見えてきました。だけど、これってどちらかというと片思いに近いのですね。なので、二人の恋が実ってよかったな……という雰囲気では全くありません。ケヴィンがシャロンの思いを受け止めていけるのかとても心配です。
posted by dunno at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年05月19日

サラエヴォの銃声、SMOKE デジタルリマスター版

5月14日(日)、メルパで『おとなの事情』を観た後、シネマクレールにかけつけて『サラエヴォの銃声』と『SMOKE(スモーク) デジタルリマスター版』を観ました。

まず『サラエヴォの銃声』です。

公式サイト
http://www.bitters.co.jp/tanovic/sarajevo.html


サラエヴォ事件から100年たちその記念式典が行われようとしているホテルでの様々な人の物語に、いったいどうなるのかドキドキしながら観ましたが、一発の銃声がけりをつけます。予想していなかった銃声でした。あっと思ったときにはもう撃たれていました。

※ホテルの受付主任とその母親がどうなるかと心配しました。この日の危機は乗り切りましたが、ホテルはつぶれるのでしょうか……。心配です。

※複雑な民族問題が絡んでいたわけですが、個人的なレベルでそれがほぐれそうになります。しかし、……。

※謎のVIP客にはだまされてしまいました。そうですか、そういう正体ですか……。

う〜む、映画を語る会の今月の課題作なのです。面白かったのは面白かったのですが、すごく揺さぶられたというわけではありませんでした。どう語ればいいのかな……。困っちゃうな。結局、歴史をよく知らないからピンと来ないんでしょう。

===

mikkiさんの作品紹介をどうぞ。大絶賛です。

ダニス・タノビッチ監督作品 (1)3月25公開『サラエヴォの銃声』
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/448159241.html

===

『サラエヴォの銃声』に続いて『SMOKE デジタルリマスター版』を観ました。

公式サイト
http://smoke-movie.com/


街角のたばこ屋が舞台なので、みんながたばこや葉巻を吸うこと!吸うこと!

面白かったです。人情映画っぽい感じ。気軽に楽しめる映画です。たまにはこういうのを楽しまなきゃね。ポール・オースターが脚本を書いているというので、ちょっと退屈で風変わりなのを想像していましたが、普通に楽しめる映画でした。人情映画って書いちゃったけど、山田洋次監督作品みたいに俗っぽくはないです。

===
シネマジャーナル35号に作品評が載っています:
http://www.cinemajournal.net/bn/35/eihyo.html#smoke
posted by dunno at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年05月18日

よしだよしこライブ@デスペラード

yoshidayoshiko201705.jpg

昨夜、よしだよしこさんのライブに行ってきました。場所はデスペラード。

満員の盛況でした(35名ぐらい?)。

今までに聴いた中で一番よしこさんの調子が良かった気がします。本当に素晴らしかったです。それとも発声法が変わって来たのでしょうか。すごく自然に聞こえました。休憩をはさんで2時間15分くらい。たっぷりいい曲を歌ってくださいました。

禁酒會舘ではアルコールは無理なのですが、この場所はバーなのでビールが飲めるのです。ということは……『3/4あたり』をビールを飲みながら聴ける……というわけなんです。



で、嬉しいことにこの歌を唄ってくださったんです。ビールを飲みながら聴けて幸せでした☆☆☆ facebook でさりげなくリクエストした甲斐がありました。

もう1曲聴きたいと思っていた『道ばたでおぼえた唄』も唄ってくださいました。元はアイルランドのカルラン(オ・カルラン)の曲です。元歌の歌詞を知らずに自分で作った歌詞がまさにカルランのことを思わせるものになったのは、やはり曲の力ではないでしょうか。



とても優しい声でリラックスして唄っておられましたが、終盤になるとたたみかけるように名曲たちを続けて歌われ、なんか涙が流れてしまいました。本当に盛り上がりました。こんな素晴らしいライブの企画をしてくださった尾崎さん・市場さんに感謝します。

アンコール曲は、多分市場さんのリクエストでしょう……『デスペラード』でした(^^)。リラックスして唄われました。



これで終わりかと思ったら、突然、「今日は尾崎さんの誕生日なんです〜」ということでハッピー・バースデイをみなで尾崎さんに唄って終わりでした。

禁酒會舘マンスリーライブには12月1日に来てくださるとのことです。今からもう楽しみにして待っています。

※ちらしに使われているよしこさんの写真は、ぼくが2年前撮った写真です(^^)v
2015憲法フォークジャンボリーinおかやま「平和の暦」
http://flim-flam.sblo.jp/article/132295130.html
posted by dunno at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

テレビ放送での島津亜矢さん

昨夜も島津亜矢さんの歌がテレビで流れました。見損なったものも含めるとずいぶんたくさんの番組に出演されています。とてもうれしいです。最近のものをここにまとめておきたいと思います。

5月16日 うたコン
『時には母のない子のように』
https://youtu.be/P2k1sr8J4NQ
https://youtu.be/Yl-TXVEAv9s

亜矢さん、なんだかどんどんきれいになっているような気がします。

5月14日 新・BS日本のうた(瀬戸市)
『黒いはなびら』
https://youtu.be/K_OrT7jxIoM
https://youtu.be/labi0OfYxfg
『東京だョおっ母さん』
https://youtu.be/UYvQdeRJMAM
『感謝状〜母へのメッセージ』
https://youtu.be/ELMSyFR_9Tc

5月3日 日本の名曲 〜人生・歌がある〜 船村徹特集
『なみだ船』
https://youtu.be/f_TcXeNn0IQ
『いのちのバトン』
https://youtu.be/CR2ibLPJ_sQ

4月16日 中島みゆきリスペクトライブ歌縁2017・東京公演
『紅灯の海』
https://youtu.be/ILTuO-jmjLw
『命の別名』
https://youtu.be/MSFc20hrI7o
https://youtu.be/yUg3cWrfQnk


4月11日 うたコン
『明日に架ける橋』

4月2日 新・BS日本のうた(東金市)
『おてもやん』
https://youtu.be/PWblH55yecw
『メリー・ジェーン』
https://youtu.be/xAd8e2n5g_o
『望郷じょんから』
https://youtu.be/2orDpQjdc0g
『いのちのバトン』
https://youtu.be/0awiyuy02vY

3月26日 昭和の歌人たち 作曲家船村徹
https://www.youtube.com/watch?v=hESNWc9saGA
船村徹特集@
@別れの一本杉     鳥羽一郎
A王将     天童よしみ
B柿の木坂の家     走裕介
C雨の夜あなたは帰る     由紀さおり
D兄弟船     鳥羽一郎
Eあの娘が泣いている波止場 氷川きよし

https://www.youtube.com/watch?v=cozM8HKJz14
船村徹特集A 
@「三味線マドロス」 大石まどか
A「ご機嫌さんよ達者かね」 島津亜矢★
B「男の友情」 鳥羽・天草・静・走・村木
C「東京だよおっ母さん」 大月みやこ
D「おんなの宿」 氷川きよし 

https://www.youtube.com/watch?v=S8wLI_bEc_U
船村徹特集B 
@「ダイナマイトが百五十屯」 天草・静・走・村木
A「哀愁波止場」     由紀さおり
B「ひばりの佐渡情話」 島津亜矢さん★
( https://youtu.be/tfedmgEzoVI ↓)

C「みだれ髪」 天童よしみ 

https://www.youtube.com/watch?v=eluGJh80-wo
船村徹特集C 
@「さだめ川」 大石まどか
A「紅とんぼ」 大月みやこ
B「矢切の渡し」 走裕介
C「なみだ船」 氷川きよし
D「風雪ながれ旅」 島津亜矢★
( https://youtu.be/1rtYe5-JGFA ↓)



https://www.youtube.com/watch?v=0XAOU7nfGG0
船村徹特集D 
@「女の港」     大月みやこ
A「のぞみ(希望)」 鳥羽一郎
B「宗谷岬」     (全員) 


3月20日 歌謡プレミアム
https://youtu.be/mWOA8GZB98g
『海鳴りの詩』
https://youtu.be/0FtF4aGHkAM
『みちのくひとり旅』(10才!!!)
https://youtu.be/WcksP8SaCS8
『感謝状〜母へのメッセージ〜』
https://youtu.be/9hDdEaB8ML4
『風雪ながれ旅』
https://youtu.be/ksJ7h34wQuM
『いのちのバトン』
https://youtu.be/8jW5l3d3OKo
https://youtu.be/y09R32r98KA


3月19日 新・BS日本のうた(豊橋市)
『お吉』
https://youtu.be/T5Tjx69LGMM
『独楽』
https://youtu.be/8VzZEdJWue0
『いっぽんどっこの唄』
https://youtu.be/Fo5OnhHzwUc

3月18日 古館伊知郎ショー
『川の流れのように』

3月7日 うたコン
『感謝状〜母へのメッセージ〜』

2月12日 新・BS日本のうた(浜田市)
鳥羽一郎&島津亜矢スペシャルステージ
https://youtu.be/TczhJA6vvLE
https://youtu.be/7DoMfPXDgrE
『兄弟船』 / 鳥羽一郎
『愛染かつらをもう一度』 / 島津亜矢
『おやじの海』 / 鳥羽一郎・島津亜矢
『演歌船』 / 鳥羽一郎・島津亜矢
『海ぶし』 / 島津亜矢
『石見神楽 龍神』 / 鳥羽一郎
『海の匂いのお母さん』 / 鳥羽一郎
『帰らんちゃよか』 / 島津亜矢
『北海夫婦唄』 / 鳥羽一郎
『いのちのバトン』 / 島津亜矢
『海の祈り』 / 鳥羽一郎・島津亜矢

1月29日 新・BS日本のうた(さいたま市)
『恋人よ』
https://youtu.be/Eht-PZem0oo
https://youtu.be/19PCct-hKyY

=============
オマケ

ちょっと違った雰囲気の亜矢さんの動画があったので載せておきます。

『水中花』


また、掲示板「亜矢姫倶楽部」で紹介されていた亜矢さんと船村徹さんの対談の様子(1995年のラジオ番組)にもリンクしておきます。
https://youtu.be/kxVbAD4uo10

タグ:島津亜矢
posted by dunno at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年05月16日

おとなの事情

5月14日(日)、岡山メルパで『おとなの事情』を観ました。また、ワインを200円分飲みました(笑)。

公式サイト
http://otonano-jijyou.com/


面白かったです。まあ、ともかく予告篇をみてください。観たくなりませんか?

観ているときはけっこうどきどきします。山田洋次監督の映画のような生ぬるさはありません。心が痛むところもあります。でも、見終わっていやな気持ちにはなりませんので、大丈夫。むしろ感動作と言ってもいいと思います。

シネジャの(咲)さんの作品紹介もどうぞ。
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/447816489.html
映画を観てイタリア人ってすごいなと思う人も、上の作品紹介を読むと「日本人もなかなかやってるな!」という気持ちになります(笑)。あ、ちなみにぼくは携帯にロックなどしていませんよ、隠すものがないので(苦笑)。
posted by dunno at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

哭声(コクソン)

5月13日(土)、岡山メルパのレイトショーで『哭声(コクソン)』を観ました。この日から2週間、売店でワインの販売があるというので、プラスチックのカップに200円分入れてもらって上に上がりました。小さなカップに2/3だけですので、ドアが開く前に皆飲んでしまいましたが、けっこういい気分になりました。

公式サイト
http://kokuson.com/


ホラーです。

あらすじはmikkiさんのブログでどうぞ:
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/447821160.html

最初はけっこうコミカルな部分も多いのですが、どんどんグロくなっていきます。

韓国の田舎の村(コクソン?!)で殺人事件が次々と起こるのですが、犯人はどうもなにか(毒キノコ?)を食べて気が狂って事件を起こし、最後には体の中の毒のせいで死んでいきます。彼らに毒物を与えた真犯人を捜す映画だと思ってみていました。怪しい人物No1は謎の日本人。ただ、彼は真犯人ではないようにも見えるのです。さらに謎の娘も登場。正体不明。主人公の警官は娘が毒物を誰かに与えられたことを知り、都会から祈祷師を招きます。その祈祷師と日本人との呪術対決あたりからなにやら話がスーパーナチュラルな方向に突っ走り始めます。最後になればなるほど、日本人、祈祷師、謎の娘の関係が全く分からなくなってきます。ぼくとしては娘さんが可愛いので、彼女を信じたいと思うのですが……。日本人と祈祷師は同じ穴の狢なんでしょうか。検索してネタバレサイトを見つけたくなってしまいます。

例えばこちら:
【解説・考察】「哭声/コクソン」本当にあのラストに納得してる?
http://www.club-typhoon.com/archives/13499050.html

※映画を観ていて、似た系統のホラーを思い出していました。ひとつは『ガダラの豚』(中島らも)。あれも呪術が出てきて怖かったです。もうひとつは『魔女を焼き殺せ』。あまり読んだ方は多くないかもしれません。ぼくが中学3年生のときに買った本です。なんで学年をしっかり憶えているかとおいうと、中学の修学旅行で南九州に行ったときに、本屋に行って、旅行用のお小遣いでその本を買ったからです。とても怖かったです。その怖さは『盗まれた街』に通ずる感じの怖さだったような記憶があります。岡山に引っ越すときに処分したので今は持っていません。なお、この本は《ナイトランド叢書》で再刊されるようです。読むだけでいいなら英語のもの("Burn, Witch, Burn!")のkindle版が100円ちょっとで入手可能です。またその続編("Creep, Shadow!")のkindle版も100円ちょっとで買えます。こっちも面白いかどうかは知りません(読んでいないので)。
posted by dunno at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年05月15日

八重子のハミング

5月13日、岡山メルパで『八重子のハミング』を観ました。

公式サイト
http://yaeko-humming.jp/


実話に基づいた映画。萩が舞台。夫が50過ぎで食道癌にかかった頃から妻(やはり50すぎ)に若年性アルツハイマーの症状が出始めます。数度の度の転移(腸と膵臓など)を乗り越えながら妻の介護を12年続けた話です。自分たちのことを今から悩んでも仕方ないですが、できるだけ長く夫婦で一緒に暮らしたいものです。

妻の八重子を高橋洋子さん(懐かしい!)ががんばって演じておられました。
前半が中心で、後半のしんどい部分はさらっと流していました。でないと、あまりにしんどくて耐えられない作品になったでしょう。

普通若年性アルツハイマーになると、長くて7・8年程度で死んでしまうそうですのでこれは奇跡的なことなのだそうです。 よく尽くされたと思います。すごいなあ。でも、この映画でも描かれていたように、一人じゃあ世話は無理。色んな人の助けがないと無理心中になってしまいます。ぼくの場合も、ほんの数ヶ月の入院の世話でもさすがに毎日毎日病院との往復が朝晩続くと疲れてきました。親切にも代わってくださる方があって、神戸の新開地に花吹雪の舞台を観に行けたりしてすごく楽しくすごせたのはほんとに嬉しかったです。

また、ぼくの父親が認知症になったとき、母はずっとそれをぼくや妹に隠していました。ちょっと滞在する程度だと、父は元々あまりしゃべらなかったので、全然気づきませんでした。もう耐えられなくなって(とんでもないところでおしっこをしたりするようになって……)やっと相談を受けました。結局、認知症よりも先に肺炎の方が大事(おおごと)になり、最初は日赤・その後は肺専門の病院にうつり、あっという間に亡くなってしまいました。入院中は母がほとんど付き添っていました。その母も、父が死んでから3年ぐらいして認知症の症状が出始め、それから7年。今はグループホームに入っています。毎月2回面接に行き、原則的に毎晩電話を掛けています(妹は毎週行ってくれています)。ただ、面と向かってしゃべるときと違って、電話では「音は聞こえるけど、言っていることの意味がわからない」と言うことが多く、できるだけゆっくりしゃべるように心がけていますが、定番の話題でないと、やはり理解してくれないことが多いです。それだけでもけっこうストレスがたまります。グループホームのスタッフの皆さんはほんとに辛抱強く相手をしてくださっていて、頭が下がります。


※萩が舞台で、入院時には徳山も出てきます。萩に最後に行ったのは小学生ぐらいの時でしょうか。中学の時にも一度くらい行ったかな……。なので、ほとんど何も憶えていません。山の上に登ってみたいです。
posted by dunno at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画